« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

“あかりちゃん”シリーズにまたまたニューフェイス

にゃみ家の人気者「あかりちゃん」。ほとんどアイドルかペット状態…。Dsc03770
おしゃれ雑貨や洗練されたアパレルで人気の神戸の通販会社フェリシモのヒット商品のひとつで、太陽光で充電する「ソーラーキャンドルライト」。
Dsc06911
このほど、またしてもニューフェイスが登場した。それは、「ソーラーテーブルランプ」という、フレキシブルアーム付きのLEDライト。LEDランプ8灯、晴天なら約6時間の充電で3時間連続点灯。USB充電にも対応しているので、天候が悪い日が続いても一応使える。
読書灯としても充分な光量で、コードレスで持ち歩けるのも便利。

続きを読む "“あかりちゃん”シリーズにまたまたニューフェイス"

| | コメント (2)

カフェ&ベーカリーふらわあぽえむ

新長田アスタくにづか3番館、幸福堂新長田店向かい側にあるのがコチラ。Dsc06884
カフェ併設の小さなベーカリー。NPO法人中央むつみ会さんが運営。

カフェ&ベーカリーふらわあぽえむ
神戸市長田区久保町5丁目1-1-017 アスタくにづか3番館B1
078-643-3222
11:00~18:00(日10:00~)水・土定休

この店が面白いのは、「絵本こうかんいちば」になっている点。店内に本棚があり、絵本がたくさん置いてあって、持って行った冊数の絵本と交換できる。

続きを読む "カフェ&ベーカリーふらわあぽえむ"

| | コメント (0)

住ムフムセッション〈第7回〉 橘真弘氏/江弘毅氏×研究員

“名門レストランのソムリエから淡路島の農家へ。その道で考えたこと。”
Dsc06900
グランフロント大阪北館「住ムフムラボ」にて開催されたトークイベント。
神戸のフレンチの名店「シャンテ クレール」「ジャン ムーラン」のソムリエを経て、北野ROSE GARDENにあったワインバー「ジャック メイヨール」の店主だった橘真氏が、都会生活を捨てて淡路島で農業を始めたのが2009年。それまでの人脈もあるとはいえ、一流レストランから高い評価を受ける野菜を作り、鶏やミツバチを飼い、さらにワイン作りをも目指す、パワフルなその生きざまを語る…

※住ムフムラボ内は原則として撮影禁止ですが、主催者から当イベントに限り撮影可との説明あり
写真中:橘真氏、右:江弘毅氏(編集者)、左:ラボ研究員中村氏

続きを読む "住ムフムセッション〈第7回〉 橘真弘氏/江弘毅氏×研究員"

| | コメント (2)

「幸福堂」の苺大福・蜜柑大福

神戸駅西側に本店のある和菓子屋、幸福堂。今回は新長田店に寄り道。
Dsc06890
季節の生菓子 も美味しいけど、この時期食べてみたかったのが「みかん大福」。

続きを読む "「幸福堂」の苺大福・蜜柑大福"

| | コメント (0)

『日本人なら知っておきたい日本文学』

“古典作品のマンガ化ではなく、作者のひととなりをキャラっぽく紹介”Nihonjin_koten (著者・蛇蔵さん)。古典文学でおなじみの面々を今風に面白く描いた作品。“言いたい放題”の清少納言、“ぐるぐる悩む”紫式部、“男の夢コンプリート”を果たした藤原道長、“伝説になった高給公務員”安倍清明、“イケメン戦隊の司令官”たる源頼光、“夢見るオタク少女”菅原孝標女、じつは“家に執着する男”だった鴨長明、“脱サラフリーランサー”の吉田兼好、そして“暴走する悲劇”の神さまヤマトタケル・・

なるほど~×爆笑!の日本語“再発見”コミックエッセイ『日本人の知らない日本語』『日本人の知らない日本語』2+3、『日本人の知らない日本語4』を読んでとても面白かったので、続いて読んでみたもの。
コピーライターでイラストレーターの蛇蔵さんの絵がとてもカワイイ&言葉のセンスが絶妙に面白い。

『日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典』
蛇蔵&海野凪子 著
幻冬舎 刊
2011年8月 初版発行

★著者蛇蔵さんのサイト「冒頭試し読み」できます…ココ!

続きを読む "『日本人なら知っておきたい日本文学』"

| | コメント (0)

市民と企業が育てる森、街を守る森

六甲山は、崩れやすい風化花崗岩の山でもあり、昔から土砂災害が多い。
Dsc05976
昭和13年の阪神大水害では、150,000軒もの家屋が押し流され、神戸の街は泥流に沈んで壊滅的な被害が出た。その後、国が直轄事業として六甲砂防事務所を置いて砂防工事を進め、阪神大水害を上回る量の大雨が降った昭和42年7月豪雨では、174基の砂防堰堤をはじめ、護岸工事などが進められていたため、格段に被害が減った(とは言え、38,000戸が被災)。

国土交通省六甲砂防事務所、兵庫県砂防課、神戸市の三者による砂防堰堤は現在六甲全山で約1000基。山歩きをしていると、堰堤だらけでうんざりすることもあるけれど、防災面から非常に重要な役割を果たしているのだ。
 ★参考:六甲山でみられる砂防施設のいろいろ

しかしながら、砂防ダムのおかげで土砂災害が起こらなくなった、って訳ではないみたいで、六甲SABOのサイトには「実は、たまたま昭和13年や42年の災害時に匹敵する大雨が、まだ降っていないというだけのことなのです」と書かれている。油断大敵。

そして、防災のもうひとつの柱が「六甲山系グリーンベルト整備事業」。山の斜面を樹林帯として守り育て、防災機能の強化と自然豊かな生活環境の確保を両立させるためのプロジェクトで、これには市民ボランティアの働きと、企業の応援が大きな力となっている。
 ★参考:市民・企業による森づくり

さきがけとなったのは「こうべ森の学校」や「ブナを植える会」だと思うが、今あちこちで同様の取り組みが育ってきている。

続きを読む "市民と企業が育てる森、街を守る森"

| | コメント (0)

明石と言えば…「子もちたこ最中」

明石と言えば、にゃみ家のおやつタイムに時々登場する「子もちたこ最中」。Dsc06781明治8年創業の老舗和菓子舗「明植堂」の看板商品のひとつで、求肥入りの最中で(だから子もち?)、餡が粒あん・白あん・抹茶と3種類。あっさりめの餡子にモチモチの求肥、サクサクの皮との相性がなかなか絶妙で美味しい。
カワイイのか、カワイくないのか、微妙なビジュアルのタコさんの3Dな感じがなんとも…
あ、端っこが欠けてるのは、撮る前にかじったんじゃなくて、割れたんだからね。 

| | コメント (0)

明石で寄り道B級グルメ♪

下山後、オナカが空いていたので、明石で途中下車してちょっと寄り道。
Dsc06777
目指すは、山陽電鉄さん経営の駅そば。ちょい前の神戸新聞で美味しそうなメニューが紹介されてたのだ。

山陽そば 明石店※食べログ
山陽明石駅東改札口前(JR明石駅とも隣接)
078-918-0254
平日:7:00~20:30、日祝:9:00~20:00、無休

駅そばは割と好きだけど、「山陽そば」は小豆島帰りに一度寄って以来かな。

続きを読む "明石で寄り道B級グルメ♪"

| | コメント (3)

Vasque のシューズ

本日、ちょっとコンディションの悪い山で大活躍したおnewの靴。
Dsc06291
白馬堂ROKKOでGetしたお買い得価格の掘り出し物(Vasque Women's Breeze Low、たぶん旧モデル)。ちびっこの極にゃみ的には足も小さくて、合う靴がなかなか見つけられないのだが、ジャストサイズがあった“シンデレラシューズ”なのだ。
エアーメッシュ+レザーアッパーでGORE-TEXメンブレンという、オールウェザーモデルで、しかもソールがStealth C1。かつてはファイブテンの靴をずーっと履いてたワタシなのだが、やはりステルスのフリクションは安心感が違う。

続きを読む "Vasque のシューズ"

| | コメント (3)

播州アルプス・高御位山

またまた助っ人出前講座にて、播州アルプスへ。
Dsc06672
JR曽根駅から歩いてすぐ取り付ける、とても展望のいい山。
Dsc06680
豆崎奥山から縦走スタイルで。前夜の雨でぬかるんで、地徳山から最低コルへの下りでみんな盛大にコケまくり。

続きを読む "播州アルプス・高御位山"

| | コメント (0)

「二十四日市」@飛騨高山

飛騨高山の冬の風物詩と言えば「二十四日市」。昨日はこのお祭りへ。
Dsc06594_2
元々は旧暦の12月24日に開かれていた年の瀬の市で、雪深い飛騨地方の人々が農閑期に作った暮らしの道具などを持ち寄って売っていたものだとか。
Dsc06601
新暦になってから1月に行われるようになったそうだが、観光客というよりは地元の人々で賑わうお祭り。去年も来たけど、活気があってとても楽しい。

続きを読む "「二十四日市」@飛騨高山"

| | コメント (0)

『標高8000メートルを生き抜く 登山の哲学』

エベレスト(ネパール名:サガルマータ 中国名:チョモランマ)、K2、Hirotaka_t_tozanカンチェンジュンガ、ローツェ、マカルー、チョー・オユー、ダウラギリⅠ峰、マナスル、ナンガ・パルバット、アンナプルナⅠ峰、ガッシャブルムⅡ峰、ブロードピーク、ガッシャブルムⅡ峰、シシャパンマ。
地球上に存在する8000mを越える山々14座に日本人で初めて完全登頂した「14サミッター」で、“プロ登山家”を名乗る竹内 洋岳氏による初の著作。

『標高8000メートルを生き抜く 登山の哲学』
竹内 洋岳  著
NHK出版新書 刊
2013年5月 初版発行

プロ登山家 竹内洋岳公式ブログ

立正大学山岳部所属の学生時代にシシャパンマ遠征に参加したのが初の8000m峰への挑戦。

続きを読む "『標高8000メートルを生き抜く 登山の哲学』"

| | コメント (6)

御所坊「金郷泉」

昨日アイスガーデンから下山して、時間が早かったので「御所坊」さんへ。
Dsc06548
昨年秋、「第11回六甲山大学ミントサロン」のときに15代目当主・金井啓修さんのお話を伺い、一度訪れてみたかったお宿。とはいえ、一泊5万円とか平気でしちゃう高級旅館なので、入浴だけの日帰り利用…

続きを読む "御所坊「金郷泉」"

| | コメント (0)

六甲アイスガーデン結氷状況

山仲間のumeちゃんと一緒に、六甲北斜面の氷瀑の撮影に行った。
Dsc06523
平日なのにすごい人出でびっくり。
Dsc06525
七曲滝は四割くらいの結氷状況。

続きを読む "六甲アイスガーデン結氷状況"

| | コメント (0)

小野市・鴨池畔「prato cafe」のマフィン

昨日、下見中に立ち寄ってお土産をGetしたのがコチラ。
Dsc06393
雄池のほとりにある小さくてお洒落なカフェ。
Dsc06405
いつも忙しく通り過ぎてしまうので、お店でお茶とかしたことないのだけど。

湖畔の森 お庭カフェprato cafe(プラート カフェ)
小野市来住町1230-1 鴨池前
0794-62-2219
10:00~17:00 木・金・祝定休

季節のマフィンがとても美味しいので、いつもお土産にいくつか買う。

続きを読む "小野市・鴨池畔「prato cafe」のマフィン"

| | コメント (0)

兵庫(大開)のパンの名店「recolte(レコルト)」

昨日、神鉄でプチ遠出するのにちょっと早く出てコチラに寄り道。
Dsc06353
JR兵庫駅から北へ5分ほど、山陽大開駅が最寄りかもしれない。

recolte(レコルト)
神戸市兵庫区塚本通5-3-15ウェストコート2番館1F
078-599-6436
7:30-18:30  日月定休

続きを読む "兵庫(大開)のパンの名店「recolte(レコルト)」"

| | コメント (4)

下見山行→ちょこっと飲み

来月の講座の下見にてぷち遠出。小旅行気分で朝早くから出動…
Dsc06397
お天気はまずまず。冷え込みも緩んで、うららかな感じだった。

続きを読む "下見山行→ちょこっと飲み"

| | コメント (2)

兵庫産「岩津ねぎ」が最旬!

浅田次郎『一路』の中で、高熱を発したお殿様が葱パワーで回復するというエピソードがあるが、風邪などに対して葱の薬効が語られることは多い。地方によって特産の品種もいろいろとあって、兵庫県では朝来町の「岩津ねぎ」が有名。そして、寒さが厳しい今の季節が最も美味しい時期なのだ。
Dsc06346
ハーバーランドでの打ち合わせの帰り、元町商店街のひょうごイナカフェへ。
Dsc06350
ココは、兵庫県産の農産物などが手軽に買える産直ショップ。朝来産の岩津ねぎが200円程度で買えるのである。
岩津ねぎは、関東の根深葱(白ネギ)と関西の葉葱(青ネギ)の中間種で、葉先から根元まで余すところなく食べられるのが特徴。すき焼きやなべ物のみならず、てんぷら、焼き葱にしても美味。霜にあたると柔らかく甘みを増すので、今の季節が最も美味なのである。

朝来の味 岩津ねぎ※朝来市のサイト

続きを読む "兵庫産「岩津ねぎ」が最旬!"

| | コメント (0)

『一路』

文久元年(1861)、14代将軍徳川家茂の元へ皇女和宮が降嫁した年が舞台。
Itiro_1Itiro_2これまであまりテーマとして取り上げられることがなかった“参勤交代”の行列を描く。まじめで一生懸命な主人公にどこかトボけた味のお殿様など、キャラが立った個性的な登場人物が多く、テンポの良いストーリー展開でわくわくと楽しめる。中山道を東へ東へと進んでいく中で各地の名物などもさりげなく紹介され、旅心がかきたてられるのもまた心憎い。浅田次郎さんってホント、読み手のツボを押さえたプロやわ。

一路』上・下
浅田次郎 著
中央公論社 刊
2013年2月 初版発行

続きを読む "『一路』"

| | コメント (0)

3年ぶりの「初釜会」

ずーっと中休み中のお茶… ながら、今年は初釜会を企画していただいた。
Dsc06333
前回の3年前も4年ぶりだったから、お茶そのものがとてもご無沙汰状態なのだけど。今回は我々生徒二人+師匠のまったり会で、久しぶりの顔合わせでもあり、おしゃべりを楽しみながら点心で開始。

続きを読む "3年ぶりの「初釜会」"

| | コメント (8)

「トワイライトバー451」@摩耶山虹の駅

久々に摩耶山へ。と言っても元旦の初詣以来だけど。Dsc06294
まやビューラインロープウェイは運休中なので、ケーブルだけ乗って歩く。
Dsc06299
旧天上寺史跡公園は冬枯れの景色ながら、かわいい冬芽も顔を出してます。

続きを読む "「トワイライトバー451」@摩耶山虹の駅"

| | コメント (0)

映画『ハンナ・アーレント』

「考えることで人間は強くなる」という哲学を自ら貫き通したハンナ・アーレントをPhoto描いた実話に基づく作品。主演女優のバルバラ・スコバが超カッコいい。たばこ吸い過ぎだけど。

主人公はドイツに生まれ、ナチスの迫害によって収容所に囚われながらも脱出、アメリカに移住したドイツ系ユダヤ人の哲学者・政治学者。
ホロコーストの中心人物であったアイヒマンがアルゼンチン潜伏中にイスラエルの諜報機関モサドに逮捕され、1961年4月からエルサレムで公開裁判が行われたが、アーレントはその裁判を傍聴し、レポートを「ザ・ニューヨーカー」に5回に分けて連載。
「悪とは何か」について深く考えさせられる作品。

映画『ハンナ・アーレント』公式サイト
神戸ではシネ・リーブル神戸にて上映中。1月24日まで。

続きを読む "映画『ハンナ・アーレント』"

| | コメント (0)

PEAKS 2014年2月号 No.51

エイ出版から、月刊登山雑誌『PEAKS 2014年2月号 』が発売されています。Peaks51第一特集は「PEAKSリーダーズセッション2014」と題し、ガイドの佐藤佑人さんと行く縦走プラン、クライマーでライターの井上大助さんと楽しむ小川山クライミングなどの魅惑的な企画の紹介。
第二特集が「“あの人”が通うツウ好み山道具店」ということで、全国から厳選されたショップとして札幌の秀岳荘さん、新潟長岡のパーマークさん、東京渋谷のザ・ノース・フェイス3さん、福岡のラリーグラスさんと並び、我らが六甲山麓白馬堂ROKKOの5店が登場。私、白馬堂の紹介をさせていただいています。ぜひご一読を。甲山工房さんの「リッド」もちらっと登場してます(本日からネット販売も開始のはず)。

撮影は「キャロリング in KOBE 2013」の日だったのですが、取材中の横撮りカット…とてもカッコいいカメラマンさんでした。

続きを読む "PEAKS 2014年2月号 No.51"

| | コメント (0)

OW新年会

昨年末のチャリクリ@OkudaWall 2013のアフターイベント的な感じで新年会。
Dsc06264
「売れても占い商店街」の近くにて。
Dsc06263
Tokkiさんをはじめ総勢7名でワイワイと。

和央(食べログ)
大阪市福島区福島7-5-5
06-6452-0080
17:00~23:00(L.O.22:30) 日祝定休

続きを読む "OW新年会"

| | コメント (2)

ウラヤマ探検隊!結成

Twitter相互フォローの中で、ご近所っぽいメンバーで集まることになった。
Dsc06210
行先はウラヤマ。全員、この界隈の山をうろうろしているメンバー。
甲山工房を主催しているbrackwormさん、六甲全山縦走大会のときにもお会いしたぢんさん、沿線のKG大学でドイツ語を教えておられるtakuja先生とゆー、Twitterがなければ何の接点もなかったメンバー。

続きを読む "ウラヤマ探検隊!結成"

| | コメント (0)

『小さいおうち』

まもなく映画が封切られるので(1月25日~)、何かと話題になっている作品。
Tiisai_ouchi昭和初期の東京を舞台に、次第に戦争の影響が色濃くなる中で、そこそこ裕福な新婚家庭に、女中奉公に入った女性の回想録として綴られていく物語。
東北から奉公に出てきて出会った、若く美しい“奥様”に心酔し、一心に仕える“妹のような年頃の女中さん”、の目から見た、華やかな都会の暮らしと、戦時色を強めていく時代の流れ。そしてビミョーに波乱を予感させる恋愛沙汰めいたエピソードと、意外な結末。

話題作なので詳しい内容には触れないが、とても面白く楽しめる作品だった。

『小さいおうち』
中島京子 著
文芸春秋社 刊(文春文庫)
2012年12月 初版1刷 発行
第143回(2010年)直木三十五賞

★楽天ブックス 著者インタビュー
ココ!

映画「小さいおうち」公式サイト←音が出るので注意

作品としては、最終章の意外性が面白いのだが、極にゃみ的に一番心に残ったのは、巻末の対談。

続きを読む "『小さいおうち』"

| | コメント (0)

ミャンマーカレーTeTe@丸五市場

丸五市場と言えばもう一軒。珍しい“ミャンマーカレー”のお店がある。
Dsc05572
これは東側の入り口。このあたりの商店街は網目のようになってて複雑。
Dsc05573
西側入り口から近いところで、「めいりん」さんと同じ並びにある。

続きを読む "ミャンマーカレーTeTe@丸五市場"

| | コメント (0)

三鮮水餃子@丸五アジア横丁「めいりん」

引きこもり妄想食べ物シリーズPart2。絶品水餃子の「めいりん」さん。
Dsc05229
駅からビミョーに離れてるんだけど、新長田駅から徒歩7、8分の市場内。
Dsc05236
丸五市場そのものが、地元民以外あまり出入りしない雰囲気で、ヨソモノ的には敷居が高く感じてたけど、昨夏丸五ナイトのときに連れてきてもらったから、もう“知らないところ”じゃないもんね♪ 
いや、実際、とてもきさくな街なので、ヨソモノに対して排他的なんてことは決してありません。大阪の鶴橋や桃谷あたりと近い雰囲気かな。私は違和感なくなじめる感じ。

続きを読む "三鮮水餃子@丸五アジア横丁「めいりん」"

| | コメント (0)

富山名産“庄川ゆず”ドリンク「金屋美人」

12月に福井へ行ったとき、いろいろいただいた美味しいものの一つが「金屋美人」。Dsc05707砺波市庄川地区で伝統的に栽培されている「庄川ゆず」を地元の醤油醸造元、トナミ醤油さんが独自の製法で濃縮、フレッシュな風味をそのまま閉じ込めたゆずドリンク。
風邪でくたばってるときにはとくに重宝した。

ゆずと言えば南国のイメージがあるが、意外と耐寒性があるそうで、東北以南の広い範囲で栽培されているとか。この地にゆずの原種をもたらしたのは弘法大師と言われ、古くから栽培されてきたそうだ。
温暖な地で育つものと異なり、寒さに耐えるため皮が肉厚でデコボコしており、特有の強い香りがあるのが特徴だとか。 南国のゆずに比べると、なんとなくだけど苦味も香りも骨太な感じがして、風邪やなんかのときにはとても“効く”気がする…

gorikoちゃんありがと。

ところで…

続きを読む "富山名産“庄川ゆず”ドリンク「金屋美人」"

| | コメント (2)

ヌードルス@カラピンチャさん♪

一昨日からちと風邪っぽくて、昨日ついにダウン!鬼の霍乱だ!!
このワタシが寝込むだなんて、2年前の年末に生焼けの牡蠣にあたってノロわれて以来。
つーワケでせっかくのお天気なのに寝たきり。で、妄想食べ物ネタを。
年末に王子公園駅南側にOpenしたカラピンチャさんのお勧めメニュー2。
Dsc06082
麺料理の「ヌードルス」。小麦粉の麺だそうなんだけど、ちょっとビーフンっぽい。先日紹介した「コットゥロティ」も美味しかったけど、麺としてはコレもすごく好き。

カラピンチャ
神戸市灘区王子町1-2-13
078-805-3039(←電話つきました)
11:30~16:00 月曜定休(←とりあえず今現在)

続きを読む "ヌードルス@カラピンチャさん♪"

| | コメント (0)

旧福知山線廃線跡と桜の園

NHKカルチャー神戸「はじめよう山歩き」女性クラスにて廃線跡のハイキングへ。
Dsc06185
武田尾駅から歩く。さすがに今日は寒かった。
Dsc06186
ボルダラーの皆さんもマット背負って歩いてた。

続きを読む "旧福知山線廃線跡と桜の園"

| | コメント (0)

『THE BIG ISSUE JAPAN230号』

ビジネスの戦略と手法で社会問題の解決にチャレンジするBigissue_jan1_230“社会的企業”が発行する路上販売雑誌『htmlTHE BIG ISSUE JAPAN』の新年1号。第一特集は「特別企画」として、チェルノブイリの事故後、5年半に渡ってベラルーシの汚染地域で医療に関わってこられた医師で現松本市長の菅谷昭さんと、汚染の厳しい福島市渡利地区で子どもたちの保養活動などを続ける吉野裕之さん(NPO法人シャローム災害支援センター)が「子どもたちを放射線災害からどう守るのか」をテーマに対談。

IAEAは「社会的便益とコストの比重を考えろ」と言うが、子どもをコストの対象とするべきではない。事故から27年が経つベラルーシでは、事故後に生まれた子どもたちに健康被害が出続けている。健康被害が顕在化してからでは遅い。

ほかにも、表紙を飾っている絵本作家加古里子(かこ・さとし)さんのインタビューなど、興味深い内容が満載。ぜひご一読を。

| | コメント (0)

“たま”の年賀状

毎年、とてつもなく手間のかかる年賀状を手描きしているDsc06184うちの“たま”から今頃になってようやく…

クリスマスに手描きのカレンダーを送ってくれたときに、「遅くなるで」と書き添えてあったけど。

たてがみの絵の中に「う」と「ま」が隠れてます。これ、一枚一枚手描きしてたら、そら時間かかるやろー。

| | コメント (0)

下見→打ち合わせ

朝から日曜日の講座のコース下見へ。
Dsc06136
冬晴れの気持ちのいいお天気。
Dsc06106
とても冷え込んでいて、あちこち氷が張ってたけど。

続きを読む "下見→打ち合わせ"

| | コメント (2)

晴れ後時雨の須磨&多井畑

NHKカルチャー神戸教室木曜女性クラスで須磨の山へ。あれ?昨日も…?
Dsc06051
そう、でも今日は塩屋からスタート。
Dsc06046
西向地蔵さんのところから山へ。

続きを読む "晴れ後時雨の須磨&多井畑"

| | コメント (0)

近頃話題の「スルフォラファン」

ここんとこちょいちょい耳にするのが「スルフォラファン」。キャベツやブロッコリー、青梗菜などのアブラナ科の野菜に多く含まれる栄養素で、アンチエイジング、がん予防、肝機能強化などに効果があると注目されている。
Dsc05970
しかも、スプラウト(新芽)の状態だとふつうのブロッコリーの20倍以上の高濃度で含有されているというので、ブロッコリースプラウトが結構売れているらしい。加熱するより生で食べる方が効果的ということなので、スープやサラダにトッピングしたりして食べてる。

続きを読む "近頃話題の「スルフォラファン」"

| | コメント (0)

雨の須磨&多井畑

NHKカルチャー神戸教室「水曜ショートハイキング」クラスで須磨の山へ。
Dsc06032
晴れていれば冬でも明るい須磨の海だけど… ※こんな感じ。
Dsc06034
さすがにどんより。でも、風もなくて暖かく、静かにしとしと降る雨だった。

続きを読む "雨の須磨&多井畑"

| | コメント (0)

「コットゥロティ」@カラピンチャさん♪

昨年末、王子公園駅南側にOpenしたカラピンチャさんのお勧めメニュー♪
Dsc06021
「コットゥロティ」という、麺のような、そばめしのようなスリランカの料理。

カラピンチャ
神戸市灘区王子町1-2-13
078-805-3039(←電話つきました)
11:30~16:00 月曜定休(←とりあえず今現在)

続きを読む "「コットゥロティ」@カラピンチャさん♪"

| | コメント (2)

雑用アレコレ徘徊

年明け元旦から毎日ほぼ原稿を書き続け、ちと煮詰まってきたところで…
Dsc05976
諸事情でいくつか写真を撮らねばならず、うろうろ(いそいそ?)おでかけ。
Dsc05995
コレはべつに必要ないけど通ったついで。「山田太郎車・次郎車」なる水車。

続きを読む "雑用アレコレ徘徊"

| | コメント (0)

「憲法9条にノーベル平和賞を」

基本的人権の尊重と徹底した戦争放棄を謳った憲法九条。
Botqhhnfkimuxsu556x313nopad世界中が武器を手に戦力で物事を推し進めようとする圧力の中で、世界中の人の幸せと平和を願い、戦争への反省から、まず自ら率先して戦争の放棄、武力の不保持を定めた憲法を保持していることは、世界の平和と安定に貢献しているはず。その憲法9条が今改憲の危機に。

以下のサイトから、ネット署名で「賛同」の意思を送ることができます。
賛同いただける方はぜひ。

「憲法9条にノーベル平和賞を」

| | コメント (0)

『間違いだらけの少年H』

先日、湊川のパルシネマで映画『少年H』を観て、読んでみたくなったのがDsc05971間違いだらけの少年H』。出版社在庫はすでになく、増刷予定も今のところないとか。webで調べたら中古が二万円台だとかでびっくり(定価5600円)。ところが、地元の図書館に蔵書されていたので、さっそく予約したら開館と同時に手配してくれた。
が!どうすんねん!この厚みっ!!
845ページの超大作である。ものすごい力作である。2週間で読めるのか!?つか、読んでていいのか、今!?
チラ見してみただけだけど、ものすごいエネルギーで書かれたことがよくわかる。心して読まねばなるまい。(とは思う)

児童文学書評というサイトに野上暁氏の書評→ココ(わかりやすい)

| | コメント (2)

『政府は必ず嘘をつく』

311後の日本の状況は、911後のアメリカの後追いをしているかのようだ。
87d9f3bfde2ccfd79eb20d3567e54985戦争や災害を好機として、過激な市場原理主義改革を推し進めるグローバル企業の戦略によって貧困格差が拡大し続けているアメリカの惨状=「ショック・ドクトリン=大惨事資本主義」。

被災地や地域住民のためと謳いながら、じつは大企業に利する政策だったハリケーンカトリーナの復興対策と相似形なのが、東北被災地の「復興特区」。大資本に有利な政策は地元の産業をじわじわと絞め殺していく。

そして、TPP。
このまま行くと、国民の過半数を占めていた「中流」層が減っていき、一握りの富裕層と多くの貧困層へと分けられていく流れに突入、貧乏人は医療すら満足に受けられない時代がやってくる(アメリカはすでにそうなっている)。

そんな状況をわかりやすく解説したのがコレ。全文引用したいほど重要な内容ばかり。ぜひともご一読いただきたい。

『政府は必ず嘘をつく-アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること-』
角川SSC新書147
堤未果 著
角川マガジンズ 刊
2012年2月25日 初版発行

同じ著者によるコチラも併せて読むとわかりやすいのでぜひ。
『(株)貧困大国アメリカ 』

★後日記:続編『政府はもう嘘をつけない』も併せてぜひ。(2016.9.5)

「BOOK」データベースより引用
3・11の大震災以降、原発事故・放射能対策からTPPまで、政府や東電、大手マスコミの情報は隠ぺいされ、偏った報道が蔓延るなど、国民にには真実が知らされていない。アメリカでは9・11の同時多発テロ以降、大惨事につけ込んで実施される過激な市場原理主義「ショック・ドクトリン」によって、貧困格差が拡大し続けている。「情報が操作され、市場化の名の下に国民が虐げられているアメリカの惨状を見るにつれ、このままでは日本が二の舞になる」と警告。今こそ、自らが考え、行動し、真実を見抜く目を持つことの意義を問いかける。

参考サイト:

続きを読む "『政府は必ず嘘をつく』"

| | コメント (0)

ニューイヤーコンサート@コンポーザーピアニスト“天平”

午後から、お隣駅の仁川にある仁川学院で開催されたコンサートへ。
Dsc05963
年末、福井で助っ人仲間のgorikoちゃんからお勧めされたコチラ↓
3ffebcc578c98b290d5fb73793726d14131
神戸出身の異色の作曲家兼ピアニスト“天平”さんをお招きして開催されたニューイヤーコンサート。

続きを読む "ニューイヤーコンサート@コンポーザーピアニスト“天平”"

| | コメント (0)

湊川「パルシネマ」

昨日地下鉄妙法寺へ下山したので、湊川で途中下車してちょっと寄り道。
Dsc05939
昨年から気になってた映画がちょうどコチラでかかっていたので…
Dsc05948
パルシネマ」という、いわゆる名画座?
外観的になんだかアヤシくてちょっと入りにくいのだけど、勇気を出して(?)行ってみたらば、じつはとても素敵な映画館だった。

続きを読む "湊川「パルシネマ」"

| | コメント (0)

「キムラヤ」@須磨寺駅前商店街

山陽電鉄須磨寺駅前の商店街に昔からある、いわゆる町のパン屋さん。
Dsc05824
キムラヤ(食べログ)
神戸市須磨区須磨寺町1-9-22
078-731-1956
8:00~19:30 不定休(1月3~5日休み)←今日から三日間お休み!
Dsc05827
じつは、にゃみにゃみ。の産地は須磨寺付近で、3歳くらいまでこのへんに住んでいたのだ。覚えてないけど。で、にゃみ母によると、時々このパン屋さんにも買いに行ってたそうで、50円玉を渡して連れて行って、パンを選んでお金を払おうとしたら口から出してきたとゆーエピソードが。店員さんも困惑したやろな…

続きを読む "「キムラヤ」@須磨寺駅前商店街"

| | コメント (0)

初詣Ⅱ 須磨寺へ

来週の下見で須磨方面の山へ。その前にちょいと寄り道して須磨寺へ。
Dsc05845
すてきな門松が飾られてて、
Dsc05848
なかなかの賑わいだった。

続きを読む "初詣Ⅱ 須磨寺へ"

| | コメント (0)

初詣は摩耶山へ

穏やかに晴れて暖かい元旦なれど、ご来光はPassして、朝はのんびりと。
Dsc05746_3
にゃみ家のお雑煮は、鶏ダシのすまし仕立てで、具は焼き穴子と百合根、蒲鉾、ほうれん草。お餅は黒豆入りのうる餅。豆餅いくつ、白餅いくつ、と食べたい数を申告するんだけど、
にゃみ父「昔は年の数だけ食べろと言っていたもんやけどな…」
 …現在のにゃみ家では、一回の必要量が200個超えちゃうんですけど。
Dsc05759
午前中に年賀状を何枚か書いて、投函がてら(?)初詣に。
まやビューラインに新年初乗車♪(ひとりで貸し切りだったけど…)

続きを読む "初詣は摩耶山へ"

| | コメント (0)

Happy New Year!

P_card
新しい年がよい年になりますように。

続きを読む "Happy New Year!"

| | コメント (2)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »