« 『神去なあなあ日常』 | トップページ | ぐだぐだな廃人に…。 »

水無月上旬 六甲花暦

今、六甲山で咲いている花たち。
Dsc00195
アジサイシーズンのトップを切って咲き始めた「コアジサイ」。
紫陽花の山として知られる六甲山だが、植栽の西洋アジサイと異なり、これは自生種で、飾り花を持たない地味な花。その名の通り小さくてとても可憐で上品、極にゃみ的には六甲山で一番好きな花かも。
Dsc00204
「コガクウツギ」も花盛りな感じ。この2種は見た目はあまり似ていないのだが、交雑することもある。

Dsc00152
チゴユリが終わって咲き始めたのがミヤマナルコユリ。Dsc00197
樹冠の上に咲くので目立たないけど、「ヤマボウシ」の花も。
Dsc00154
ウツギの仲間は今が盛り。もっとも色の濃い「ヤブウツギ」。
Dsc00199
ベビーピンクが可憐な「タニウツギ」。
Dsc00155
「ツクバネウツギ」は白っぽくて少し小ぶりな花が可憐。
Dsc09747
甘い香りを漂わせるのは「スイカズラ」。花色が白から黄色に変わるため、金銀花という別名もある。
Dsc00206
植物学者の牧野富太郎博士が昭和12年に兵庫県有馬郡(現在の北区五社付近)で発見したことから名づけられた、ウマノスズクサ科の植物。ジャコウアゲハの食草としても知られる。
Dsc00167
ホオノキの花も高い木のてっぺんでひっそり咲いている。
Dsc00200
いよいよ紫陽花シーズンが開幕。美しい六甲ブルーに彩られる六甲山へお越しください。

|

« 『神去なあなあ日常』 | トップページ | ぐだぐだな廃人に…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『神去なあなあ日常』 | トップページ | ぐだぐだな廃人に…。 »