« 魚屋道~金鳥山、岡本梅林へ | トップページ | 2月の六甲山大学ミントサロン『植物の不思議なちから』 »

厳冬の森林植物園 …ちょっぴり春の息吹。

シモバシラの霜柱がもうそろそろ見納めかなーと神戸市立森林植物園へ。
Dsc07197
干支飾りの馬がとても素晴らしい出来で、雪がうっすら積もってステキ。Dsc07269
長谷池も凍る冷え込み。

Dsc07199
お目当てはコレ。シソ科の「シモバシラ」という植物から出る霜柱。
Dsc07203
園内は、とても寒いのに来園者がいっぱい。朝のバスはほぼ満員だった。
Dsc07238
ソシンロウバイ、ロウバイが満開。
Dsc07242
マンサク、シナマンサクも見頃。そろそろ雪割草も咲きそうだとのこと。
少しずつ春に向かって季節が進んでいます。

|

« 魚屋道~金鳥山、岡本梅林へ | トップページ | 2月の六甲山大学ミントサロン『植物の不思議なちから』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魚屋道~金鳥山、岡本梅林へ | トップページ | 2月の六甲山大学ミントサロン『植物の不思議なちから』 »