« 暴風一過、スーパーファインな山日和。 | トップページ | 雨上がりにちょこっと“蛇のお散歩” »

観光モード@十津川

連休中日の5月5日。山から下りてきて、せっかくココまで来たのだからと十津川で寄り道。
Dsc01508
オナカが空いていたので、とりあえずそばでも食べよう、ってコトで道の駅「十津川郷」へ。
併設のそば処「行仙」で、おろしそばとめはり寿司を食べた。
Dsc01509
石臼挽のそばは二八だけど風味もよくてコシもしっかり。大根おろしはかなり辛めで美味しかった。めはり寿司は1個から注文できるのでありがたい。大好物セットで大満足。
Dsc01513
食後のデザート?に名物串こんにゃく。柚子味というのがあって、とても美味しかった。
Dsc01515
コノ方もご満悦のようでなによりでした。道の駅としてはこじんまりとしてるし、たぶん何か別の施設を転用しているのだと思うけど、足湯もあるし、なかなかいい感じ。お土産のラインナップはちょっとさびしかったけど・・・

道の駅「十津川郷」
奈良県吉野郡十津川村小原225-1
0746-63-0003

オナカが落ち着いたところで温泉へ。湯泉地温泉に2軒ある公衆浴場のうち、小さくて“地元民御用達”な感じの公衆浴場「泉湯」へ。
Dsc01518
洗い場もちょっとしかないし、小さなお風呂なんだけど、とてもきもちのいい露天風呂もあって、いい感じ。2009年3月にリニューアルオープンした「滝の湯」の方は混雑が予想されたので避けてみたのだけど、この鄙びた感が好き(正月明け山行の小辺路で十津川温泉へ下りたときも、「憩いの湯」「庵の湯」の両方に行ったけど「憩いの湯」の方がお気に入り)。

そして、ついでに名所の「谷瀬のつり橋」へ。
Dsc01525

Dsc01539
基本的に、南側からの一方通行なのだけど、夕方4時半からは一方通行解除ってことで往復渡らせてもらえた。
高さ54m、長さ297mもある日本でも有数の巨大なつり橋。ゆらゆら揺れてスリル満点だが、吹き渡る風の気持ちのいいこと!
戦後の復興期にあたる1954年、地元谷瀬集落の人々が日常の利便のために各戸で拠出金を負担し、当時としてはそうとうな巨額である800万円をかけて作ったものだとか。

好天のGW中にも関わらず、ほとんど渋滞にあうこともなく帰阪の途につき、途中またしてもちょこっと寄り道。
Dsc01556
話題の“スーパームーン”を二上山麓の池の畔から鑑賞。
巨大なお月様が暮れなずむ空にぽっかりと浮かんで、水面に映った月影がゆらゆらと輝くさまは本当にきれいだった。
楽しく盛りだくさんな休日をありがとう!

|

« 暴風一過、スーパーファインな山日和。 | トップページ | 雨上がりにちょこっと“蛇のお散歩” »

コメント

山に観光に2日半、お世話になりました~\(^O^)/
いやー、楽しかったっすnote

ちょっと遠いけど大峰山系、やっぱり好きです~(*´∀`*)

投稿: タマスケ | 2012年5月 7日 (月) 19:59

ワタシも大好き♪

ホント、何度でも行きたいよねー。
ぜったいまた行こうね!

投稿: にゃみにゃみ。 | 2012年5月 7日 (月) 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暴風一過、スーパーファインな山日和。 | トップページ | 雨上がりにちょこっと“蛇のお散歩” »