« 忘年会@白馬堂 | トップページ | 『THE BIG ISSUE JAPAN 228号』 »

『里山資本主義』

今、世界を支配しているのはカネの力を唯一の尺度とする「マネー資本主義」だが、Satoyamaその尺度で「安いもの」を求め続けた結果が、農業や林業など一次産業の衰退。さらに製造業全般が国内では成り立たなくなりつつある。
農地や森林の荒廃は食糧自給率を低下させるだけでなく、環境の悪化や水資源の枯渇につながり、つまりそれは“国力”の衰退に直結する。
“有事”に際して、輸出入がこれまで通り行われるとは考えにくい。海外からの食料やエネルギー供給が停められたら、紛争当事者以外の他国がそれらを供給してくれるのか?余裕があれば“人道的”支援をしてくれる国もあるかもしれない。が、今後、世界的規模で異常気象などによって農業生産はどうなるかわからない情勢の中、そんな楽観論に頼るのは危険すぎる。
“国防”にまず必要なのは、秘密の保護や武力の拡充などではなく、食料とエネルギーを自前でどうにかするチカラ、だ。だって日本の息の根を止めるのは簡単。海外からのそれらの供給を止めれば、たちまち飢える。無防備にも海岸沿いにたくさん貯えてある核施設を攻撃しなくても簡単に陥落できる(核施設の攻撃も簡単だと思うが、世界中が迷惑するだろう)。
食糧とエネルギーの自給?「資源のないこの国でそんなことは無理」?
じつは、究極の「バックアップシステム」が日本の里山に在った…経済学の専門家による、非常に面白い視点の一冊。

『里山資本主義  日本経済は「安心の原理」で動く』
藻谷浩介,NHK広島取材班 著
角川書店 刊
2013年7月初版発行

貨幣を大量かつ高速回転させることによって利益を求める「マネー資本主義」はすでに行きづまりとなっている。
「マネー資本主義」から得られる“豊かさ”は本当に人間を幸せにするのか?
都市部への一極集中は果たして生物としての人間に幸せをもたらすのか?
その答えのひとつがここにある。

参考:NHKエコチャンネル里山のチカラ

極にゃみ的抜粋…

「帯」から
さとやましほんしゅぎ【里山資本主義】[名] かつて人間が手を入れてきた休眠資産を再利用することで,原価0円からの経済再生,コミュニティー復活を果たす現象。安全保障と地域経済の自立をもたらし,不安・不満・不信のスパイラルを超える。

まえがきから
「経済の常識」に翻弄されている人とは、たとえばこのような人だ。
 もっと稼がなきゃ、もっと高い評価を得なきゃと猛烈に働いている。必然、帰って寝るだけの生活。ご飯を作ったりしている暇などない。だから全部外で買ってくる。洗濯もできず、靴下などはしょっちゅうコンビニエンスストアで新品を買っている。
 ここで大事な点は、猛烈に働いている彼は、実はそれほど豊かな暮らしを送っていないということだ。もらっている給料は高いかもしれない。でも毎日モノを買う支出がボディーブローになり、手元にはお金が残らない。だから彼はますますがんばる。がんばったらがんばった分だけ給料は上がるが、その分自分ですることがさらに減り、支出が増えていく。「世の中の経済」にとって、彼はありがたい存在だ。しかし、いびつな生活だ。
 今の経済は、このような暮らしぶりを奨励している。「ちまちま節約するな。どんどんエネルギーや資源を使え。それを遥かに上回る収益をあげればいいのだ。規模を大きくするほど、利益は増えていく。それが『豊か』ということなのだ」と。
 100年余り前にアメリカが始めたこの「常識」は、日本などの先進国に浸透し、その後発展途上国にも広がっていった。垣根のないグローバル経済の体制ができあがって、今や世界の常識となった。ところが、世界中が同じ常識で、同じ豊かさを追い求めるようになった瞬間、先進国が息切れを起こし始めた。これが今の経済状況だと言っていい。


本書で紹介されている、“里山を食い物にしている”先進地区、広島県庄原に見学に行ってみたい。そして、将来、ライフスタイルを見直す第一歩として、まずは「エコストーブ」を作ってもみたい。

★庄原市観光協会スタッフブログ…庄原最強のエコストーブ
heeさんの室内用ロケットストーブのアイデア
heeさんのペール缶ロケットストーブの作り方

エコで健康的な「里山ライフ」を目指して、共に勉強を始めませんか。里山志望仲間、求む。
近代のどこかゆがんだ都市生活しかしたことがなく、基本的な“生活力”が欠如した私のような中途半端な生活者に、昔の知恵を授けてくれる人生のセンパイ方、農業などの自然相手の仕事のプロの方、、、などとネットワークすることができたらいいなぁ。

|

« 忘年会@白馬堂 | トップページ | 『THE BIG ISSUE JAPAN 228号』 »

コメント

いびつな生活。
この言葉は僕の頭の中のモヤモヤ感にガツンときました。
そうだ!いびつだ!って分かっていたけど、やっぱり、いびつだ!って。

この本は読んでる間、ずっと気付きの連続で、
何か、こういう考え方とこういったライフスタイル思考を
僕自身が探し続けていたような気もします。

そして、これからの人生の指針になる希望も感じましたし、
僕自身が思ってることは間違ってないって気もしました。

里山ライフを目指して、僕も少しずつ勉強したいと思います。

まずは、ちょっと都会に近い田舎からのステップです。

このタイミングでこの本を紹介していただいたことにとっても感謝です。

エコストーブ作りに庄原ツアーいきましょか!(^o^)


投稿: Fukuzo | 2013年12月13日 (金) 14:15

共感してくれる人が身近にいたことに感謝。

ずっと、“近代的な都市生活”に微妙な違和感をもってて、たぶん山を志向するのもそういう理由が底の方にあるんじゃないかと。

原始生活に戻るとかじゃなくて、資源を食いつぶすようなスタイルではなく、知恵を生かして、環境負荷の少ない形での快適な暮らしを考えた方がいい。

そして、便利すぎる生活よりは、もう少し自然に近いところで、身体感覚をきちんと持って暮らしたい。

そんなふうに思ってます。
いきなり生活のすべてを転換することはできないけど、ちょっとずつ勉強して、できるところから転換して、いずれ都市生活を卒業したいなと。

仲間が増えるといいな。

投稿: にゃみ。 | 2013年12月13日 (金) 14:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忘年会@白馬堂 | トップページ | 『THE BIG ISSUE JAPAN 228号』 »