« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

せとうちexcursion「“宝船”クルーズ」③

excursion三日目は高松港からまたまたチャーター船にて出港。
Dsc00691
高速船「はやしお」よりは、ちょっとのんびり系の「みしま3号」。
Dsc00693
1時間ちょっとのクルーズで直島へ。
Dsc00701
かねてより一度来てみたかったアートの聖地“ベネッセ・アートサイト直島”。

続きを読む "せとうちexcursion「“宝船”クルーズ」③"

| | コメント (0)

せとうちexcursion「“宝船”クルーズ」②

excursion2日目は瀬戸内海汽船のチャーター船で松山を出航。
Dsc00510
27ノットのスピードで瀬戸内海を駆け巡り、おさんぽクルーズなどでも大活躍している高速船「はやしお」
Dsc00516
気持ちのいいほどの快速ぶりで、あっと言う間に港が遠ざかる。
Dsc00521
船内はサロン風になっていて、景色を眺めながらゆったりとくつろげる。

続きを読む "せとうちexcursion「“宝船”クルーズ」②"

| | コメント (0)

せとうちexcursion「“宝船”クルーズ」①

瀬戸内セブン(山口、愛媛、広島、香川、岡山、徳島、兵庫)による瀬戸内ブランド推進協議会主催で、瀬戸内の魅力を発掘するエクスカーションツアーが実施された。
Dsc00350
出発点は瀬戸内海の西の端、下関。
Dsc00319
まずは関門海峡をちらっと眺めて、集合場所へ…
Dsc00358
JR新下関駅の待ち合わせスポットは「スーパージャンボふく鍋」君。
Dsc00366
招待者約70名+瀬戸内エバンジェリストの皆さん、そして下関水族館のマスコット、マカロンとペン太も応援に駆け付けた。プロデューサーは西川りゅうじん氏。

続きを読む "せとうちexcursion「“宝船”クルーズ」①"

| | コメント (0)

tuchieさんのお菓子

昨日フェリシモ・ヨガ部のイベントに行った方からお土産をいただいた。
Dsc00280
スパイシーなマフィン&クッキーとチャイのセット。
Dsc00281
マフィンは、チャイ風味と生姜風味の2種類。どっちもこれまで食べたことのないスパイシーな味わいがすごく美味。クッキーもスパイスの魔法がかかってる感じで大好きな味。あっちーありがと。
ベジカレーのケータリングなどをされている“tuchie ”さんが作られているもので、来春にはショップがオープンするらしい。楽しみ…♪

| | コメント (0)

ガイドハウス駐在

ガイドハウスの「山の案内人」ボランティアの当番につき山上へ。
Dsc00160
ケーブル社長さんごめんなさい。今日は運動がてら歩きで。
Dsc00169
途中で子供たちの大パーティに追いついた。譲られそうになったけど、大人数だったので追い越すのがしんどくて、後ろをついて歩いたら5分遅刻。Dsc00170
ケーブル山上駅では、ヘリがぶんぶん。緊急車両も続々… 堡塁岩で事故。
現場に居合わせたカモ鳥さんに後で聞いたところによるとリード中にSLCD'sが外れてGF、事故者はヘリで中央病院へ収容されたそう。
Dsc00194
ガイドハウスでは、午前、午後とも「奥様手帖」をご覧になった方などが来られてご案内。K西さんとは初めてご一緒させていただいた。
Dsc00206
今日のグルームさん。山上はとてもたくさんの人で賑わっていました。

続きを読む "ガイドハウス駐在"

| | コメント (0)

バッドランドに咲く秋の花

Dsc09957

Dsc09950

続きを読む "バッドランドに咲く秋の花"

| | コメント (0)

西宮船坂ビエンナーレ2012

今年2回目(プレを含めると3回目)となるビエンナーレが開幕している。
Dsc00068

Dsc00102

Dsc00087
のどかで美しい山里である船坂の集落のあちこちに作品が。

続きを読む "西宮船坂ビエンナーレ2012"

| | コメント (0)

六甲山大学「ミントサロン」

先日開校式が行われた六甲山大学。山麓の「ミントサロン」が開講。
Dsc09918
山麓キャンパスは、神戸・三宮のミント神戸最上階にある「ミントテラス」。
Dsc09927
西側、南側、そして山側の美しい夜景が見渡せる素敵な場所。

続きを読む "六甲山大学「ミントサロン」"

| | コメント (4)

MiSA'S HAPPYSWEETS! 12月号撮影

インターナショナルファッション誌 『En Vie 』のレシピページ撮影。
Dsc09835
撮影はK i i Tさん。今回も気合入ってる。
Dsc09882
12月号なので、クリスマスバージョンで演出してみた。

続きを読む "MiSA'S HAPPYSWEETS! 12月号撮影"

| | コメント (0)

『別冊ランドネ 日帰り名山100』

山好きが選んだ全国の日帰り名山を100山一挙に紹介したガイド本。Randonnie100日帰り用の装備やウェア、行動食、プランニング講座など初心者向けの情報もアレコレ。
極にゃみ的には、「山登りの基本講座」の章で「山のセルフレスキュー講座」の項を書かせていただいています。
六甲山のコースガイドを書いてないのはナゼ…?なんでしょうね?(トホホ) 近畿の山紹介ページで、ちょこっとコメントを述べてたりはするのですけど…

エイムック2455『別冊ランドネ 日帰り名山100』
2012年9月30日 発行
枻出版社 刊

| | コメント (0)

偲ぶ日。

Dsc09815

続きを読む "偲ぶ日。"

| | コメント (0)

絶品モモ&スペシャルキーマで歓迎の宴

一昨年の長岡ツアーでお目にかかった看護士さんが来神されて、歓迎の小宴。
Dsc09797_2
アジア料理の達人、旅料理人クライマーのHiroさん特製のモモ&ゴルベラ・コ・アツァ(トマトのスパイシーソース)。フレッシュで繊細なスパイス感がたまらん。。。このアツァだけでも充分飲める…
Dsc09801
長岡で「GANESH」を経営されていたときのメニュー「梅シソキーマ」。
Dsc09803
キーマに梅?シソ??って想像のつかない感じなんだけど、梅干しの酸味と大葉の香りが素晴らしくマッチング。ウワサには聞いていたけど、ホントに絶品!ご馳走様でした。
お熱で急遽欠席になったカモ鳥さん、お気の毒でした。。。
Kou-Gさんの神戸滞在が実りある日々となりますよう。

| | コメント (8)

スーパーファインな四国山旅2日目

四国山旅二日目、キーンと冷え込んだ快晴の朝。うどんを食べて出発。
Dsc09572
大剣神社に詣で、霊水「御神水(おしきみず)」を汲み、山頂へ。
Dsc09596
大剣神社のご神体「御塔石」。
Dsc09612
剣山の山頂はなだらかで広々。雲一つない快晴で、360度の眺望が思うまま。

続きを読む "スーパーファインな四国山旅2日目"

| | コメント (5)

四国の霊山「剣山」へ

白馬堂ROKKOとのコラボツアー、今度は四国へ。
関西トレッキング BESTコースガイド』シリーズ?
Dsc00053
往路、徳島自動車道脇町ICで降りて、美馬市のうだつの町並みへ寄り道。
Dsc00044_2
縁起のいいことに、花嫁行列に遭遇し、「花嫁菓子」をもらったメンバーも。

続きを読む "四国の霊山「剣山」へ"

| | コメント (0)

本日発売!『関西ハイキング 2013』

山と渓谷社から毎年秋に発行される関西の山情報誌Kan_hi_2013『関西ハイキング』2013年版が発行された。
コースガイドは
「季節別山登り12ヶ月 旬の50コース」
「駅から駅へ、らくらく電鉄ハイク10」
「関西のロングトレイル、縦走ベストプラン」という3本柱で、極にゃみ的には縦走ベストプランのうちの「生駒縦走路」の記事を書かせていただいています。

全長30kmと日帰りプランとしてはなかなかのコースで、モナコちゃんキノコちゃんというカワイイ山女子に登場してもらい、気合入れて撮影したんだけど、あいにくモノクロページでした。取材日の日記は…ココ!

関西ハイキング 2013
山と渓谷社 刊
A4変型判112P  980円
2012年10月19日 発行

| | コメント (0)

■西国旅2012 Oct. まとめ編

今週前半、15日16日17日と駆け足で廻った山口の名所の数々。

岩国錦帯橋で雅な舟遊び
白壁の街並みと金魚ちょうちんの町・柳井
ロマンチックなパワースポット「真宮島」
周南のコンビナート夜景と「第12回ぐるぐる山口の酒」
萩往還「佐々並市」と佐々並豆腐
古地図で歩けるまち、萩
萩温泉「萩本陣」
下関の“リトル釜山”へ
彫刻のまち・宇部へ

『ノジュール』2012年5月号の取材で3月に訪れて以来半年ぶりなのだが、今回は「岩国錦帯橋空港」の開港に先駆けて、エージェントとプレス関係を対象としたモニターツアーということで特別な機会を設けていただいた。新空港を利用した新規の旅行商品を企画するための体験会のようなもので、物見遊山とはひと味違う緊張感が漂う中、超過密スケジュールでの視察だったわけだが、県の魅力を伝えよう、見てほしい、知ってほしいという関係者の皆さまの熱意がひしひしと伝わってきた。ご案内いただいたスポットは、どこも魅惑的だった。ぜひ、機会を設けて、ゆったりと再訪してみたい。関係者の皆さまに感謝します。

昨年9月の台風12号の直後に取材で熊野を訪れて以来、“熊野工作員”としてアレコレ取り組んできた私だけど、なんか今度は中国地方にも呼ばれてるっぽい?

| | コメント (0)

彫刻のまち・宇部へ

緑と花と彫刻のまちとして知られる山口県宇部市。1961年に「自然と人間の接点としての芸術を」という市民の声から始まった彫刻展は現在「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」として国際的にも高く評価されるアート企画となっている。
Dsc09910
市役所前にある作品。濱野邦昭氏の「宇宙」
Dsc09919_2
真締川右岸、関根伸夫氏の「空の天秤」
Dsc09928
平和通りにある多田美波氏の「超空間」

続きを読む "彫刻のまち・宇部へ"

| | コメント (0)

下関の“リトル釜山”へ

本州最西端のターミナル駅、JR下関駅の北東にある「グリーンモール商店街
Dsc09829
駅前の跨線橋の上に派手な「釜山門」があり、コレを下ったところが入口。
Dsc09817
どことなく異国情緒漂う街並み。飲食店や銭湯、韓流ショップなどが並ぶ。
Dsc09755
焼肉の老舗「やすもり」さんでランチ。
Dsc09759_2
名物の「とんちゃん鍋」をいただいた。

続きを読む "下関の“リトル釜山”へ"

| | コメント (0)

萩温泉「萩本陣」

萩のまちを見下ろす高台にあるお宿「萩本陣」に泊まった。
5つの自家源泉を持ち、14種類の風呂巡りができる温泉宿だが、なんといっても食事が豪華。
Dsc09699
お造り盛り合わせ+ふぐ刺し。てっちりもうれしい。
Dsc09703
地酒の利き酒セット。どれもさらっと飲みやすく、料理を邪魔しない味。
Dsc09708_2
ふぐのから揚げも…♪鯛の兜煮とか茶そばとかも。ご飯は地元産の米。
Dsc09711
デザートは夏ミカンのジュレとケーキ。

食後に、腹ごなしを兼ねてSL型シャトルバスで奥萩展望台へ。

続きを読む "萩温泉「萩本陣」"

| | コメント (0)

古地図で歩けるまち、萩

全国でも屈指の古い街並みを誇る町、萩。
Dsc01921
武家屋敷や町人町など、江戸時代の古地図そのままの町割りが残されている。
Dsc01901
実際に、萩市観光協会が発行している古地図を持って歩いてみた。Dsc01923
町割りはほとんどそのままで変わっていない。
Dsc01932
白壁が印象的な通り。
Dsc01948
夏ミカンが青々した実をつけていた。
Dsc01956
高杉晋作誕生地の近くにある晋作広場に建つ銅像。お城の方を向いて立っているが、なかなかりりしい男前(似てない…)。

ところで、萩の町がこれほどよく昔の面影を残しているのは、その“悲劇的”な歴史によるものなのだとか。

続きを読む "古地図で歩けるまち、萩"

| | コメント (0)

萩往還「佐々並市」と佐々並豆腐

萩市の伝統的建造物群保存地区「佐々並市」。
1_dsc09628
萩と三田尻(現在の防府)を結ぶ「萩往還」の宿場町として栄えてきた。
2_dsc09633
古い街並みがそのまま残され、落ち着いた佇まいを楽しむことができる。
3_dsc09572
ココの名物がこの地で七代続く老舗豆腐店が作る「佐々並豆腐」で、最近新装開店となった「はやし屋旅館」で豆腐尽くしのメニューを味わえる。
4_dsc09583
豆腐のステーキ、焼き豆腐(田楽)、茶巾揚げ、煮豆腐、特製押し寿司、冷奴(冬は湯豆腐)、焼き鮎、お吸い物、豆乳プリンと盛りだくさんだが、予算に合わせていろいろなコースを組んでもらえる。これで約2000円程度。フルコース3500円は要予約。
5_dsc09590
デザートの豆乳プリンは、豆の味が濃厚で、ほとんど甘さを添加しておらず、コクのあるカラメルソースで味わうもの。豆腐っぽくて美味しかった。

佐々並豆腐は、伊藤博文公の大のお気に入りで、首相時代に再三東京に出てくるように誘ったというエピソードは有名。普通の豆腐に比べてかなり固くて、豆の旨みがぎゅっと詰まった感じの食べ応えのある豆腐。近くの道の駅で買えるが、午前中に売り切れるほどの人気だそう。

| | コメント (0)

周南のコンビナート夜景と「第12回ぐるぐる山口の酒」

徳山市、新南陽市、熊毛町、鹿野町が合併し、2003年に誕生した周南市。
Dsc09516
中国地方でも屈指の臨海工業地帯を形成している。
海沿いに林立するコンビナート群が、夜になると…
Dsc01764

Dsc01766

Dsc01775
「コンビナート夜景」として近年非常に人気が高まっているのだ。大阪の阪神高速湾岸線などでも独特の夜景を楽しむことができるが、周南の場合は市街地に隣接していて、間近で見られること、アクセスがいい点も人気の秘訣なのだとか。ビュースポットを巡るバスツアーや宿泊パックなども用意され、注目が高まってきている。

周南コンビナート夜景ツアー

夜景を楽しんだ後…

続きを読む "周南のコンビナート夜景と「第12回ぐるぐる山口の酒」"

| | コメント (2)

ロマンチックなパワースポット「真宮島」

山口県柳井市の沖合に浮かぶ周防大島。
Dsc09404
瀬戸内海では淡路島、小豆島に次いで三番目に大きな島で、本州との間の「大畠瀬戸」は潮流が速く船の難所として知られていたが、現在は大島大橋が架けられているのでアクセスもよい。
Dsc09409
縄文・弥生時代から人が住み、古事記にも登場するように古くから瀬戸内の海上交通の要衝として栄えてきた。温暖な気候と豊かな自然に恵まれた美しいところで、みかんの名産地としても名高い。
Dsc09416
この周防大島に、干潮のときだけ渡ることができるという神秘的な島「真宮島(しんぐうじま)」がある。一日に2回渡るチャンスがあるが、この島で告白すると幸せになると言われ、知る人ぞ知る“恋人たちの聖地”として人気が高まってきている。
Dsc09424
最も潮が引いた時間帯だったので、ずいぶん広く見えるが、時間帯によっては細い一本道になるらしい。
Dsc09422
美しい海と、寄せては引いていく穏やかな波の音だけが聞こえる小さな島。ただこの風景を眺め、語らうためにだけ行ってみるという旅もすてきかもしれない。

周防大島ドットコム

| | コメント (0)

白壁の街並みと金魚ちょうちんの町・柳井

柳井は古くから瀬戸内海交易の主要港として発展し、かつて岩国藩のお納戸として栄えたところ。
1_dsc09331
事前に申し込めば、ボランティアガイドさんに案内をしてもらえる(5名以上)。
このガイドさん、超ベテランで、話し方がとても美しく(しかも美人!)、知識豊富で柳井の魅力を5割増しくらいに見せてくれたかも…

柳井市観光協会・ボランティアガイド

2_dsc09374
「白壁の町並み」として知られる古市・金屋地区は、中世の町割そのままに、石畳の道に白漆喰・土蔵造りの商家が並び、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。
3_dsc09378
古い建物は博物館的に保存されているのではなく、住民が暮らし、商いをし、日常生活を送る“生きた町”なのである。
4_dsc09356
そぞろ歩くのにちょうどいい町の規模で、美しい佇まいが楽しめる。
5_dsc09359
あちこちに飾られている、可愛らしい「金魚ちょうちん」。
6_dsc09360
江戸時代から伝わる伝統ある民芸品で、全国を旅して歩いた柳井商人が青森のねぶたをヒントに考案したもので、かつてはお迎え提灯として使われてきたのだとか。
毎年8月13日には金魚ちょうちん祭りが行われる。

続きを読む "白壁の街並みと金魚ちょうちんの町・柳井"

| | コメント (0)

岩国錦帯橋で雅な舟遊び

「山は富士、滝は那智、橋は錦帯」と謳われる岩国随一の名所・錦帯橋。
1_dsc01714
山口県最大の河川・錦川に架かる五連の木造橋で、初代の橋は約330年前の1673(延宝元)年に岩国藩三代藩主吉川広嘉によって建設された。翌年の洪水で流されるが、二代目は昭和25年に台風被害で流されるまで276年間不落を誇った。現在の橋は老朽化によって2004年に架け替えられたもの。
2_dsc09313
美しい流れの上で橋を水面から眺められる舟遊びが楽しめる。
3_dsc09283
地元の美味を満載したお弁当。名物の岩国寿司、岩国蓮根、鮎など地元の食材をふんだんに使った彩りも美しい逸品。
4_dsc09306
弁当とともにいただいたのは、五橋金冠黒松雁木。いずれもこの流域の名水を用いて醸した酒で、さらりと飲み口のきれいないい酒だった。
5_dsc09310
デザートにいただいたのが、里山カフェ HAKUのHakuプリン。山間部の環境のいい場所で走り回って育った山代地鶏の有精卵を使って作られるコクのある味わい。とろとろ系のなめらかな舌触りが印象的だった。

ところで岩国と言えば、

続きを読む "岩国錦帯橋で雅な舟遊び"

| | コメント (4)

西国旅③ 山口、下関、そして宇部

山口の旅三日目は雨…
Dsc09716
まずは大内氏館跡・龍福寺へ
Dsc09743
大内文化最大の華と称賛される、瑠璃光寺五重塔も雨。
Dsc09761
バスで下関へ移動し、コリアタウンでランチ。名物「とんちゃん鍋」

続きを読む "西国旅③ 山口、下関、そして宇部"

| | コメント (0)

西国旅② 防府と萩往還、そして萩へ

徳山港の朝。西国旅二日目も快晴。
Dsc09510
防府へ移動し、防府天満宮へ。茶室「芳松庵」にてお茶をいただく。
Dsc09559
可愛らしい巫女さんがお茶を出してくださった。
Dsc09578
佐々並へ移動し、伊藤博文が愛したという佐々並豆腐でランチ。

続きを読む "西国旅② 防府と萩往還、そして萩へ"

| | コメント (0)

西国旅① 岩国・柳井・周南へ

とあるご縁で西国ツアーへ…
Dsc09231
新神戸から「みずほ」にて広島、そして在来線乗り換えで岩国へ。
Dsc09241
岩国駅前で東京出発のツアー本体にピックアップしてもらった。
岩国錦帯橋空港」の工事現場の視察後、錦帯橋へ。

続きを読む "西国旅① 岩国・柳井・周南へ"

| | コメント (0)

遭対委員会レスキュー講習会へ寄り道

毎年恒例、大阪府山岳連盟遭難対策委員会主催のレスキュー講習会。
Dsc09200
例年お手伝いをさせていただいているのだが、今年は昼間別件で捕まっていたので、一応オシゴトが終わってからちらっと覗いてみた。が!
Dsc09205
なんと、基礎クラスは残業モードで、雨は降りだすわ、日は暮れるわ…
Dsc09212
結局19時過ぎまでがっつり。
んじゃ、マワシ持って来てれば参加できたじゃん!!残念!(&お手伝いできなくてすみませんでした)

続きを読む "遭対委員会レスキュー講習会へ寄り道"

| | コメント (2)

シュラインロードと「六甲山大学」開校式

NHKカルチャー神戸教室「始めよう山歩き」日曜女性クラスにて。
Dsc09153
六甲ケーブル下は乗車待ちの人で大行列。こんな長い列!!
Dsc09156
当然座席は満席、通路にも人があふれるくらいのにぎわい。
Dsc09158
それもそのはず、「六甲山大学」の開校式なのであった。
Dsc09164
神戸新聞社長をはじめ、錚々たるメンバーが出席。ワイン樽で鏡開き。
Dsc09169
「六甲山の歌」(←音が出ます!)のお披露目。澄んだソプラノが山の風に流れて。
Dsc09173
ノースロードからシュラインロードを下り、のんびりハイクを楽しんでいただいた。

| | コメント (0)

野暮用片して、摩耶山へ!

Dsc09042

Dsc09052

Dsc09070

Dsc09078

Dsc09133
街中で野暮用片したら昼だったんで、摩耶ビューラインでビューっと。
半日だけど、摩耶山のマイナールートを探索した。
コウヤボウキやノコンギクを始めとするキク科の植物が多かった。

| | コメント (0)

『必ず来る!大震災を生き抜くための食事学』

宮城大学の准教授で、仙台で被災した食品に関する専門家がCover大災害からサバイバルするための食にまつわるアレコレをつづったエッセイ。元々アウトドア活動が好きで野外クッキングはお手の物で、自宅にはパスタや餅などの備蓄食がそこそこあったので、水さえ確保できれば1か月はもつ、と思ったとか。

『必ず来る!大震災を生き抜くための食事学-
 3・11東日本大震災あのとき、ほんとうに食べたかったもの』
石川伸一 著
主婦の友社 刊
2012年3月11日 初版発行


ただ、震災当日、食べ物を求めてコンビニなどに押し寄せた人々を見て、「お腹をすかせた人はリスクになる」と感じたそう。物流が滞っていた被災地で、スーパーやコンビニに整然と並んでいる人々の姿が報道されて、日本人は素晴らしい、というコメントが流れたのは印象的だけれど、紙一重なところだってあったかもしれない。
この飽食の時代に在って、飢餓体験などほとんどの人がしたこともないだろうし、いきなり「食べ物がない」という状況に陥ると、たぶんそれだけでものすごいパニックになるだろう。

そこで、東日本大震災の経験から、食の専門家が述べるのは…

続きを読む "『必ず来る!大震災を生き抜くための食事学』"

| | コメント (0)

助っ人day無事終了。

古くからお世話になっているお取引先様からの助っ人要請にて出動。
Dsc09026
ビル内監禁、神経摩耗状態の一日を乗り切った。安いギャラだけど、ずっとお世話になってきたので。

続きを読む "助っ人day無事終了。"

| | コメント (2)

福井VS広島 酒対決!

連休の福井ツアー組広島ツアー組の報告会で持ち寄り宴会。
Dsc09016
いろいろ持ち寄って味比べ。
Dsc09012
大文字山の帰りに藤村屋さんでちりめん山椒やおばんざいを仕入れて
Dsc09015
サプライズ!!もありーの…
Fukuzo氏オリジナルデザインのラッピングペーパーに包まれたバースデープレゼント。ありがとう。
Dsc09020
福井土産の竹田の油あげや、monaco's kitchenの手作りポテトサラダなどなど…
夜風が気持ちいいとっておきの場所で、まったりのんびりと宴のひと時を過ごした。
Dsc09009
美味しいもの満載で楽しかったね。ぜひまた。

| | コメント (0)

秋の京都へ… 大文字山

NHKカルチャー神戸教室「始めよう山歩き」木曜女性クラスで大文字山へ。
Dsc08979

Dsc08990

Dsc08996
初めてのプチ遠出だったのだが、朝からJRがダイヤ乱れ。遠方へ行くのは楽しいけどそういうアクシデントも起こると…少しの遅れで無事全員集合できたけど。
天気予報とは裏腹にいいお天気になったけど、10月なのに真夏のような暑さだった。

| | コメント (0)

『酔人伝』

雑誌『酒とつまみ』編集長である大竹聡氏が「週間大衆」にSuijinden連載していたエッセイ『飲めよ歌えよ酔人伝』をまとめた一冊。
「毎日毎晩飽かずに酒を飲んでは吐いたり漏らしたり、年甲斐もない失態を続ける46歳です」という書き出しで始まり、ひたすらえんえん飲むハナシばっか。取材で飲み、取材のお礼で飲み、打ち合わせで飲み、お疲れさんで飲み、、、ビールを飲み、レモンサワーを飲み、ホッピーを飲み、ハイボールを飲み、、、はぁぁ。そして、「ブラックアウトエキスプレスは酔人をいろんなとこへ連れて行く」ってワケで酔っぱらって電車で帰ろうとしてあらぬところへと運び去られる。今津線無限ぢごくなんてもんじゃない。げにオソロシイ「ブラックアウトエクスプレス」…ご愁傷さまでございます。

『大竹聡の酔人伝 そんなに飲んでど~すんの!?』
大竹聡 著
双葉社 刊
2009年12月 初版発行

「酒とつまみ」

| | コメント (0)

秋バラが見ごろ@中之島公園

所用で大阪へ行ったついでに夕暮れ時の中之島へ…
Dsc08928

Dsc08936

続きを読む "秋バラが見ごろ@中之島公園"

| | コメント (0)

秋の花咲く比婆山へ

広島ツアー3日目。山仲間の山荘で迎えた51回目の誕生日の朝。
Dsc08722
すっきりとした秋晴れだったが、朝霧の町「三次」では見事な霧。
Dsc08731
ひろしま県民の森から入山。
Dsc08738
出雲峠を目指して登る。
Dsc08744
途中の草原にて、マツムシソウの大群落を発見。
Dsc08746
なんと、ウメバチソウもたくさん。
Dsc08748
センブリも!見事な草原性植物の宝庫だった。

続きを読む "秋の花咲く比婆山へ"

| | コメント (4)

音戸温泉&お好み焼き@広島

広島ツアー二日目、安芸小富士から下山して…。
Dsc08695
宇品港へ戻り、広電で市内方面へ。
Dsc08698
比治山橋で下車。バス停じゃなくて「電停」なのだ。
Dsc08701
京橋川を渡る。広島の街並みはなんだかとてもきれい。
Dsc08702
国道2号線!!ずっと歩いて行けば梅新交差点か…
Dsc08703
平和大通りから薬研掘の方へ少し入ったところにある温泉へ。
Dsc08707
十三の歓楽街みたいな雰囲気の街並みの中にある天然温泉。間違ってきれいなおねーさんのいる方のお店へ入らないように気をつけないと…

音戸温泉
広島県広島市中区田中町6-3
082-244-4126
13:00~深夜1:00 第2第4日曜定休
入浴料:大人400円

銭湯を経営していた先代さんが、なんとしても市内に温泉を…と12年もかかって掘り当てた天然温泉なのだとか。

続きを読む "音戸温泉&お好み焼き@広島"

| | コメント (4)

安芸小富士

広島ツアー二日目は快晴。
Dsc08459
ホテルをチェックアウトして、広島駅までぶらぶら歩く。
Dsc08463
路面電車の広島電鉄に乗って、広島港へ。
Dsc08465
いろんなタイプの車両があって楽しい。
Dsc08466
広島港(宇品)のフェリーターミナル。正面に安芸小富士が見える。
Dsc08473
似島汽船に乗船。

続きを読む "安芸小富士"

| | コメント (2)

西条・酒まつり

夜行バスで、早朝5時に西条(東広島市)に着きまして。
Dsc08364
目的は一大イベント「酒まつり」。わくわくしながら開始時刻を待つ。
Dsc08382
9時に兄仙人と落ち合って前売りチケットをいただき、酒ひろば入場の列へ!
すでに400人くらい並んでて、私たちの後ろにさらに500人以上?
慣れた感じの人たちはみんなビールを片手に飲みながら待っていて、テーブルや椅子を持ってきて路上宴会に突入しているグループもちらほら。
Dsc08383
11時に入場、オリジナル猪口をゲット。なんか小さくなってない?
が、これで900銘柄の酒が飲み放題。
Dsc08386
けど900杯飲んだら確実に死ぬので、リストを片手に厳選しつつ…
mikanちゃんとシェアしながら、中国地方の蔵を中心に多品種を味わう作戦で、計26銘柄を試飲した。
Dsc08397
あっと言う間にそこら中が酔っぱらいだらけ…。足の踏み場もないくらい。
Dsc08402
2時間ほどで外へ出てみたら、町中に酒飲みがあふれてる…。
なんたって、人口19万人の東広島に二日間で20万人を超える人々が集まる祭りなのだとか。恐るべし。
Dsc08416
地元の山仲間、兄仙人と合流して、酒蔵見学へ。
Dsc08431
賀茂鶴さんなどの蔵を巡って、
Dsc08450
「5000人の居酒屋」で機嫌よく一献二献。「西条酒造り唄」などを聞きながら、日暮れまでまったりと楽しんだ。忙しい中おつきあいくださった兄仙人、ありがとうございました。

続きを読む "西条・酒まつり"

| | コメント (3)

神戸市の広報紙に…

野暮用を片して、ミント15でちょこっと血ぃ絞ってもらって、
Dsc08358
帰りに三ノ宮駅前のインフォメーションセンターで広報紙の10月号を…。
Dsc08361
直Qインタビューの今月のテーマは『市民みんなのマザーマウンテン 摩耶山・六甲山を守ろう!楽しもう!』
広報専門官の松下麻里さんが、まやビューラインの存続についてや、この秋に実施される社会実験「森バス・坂バス」についてなど、活性化に関するあれこれをインタビュー。
Dsc08362
で、そのちょこっと前のページでこそーっと紹介いただいてます。

じつは…

続きを読む "神戸市の広報紙に…"

| | コメント (2)

ランドネTake Free版「熊野古道を巡る旅へ」

ランドネで何度か特集した熊野関係の記事を抜き刷りにした冊子が登場。
Dsc08360
フリーマガジンながら、熊野古道入門、おススメコースのガイド記事、アフタートレッキングのお楽しみ情報まで盛り沢山な16ページ。
「小雲取越え」コースガイド、「アウトドア女子のための熊野古道入門」、「Befor&Afterトレッキングの楽しみ」のページを担当させていただいています。

白馬堂ROKKOで置いてもらっているので、ほしい方はぜひ。

SITTING BULL(神戸市中央区元町通2-5-7)
AIGLE神戸店(神戸市中央区三宮町1-8-1 センター街さんプラザ1F)

上記2店でも置いていただいています。興味のある方はお早めに。

続きを読む "ランドネTake Free版「熊野古道を巡る旅へ」"

| | コメント (0)

助っ人→ちょこっと飲み会

急遽助っ人に駆り出されたのである。
で、オシゴト終わりで、近くにいてる山仲間に連絡してみたら…
Dsc08328
仕事仲間のカメラマンさんと飲んでるってコトで、そこへ乱入。
Dsc08333
救急法講習会の前夜祭(?)以来だけど、安くて美味しいんだよね。
Dsc08334
酒処 もりおか
大阪市中央区高麗橋4-5-8
06-6203-9800
日曜定休、11:00~14:00 17:00~23:30

シメにまたしても名物の明石焼き。なかなか美味しかった。

Dsc08340
スタンバイに入る介護士につきあって、なんともう1軒。
Dsc08344
私は赤白各①だけ飲んでとっとと退散したけど、「マロンクリームチーズ」が美味しかった。

立ちぶどう 千本(C'est bon
大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル B2F
06-6345-1511
日曜定休、月~金17:00~23:00 土15:00~23:00

| | コメント (6)

10/3 Project 「十・三ツアー」

10月3日は登山の日。とりあえず「と・ざん」から下山して…
Dsc08284
「十三」へ。しばらく来ないうちに、「トミータウン」て何やねん。
Dsc08305
アレレ?鉄わん波平、どうしたん…?
Dsc08308
とりあえず波平通りの「と・み・ごろう」へ。
Dsc08309
★居酒屋 富五郎
大阪市淀川区十三本町1丁目1-13
06-6305-0356
17:00〜23:00 日祝定休

「十」月会の「三」人で一献。
Dsc08311
なんと、2日連続オシゴト巻き巻きのあっちーも来てくれて、
Dsc08318
お土産にと「Ten」しんのパン三つ!Bakery 点心、大好物♪
Dsc08319
なんと、シメにラーメンとはっ…(オチはありません)

ところで、

続きを読む "10/3 Project 「十・三ツアー」"

| | コメント (0)

「六甲山ショートハイキング」10月度 六甲山上

NHKカルチャー神戸教室「ショートハイキング」水曜クラスで六甲山上へ。
Dsc08242
暑い街中を抜け出し、ケーブルでさーっと山上へ。
Dsc08249
六甲ミーツ・アート 芸術散歩2012開催中につき、いろいろと楽しい。
Dsc08248
爽やかな秋晴れで気持ちのいい天候。そして景色は最高。
Dsc08255
パワースポットを巡って、
Dsc08262
六甲ガーデンテラスへ。
Dsc08265_2
皆さんと一緒にゆずみつソフトクリームをイタダいて下山の途に。
Dsc08267
下界はまだまだ暑いけど、山上は秋バラが咲いていてとても気持ちいいです。

| | コメント (2)

臨時召集!で楽しい宴

えっちゃんが所用でウチの近所へ来るというので…
Dsc08218
神戸でのご用をさくさくと済ませて集合場所へ。
Dsc08221
奇跡的に仕事をやっつけたあっちーも無事に合流。素晴らしい!

ところが、最初に目指したお店が休み、次に向かったお店が閉店間近、と難民化しかけて、あっちー様の職場のお知り合いさんの行きつけというお店へ。

結果的にその店がすごくよかったのである。

続きを読む "臨時召集!で楽しい宴"

| | コメント (2)

酒粕チーズケーキ@七本槍

七本槍で大吟醸の酒粕を仕入れてきた。
Dsc08196なんとも言えず香り高くて、うっとりするような芳醇な味わい。ジェラートがあれだけ美味しかったのだから、ぜったいケーキに仕立てたら美味しいだろうなーと思い立ち、10月1日「日本酒の日」のおやつにするべく、ケーキを焼いた。
少し柔らかめのチーズケーキのレシピをアレンジした配合で…。
Dsc08198
こんがり、とろりん。香り立ちがすごくインパクトあり。ただ、酒粕の比率がかなり高めなので、日本酒が好きでないヒトには無理だと思う。


【覚書レシピ】
↓↓↓

続きを読む "酒粕チーズケーキ@七本槍"

| | コメント (2)

木之本宿と七本槍

古来より木之本地蔵で知られる時宗淨信寺の門前町として、また北国街道と北国脇往還との分岐点で、本陣のある宿場町として栄えてきた木之元宿。山内一豊、石田三成に続き、関ケ原合戦後は彦根藩井伊家の知行地となった。

Dsc07864
街道沿いには歴史を感じさせる建物がたくさん。
Dsc07878
本陣薬局竹内家は、古い薬の看板がたくさん。
Dsc07880
趣深いたたずまいがステキ。
Dsc07876
向かいにあるのが銘酒七本鎗で知られる「冨田酒造」。
Dsc07875
ほんのりお酒の香りがする店内。
Dsc07883
この酒粕ジェラートがまた絶品で。うっとりするような高雅な香りとコクのある深い味わい。これを食べるためだけに再訪したいくらい絶品だった。

冨田酒造
滋賀県長浜市木之本町木之本1107
0749-82-2013
9:00-18:00 火曜定休

続きを読む "木之本宿と七本槍"

| | コメント (0)

『天命』

『林住期』に引き続いて読んでみた五木寛之さんのエッセイ。Tenmei平易な言葉づかいだけどなかなか難解、けれど示唆に富んだ内容だった。
あとがきに、「この本は、天命について考えた本ではない。いわば私の体験記である。ことばではあらわせないものをことばで語ろうとするもどかしさは、この文章のいたるところに見られるだろう。」と書かれているように、たしかにご苦労が伝わる作品だ。

『天命』
五木寛之 著
幻冬舎文庫 刊
2008年9月 初版発行

要約することはとてもできそうにもないので、例によって極にゃみ的に気になった部分を引用しておく。

 二十世紀までの人間の近代というものは、傲慢さというものがひとつの特徴だったと思います。
 自信と傲慢さ。科学に対する過信、技術に対する過信。そういうものを駆使する人間としての過信が傲慢さを生み、自力ですべてが解決できると考えました。

続きを読む "『天命』"

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »