« 『日本人の知らない日本語』 | トップページ | 『イタリアでがんになった』 »

西中島の“貝族”料理店「みのしょう」

年に1、2回の不定期ミーティング?で、かつての“戦友的上司”F氏と一献。
Dsc03389
過去に約7年半ほどサラリーマンみたいな状態だったときのご縁だが、前回は春先だったので半年ぶり。
Dsc03388
新大阪のちょい南、西中島南方の繁華街にあるお店。魚の産地がすべて表記されているのがGood。

海鮮茶屋貝族料理みのしょう(食べログ)
大阪市淀川区西中島3-14-3
06-6304-8415
17:00~0:00(L.O.23:30)
日祝定休

Dsc03380
女将さんお勧めの白子。ふつうは白くなるまで火を通すのだが、ほぼ生に近い絶妙の加熱加減で、薄いピンク色。とろりとした食感が独特で美味。
Dsc03382
活け蛸、子持ち甘海老、サワラなどをお造りで…
Dsc03383
明石の昼網で届いたばかりというメバル。
Dsc03387
名物「貝族焼き」で大浅利を…。見たこともないよな巨大アサリにびっくり。ほかにもタチウオ1本天ぷらとか、ダイナミックな海鮮尽くしで大満足。ご馳走さまでしたー。

|

« 『日本人の知らない日本語』 | トップページ | 『イタリアでがんになった』 »

コメント

白子おいしそう~日本酒と海の幸♡めばるもいいかんじになってますね~。

投稿: みの | 2013年11月16日 (土) 12:25

昨今、“海の幸”も決して“幸”でなくなってきてるけど、
瀬戸内や明石産ならまだ安心…かなぁ。

白子美味しかったです。

投稿: にゃみ。 | 2013年11月17日 (日) 07:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『日本人の知らない日本語』 | トップページ | 『イタリアでがんになった』 »