« 『死刑台から教壇へ―私が体験した韓国現代史』 | トップページ | 秋篠の森… ギャラリー「月草」 »

カフェ文化発祥の聖地!?奈良「くるみの木」

決して立地的に恵まれているわけではないが、Dsc0011228年前に創業して以来、感性の高い人々の間で支持され、今や三代に渡るファンもいるというお店。ナチュラル志向で研ぎ澄まされたその感性は、本当に新鮮に思われる。時代が追いついてきた、ってことなんだろうけど。
カリスマ性を感じさせるオーナーさまもホントにステキな方だった。

Dsc00124行きがかり上、1時間、2時間待ちは当たり前、という人気のランチをいただいた。お客さまのほとんどが女性ということもあり、野菜をメインにしたヘルシーで上品なワンプレートランチ。
サラダ、緑豆を炊き込んだごはん、ちょっとエスニックな味付けのビーフン、自家製がんも、琥珀寒に、具沢山な味噌味の汁物。ひとつひとつがていねいに作られたことがよくわかる美味しさ。


Dsc00115コーヒーも作家さんの作品でいただいた。
詳細は後日、プロの写真でお目にかけましょう。
あ、ランチとかカフェの本ではありません。
念の為。
でも、ステキな本になると思います。

くるみの木
一条店:
奈良市法蓮町567-1
0742-23-8286
11:30~17:30 ※金土日~21:00(LO閉店30分前)
第3水曜定休

|

« 『死刑台から教壇へ―私が体験した韓国現代史』 | トップページ | 秋篠の森… ギャラリー「月草」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『死刑台から教壇へ―私が体験した韓国現代史』 | トップページ | 秋篠の森… ギャラリー「月草」 »