« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

かぴくまにゃみIN KYOTO

久々に京都の街中をうろうろしたのである。
Dsc07151
空模様はなんだか怪しい感じだったけど…
Dsc07169
高台寺前で集合して、二年坂三年坂方面へ。

続きを読む "かぴくまにゃみIN KYOTO"

| | コメント (0)

摩耶山ステラ451@虹の駅2013

今日の摩耶山はなんだかとってもドラマチックな空模様で。
Dsc07065
夕方、二重の虹が出た。
Dsc05820
で、18時から毎年恒例「ステラ451」というイベント。もちろん去年に引き続いての参加。

続きを読む "摩耶山ステラ451@虹の駅2013"

| | コメント (0)

『日本のロングトレイル』

北海道から九州まで、人気のロングトレイル20コースを紹介するガイド本が発売に。Longtrails長野・群馬・新潟の三県にまたがる出来立てほやほや「スノーカントリートレイル」をはじめ、高島トレイル、信越トレイル、北根室ランチウェイ、ダイヤモンドトレール、六甲全山縦走路など日本の主要なロングトレイルを網羅。
極にゃみ的には、熊野古道・小辺路と、京都一周トレイルのページを執筆させていただきました。
7月末のロケはこの本のためだったんですねー。

PEAKS 特別編集 日本のロングトレイル
2013.8.27発売
定価1200円(AB判 144ページ)
エイ出版 刊

続きを読む "『日本のロングトレイル』"

| | コメント (0)

夕涼みで一献、そしてHappy Birthday

Dsc07024
暮れなずむ水都にて夕涼み会を。

続きを読む "夕涼みで一献、そしてHappy Birthday"

| | コメント (0)

『アルビノを生きる』

メラニンの生合成に支障をきたす遺伝子疾患で、Photo日本では1万人から2万人にひとりの割合で生まれる先天性白皮症(アルビノ)。遺伝子そのものは50~100人にひとりの割合で持っているそうだ。メラニン色素が少ないため、髪は白か金髪、肌は白く、眼は青や薄い茶色の場合が多い。紫外線に対する抵抗力がなく、弱視を伴うことも多い。
そんなアルビノの人々を取材し、彼らがどのような人生を歩んでいるのかを詳細にレポートした一冊。

一昔前には「白子」と呼ばれ、「世間に対してみっともない」「先祖のたたり」など言われ、隠れるように生きるしかなかったという。今でも外見がほかの子供と異なることからいじめを受けたり、就職・結婚などに際して不利であることも少なくないという。髪を黒く染め、目立たないようにひっそりと生きてきた人々が、インターネットを通じてつながりあったり、当事者としてアルビノの情報を発信したりして、徐々に状況が変わってきているそう。

古来、アルビノの動物は吉祥とされて、「白鹿」「白鷹」はめでたいものとして酒の銘柄にも使われているし、白い亀が見つかったと元号を変えたり、神として扱われたりもしてきた。
少し前に観た映画『魔女と呼ばれた少女』にもアルビノの少年が登場するが、神秘的な存在感が、畏怖とその裏返しの差別につながるのかもしれない。

アルビノを生きる
川名 紀美 著
河出書房新社 刊
2013年6月 初版発行

★参考
石井更幸さんのサイト「白い旅人
関西方面のアルビノの交流会「ドーナツの会
書評日刊サイゾー
身の毛もよだつアフリカの蛮行「アルビノ狩り

| | コメント (2)

デイリー避暑はやっぱり摩耶山。

涼しい大峯から帰ってきたら、残暑が堪える…ってワケで標高700mへ。
Dsc06924
なななんと!摩耶ビューライン友の会の会員証を忘れ!! 往復チケット購入。
Dsc06925
虹の駅ではガガイモ?が咲いていた。

続きを読む "デイリー避暑はやっぱり摩耶山。"

| | コメント (2)

スクランブルロケ!@大峯奥駆け道

急遽、代打な感じで出動することになったのだ。昨日の午後、唐突に。
Dsc06615
朝4時起き、5時過ぎの始発に乗って吉野へ。まずは吉野大峯ケーブルへ…
Dsc06621
「ケーブル」ですコレ。上からぶら下がってるけど。昭和4年開業、現存最古のロープウェー。昨年「機械遺産」に指定。開業当時「ロープウェー」という言葉がまだなく、ケーブルと呼んだのが、地元では定着してしまい、後年訂正できなくなったのだとか。

続きを読む "スクランブルロケ!@大峯奥駆け道"

| | コメント (0)

千畳敷カールと木曽駒で出会った花たち

先日の行き当たりばっ旅、中央アルプス木曽駒ヶ岳偏で出会った花たち。
Dsc06395
千畳敷カールは「天上のお花畑」として知られる美しいところ。
Dsc06216
雨上がりでお花たちもひときわきれいだった。高山植物の女王と言われるコマクサは木曽駒ヶ岳の斜面にたくさん咲いていた。
私は天気が悪そうなのでコンデジしか持って行かなかったけど、あさやんのサイトにきれいな写真がありましたよ。

続きを読む "千畳敷カールと木曽駒で出会った花たち"

| | コメント (0)

『閉経記』

出産・育児、摂食障害、うつ病、家庭崩壊など「女の波乱万丈フルコース」をHei_itoテーマに数々の作品を発表してきた詩人の伊藤比呂美さんの近著。「婦人公論」の連載「漢である」をまとめたもので、この「漢」は「おんな」と読ませる。作中では「おばさん」とルビが振られているところもある。

「漢と書いて“おとこ”と読ませる人もいるけれど、オジサンたちは絶対“漢”じゃないと思う。女の方が“男気がある”人が多いから。男気というか、正義心とか公共心みたいなものかな。」(サイゾーウーマンインタビューより)

内容は、ま、タイトル通りだ。後に書く。

『閉経記』
伊藤比呂美 著
中央公論新社 刊
2013年1月 初版発行

『閉経記』刊行インタビュー(サイゾーウーマン)

そういえば、大塚ひかりさんの『いつから私は「対象外の女」』を読んだのが6年前。今思えば、アノ頃はいろいろ“現役”で、「手を伸ばせばすぐそこに更年期がある」って言われても、全くピンと来てなかったのだけど…いまやすっかり、いろんな意味で“引退”モードだなぁ。

続きを読む "『閉経記』"

| | コメント (0)

ゲリラ豪雨のナダ区→好天の摩耶山

朝の雨はマヂえぐかった。JRは止まるわ阪急は遅れるわ梅田は水没するわ。
Dsc06550
停滞前線がちょうど頭上にあったからなんだけど、それにしても激しすぎる。猛暑を通り越した酷暑の連続といい、バケツひっくり返したような豪雨といい、あれもこれも異常気象すぎる。

つか、仲間たちとカレー食べようと思ったのに、鉄道ずたずたで集合できず。時間つぶしに水道筋をうろうろした挙句、コバラが空いてにこねこ堂でプリン買い食いしたりして。

続きを読む "ゲリラ豪雨のナダ区→好天の摩耶山"

| | コメント (0)

相楽園「にわのあかり2013」

国の登録記念物(名勝地)で、神戸の都市公園唯一の日本庭園「相楽園
Dsc05751
夏の夜の恒例イベント「にわのあかり」が行われている。
Dsc05755
8月24、25日の2日間、通常17:00までの開園時間が21:00まで(入園~20:30)

続きを読む "相楽園「にわのあかり2013」"

| | コメント (0)

光と水と音の競演!umie WATER WORKS

神戸ハーバーランドで開催されているイベント「umie WATER WORKS」。
Dsc06502
ハーバーランドで行われている限定イベントで明日25日まで。
Dsc06523
わずか10分のイリュージョンだけど、とても素敵でしたよ。

明日の時間割。
(1)13:00~ (2)15:00~
(3)19:40~ (4)20:30~

続きを読む "光と水と音の競演!umie WATER WORKS"

| | コメント (0)

神戸新聞“随想”最終回「山に登る理由」

神戸新聞夕刊一面のコラム“随想”、私の担当は昨日掲載分が最終回。
Dsc05404
六甲山につながるご縁でいただいた貴重な機会、全回六甲山をテーマに書かせていただきました。

続きを読む "神戸新聞“随想”最終回「山に登る理由」"

| | コメント (0)

神戸モトマチ大学『摩耶山のひみつ ウラオモテ』

2013年第7回モトマチ大学にお招きいただいた。「神戸モトマチ大学」とは、
Dsc06463
神戸の街をキャンパスに「学びから人の輪を生みだすプロジェクト」。
Dsc06469
今回は『摩耶山のひみつ ウラオモテ』と題して、摩耶山天上寺副貫主・伊藤浄真さんとツーショットでお話をさせていただいた。

続きを読む "神戸モトマチ大学『摩耶山のひみつ ウラオモテ』"

| | コメント (6)

栂池自然園で会ったお花たち

今回、行き当たりばっ旅の初日栂池自然園へ行った。
Dsc05849
栂池へは何度も来てるけど、よく考えると雪のないときは初めてかも。
Dsc05847
トリカブトがたくさん。ミヤマ、ホソバ、ヤチ…どれか同定できない。

続きを読む "栂池自然園で会ったお花たち"

| | コメント (0)

行き当たりばっ旅④ 下山、そして楽しい夏休みの締めくくり。

とても涼しい千畳敷にて、まずは下山祝い?のカンパイをしまして。
Dsc06392
とりあえずは山麓にある温泉へ。しらび平からのバスを途中下車して
Dsc06406
駒ヶ根高原早太郎温泉こまくさの湯へ。

続きを読む "行き当たりばっ旅④ 下山、そして楽しい夏休みの締めくくり。"

| | コメント (0)

行き当たりばっ旅③ そして中央アルプスへ…

一晩中風が吹き荒れて、ダウンを着こんでも寒かったけど…
Dsc06204
夜明けとともに起き出して、ちょとガスってる中、出発。
Dsc06207
だんだん霧が晴れて本峰が見えてきた。木曽駒に来るのは、ブログを公開し始めた頃以来。

続きを読む "行き当たりばっ旅③ そして中央アルプスへ…"

| | コメント (0)

行き当たりばっ旅② 長野県内大移動…

栂池高原で迎えた朝。気圧配置と、残り時間と、したいこと、を秤にかけて。
Dsc05984
雨降る栂池高原を後に、
Dsc06020
とりあえず下山。そして移動。

続きを読む "行き当たりばっ旅② 長野県内大移動…"

| | コメント (0)

行き当たりばっ旅① 白馬で悪天敗退…

時間差の夏休み、愉快な仲間たちと白馬岳へ行こうと企んだのである。
Dsc05785
さわやか信州号にて栂池へ。
Dsc05802_2
なんだか怪しい曇天の中、ゴンドラで栂池高原へ。

続きを読む "行き当たりばっ旅① 白馬で悪天敗退…"

| | コメント (0)

★イベント告知『摩耶山のひみつ ウラオモテ』

毎月ミントテラスで開催されている六甲山大学“ミントサロン”が今月は夏休み。その代わりではないですが、今週金曜日の夜、神戸モトマチ大学にて六甲・摩耶のお話を。
Md2013_7
ヒミツ?うらおもて? …よくわかんないんですけど、摩耶山天上寺副貫主・伊藤浄真さんと共にお話をさせていただきます。

★詳しくは…摩耶山のひみつ ウラオモテ

続きを読む "★イベント告知『摩耶山のひみつ ウラオモテ』"

| | コメント (0)

「摩耶の森クラブ 」8月度例会

摩耶山で活動している「摩耶の森クラブ」8月度例会にお招きいただいた。
Dsc05776
前回は雪の降る2月だったので、まったく違う条件だったのだけど。
今回は夏山に特有のリスクを回避するポイントと、テント泊の楽しさについてお話させていただいた。実際にMyテントを張って、どんなものか見ていただいたり。

続きを読む "「摩耶の森クラブ 」8月度例会"

| | コメント (0)

連瀑に次ぐ連瀑!シャワー三昧!「耳川水系うつろ谷」

数年ぶりでまともな沢登りに行った。組長のパーティに紛れ込んで…
Dsc05536
前から一度行ってみたかった若狭の沢。出だしは新しい堰堤。
Dsc05550
入渓最初の滝からロープを出していただくコトに…

続きを読む "連瀑に次ぐ連瀑!シャワー三昧!「耳川水系うつろ谷」"

| | コメント (2)

下山手の広東料理店「紀元」

元町の山手、県庁から少し西、ヒシヤベーカリーからほど近いところにある。
Dsc01976
上品な感じの店構えで、お店の方もとても感じがよかった。

紀元(食べログ)
神戸市中央区下山手通7-6-17
078-366-3358
11:30~16:00、17:00~20:00
水、第2・3火、元旦定休

続きを読む "下山手の広東料理店「紀元」"

| | コメント (0)

『もうひとつの核なき世界 真のCHANGEは日本が起こす』

「核なき世界」をめざすと訴え(※)、ノーベル平和賞を受賞したKaku_nakiオバマ米大統領を“唯一の被爆国”である日本人は絶賛したが…
米国務省が発表した核兵器在庫数は5113個。劣化ウラン弾で被爆してしまったイラク・アフガンからの帰還兵を襲う悲劇的な末路。そして、軍縮ではなく前政権を上回る軍事予算を計上、戦争を拡大させるオバマ政権。報道されない「核なき世界」の裏の真実を描くルポ。
核兵器、原発、劣化ウラン弾、放射能と放射能が人体にもたらす影響についてなどが、わかりやすく解説されている。
      ※2009年4月「プラハ演説」



『もうひとつの核なき世界 真のCHANGEは日本が起こす』
堤未果 著
小学館 刊
2010年12月 初版発行

「アメリカの国民の大半は、第二次世界大戦についてほとんど何も知らなかった。原爆を誰が誰の上に落としたかさえ知らない若者もいる。ロシアが中国に落としたと思い込んでいる者もいれば、日本が真珠湾で落としたなどと勘違いしている者までいるのです。信じられますか? 私は自分自身に向かってこうつぶやきました。いったいこれを危機と呼ばなければ、何を危機と呼ぶのだろう? と」
(P88より 米国立スミソニアン宇宙航空博物館 マーティン・ハーウィット館長)
 ※肩書1995年当時 同氏の著書『An Exhibit Denied』(邦題『拒絶された原爆展』)

■同じ著者の作品の極にゃみ的レビュー
『社会の真実の見つけかた』
『(株)貧困大国アメリカ 』

以下、さくっと抜粋。

続きを読む "『もうひとつの核なき世界 真のCHANGEは日本が起こす』"

| | コメント (1)

『赤ちゃんから始めました 親子登山 自然に親しむ子育てプラン』

先日剱岳で遭難された新井和也さんの本をご紹介したが、もう1冊。
Akachan_kara今年春に発行された、ファミリー登山の入門書。
実際に、親子で行った登山の実例の紹介、年齢別の登山計画のポイント、雪遊びやキャンプ、岩登りなどいろいろなアクティビティの紹介など盛りだくさん。
とくに役立ちそうな章として、「親子登山で注意すべきこと」。転滑落や落雷、ハチ被害などへの対処法を解説。
「子供の健康面の注意点」では、子どもはどのくらいの標高まで大丈夫なのか、歩くペースは?低体温症や熱中症について、など気になるポイントを健康運動指導士に聞くQ&A形式で。その他、親子登山で必要な装備などについても紹介している。
その他、実際に親子登山を実践している10家族へのインタビューなども興味深い。個人的にはクライマーの山岸尚将さんファミリーの海外登山やクライミングまでガンガン楽しんでいるのがスゴイなと…

赤ちゃんから始めました 親子登山 自然に親しむ子育てプラン
新井和也・千鶴 共著
東京新聞出版局 刊
2013年3月 初版発行

新井和也フォトギャラリー
KAZの活動日誌

山岸さん一家の実例から一部抜粋。

続きを読む "『赤ちゃんから始めました 親子登山 自然に親しむ子育てプラン』"

| | コメント (0)

涼しい山上でNOMADOな一日。

午前3時頃から肌寒い中で流星を見て… 涼しくて快適な山の夜明け。
Dsc05423
夜じゅう星を見る人たちで賑やかだったけど、明け方には誰もいなくなった。
Dsc05425
山上にはまだ現役の紫陽花が咲いている。早朝の植物観察散歩へ…。

続きを読む "涼しい山上でNOMADOな一日。"

| | コメント (0)

ペルセウス流星群

今年はかなり、条件が良くてよく見えるかも…とのことだったので、山上へ。
Dsc05610
どこで見るのがいいのかな、と思いつつ、結局諸般の事情で記念碑台にて。
流星はかなり見たけど、写真には写らなかったなぁ。カメラの使い方がイマイチわかってないからなぁ。スペックは悪くないのに、基礎知識とウデのない持ち主ですまん。

| | コメント (0)

六甲ケーブル山上駅にもビアガーデン出現!

涼しい山上で生ビールが飲める!摩耶ビアテラスに続き六甲ケーブルでも!
Dsc05388
六甲ケーブルで山上へ…
Dsc05400
天覧台の「ヒルトップギャラリー」がビアガーデンに変身!

続きを読む "六甲ケーブル山上駅にもビアガーデン出現!"

| | コメント (0)

十津川村五百瀬の農家民宿「政所」

先日、小辺路ロケの2日目に泊めていただいたお宿も、とても素敵だった。Dsc04413
伯母子岳を越えて、下ったところが十津川村の五百瀬(いもぜ)。
Dsc04427
とても風格のある門構えの「農家民宿 政所」。奈良県の有形文化財に指定されている「辻家住宅」。母屋は享保10(1725)年、切妻造杉皮葺、表門は嘉永6(1852)年建造の薬医門。

農家民宿 政所
奈良県吉野郡十津川村五百瀬101
0746-67-0476

続きを読む "十津川村五百瀬の農家民宿「政所」"

| | コメント (0)

野迫川村「ホテルのせ川」

先日、小辺路ロケの初日のときにお世話になったお宿。
Dsc04135
熊野古道「小辺路」ルート、高野山から6時間ほど歩いた大股から車で10分くらい。事前にお願いしておけば、大股からの送迎をしてくださる。

ホテルのせ川
奈良県吉野郡野迫川村北今西426
0747-38-0011

スタッフがとても親切で感じがよくて、温泉もいい感じのお湯。きれいな渓流沿いの素敵なロケーションで、とても居心地がよかったのだが、なんといってもお料理が美味しかった。

続きを読む "野迫川村「ホテルのせ川」"

| | コメント (0)

布引のネパール料理店「サーランギ」

新神戸駅の少し東にあるネパール料理店。市バス②⑱系統が走る道にある。
Dsc05330
元は別の業種の飲食店を手作りで改装したっぽい、素朴な店構え。
Dsc05331
ランチの主力っぽい「サーランギセット」を食べた。

サーランギ(←食べログ)
神戸市中央区熊内町7-4-1
050-1176-0547
11:00~15:00、18:00~21:00
月曜定休、不定休あり

続きを読む "布引のネパール料理店「サーランギ」"

| | コメント (0)

丸五市場アジア横丁ナイト屋台2013

新長田の「丸五市場」で6~10月の第三金曜日に行われるイベントへ。
Dsc05366
丸五市場という、レトロな趣きの市場にて…なんだかディープな香り。
Dsc05375
南紀白浜ロケのときに飲み損ねたナギサビールを発見!
いろんな屋台がいっぱい出てて、美味しそうなものが満載。とにかく熱気あふれるイベントだった。

★詳細は…神戸・新長田 濃厚コテコテにゅうす

本年の開催はあと2回、9月20日と10月18日、18:00~22:00。

続きを読む "丸五市場アジア横丁ナイト屋台2013"

| | コメント (0)

心躍る山上のオーベルジュにて。

今年も摩耶山天上寺の夏の風物詩、星下り会式で山上のオーベルジュに宿泊。
Dsc05334
オテル・ド・摩耶 神戸市灘区摩耶山町2-8 call/078-862-2882
Dsc05338
ディナーは一番リーズナブルなカジュアルコース。

続きを読む "心躍る山上のオーベルジュにて。"

| | コメント (0)

随想「野の花に出会える稀少な草原」

神戸新聞、昨日の夕刊に7回目のコラムを掲載いただきました。
Dsc01596
今回は、東お多福山草原保全・再生活動について。

続きを読む "随想「野の花に出会える稀少な草原」"

| | コメント (0)

摩耶山天上寺四万六千日大祭

女人高野、摩耶山天上寺の夏の風物詩、真夜中に星が下るお祭りへ。
摩耶山天上寺四万六千日大祭
8月8日と9日の間の深夜0時、天から観音様に向かって星が下り、一年中で一番多くのご利益をいただけるという特別な日。

続きを読む "摩耶山天上寺四万六千日大祭"

| | コメント (0)

摩耶山→新神戸

NHKカルチャー神戸教室「始めよう山歩き」木曜女性クラス8月。
Dsc05312
今日もまやビューラインで一気に涼しい山上へ作戦。ナダ区限定ヒーロー、マヤブルーが始発便をお見送り。を見るのが好きなちびた君も…
Dsc05313
始発便がいっぱいだったので、第2便で。

続きを読む "摩耶山→新神戸"

| | コメント (0)

六甲山上→アイスロード

NHKカルチャー「ショートハイキング」クラスで六甲ケーブル山上から…
Dsc05231
涼しい山上スタートでラクラク歩く、まったりのんびりプラン。

続きを読む "六甲山上→アイスロード"

| | コメント (0)

撮影@『Misa's HAPPY SWEETS』

International Fashion Magazine『EnVie』のレシピページ撮影。
Dsc05195
撮影はカメラマンK i i Tさん。

続きを読む "撮影@『Misa's HAPPY SWEETS』"

| | コメント (5)

山岳写真家・新井和也さんの本

高山植物などに詳しい山岳カメラマン、新井和也さんが剱岳で亡くなられた。
Dsc05193
追悼の気持ちを込めて、いきつけの書店に在庫のあった図鑑を2冊購入した。
ベテランクライマーでなければ撮れないような稀少なカットも満載で、写真集として鑑賞するにも充分なレベル。それぞれの植物の生態などを解説するコメントもわかりやすく、手元に置いてじっくりと見たい素敵な図鑑。

『八ヶ岳・霧ヶ峰植物手帳』
新井和也 著
JTBパブリッシング 刊
2008年4月 初版発行

高山植物の基本
新井和也 著
枻出版社 刊
2012年6月 初版発行

Akachan_karaまた、今年春にファミリー登山の入門書を出されたばかり。ファミリー登山の意義や、子どもが自然と仲良くなる方法、万一に備えた注意点などについて、山岳ガイドや医師、保育士などの専門家からのアドバイスや、子連れ登山を実践している10家族のインタビューなどで構成。自然に親しみながらの子育てを提案する実用的な一冊。

赤ちゃんから始めました 親子登山 自然に親しむ子育てプラン
新井和也・千鶴 共著
東京新聞出版局 刊
2013年3月 初版発行

新井和也フォトギャラリー
KAZの活動日誌

ぜひ、山が好きな方、お花が好きな方、写真が好きな方に広めてください。
一冊でもたくさん売れて、重版がかかりますように。みんなで買って、ささやかながらご遺族を支える一助になれば…。42歳のお若さで、まだ小さいお子さんもいらっしゃるのです。

続きを読む "山岳写真家・新井和也さんの本"

| | コメント (0)

掬星台→森林植物園→水道筋…

NHKカルチャー「始めよう山歩き」日曜クラス8月は、摩耶山上スタート。
Dsc05117
まやビューラインで一気に涼しい山上へ。始発便はぎゅう詰めの大混雑。
Dsc05123
掬星台から天上寺さんへ立ち寄って、アゴニー坂から穂高湖へ。

続きを読む "掬星台→森林植物園→水道筋…"

| | コメント (2)

こっそり「ゲリラ野宿の会」

下界はもー、暑すぎるのでっ… 唐突ながら、ゲリラ野宿の会を突撃開催。
Dsc05097
今回、諸事情で参加できないメンバーが多くてすまぬ。9月にはゲリラじゃない感じで(公式)開催するので、しばし待たれよ。後日ご案内いたしまする。テント泊体験をしてみたい女子、ぜひおいでませ(あ、男子もOK)。

続きを読む "こっそり「ゲリラ野宿の会」"

| | コメント (0)

摩耶山天上寺「笹おい七夕祭り」

ガイドハウス駐在後、山御堂・女人高野摩耶山天上寺の夏の恒例行事へ…
Dsc05053
記念碑台で「あっちー号」にPick UPしてもらって、摩耶山へ。
Dsc05059
「笹おいホ~イホイッ!ヤレソレホ~イホイッ!」という掛け声と共に、掬星台から天上寺へとお願いごとを書いた短冊で飾った笹を運ぶ。

続きを読む "摩耶山天上寺「笹おい七夕祭り」"

| | コメント (0)

六甲山ガイドハウス駐在

六甲山上記念碑台、兵庫県立自然保護センターの分館「六甲山ガイドハウス」Dsc05049
「山の案内人」ボランティアにて駐在。
Dsc05035
山上は涼しくて、まだ色鮮やかな紫陽花が咲き残ってているところも。

続きを読む "六甲山ガイドハウス駐在"

| | コメント (0)

小辺路ロケ三泊四日旅 ④

いよいよ旅の最終日。十津川温泉を出発、果無越えへと向かう。
Dsc04814
最終日くらい晴れてくれるとうれしいのだけど?
私、公認晴れ女なんですけど?今回ダレのせい?(ヒトのせいかっ!?)

続きを読む "小辺路ロケ三泊四日旅 ④"

| | コメント (0)

小辺路ロケ三泊四日旅 ③

二泊目は、涼しくて快適な奈良県十津川村五百瀬(いもせ)の農家民宿。
Dsc04445
夜半には寒いくらいに冷え込み、山間に漂う霧の中でゆったりと夜が明けた。

続きを読む "小辺路ロケ三泊四日旅 ③"

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »