« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

美味しかったものいろいろ@熊野古道ツアー

この週末に行ってきた『ほっこり熊野古道』ツアーで食べた美味しいものアレコレ。
Dsc00097
近露のお宿「月の家」さんの食事は、手抜きのない手作りでホントどれも美味しいのだけど、今回はコレにびっくり。秋に行ったときは「柿の天ぷら」に驚いたけど、今回は干し柿だった(右端のちょっと黒っぽく見えるもの)。干し方が難しいそうで、適度な柔らかさの状態で冷凍保存されているそう。
お造りも魚をまるごと買ってきて作られているようで、タイのアラで作ってくださった雑炊が持って帰りたいくらい美味しかった。

二日目、本宮大社におまいりした後でお昼ごはんにいただいた「古道うどん」
Dsc00255
山菜、わかめ、エビなどが乗っているのだけど、梅干とレモンが特徴的。うどんダシにレモン?って思ったけど、これが意外な美味しさ。さすが柑橘王国和歌山。
お土産に販売されている「うすかわまんじゅう」も美味しいらしい。

お食事 しもじ 本宮店
和歌山県田辺市本宮町本宮285
0735-42-0312
9:00~17:00 火曜定休

国道168号線の向かい側にある「八咫烏長屋」で営業されているめはり本舗 三軒茶屋
Dsc00490
の、めはり寿司。翌日の行動食として買ったのだけど、柚子を効かせたダシ醤油味がなんとも美味。

電車旅の供にいただいたのが「SAVE KUMANO ショップ」で買ったお餅。
Dsc00271
いろいろバリエーションがある中から「みそ餅」をセレクトしたのだけど、しそや柚子ピール、ごまなどが入った複雑なお味で、とても美味しかった。杉山里果さんという方が作って出品しておられるもの。

Dsc00258SAVE KUMANO ショップ
和歌山県田辺市本宮町本宮(八咫烏長屋内)
←八咫烏長屋は、三軒茶屋、SAVE KUMANO ショップ、ベーカリー、観光案内所などの集まり。
国道168号線沿い、本宮大社前から南へ徒歩2分。


その後、新宮へ出たので、駅前の「徐福寿司」へ。
Dsc00530
前回はさんま寿司と昆布巻き寿司を食べて、玉子巻きを食べ損ねていたのでソレを。
分厚く焼いた玉子焼きで酢飯とかんぴょう、ごぼうの煮たものを巻いてある。ものすごく食べにくいんだけど、玉子がなんとも言えず美味しかった。

徐福寿司
和歌山県新宮市徐福1-6-24
0735-22-8893
10:00~17:00(電話予約7:00~) 木曜定休

↓昆布巻き寿司とさんま寿司Dsc04858

| | コメント (0)

春一番。 …な、衝撃の美味。

熊野の旅から帰ったら、My favoriteそば打ち人こうちゃんから“春の便り”が…
Dsc00539
前回、「ありえな~い!」なアールグレイで度肝を抜かされたのがまた記憶に新しいのだが、それに匹敵するほど衝撃的な…「いちごそば」!?いくらなんでもそれはありえんでしょう。

続きを読む "春一番。 …な、衝撃の美味。"

| | コメント (2)

“伊勢路”のラストパートへ

『ほっこり熊野古道』の皆さまと本宮で別れて、単身新宮へ。Dsc00271_2Dsc00273Dsc00275Dsc00289Dsc00300Dsc00308Dsc00322Dsc00334
新宮からJR紀勢本線大泊駅まで電車で移動。夕刻ではあったが、松本峠を越えるコースを歩いてこの日は熊野市駅まで。

続きを読む "“伊勢路”のラストパートへ"

| | コメント (2)

『ほっこり熊野古道』二日目

二日目。まずは美味しい朝ごはん。小豆入りの茶粥が特に美味しかった。
Dsc00112
出発前、お宿のご主人夫妻と記念撮影でまた盛り上がって・・・
Dsc00125
朴訥だけどとても温かいお人柄がステキ。
Dsc00148
バスで発心門王子へ。教えていただいたちょっと特別な参拝方法をさっそく実践。
Dsc00172Dsc00185Dsc00193Dsc00206
いよいよ大斎原を見下ろすビュースポットへ。
Dsc00231
無事に本宮大社に到着。みなさん、お疲れさまでした。

| | コメント (2)

『ほっこり熊野古道』初日~ 熊野路は春

白馬堂とのコラボツアー、『ほっこり熊野古道・中辺路を歩こう!』にて中辺路へ。
Dsc00009Dsc00012






行きの特急「オーシャンアロー」はナント!指定席が取れず、皆さんに早起きしていただいて自由席に並んだのだけど、発車間際は長蛇の列。ご協力ありがとうございました。
Dsc00022
田辺駅前からバスで滝尻へ。「月の家」のご主人がお弁当を届けに来てくださった。
Dsc00019
美味しい手作りお弁当。めはり寿司も、きなこおむすびも、お漬け物も絶品。みかんの甘いことといったら・・・
Dsc00040
出発早々、「胎内くぐり」で盛り上がってしまって時間を食った?
Dsc00047
Dsc00050
Dsc00057
時々霧雨のような雨が降るお天気だったけど、楽しく歩きながら近露へ。最後はちょっと日没につかまりかけたりもしたけど、みなさんがんばって歩いてくださいました。
Dsc00087

Dsc00098
宿泊は近露の歴史ある旅館「月の家」さん。建物は古いけれど趣き深いお宿で、心尽くしの美味しい食事にも大満足。
さらにサプライズが!数日前からツイッターでフォローさせていただいていた熊野みゆきさんが、お土産を持って会いに来てくださった!
Dsc00544_2
季節の花の手作りしおり。とてもうれしかった。感動をありがとうございました!!

| | コメント (2)

話題の“塩麹”を作ってみた

ここ一年ほど、何かと話題の塩麹。極にゃみ的には、昨年9月に“おでんや”さんで食べたトマトの塩麹和えが衝撃的に美味しかったので、そこから気になりだしていた。Dsc00061
これは、とても新鮮で味の濃い旬のミディトマトがあったから作ったそうで、夏限定のメニュー。ほかにもゆで卵とか季節の野菜とか定番のアレコレも美味しい。
飲み仲間のmikanちゃんも気に入ったみたいで、チエさんに教わっていろいろトライしてみたそうな。クリームチーズの塩麹漬けも美味しかったし、自分でも作ってみようと神戸の麹屋たかたさんから米麹を仕入れて、醸してみることにしたのが昨年12月の中旬。
Dsc02469仕込むったって、塩混ぜて水入れて置いとくだけ。一応、ある程度醗酵が進むまでは、あったかいところに置いて、毎日酸素を供給するために混ぜる。寒い季節だし、にゃみ部屋には暖房ないし、で都合一ヶ月くらい醸してた。お世話と言っても一日1回混ぜるだけだけど、なんかイキモノの世話してる~って感じで楽しかった。完成したものは、冷蔵庫で半年くらいはもつらしい。いろいろ漬けて楽しんでいるけど、今のところ一番お気に入りはセロリ漬けかな。野菜にまぶしておくだけで一日か二日で美味しい漬け物になるんだからありがたい。
うちでは、にゃみ母もけっこう気に入ったみたいで、勝手にアレコレに応用してる。
Dsc05006
りんごジャムを作るのに、砂糖をほとんど入れずに、塩麹を少しだけ入れてみたそう。ほんのり塩味がりんごの甘味を引き出すのか、あっさりナチュラルな甘さが美味しかった。

| | コメント (4)

ランドネ 2012年4月号 No.26

ランドネ4月号が発売に。この号では、Randonnie26「山ごはん」を特集。山で作るカンタンごはんから、手作り行動食、山ごはんグッズまで盛りだくさんに紹介。ドライフーズの試食レポや、スキレットの活用レシピなど美味しそうなメニューが目白押しで、春も近いし、クッカー背負って山に行きたくなること請け合い!

で、にゃみにゃみ食堂もついに雑誌デビュー… ってワケではなくて(すんません)、この号では、熊野古道を紹介させていただいてます。
P118~123『癒しの聖地・熊野古道へ』

ランドネ 2012年4月号 No.26

ロケのときの日記はコチラ・・・
熊野古道ロケ初日
2日目
3日目

| | コメント (0)

「インドカレー茶屋 にきる」でカレーランチ

所用で神戸へ。コチラのカレーも食べたかったのだけど、まだ疲れてなかったので…Dsc00003_2
湊川神社西側にあるコチラへ。
Dsc09997
日替わりのカレーランチを。
Dsc09998
野菜入りムング豆のカレー。引き割りのムングダルといろいろお野菜。それにしても、かなりあっさりした薄味。禁欲的なまでに塩分が少ない。塩分を制限されてる人でもたぶん大丈夫なレベル。野菜の甘さがよくわかる優しい味だけど、も少し塩が効いててもいいかな。パラックパニール、アルパラックなんかもあるので食べてみたいな。

インドカレー茶屋 にきる
神戸市中央区橘通3丁目3-12
078-371-7708
日曜定休 11:30~20:00
Dsc00001
チャイも美味しかった。ごちそうさまでした。

続きを読む "「インドカレー茶屋 にきる」でカレーランチ"

| | コメント (0)

“Dari K”

京都、二条城にほど近い商店街にある個性的なショコラティエ「Dari K」。
Dsc04986
以前から注目していたものの、行く機会がなかったのがようやく出会えた。

Dari K
京都市中京区今新在家西町22(三条会商店街内)
075-803-6456
不定休
10:00-20:00(売切れ次第閉店)

Dari Kのチョコレートの特徴・・・

続きを読む "“Dari K”"

| | コメント (2)

昭文社・山と高原地図「六甲・摩耶」2012発売

毎年この時期に改訂版が発行される山地図が今年も発売に。Dsc05060
2012年版はカラーリングが去年までのものと少し変わって、コンターラインが見やすくなったかな?白馬堂ROKKOあさやんこと浅野晴良氏と赤松滋氏が共同執筆。一年がかりで綿密に踏査して改訂をされています。私もちょこっとだけお手伝いしていますが、地図を作るのはホントにたいへんなお仕事なんです。

じつは拙著『六甲山ショートハイキング77コース』でも間違っている箇所がいくつか。読者の方からご指摘を受けて気づいたのですが、章扉の地図の線が間違っているところが2箇所あります。増刷が決まったので改訂作業に入りますが、間違いにお気づきの方はぜひ教えてくださいませ。
現在、間違いが判明しているのは36「東山尾根」、64「譲葉山」です。申し訳ございません。

| | コメント (2)

レディースデイ始まる!deグラビティ神戸へ

好日山荘が運営するクライミングジムDsc05051Gravity Research 神戸」で、月曜レディースデイ¥1000ってのが始まるというの時間をやりくりして行ってみた。ちなみになんば店でもやってます。monacoちゃんに声をかけといたら、トクちゃん、フクちゃんもやってきた。
kinuさんの個展でお会いしたイラストレーターのtomoさんにも会えて楽しかった。あ、笹倉ガイドにも久々に会ったな。

Dsc05054で、登った後は“お約束”のイッパイ。癒し系クライマーHさんに教えてもらった、お洒落系立ち飲み店「ワインアンドリカーズ ふくもと」へ。
閉店時間が22時で、「あと20分ですけどいいですか?」って言われつつ、「イッキ飲みします!!」的な感じでなだれ込み入店したものの・・・

Dsc05057が、結局3杯ずついただきましたが。このつるつるいっぱいな感じがスキ!
スタッフのおねいさん可愛くて感じいいし。

★ワインアンドリカーズ ふくもと
神戸市中央区八幡通4-2-18
郵船航空・福本ビル1F
078-221-7425
9:30~22:00(酒販)
16:30~22:00(スタンディングバー)
日・祝定休

Dsc05053ところで、4月からサンテレビで好日山荘プレゼンツの山番組「山のぼり★大好き」が始まるそうです。
日本山岳ガイド協会の笹倉孝昭氏、加藤智二氏、島田和昭氏がナビゲーター。主に六甲山を歩くようです。金曜夜23:00~23:30オンエア。お楽しみに。

| | コメント (4)

キャンプde宴会@イノブータン

先日、Fukuzo&monaco家の新居にお邪魔して、Dsc04762鍋宴会を催行。
お外デビューだというMSRのハバハバHPは、ちょっと変わったポールシステム(3本ジョイント)なんだけど、キャノピー広々、前室もゆったりあって、二人用だけど4人で宴会しても余裕だった。
本体上部にメッシュパネルがあるので、真冬は寒そうだけど、発熱体なオーナーさんにはぴったりかも。


ココへmikanちゃんと二人で乱入しての大宴会。けど、持ち寄りの酒がどんだけ~。
Dsc04764
日本酒がアレコレ。組長が正月山行の土産にと送ってくれた飛騨の山車純米吟醸・花酵母造り、かぴさんにもらった白岳仙、Fukuちゃん家からは黒牛と、もひとつなんだっけ。それからワインに焼酎に・・・メインはmonaco's kitchen特製のイノブタ鍋。
Dsc04769
南紀和歌山はすさみ町にあるお洒落なリゾートホテル「Bellevedere」からお取り寄せしたという名物イノブタ鍋セットをベースに、いろいろ具沢山な鍋。イノブタのダシの美味しいことと言ったら、もう絶品。それから、肉を食べない私のために、monaちゃんが前夜にわざわざ仕込んでくれた巾着が美味しかった~。
Dsc04768
レンコンしゃきしゃき、おだしで煮込まれた優しいお味。
にゃみにゃみ。はアテ担当で、あちこちで買い集めた珍味をアレコレ披露。
Dsc04771Dsc04773







翌朝の朝ごはんはmikanちゃん担当で、鍋の残りに“葱だく”麺が美味しかった。テント宴会、最高やね。

“バックアップ”に持ってった焼酎を求めて、夜中に決死の捜索劇が繰り広げられたそうだが、その焼酎が入ったボトルは、さっさと寝てしまったにゃみにゃみ。が枕代わりに敷いて寝ていたとゆーエピソード付。みなさんありがとうございました。

| | コメント (6)

博多蕾菜の季節が到来

わりと最近登場した新顔野菜で、Dsc05004早春の頃に出てくる「博多蕾菜(はかたつぼみな)」。
アブラナ科の大形野菜で、白菜よりも大きな葉を出す株の、脇芽を摘んで食べるというもので、ほんのわずかな期間しか出回らない稀少なもの。
「蕾を食べると花粉症に効く」ってことで話題になって、昨年ブレイク。
今年もマーケットで発見したのでさっそく購入♪
ぴりっとした香気があって、ほんのりほろ苦く、油と相性がいいので、オイルソースのフェットチーネ、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーニに。
Dsc05005

それから、天ぷらにしてもGood。
Dsc_0066ちょっと山菜みたいな雰囲気で、ワイルドな風味とほろ苦さがいい感じ。おススメです。

詳しくはコチラのサイトを…
博多蕾菜

| | コメント (0)

加賀野菜“金時草”

先日、梅田の百貨店で紫色のきれいな菜っ葉を見つけたので買ってみた。
Dsc04988_2加賀野菜の「金時草(きんじそう)」と言うもので、「式部草」という別名もある。紫式部からの連想か?
地域によって呼び名がいろいろと異なり、熊本では水前寺菜、沖縄ではハンダマ、中国では紅鳳菜(アンホルツァイ)と呼ばれているそう。
茹でると湯が鮮やかな紫に染まったのだが、この色素はシャーベットやスイーツに使われるとか。
ちょっと粘る感じの食感が面白く、栄養価たっぷりな感じだが、やはりビタミンAや鉄分、カルシウムが豊富に含まれている。

Dsc04991
酢味噌が合いそうかなと思って、麩市(ふいち)の酢味噌で和えてみたら、これがばっちりな感じでとても美味しかった。

Dsc04992

←コレ、なかなか便利で美味しい。

続きを読む "加賀野菜“金時草”"

| | コメント (0)

カレーうどんハイク@樫ヶ峰

ライトハイキングと山おやつがテーマの「おやつハイク」の予定が、寒そうなので勝手にカレーうどんに変更。小笠峠への斜面は雪がついているだろうと予測し、下るとコワいかもしれないので逆回りに変更。案の定、この部分だけ雪があった。
Dsc05012_2Dsc05017Dsc05018Dsc05019Dsc05021Dsc05022




韓国土産でもらったアルファ米のピビムパをみんなで試食。具沢山・ピリ辛で美味しかった。けど、あさやんが言ってた通り「どんだけ~」ってくらいコチュジャンが…

Dsc05023

にゃみにゃみ食堂特製カレーうどん。けど、ピビムパにカレーうどんて・・・

Dsc05025

Dsc05031

ちょっと小雪が舞ったりもしたけれど、案外あたたくて、楽しく歩けた。真冬でも低山なら案外気軽に楽しめるでしょ。ご参加の皆さま、ありがとうございました。

| | コメント (4)

『見えないチカラ-視覚障害のフリークライマーが見つけた明日への希望』

28才のとき、将来失明するかもしれない、という告知を受けた著者。
Mienai_tikara無自覚で無為な毎日を過ごしていた高校時代、唐突にクライミングに目覚めた。ヨセミテに憧れ、バイトに明け暮れた大学時代。その後、旅行業界に身を置き、アウトドアのプログラムを成功させたり、充実した職業人として生きていたある日、ちょっとした目の異常を感じて受診したところ、失明するかもしれないという告知。
「網膜色素変性症の類縁疾患、錐体桿体(すいたいかんたい)機能不全」と診断され、失意の底に叩き落された著者。“人”ではなく、“症例”としてしか見てくれない医療機関に希望も期待も持てなくなっていたとき、ようやく一人の人間として扱ってくれる医師に出会う。
「これから先、私は何ができなくなるのですか?できなくなる日のために、どんな用意をしたらいいのですか(後略)」と、“できないこと”についての質問を投げかける著者に、その医師は
「これから何ができなくなるのか?どう生きていったらいいのか?と聞かれても私には何も答えられません。何ができなくなるのかもわかりません。小林さん、もっと大事なことがあるでしょう?大事なことは、あなたが何をしたいか、あなたがどう生きていきたいかなのです」

視覚障害があってもクライミングは楽しめる。自分と同じように視覚障害のある人にもクライミングの楽しさを伝えたい…
結局、彼は「クライミング」を選ぶ。

2006年、ロシアで行なわれた第1回パラクライミング選手権・視覚障害者男子部門で優勝。2011年、イタリアアルコで開催の「ワールドチャンピオンシップ」視覚障害者B2クラス優勝。そして、主に視覚障害者を対象としたフリークライミングの普及とクライミングを通じて障害者の運動機会の拡大などを目的とするNPO法人「モンキーマジック」を立ち上げる。

『見えないチカラ-視覚障害のフリークライマーが見つけた明日への希望』
小林幸一郎 著
アスペクト 刊
2011年12月 初版発行

印象的な部分を少し抜粋。

続きを読む "『見えないチカラ-視覚障害のフリークライマーが見つけた明日への希望』"

| | コメント (0)

牧島流鯵茶漬け@長崎

友人がわざわざお取り寄せで送ってくれたコチラ…
Dsc05007_2
長崎の“お茶漬けとふぐの店”徳信さんの牧島流 鯵茶漬け。長崎産の獲れたて新鮮、刺身で食べられる真鯵を、秘伝の出汁で漬け込んで冷凍したもので、解凍して温かいごはんに乗っけて…
Dsc05008
わさびをちょいと乗せて、熱湯をかけると…
Dsc05010
程よい感じで身が締まって、うんま~い!
お茶漬けも絶品だったけど、パスタでペペロンチーノに仕立てても美味しいらしい。ぜひやってみなければ。とっておきの美味しいものをありがとー!

| | コメント (2)

天磐盾 ゴトビキ岩

熊野三山のひとつ、熊野速玉大社の神が最初に降臨されたのが権現山中腹の絶壁にある磐座。「ゴトビキ岩」と呼ばれ、古くから霊域として、また修験者の行場として敬われてきたとか。
Dsc04849 ココへ行くには、自然石を組み合わせて積み重ねた「鎌倉積み」の急峻な石段が538段。源平合戦に際して、熊野の功労を賞して建久4(1193)年に源頼朝が寄進したものと伝えられている。

Dsc04837
この石段を登り詰めた上に鎮座しているのがご神体の巨岩「ゴトビキ岩」。
ゴトビキとは熊野の方言でヒキガエルのことだが、ここからは弥生時代の銅鐸の破片が発掘されたとかで、古代から信仰の対象であったようだ。岩に寄り添うように建てられている祠には、高倉下命(タカクラジノミコト)と天照大神が祀られている。

Dsc04844 この場所は神倉山の中腹にあたる。麓から60mの高さでそそりたつ崖の上で、ここが日本書紀』神武天皇紀に出てくる天磐盾(あまのいわだて)だといわれているとか。

★詳しくは…ココ

じつはこの場所に、私は不思議なご縁で導かれてきた。

続きを読む "天磐盾 ゴトビキ岩"

| | コメント (2)

紀州さんま寿司と「さんず」

ここ半年くらい、熊野のカミサマに呼ばれているかして、ずいぶん行く機会が多い。

Dsc02820
昨年の9月5日『ランドネ 2011年12月号 No.22』のロケで訪れ、奇しくも台風12号が災禍をもたらした直後だったためその惨状を目の当たりにし、ささやかでも復興支援の一助になればという思いから、個人的にも繰り返し訪れている。そんな中で出会った紀州の美味のひとつが「さんま寿司」。

続きを読む "紀州さんま寿司と「さんず」"

| | コメント (4)

『賢者の非常食』

「東海、関東、南海沖の海底プレートはいつ地すべりを起こすかPhoto_2予断を許しません。もし、東京、横浜、名古屋、大阪などの大都市を大きな地震や津波が襲ったら、救助の手が届くまでに何日もかかることでしょう。この本は、そんな場合に役立つ常食・非常食の知恵をぎっしり詰めました」と、“醗酵仮面”こと小泉武夫さんが書いた本。

『賢者の非常食』
小泉武夫 著
IDP出版 刊
2011年10月 初版発行

★同じ著者の近著
『食べるということ ~ 民族と食の文化~』


まえがきより(要約)

人は、食べなければ生きていけない。人類の歴史は食べ物を探す歴史。どんな動物類でも脳が発達するのは食べ物を手に入れるため。

知能が発達した人類は自分たちの手で食糧を作るまでになり、安定した食糧供給のみならず食文化を進化させてきた。

しかし、アジアやアフリカを中心に爆発的に人口が増加しており、FAO(国際連合食糧農業機関)によると27年後に人間の食べ物は完全になくなる可能性がある。
また、地球規模の異常気象により、アメリカでの広範な山火事、ロシアの冷害、オーストラリアの旱魃など大規模な自然災害が世界各国で頻発している。局地的大雨や竜巻などもあり、農作物に甚大な被害が生じている。

中でも、食糧自給率が39%(カロリーベース)と非常に低いわが国は、独立国としての存在そのものが危うい状況にある。
農業の衰退ぶりは著しく、全国の就農者の平均年齢は65.8歳と高齢化が進行。漁業もまた、20年前には世界一の水揚げを誇り魚の自給率は100%だったのが、今では50%を割り込んでいる。

食糧自給率の向上が緊急の課題だが、そこへ東日本大震災が起こって、豊かな食糧供給を行なってきた東北地方が甚大な被害を受けた。

東海・関東・南海沖の海底プレートはいつ地すべりを起こすかわからない状況で、中部、西日本の大都市もいつ地震や津波に襲われるかもわからない。非常時に対する備えは重要。

第1章 先人の知恵に学ぶ「飢饉と救荒食品」
第2章 日本人は何を食べてきたのか
第3章 放射能とがんから身を守る発酵食品の力
第4章 食生活の乱れを直すところから復興は始まる
第5章 賢者が選ぶ非常食品ベスト20
第6章 非常時に力が出る究極のレシピ

どれも「なるほど~」という内容。一読して損はない一冊です。

続きを読む "『賢者の非常食』"

| | コメント (0)

Spring coming soon!!

Dsc04998_hoteru_de_maya

| | コメント (4)

Maya madeのバレンタインショコラ

山上のオーベルジュオテル・ド・摩耶にて「バレンタインイブお菓子教室♪」が行なわれた。

Dsc04938_3

Dsc04942_2

講師はパティシエの西山シェフ。シェフというよりサーファーみたいな爽やか系。

Dsc04949

さすがの鮮やかな手つきで、まずはデモンストレーション。ホテル名物のガトーショコラと生チョコトリュフの2品を製作。

Dsc04969

Dsc04952

その後、各自で自分の分を作る。ガトーショコラをオーブンで焼いている間にトリュフを作って・・・

Dsc04968

焼き上がりを待つ間、西山シェフが作ったガトーショコラを試食。焼きたての温かい状態で食べたのは初めてだけど、ふんわりしっとり、フォンダンショコラほどくどくなくて、ホントに美味しかった。

Dsc04972

小雪がちらつく寒い山上だけれど、あったかいロビーカフェでほっこり。ゆったりと楽しい午後のひと時を過ごすことができた。
評判のいい「リストランテエルベッタ」で毎月定例で行なわれている料理講習会にも行ってみたいな。

オテル・ド・摩耶
神戸市灘区摩耶山町2-8
078-862-2882

| | コメント (0)

新宮へ 神倉神社&速玉大社

周参見からオーシャンアローで新宮へ。先日ランドネのロケで来たばかりなのだが。Dsc04818

Dsc04820

Dsc04825

Dsc04829駅前には「お燈祭」の銅像がある。2月6日に行なわれる神倉神社のお祭。

Dsc04837その神倉神社。熊野三所権現が最初に降臨せられた元宮で、ココに対して後にお遷りになった鎮座地を「新宮」と呼んだそうである。
山の中腹にある神倉神社へはとんでもない石段を登っていかなければならないのだが、ここを2月6日の祭りのときには2000人の男たちが松明を手に、駆け下りてくるのだとか。Dsc04842街のパン屋さんで「怪我人は出ないんですか?」って聞いたら「怪我人と喧嘩は付き物です」・・・Dsc04844

Dsc04849

Dsc04851

Dsc04857

Dsc04860駅前の「除福寿司」でさんまの姿寿司と昆布寿司をテイクアウト。かんぴょうとごぼうを具に、昆布で巻いた昆布寿司は珍しくて美味しかった。Dsc04866お次は“新宮”熊野速玉大社へ。Dsc04867

Dsc04878

Dsc04882明るくて気持ちのいい場所で、何度来てもいいところだと思う。

18時台の特急で帰るつもりが、指定席は満席と言われ、15時台のオーシャンアローの自由席で帰阪することに。勝浦でほぼ満席、白浜からは通路にもかなり人が溢れるほどの乗車率。南紀、賑わってます。
列車の中でしこたま飲んで、途中寝落ちしてたワリに、大阪に着いたら復活していて、airin&ウサちゃんがいる「「BA-RU ONE」」に合流。Dsc04926

Dsc04927

Dsc04928

Dsc04929

よー食べてよー飲んだ週末だった。楽しい二日間、ありがとう!

| | コメント (4)

熊野古道・大辺路「仏坂」

「安居の渡し」からが仏坂コース。迂回路は荒れているため、現在通行止め。

Dsc04741

Dsc04742 日置川の左岸をトラバースする道だが、少々危険な箇所あり。
【安居の渡し】の渡し船の利用すれば、この部分を通行せずに仏坂コースを歩けます。三日前までに予約のこと。

Dsc04746柵が壊れていたり、滑りやすい部分などもあって少々危険。

Dsc04750渡し場から先は問題なし。ここからしばらく急な登り。

Dsc04755桂松跡から先はなだらかで歩きやすい。

Dsc04777

Dsc04804_2 周参見王子社

Dsc04807太間川河口

Dsc04809 周参見駅

Dsc04813

Dsc04814イノブタの産地で、駅にはかわいらしいイノブータンのイラストが。大辺路の木札をいただいた。

★安居~周参見間の大辺路ルートは、「安居の渡し」迂回路部分以外は問題なく通行できます。

| | コメント (0)

熊野古道・大辺路「富田坂」

土日で熊野古道へ。mikanちゃん、Fukuzo&monacoちゃんと呑み助4人組にて・・・

Dsc04587 オーシャンアロー1号は満席。

Dsc04598白浜からバスで富田へ。草堂寺からスタート。半年前にランドネのロケで来て以来。

Dsc04605

Dsc04624

Dsc04628紀州寿司「はま乃」の熊野まんだら。さんま寿司、さば寿司、めはり寿司、どれも美味しかった。富田の美味しい水で炊き上げたご飯と紀州で摂れた新鮮な魚を使って作られている紀州の美味。

Dsc04678「祝の滝」

Dsc04710

Dsc04721安居(日置川)に出る手前、昨年9月の台風12号による被害で道路が何箇所も崩壊。

Dsc04729

Dsc04733穏やかな日置川。あの台風の時にはいったいどんな様相になっていたのか。
仏坂への迂回路もかなり荒れていた。

↓コレは、メンバーのひとりでデザイナーのFukuzo君がDsc04586作ってくれたワークブック(?)。楽しい旅だった。みなさんありがとう。

| | コメント (0)

因島から八朔が来た♪

会期間際の『新春によせて 近代の日本画・油彩画』をDsc04575見るべく、西宮市大谷記念美術館へ。毎年この時期恒例の所蔵コレクションからセレクトされた展覧会で、近代日本の名作絵画がアレコレ展示される。
毎年見慣れた作品ばかりなのだが、何度見ても見飽きない素晴らしい展覧会。

橋本関雪、梅原龍三郎、山下摩起、伊藤深水、狩野栄信、山元春挙、横山大観、小倉遊亀、前田青邨、富岡鉄斎、川合玉堂、林武、ほか

西宮市大谷記念美術館
西宮市中浜町4-38
0798-33-0164
水曜休館 10:00~17:00(入館~16:30)

お庭には、ロウバイがちょうど見頃に咲いていて、とってもいい香りだった。
Dsc04579
帰りに、あさやんのお友達が因島からはっさくを売りに来ているって情報にて、白馬堂ROKKOへ。
Dsc04585

はっさくは、広島県の因島が原産とされ、現在では約2000戸の農家が八朔栽培を行なっているのだとか。無農薬で育てられたはっさく、味が濃くてとっても美味。特に左側の「紅はっさく」が美味しかった。販売は今日明日の二日間。ゲットしたい方はお早めに。

| | コメント (0)

『震災後 こんな時だけど、そろそろ未来の話をしようか』

震災発生3ヵ月後に連載を開始、Photoリアルタイムに書かれた異色作品。緻密なストーリーテラーというイメージがある著者だが、そういう特殊な書かれ方をしたせいか、物語としていつものキレが感じられないのはやむをえないのかもしれない。それより、小説ではなく小説の手法で表現した福井流の解説と主張?なのではという感じを受けた。
主人公は、企業のエコ担当として働く平凡な会社員である野田。大多数の特別な主張もなく茫洋と事態を眺めているだけの国民の象徴として描かれているように思える。彼の怜悧な妻は“男性原理”で何かを見失いがちな存在に対する反勢力の象徴?そして、原発事故によって“明るい未来”を奪われた子どもたちの象徴としての息子、常に冷静で大局的に事態を把握している“父性”の象徴としての父。
そんな登場人物たちの口を借りて、原発事故を巡って混迷する状況を語り、主張すべきことをきれいにまとめたという感じを受ける。

『震災後 こんな時だけど、そろそろ未来の話をしようか』
福井晴敏 著
小学館 刊
2011年11月5日 初版発行
(『週刊ポスト』2011年6月17日号~11月11日号に掲載したものに加筆訂正)

著者インタビュー ※月刊「新刊展望」2011年12月号より

少々抜粋しておく。

続きを読む "『震災後 こんな時だけど、そろそろ未来の話をしようか』"

| | コメント (0)

またまた好天の講座「須磨アルプス」

寒波到来のワリにぽかぽか陽気だった前回に引き続き、Dsc045461冷え込む予報のワリには意外と暖かかった今日、NHKカルチャー神戸教室「はじめよう山歩き 女性クラス」の5回目で須磨アルプスへ。
板宿集合だったけど、阪急線からそのまま乗り継ぎで行くと高くつくので、わざわざ三宮でJRに乗り換えて、新長田駅から歩くセコいヒマジン。

板宿八幡宮から東山、馬の背を越えて、須磨離宮公園へ下る計画だったのだが、定休日!に付、名水の森へ。
ホントは満開のロウバイを皆さんに見ていただきたかったのだけど。ま、天候に恵まれ、穏やかで楽しい一日だった。

Dsc04552

Dsc04560

| | コメント (2)

須磨離宮公園にて、春の香り

Dsc04539
ロウバイが咲いて、かぐわしい香りが一面に。
Dsc04534
Dsc04525
Dsc04520
梅はまだまだ。気の早い白梅が一輪咲いていたけど、ほかはまだつぼみも固い。
山茶花は見頃。椿もそろそろ。んで、いささか季節はずれなんだけど・・・
Dsc04494
Dsc04498
本来、秋に咲く「ジュウガツザクラ」がなぜかちらほらと咲いていた。3月に返り咲いたりもするので、べつに珍しくもないのかもだけど。
ともあれ桜なだけに、可憐な花色はやっぱり春のイメージ。ちょっと早い春を見つけたみたいでワクワク。

神戸市立須磨離宮公園
神戸市須磨区東須磨1-1
078-732-6688
9:00~17:00(入園~16:30)
木曜定休(祝日の場合は翌日)

| | コメント (2)

京橋の立ち飲み洋食屋へ!

夕方、あさやんとちょこっとこーゆートコへ顔を出して・・・Dsc04452
しかる後、京橋へ!先日、『洋食の教科書』取材でお邪魔した「明ごころ本店 洋食店」へ。“打ち合わせ”と称する飲み会なんだけど。
Dsc04453
甘くて美味しい「アイコ」。たっぷりオリーブオイルで美味しい。
Dsc04454
グラマラスに太ったアスパラ。茹でたてにマスターお手製のマヨネーズがたっぷり。
Dsc04455
チーズのカリカリ焼き?アテには最高。
Dsc04456_2
この店を代表する人気メニュー、スジシチュー¥400。なんたるコスパ!
Dsc04457
これも忘れてはいけない、ガーリックトースト。チリオイルがまたぴりりと美味。
Dsc04458
この季節ならではの美味、カキフライ。自家製のタルタルソースが幸せ・・・。
Dsc04459
そういえばこんなのも食べたっけ。ワインが進んでいかん。
Dsc04460
結局最後はなんだか記憶があいまい。打ち合わせって結局できたんだっけ・・
まぁええか。

★明ごころ本店 洋食店
大阪市都島区東野田町3-10-19 サンピアザビル1F
06-6351-8415
17:00~24:00
日・祝不定休

| | コメント (0)

はまな味噌

先日、福井滞在中に「でっち羊かんまつり」で大野に行ったとき、くまさんがお土産に買ってくれた…「はまな味噌」
Dsc04447
甘めに味付けされた味噌の中に、茄子、ごま、丸大豆などがごろごろ。
炊きたてご飯にのっけても美味しいし、酒のアテにそのまま舐めても美味しい。
福井の嶺北の伝統的な食べ物だそうで、その昔浜名湖の方からやってきたエライお坊さんが作り方を広めたので「はまな味噌」という名がついたのだとか。

大野は水のいいところのようで、味噌作りや醤油作りが盛ん。極にゃみ的大好物の「枕こんにゃく」も、「上庄の里芋」、「竹田味噌醤油」も大野産。
見どころもいろいろあって、「黒谷観音」も好きな場所。七軒朝市も楽しいし、なんだかんだで大野へはよく行ってるような・・・

| | コメント (2)

うめだ阪急へ、ちょこっとチョコ買いに。

今日は遭対組の寄り合いだったので、その前にちょこっと阪急百貨店に寄り道。
阪急のバレンタイン2012」が開幕していたので、覗いてみんとて。お目当ては…Dsc04449_2ラ・メゾン・デュ・ショコラのチョコアイス。さすがさすが、濃厚なコクのあるチョコレートが美味。ベル・アメールのソフトクリームも食べたいけど…
会場は、バレンタインまでまだ1週間もあるというのにすごい熱気。きらびやかなチョコがあふれていて、どれを選ぼうか目移りしちゃってたいへん。
だもんで、ここでちょっと、「バレンタインチョコお味見会2012」で味わってみたチョコの中でお気に入りのいくつかを改めてご紹介。

★バッハルム1928
Dsc04303
オーストリアの老舗で、「デコレイテッド・チョコレート」と呼ばれる、華やかなトッピングをほどこしたタブレット。ベリーやドライアップル、ミントやナッツをちりばめた、食感も楽しい一枚。

★ベル・アメール
Dsc04304同じくタブレットにドライフルーツやナッツをトッピングした系だけど、やはりベースのチョコが美味しいのと、組み合わせのセンスがステキ。

★プラリベル
Dsc04305
1994年創業のベルギーのブランド。フェアトレードの原料を使用しているそうで、かわいらしいコーヒーカップ型のダークチョコに、ガナッシュとジャンドゥーヤを入れたもの。

★ピエールマルコリーニ
Dsc04307
ベルギーが生んだ天才ショコラティエと賞賛されるマルコリーニ氏によるもので、食べてびっくり、のライム味。かなり強い酸味があるのだが、チョコレートとライムの意外なマリアージュに感動。

★ラ・メゾン・デュ・ショコラ
Dsc04311
世界最高峰ブランドと呼ばれるメゾンだけあって、やはりさすがの正統派の美味しさ。コクのあるほろ苦さはまさにオトナの味わい。

★パティシエ・エス・コヤマ
Dsc04316
我が兵庫県が誇る天才パティシエ・小山シェフによるかわいらしい「ボタン」型のチョコ。「幸せのボタン」と名づけられたキュートなチョコは、エクアドルの農園からフェアトレードで仕入れた稀少なカカオを使用。ストロベリー、パッション、カシスなどのフルーツとの相性が抜群。
もう5年ほど前だが、小山シェフとは取材で少しお話をさせていただいたことがあるのだが、「天才とは、そして本当のプロとはこういうヒトなんだなー」と感心したことがある。

阪急のバレンタイン2012 「バレンタインチョコレート博覧会」
阪急百貨店うめだ本店
◎2月1日(水)~2月14日(火)
◎10階催場

| | コメント (2)

でっち羊かんまつり@越前大野

Dsc04408Dsc04409Dsc04410Dsc04411Dsc04418Dsc04420Dsc04423Dsc04429





帰りそびれた土曜日。朝からまたまた雪かきをし、午後から三人で大野へおでかけ。
「でっち羊かんまつり」が行われるとのことで、福井の冬の味覚・でっち羊かんを味わいに。大野市内の15店が出店しており、三人で全種類を食べ比べ。水ようかんなので、一口ずつだけどあっさり食べられた。
「ゑびすや」のおろしそばがなかなか美味しくて、三人で5杯を平らげた。

| | コメント (0)

節分@福井

Dsc04400

なんと!京都府北部・滋賀県あたりが大雪で、JR湖西線が不通に。JR特急サンダーバードは、午前中の1便のみ、米原経由で遅れながらも運行されたようだけど、午後は運転取りやめとの情報。帰れませんがな。
しょうがないので、夜、福井大仏の節分豆まきに行った。

Dsc04401

くまさんがキャッチした福豆には、鬼さんとお多福さんが入っていた。アタリ!らし。

| | コメント (0)

雪かきエクササイズ+ボルダリング

508415507_2+宴会付。

| | コメント (0)

福井フルコース

2012feb1_yukikaki雪かき、ボルダリング、福井の酒にカニ。
楽しんでいます。

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »