« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

さよなら!2代目摩耶ケーブル!

山麓から摩耶山掬星台を結ぶ「まやビューライン 」。
Dsc05048
明日12月1日から、4か月間の長い休業に入る。車両および施設のリニューアル工事が行われるためで、運行再開は来春3月30日。どんな車両になるのか、今から楽しみで待ち遠しい。
二代目ケーブルの「夢あじさい号」「虹あじさい号」、長い間お疲れさまでした!

続きを読む "さよなら!2代目摩耶ケーブル!"

| | コメント (0)

第2回六甲山大学「ミントサロン」

六甲山大学の山麓キャンパス、ミントサロンの2回目が開催された。
Dsc03178
スピーカーは神戸文学館学芸員の義根(よしもと)益美さん。
六甲山を作品の中で描いている文学者についてのお話を伺った。
第1回目 は不肖にゃみにゃみ。がえーかげんなネタをテキトーに語ったのだが、今回は“大学”にふさわしい格調高いお話だった。

続きを読む "第2回六甲山大学「ミントサロン」"

| | コメント (0)

もうすぐルミナリエ。

Dsc03159

Dsc03160

続きを読む "もうすぐルミナリエ。"

| | コメント (2)

暗黒鳥“わるタン”

兵庫国体のときに誕生した「はばタン」のライバル、Warutanわるタン。ちょい悪おやじたちにそそのかされて、イベントなんかに出没するらしい。

作者は、ナナナント、はばタンと同じ、神戸在住のイラストレーター「JUNBOw」さん。

フェイスブックのアカウントもあるよ→ココ!
悪そうな動画が…coldsweats01

| | コメント (0)

『食の終焉 グローバル経済がもたらしたもうひとつの危機』

なかなか集中して読む時間が取れないのだけど、Syokuno_syuenなんとしても読みたかった一冊。松原隆一郎氏が、「今週の本棚」でこのように述べている。

 経済のグローバル化は避けがたい時代の趨勢だが、野田政権はこれをTPP参加で乗り切ろうとしている。農業生産が大幅に縮小しても、製造業の輸出が伸びれば国として得策というのだ。

 だが一時的に金銭的に潤ったとして、その先には何が待ち受けているのか。「食」に焦点を当てグローバル化の憂鬱な未来を描き出す本書は、多くのヒントを与えてくれる。

TPPは絶対に阻止しなければならない。農業をつぶしたら国の未来はない。自国が飢えているときに他国に食糧を提供するか!?当然しないだろう。敵に塩を送るのは、未来永劫称えられるほどの英断だ。今日本を取り囲む国が、有事に際してそんなことをしてくれるのか?

農業を工業的手法に置き換えようとしたのがそもそもの間違い。世界経済がどうであれ、自国の農業だけはなんとしても守らなければ。アメリカにしろ、フランスにしろ、食糧自給率は確保してのこと。その点に関して日本ほど悲惨な国はない。国防の基本は食の確保。断じてプルトニウムを保有することなどではない。

『食の終焉 グローバル経済がもたらしたもうひとつの危機』
ポール・ロバーツ 著
神保 哲生 訳・解説
ダイヤモンド社 刊
2012年3月8日 初版発行

★もはや破綻は不可避!?
今、われわれは何をすべきなのか。
『食の終焉』の著者ポール・ロバーツ氏に聞く、危機回避のシナリオ…ココ

例によって少し抜粋。

続きを読む "『食の終焉 グローバル経済がもたらしたもうひとつの危機』"

| | コメント (0)

熊野の酢みかん「さんず」

酸味が強くて甘みがない「香酸柑橘(酢みかん)」。
Dsc02796
スダチ、カボス、ユズなどがよく知られているが、みかん王国熊野ではほかの地方にはない品種がいろいろある。
北山村でしか採れない「じゃばら」、紀和町特産の「新姫」、そして熊野川周辺ではこの「さんず」。

続きを読む "熊野の酢みかん「さんず」"

| | コメント (0)

ほっこり熊野古道Ⅲ〈3日目〉

三日目の朝。小口は一面の朝霧の中。
Dsc03028
晴天を予感させる幻想的な光の中、キャンプ地を出発。
Dsc03034
小和瀬の渡しが小雲取越えのスタート点。
Dsc03046_2
朝霧は日が昇るにつれて消え、徐々に澄んだ青空が顔を出した。

続きを読む "ほっこり熊野古道Ⅲ〈3日目〉"

| | コメント (2)

ほっこり熊野古道Ⅲ〈2日目〉

2日目は朝4時起床、4時半にお宿を出て、青岸渡寺へ。
Dsc02930
朝5時からの勤行に参加させていただく手配に…
Dsc02935
夜明け前のピンと張りつめた空気の中で執り行われる荘厳な勤行に同席させていただけたのは素晴らしい体験だった。終了後、お寺の歴史などのお話を少し伺って、お下がりのみかんをいただいた。

続きを読む "ほっこり熊野古道Ⅲ〈2日目〉"

| | コメント (0)

ほっこり熊野古道Ⅲ〈初日〉

ようこそ熊野へ!『ほっこり熊野古道』ほっこり熊野古道Ⅱに続く熊野古道シリーズ第三弾。お初の方も、お帰りなさいの方も熊野へようこそ。
Dsc02848
JR新宮駅で集合し、総勢12名で歩いて出発!
Dsc02851
熊野三山を巡るハイクツアー、まずは速玉大社へ。

続きを読む "ほっこり熊野古道Ⅲ〈初日〉"

| | コメント (0)

プレツアーで南紀へ…

新宮集合のツアーに向け、サポート車の白馬堂号で前夜11時に出発。
Dsc02783
串本で2時間ほど車中仮眠するも、あっと言う間に夜が明けた。
Dsc02784
あとで乗り換えポイントとなる那智駅を下見。

続きを読む "プレツアーで南紀へ…"

| | コメント (2)

PEAKS 2012年12月号

1週間ほど前に発行されていたのだが、エイ出版のPeaks_12PEAKS12月号では、本格的な冬山になるまえの「週末山行」を特集。
ガイドやアウトドアショップスタッフ、ライターなどがそれぞれお勧めの「週末1泊2日の山での過ごし方」を紹介しています。極にゃみ的には、「大阪発1泊2日」のコーナーで、多紀アルプスを取り上げています。

多紀連山

ほかにもSky High Mountain Worksのタクさんが果無山脈を、白馬堂Rokkoのあさやんが剣山を紹介しています。中根穂高さんや井上大助さん、柏澄子さん、プロガイドの角谷道弘さん、笹倉孝昭さんなど、多彩な顔ぶれが執筆。

また、巻末連載「マイピークスコレクション」No119で安芸小富士をご紹介。

前回の広島ツアー

冬ギアについてやスマホアプリの検証など、アレコレ読み応えのある一冊です。ぜひどうぞ。

| | コメント (0)

元町のインド家庭料理店「インダスレイ」

西元町にある南インド系の家庭料理を食べさせてくれるお店。
Dsc08353
「ベジタリアン・ミールス」は野菜カレーにサンバル、パコラ、サラダ、チャパティ、ライス、パパド。どれも辛くはないけど、けっこう汗が…優しい味で美味しかった。
Dsc08356
「神戸ゼロからの会」若者活動センターというのが運営母体?らし。シェフとサービスはインド人?の方だった。

Dsc08355
元町インド家庭料理&若者活動センター・IndusRay
神戸市中央区元町通3丁目11-10
078-332-1660
11:00~21:00(日曜~17:00) 水曜定休

| | コメント (2)

東須磨のうどん店「よつ葉」

昨日、須磨離宮公園へ行く前にランチにカレーうどんを食べた。
Dsc02673
割と新しいお店で、評判がいいので寄ってみたのだが、ふつうこの系のうどんの専門店では冷や系をまずは食べてみるのだが、どうしてもカレーうどんが食べたかったのだ。で、海老天温玉カレーうどん(この日のサービスメニュー)。
やや酸味のあるしっかりしたダシがカレーの風味に負けていない。うどんも、熱々のダシに負けていない。天ぷらはサクサクカリカリ。ジュジューっと音がするくらいの揚げたて。麺もダシも天ぷらも、全てがハイレベル!
Dsc02674_2
よつ葉
神戸市須磨区大田町7-2-2
078-736-3628

続きを読む "東須磨のうどん店「よつ葉」"

| | コメント (0)

秋色♪魅惑の須磨離宮公園

須磨アルプスの麓にある須磨離宮公園が見事な秋色に…
Koyo_dsc02901
温室では、秋の洋ラン展を開催中(~11月25日)
Ran_dsc02680
華やかな蘭が妍を競って咲き誇っている。

続きを読む "秋色♪魅惑の須磨離宮公園"

| | コメント (0)

横尾道のノジギクが見頃

須磨アルプス横尾山の麓にある横尾道で、兵庫県の花ノジギクが満開に。
Dsc02759

Dsc02761

Dsc02763
地元のボランティアグループが草だらけの斜面を整備して植えたもので、県内でも有数の自生地として知られている姫路市大塩町「日笠山のじぎく園」から譲り受けた挿し穂を育てて増やしたそうだ。
六甲山地でも細々と自生している場所もあることから、交雑を心配する声もあるようだが…

★一昨年も見に行ってた…2010年11月21日
★参考サイト…六甲山系  のじぎく探索記 2 ー 六甲山系に少しは存在するのか?

| | コメント (0)

“坂バス”ラスト1週間!

社会実験事業として1か月間限定運行の坂バスがいよいよラスト1Week。
Sakab
JR灘駅前から阪急王子公園駅南、水道筋を通って摩耶ケーブル駅を結ぶミニバス。この付近は坂が急で、南北の移動がたいへんなので、摩耶ビューラインの利便性もさることながら、住民の便利な足になれば…という期待の路線。
※マヤレンジャーには運が良ければ会えます。

坂バスを応援するため、沿線のいくつかのお店が特別メニューを提供。
Dsc02667
上野通りにある、古民家をリノベーションしたお洒落なアメリカンダイナー、Shin's BURGERさんもそのひとつ。

続きを読む "“坂バス”ラスト1週間!"

| | コメント (0)

紅葉谷から有馬温泉へ

NHKカルチャー神戸教室「始めよう山歩き」日曜女性クラスにて紅葉谷へ。
Dsc02611
六甲ケーブルで山上へ上がるも、なんともぱっとしないお天気。
Dsc02612
ガーデンテラスでランチ休憩。時雨模様で寒い…
Dsc02617
紅葉谷を下る。紅葉は結構いい感じ。

続きを読む "紅葉谷から有馬温泉へ"

| | コメント (0)

雨トレ@摩耶山

雨で“にゃみツアー”が中止になり、熊野古道チームを雨トレに連れ出した。
Dsc02586
読図もやってもらいつつ。おーい、ドコ行くねーん…
Dsc02588
出だしから遭難するかと思ったけど、無事に旧摩耶道へ…
Dsc02590
雨だけどきれいな紅葉を眺めながら登る。

続きを読む "雨トレ@摩耶山"

| | コメント (3)

紅葉燃える高取山・壺坂寺

紅葉が見ごろを迎えている奈良の高取山へ。
Dsc02413
壺阪山駅から土佐街道をたどり、一升坂から登る。かわいい猿石がお出迎え。
Dsc02418
奈良盆地を一望できる国見櫓跡。二上山、葛城山、大和三山も…
Dsc02434
境内の紅葉はまさにジャストで見ごろ。

続きを読む "紅葉燃える高取山・壺坂寺"

| | コメント (0)

『暴走する原発』

1986年に起こったチェルノブイリ原発事故のあと、Korekara周辺のウクライナやベラルーシはいったいどうなったのか。
汚染の実態、被ばくした人々は…
5年後、10年後はどうなったのか?

1992年の段階で、ベラルーシにおける小児甲状腺がんの発症率は世界平均の約20倍、ゴメリ州だと118倍になるという。自己免疫性甲状腺炎や橋本病、結節性甲状腺腫などにかかる子供も少なくないそう。
チェルノブイリ事故で放射能汚染されたエリアでは、今も現在進行形で被害が続いているのだ。


『暴走する原発
チェルノブイリから福島へ これから起こる本当のこと』
広河隆一 著
小学館 発行
2011年5月 初版発行

続きを読む "『暴走する原発』"

| | コメント (0)

小辺路三日目 十津川から熊野本宮へ。

三日目。正直言って、二日目でもうへろへろだったし、雨予報だったし、本宮までは一度歩いてるし、もう歩かずにバスで本宮へ行ってもいいかなーと思っていたのだが、朝起きたらなんか晴れてるし。
Dsc02095
しっかり食事をしてしっかり寝たせいか、カラダもなんかしゃっきり回復。
Dsc02102
ってワケで、やっぱり本宮まで歩くことにして、のんびりと8時に出発。
Dsc02108
ココから再び小辺路へ入る。

続きを読む "小辺路三日目 十津川から熊野本宮へ。"

| | コメント (4)

小辺路二日目 伯母子峠から十津川温泉

2日目は5時起きで5:45出発。まだ真っ暗でしかも霧が深く、視界不良。
Dsc01816
しかも、がけっぷちのトラバースルートで、落ち葉が深いので怖い。
Dsc01819
慎重に進むため時間を食った。夜が明けてから出た方がよかったかも。
Dsc01822
上西家跡あたりでお日様が顔を出した。

続きを読む "小辺路二日目 伯母子峠から十津川温泉"

| | コメント (0)

小辺路初日。高野山から伯母子岳へ

紅葉が見ごろのようなので、熊野古道小辺路を歩いてみることに。
Dsc01560
始発電車で出発予定が寝坊して、計画より1時間遅れで高野山へ。
Dsc01564
ケーブル車窓から。紅葉はまさに盛り。
Dsc01568
千手院橋までバスで移動し、金剛三昧院の前から小辺路へ。

続きを読む "小辺路初日。高野山から伯母子岳へ"

| | コメント (0)

スリランカカレー「カラピンチャ」

摩耶山に登る前に、水道筋ティダチチサロンで日・月限定で営業しているカラピンチャ Karapinchaさんへ。
Dsc01490
スリランカカレーのお店なのだが、これが旨い!チキンカレーに豆カレー、その他アレコレが合いかけになってて、混ぜていただくスタイル。
Dsc01492
坂バスに乗ったヒトには「アーッパ」がサービスで。米粉を発酵させた生地を独特の鍋で焼き上げるものだが、これの卵入りタイプがもう美味しそうすぎて、リピート確定なのである。

| | コメント (0)

紅葉真っ盛り、そして「神秘の森のアドベント」開幕

六甲山で最も紅葉が美しいスポットと言えば、やはりコチラ。
Dsc01539
坂バス・森バスで向かったのは、神戸市立森林植物園。
早くも、職員さん手作りのクリスマスの飾りつけが登場している。
Dsc02379
そして園内は燃えるような紅葉が真っ盛り。

続きを読む "紅葉真っ盛り、そして「神秘の森のアドベント」開幕"

| | コメント (0)

坂バス・森バス

雨で講座が延期になったので…坂バス&森バスに乗りに行くことに。
Dsc01502
水道筋商店街では、ゲリラのおじさんが、坂バス切符をゲリラ販売。
Dsc01501
ナント、空くじなしの抽選で「灘百選手拭」をゲット!幸先ええぞ!
Dsc01496
そしたらなんと、マヤレンジャーに遭遇!

続きを読む "坂バス・森バス"

| | コメント (2)

大阪府山岳連盟「安全登山の集い」2012

秋バラが見ごろを迎えているうつぼ公園。
Dsc01438
オフィス街のオアシス的な公園だが、多品種のバラが楽しめる。
Dsc01446
公園隣の会場で指導員研修会があり、夜には恒例の「安全登山の集い」
Dsc01461
講師は、静岡大学教育学部・防災総合センター教授で、読図やナビゲーションの専門家、村越真氏。

続きを読む "大阪府山岳連盟「安全登山の集い」2012"

| | コメント (2)

有馬紅葉

Dsc01313

Dsc01318

Dsc01328
有馬温泉は紅葉真っ盛り。

続きを読む "有馬紅葉"

| | コメント (0)

鬼ヶ島

NHKカルチャー神戸教室「始めよう山歩き」木曜女性クラスで鬼ヶ島へ。
Dsc01194
神戸電鉄有馬口駅スタート。
Dsc01195
鬼ヶ島北尾根のとんでもなく急な斜面を登る。

続きを読む "鬼ヶ島"

| | コメント (0)

「六甲山ショートハイキング」11月 甲山・北山公園

NHKカルチャー神戸教室「ショートハイキング」水曜クラスで甲山方面へ。
Dsc01115
仁川上流、地滑り資料館から森林公園へ。
Dsc01117
爽やかな快晴で、ぽかぽか陽気の気持ちのいい一日。

続きを読む "「六甲山ショートハイキング」11月 甲山・北山公園"

| | コメント (0)

『市民がつくった電力会社』

ドイツの南西端、人口2500人ほどの小さな地方都市シェーナウ。Photoここで、チェルノブイリの原発事故をきっかけに、子どもをもつ主婦や教師、電気技師、警察官、医師…たちが集まって市民グループ「原子力のない未来のための親の会」を立ち上げた。
チェルノブイリの事故を通して「政府や電力会社は何もしてくれない。このままでは原子力のない社会は望めない」と悟り、「すべての原発を停め、100%再生可能エネルギーにする」というビジョンに従って行動した結果、「自分たちで電力会社を作る」というところにいきついたというユニークな事例を紹介した一冊。利権を離したくない電力会社とのやりとりはなかなか根気のいるシゴトだったと思うが、「原子力に頼らない生活を」という草の根パワーは素晴らしい。
日本でもできたらいいのに。小規模で食糧もエネルギーも自給自足する自治体とか…地方都市ほど可能性があるのではないだろうか。

『市民がつくった電力会社 
 ドイツ・シェーナウの草の根エネルギー革命』
田口 理穂 著
大月書店 刊
2012年8月 初版発行

【web連載】田口理穂「市民がつくった電力会社」第1回…ココ!

| | コメント (0)

水道筋の可愛いパン屋さん「にこねこ堂」

今年の春にNewOpenしたベーカリー。
Dsc00921
水道筋では「Bakery nori」がお気に入りなのだけど、ふとコチラへ。
Dsc00932
キティちゃん… 趣味じゃないけどあまりの可愛さについ。
カリッとした生地がとても美味しくて、中身のカスタードクリームもGood。
Dsc00934
カスタードローフ(?) 優しいカスタード風味のデニッシュ生地。このお味でこのボリュームで280円はかなりのお得感。食パンも美味しそうだった。また行こ。

にこねこ堂 (食べログ)
神戸市灘区水道筋2-16
078-777-1734
7:00-19:00 火曜定休(祝日は、10日は営業)

| | コメント (2)

Mt.Rokko Outdoor Session 2012 F/W

六甲ケーブルさんのご協力をいただいて、天覧台で楽しいイベント。
Dsc01056
Sky High Mountain Works白馬堂Rokkoと共に開催。
Dsc01070
アウトドアグッズ限定のフリーマーケットなのだが、もはや六甲山の定番人気イベントとして定着してきたかな。今回も多くの来場者で賑わった。ご参加のみなさま、一緒に盛り上げてくれたスタッフのみなさま、お疲れさまでした。

今回も美味しいメニューがたくさん登場。

続きを読む "Mt.Rokko Outdoor Session 2012 F/W"

| | コメント (2)

摩耶山トワイライトウォーク

Dsc01012

Dsc01028

続きを読む "摩耶山トワイライトウォーク"

| | コメント (0)

読図講習会②@摩耶山  2012・11月度

白馬堂ROKKOとのコラボ講座「読図②」、久々開催。
Dsc00980
坂バスに乗ろう!キャンペーンにてちょっとコース変更。
Dsc00981
社会実験で試験的に運行されている「坂バス」に乗るのが最初のミッション。

続きを読む "読図講習会②@摩耶山  2012・11月度"

| | コメント (0)

神が鎮まる瀬戸内の聖なる島

風光明媚で知られる瀬戸内海でも特に優れた景勝地とされている芸予海峡の中央に位置し、大小の島々を従えるかのように浮かんでいる「大三島」。
Dsc00534
全国各地に一万余社あるとされる山祇神社・三島神社の総本社で、古来から崇敬され、朝廷からは「日本総鎮守」の号を下賜された格式高い「大山祇神社(おおやまずみじんじゃ)」が鎮座している。
Torii_02178
瀬戸内海上交通の要衝に位置することから、神武天皇の東征に際し、小千命(乎知命=おちのみこと)が先駆として訪れた時にこの島を神地と定め鎮祭したことが起源だそうである。
海・山の守り神であるとともに戦の神として、古今の武将たちが戦勝祈願に訪れた。

続きを読む "神が鎮まる瀬戸内の聖なる島"

| | コメント (0)

縁起よし!下関“ふく”コレクション

下関では、河豚のことを「フグ」ではなく「ふく」と呼ぶ。
Dsc00306
街の中は、“ふく”だらけ。
Dsc00308

Dsc00358
新幹線「新下関」駅の待ち合わせスポットにはこんなん。

続きを読む "縁起よし!下関“ふく”コレクション"

| | コメント (0)

歴史ある港町・下関

本州の西端に位置する下関。
Ekimae_00351
京の都で栄耀栄華を極めた平家一門。源氏に追われ、最後の決戦でついに海の藻屑と消えた壇之浦もほど近いところにある。
1_00285_2
二位の尼に抱かれて波間に沈んだ安徳帝と、滅亡した平家の魂をなぐさめるために始まったとされる「平家踊り」の像が駅前にある。
2_pusan_354
先日訪れたコリアンタウン“リトル釜山”はこの門を下った向こう側。
3_00303
この海の向こう側は九州なんだなー。

続きを読む "歴史ある港町・下関"

| | コメント (0)

世界屈指の美しき海、瀬戸内海。

本州と四国・淡路島に囲まれた、東西450kmもの長大な内海、瀬戸内海。
Top_02104
明治維新の直後、1860年に瀬戸内海を船で旅したドイツ人の地理学者で探検家のリヒトホーフェン(“シルクロード”の命名者)が「これ以上の優美な景色は世界の何処にもないだろう」と絶賛したことでも知られる。
Dsc02032
山から見下ろす海の景観も素晴らしいけれど、きらめく波や爽やかな海風、潮の香りなど“海の魅力”を丸ごと体感するには、船旅がよいと思う。
Dsc00596
今回、瀬戸内海汽船のチャーター船で旅をして、船旅の魅力に目覚めた。
瀬戸内海の美しい風景を少しピックアップしてご紹介。

続きを読む "世界屈指の美しき海、瀬戸内海。"

| | コメント (2)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »