« 『ばんば憑き』 | トップページ | 白馬堂ROKKO「年忘れ清掃&チャリティハイク」のご案内 »

技術委員会検証会&アフター飲み会

土曜日は大悪天だったため、ツアーを中止して、室内プログラムに参加。Sc00332_2ライジングについての検証なども行われていたようだが、私が参加したのは午後からだったので、アンカーにかかる荷重についての部分から。高さの異なる複数支点でアンカーを構築する場合、流動分散でつないでも均等荷重にはならないことを確認。そのこと自体はすでに証明済みなので、主目的は新規で購入した2t計ロードセルの使用テストだったのだが。
Sc00340_2Sc00349_2





最後に、ダブルフィッシャーマンズノットの結束余端が短い場合に、荷重をかけると余端が結び目に引き込まれてほどけるのではないか?というのを実験。
ハンドウィンチによる静荷重なので、衝撃荷重の場合は違う結果になるかもしれないが、ゆるく結んでいても、荷重をかけると結び目が締まって、ほどけることはなかった。
だからと言って、余端は短くてもいいっていう結論ではないけれど。
とくに、ダブルフィッシャーマンズノットの場合は“リング負荷”がほどける方向に働かない結びなので、ほかのノットとは事情が違う点は認識しておかねばならない。

Sc00354_2Sc00358_2





終了後は「おでんや」さんでイッパイ。組長が振舞ってくれた、三田米を使った「赤松三田純米酒」が美味しかった。櫻正宗の限定品だそうで、かなり稀少なものらしい。がつんと日本酒らしい飲み口がいい感じで、7人いたのであっという間に空になってしまった。

帰る人々を見送ってから、お泊り組でさらに宴会。
極にゃみ的秘蔵の1本、福井「花垣」の「酵素米 米しずく」という純米酒を供出。
酵素栽培という特殊な方法で栽培された五百万石を50%まで精米して仕込んだもので、米の旨みがふっくらと広がる、ふくよかな美味しさだった。
夏の長岡ツアーのときに知った「栃尾の油揚げ」を宝塚阪急で発見。定番アテの「まぜまぜ」やら、鯖缶やら、二次会のワリにけっこう食べたみたい…(←みたい?)

|

« 『ばんば憑き』 | トップページ | 白馬堂ROKKO「年忘れ清掃&チャリティハイク」のご案内 »

コメント

まいどご利用ありがとうございました!「まぜまぜ」はアテにバッチリでしたし、マッサージ気持ち良かったです!みんなと飲むのは楽しいですね!o(*^▽^*)o

投稿: Kず | 2011年11月20日 (日) 22:11

“まぜまぜ”、気に入ってもらってうれしいです。
30年前からの秘蔵レシピなんですが、見た目がイマイチなんでねぇ。

コリほぐしの技、なかなかのもんでしょー。
自分自身が超肩こり症だもんで。

いろいろお世話になりました。
次は牡蠣宴会かなぁ。

投稿: にゃみにゃみ。 | 2011年11月20日 (日) 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ばんば憑き』 | トップページ | 白馬堂ROKKO「年忘れ清掃&チャリティハイク」のご案内 »