« 雨の日曜日は手打ち蕎麦 | トップページ | PEAKS 2012年10月号 No.35 »

飛騨高山 郷土の味アレコレ

この週末の稲刈りツアーで出会った食材。Oヌマさんの畑で咲いていた…
Dsc07839_2
「秋縞ささげ」と呼ばれる飛騨地方の特産野菜。旧丹生川村(現在は高山市に編入)などの高冷地の農家が庭先で自家用に栽培していたもので、分類としてはササゲ(大角豆)ではなく、インゲン豆の仲間。
Dsc07840_3
病害虫に強く、農薬を必要としない強健種で、秋になって気温が下がってくると紫色の模様が出てくることから「秋縞」の名前が。この色素はゆでると消えて緑色になるので、「湯上り美人」の別名もある。
Dsc07859001
さっとゆでて醤油マヨネーズで和えたもの。ちと茹ですぎたのが残念。茹で時間はほんとに短くていいみたい。

★秋縞ささげの情報は…ココ!

それから、豆腐料理2種。
Dsc07812
パック入りをご用意くださってたのが「ぎせい焼き」。
Dsc07814
湯通しした豆腐をじっくり時間をかけて甘辛く焼き上げたもので、海が遠く魚があまり食べられない飛騨地方で、蛋白源として大豆料理をさまざまにアレンジしてきた伝統料理のひとつだそう。ごまが香ばしく、酒のアテにも最適。
Dsc07859
同じく、「こも豆腐」という豆腐料理。こも(=簀)で巻いて茹でた豆腐をダシでじっくり煮含めたもの。パック入りの市販品もあるのだが、こちらはご近所のお料理上手な方が手作りなさったもの。ダシの旨みがしっかり効いて、上品な薄味に仕上がっていた。

秋縞ささげと同じく、旧丹生川村などの高地で栽培されてきた「宿儺(すくな)かぼちゃ」や飛騨一本ネギなども道の駅で仕入れてきたので、まだしばらくは飛騨の味が楽しめそう。
自然豊かで美しい飛騨地方。ずっとずっと汚染などとは無縁でありますように。

★宿儺かぼちゃの情報…ココ!

|

« 雨の日曜日は手打ち蕎麦 | トップページ | PEAKS 2012年10月号 No.35 »

コメント

こんな美味しいトマトは食べたことがないですってくらいおいしかったです。切っても角がピンとあって果肉がつまった感じ。おすそ分けいただけて幸せです♪
秋縞ささげはさっとゆがくのですね。。。メモメモ
お豆腐も美味しそうだし飛騨は魅惑的ですね!!

投稿: monaco | 2012年9月24日 (月) 17:20

トマト美味しかったでしょー。
あれ、畑でもぎたてを食べたらもう、ホントに感動的だった(二日酔いがぶっとびそうだった)…

秋縞ささげも美味しいですよん。

投稿: にゃみにゃみ。 | 2012年9月24日 (月) 17:26

「秋縞ささげ」ですかぁhappy01
ちょうど私も昨日穂高からの帰りに、平湯の森で買ってきました
なぜ紫色なんだろう~っと思ってたんですよ
サラダや胡麻和えにしーよぉ!…茹で過ぎ厳禁なんですねwink

投稿: ぐり~ん | 2012年9月25日 (火) 01:01

ぐりーんさんお久しぶり。
平湯で売ってるんだー。
旅先で地野菜とかを見つけるとうれしくなるよねー。

うちは今朝はポン酢マヨネーズで胡麻和えです♪

投稿: にゃみにゃみ。 | 2012年9月25日 (火) 07:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の日曜日は手打ち蕎麦 | トップページ | PEAKS 2012年10月号 No.35 »