« 無事下山、そして獣の正体は… | トップページ | 摩耶山上→杣谷 »

木之本駅から歩いて行ける「呉枯ノ峰」

湖北山旅の二日目、大急ぎで降りてきたのは、もう1山、登りたかったから。
Dsc08026
木之本駅に重い荷物をデポって、10時スタート。
Dsc08028
いつも“七本槍”の蔵へ行く帰りに曲がる「北国街道」を北上。

趣きのある街並みを歩いて、北陸道の賤ヶ岳SAの横を通って、
Dsc08041
赤い鳥居のある登山口から山へ…
Dsc08084
石仏が点々と祀られている道を小一時間登る。
Dsc08114
峠を越えて、反対側斜面を下って、山の中の古刹菅山寺へ。
Dsc08147
菅原道真公お手植えと伝わる巨大なケヤキの樹がひっそりと佇んでいる。
Dsc08155
無住のお寺だが、森閑とした中にとても神秘的な気が漂っている。
Dsc08174
静寂の中、鯉がたくさん泳いでいる朱雀池。だれか餌をやってるのかな。
Dsc08201
峠まで登りかえして、「呉枯ノ峰(くれこのみね)」へ。三角点があるだけ。
Dsc08211
田上山山頂部。山全体が山城の跡で、郭の跡などに標識がある。
Dsc08244
下っていくと、賤ヶ岳周辺が一望。このあたりが古戦場となったところ。
Dsc08275
絶対読めない!不思議な名前の意富布良(おふほら)神社へ下って、
Dsc08290
木之本地蔵院へ。七本槍の蔵へ行くときいつも前を通るけど初めて中へ。
Dsc08294
そしてお約束の七本槍の蔵へ…土産に酒を一本買って14:14の新快速に乗車。
京都-大阪間は昼得きっぷなので、早めに帰らないといけないので、4時間の大急ぎ山歩きとなった。
けど…すっかり涼しくなって爽やかな秋の風情を楽しめると思いきや、酷暑な感じでやっつけられた二日間だった。ああ暑かった。

|

« 無事下山、そして獣の正体は… | トップページ | 摩耶山上→杣谷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無事下山、そして獣の正体は… | トップページ | 摩耶山上→杣谷 »