« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

桜がそろそろ見頃に。

つぼみだったにゃみ家の鉢植えの桜が、一気に満開近い感じに。
Dsc01891
今年の桜は、なんだか一気咲きしてる感じがする。
Dsc01900
小林聖心の坂もそろそろ見頃な感じ。

続きを読む "桜がそろそろ見頃に。"

| | コメント (0)

祝!摩耶ビューテラス702開店1周年

摩耶山掬星台「星の駅」にある摩耶ビューテラス702が開店1周年を迎えた。
Dsc01850
お祝いのアニバーサリーイベントで摩耶山上へ。 午前中の荒れ模様から急速に天候回復。夜景がとてもきれいだった。

続きを読む "祝!摩耶ビューテラス702開店1周年"

| | コメント (0)

久々のヒンホイと案内人総会

午後から、六甲山ガイドハウス「山の案内人」の総会があり、元町山手へ。
Dsc01839
まずはランチで県庁南側の「ヒンホイ」さんへ。神戸で一番好きなカレー♪
Dsc01836
日替わりの「お楽しみカレー」は揚げ卵乗せスタミナチキンキーマ。相変わらず繊細なスパイス使いはうっとりするほど。半熟なのに外側がこんがりとした卵もとても美味しかった。

★カレー料理店 ヒンホイ
神戸市中央区下山手通5-8-14 山手ダイヤハイツ6号2F
078-382-0073  金曜定休

続きを読む "久々のヒンホイと案内人総会"

| | コメント (0)

最終日に駆け込み『飛翔する表現』

西宮市大谷記念美術館で開催中の展覧会、最終日となって駆け込み鑑賞。
Dsc01781
2012年度に新たにコレクションに加わった山下摩起、下村良之介、塚脇淳の作品を中心としたこじんまりとした所蔵品展。
Dsc01784
午前中は大荒れの天気だったが、お庭に出る頃には小やみになってた。
お庭には春の花がいろいろ…↓

続きを読む "最終日に駆け込み『飛翔する表現』"

| | コメント (0)

森林植物園「森の薬箱」

早春の花咲く神戸市立森林植物園にて、神戸薬科大学沖先生の講座&観察会。Dsc01646
悪天かと思いきや、意外にうららかないいお天気に。Dsc01610
2週間前に行ったときには開いてなかったユキワリイチゲが咲いていた。

続きを読む "森林植物園「森の薬箱」"

| | コメント (0)

『日本人の知らない日本語4』

日本語教師“凪子先生”と、イラストレーターでコピーライターのNihon_siranai_4蛇蔵さんによる23「なるほど~×爆笑!の日本語“再発見”コミックエッセイ」第4弾は海外編。蛇蔵さんとなぎこ先生がフランス、ベルギー、ドイツ、イギリス、オーストリア、チェコ、スイスなどを旅しながら、各国で日本語を学んでいる人たちを取材。“外から見た”日本語にまつわる面白いエピソード満載の一冊。

『日本人の知らない日本語4』2013年8月 初版発行
蛇蔵&海野 凪子  著
メディアファクトリー 刊

シリーズ既刊
『日本人の知らない日本語』
『日本人の知らない日本語』2+3

続きを読む "『日本人の知らない日本語4』"

| | コメント (0)

ハーバーランド夕景

ちょっと野暮用でまたまたハーバーランドへ。
Dsc01562
神戸新聞で六甲山大学の記事を担当されている記者さんとミーティング。
Dsc01565
小一時間お話しして、港回りで帰途に…

続きを読む "ハーバーランド夕景"

| | コメント (0)

六甲山大学ミントサロン拡大版「ミントフォーラム」

六甲山大学山麓キャンパスの恒例「ミントサロン」3月分に出席。
Dsc01548
拡大版スペシャル企画で、大武校長を座長に、兵庫県立人と自然の博物館の服部保先生、造形作家でドングリネット神戸代表のマスダマキコさん、神戸市森林整備事務所の重藤所長も交えて、六甲山の森や自然についてのお話、問題点、これからどうしていくべきかなどをお話しいただいた。
極にゃみ的には、前回に引き続き皆勤賞継続中。

続きを読む "六甲山大学ミントサロン拡大版「ミントフォーラム」"

| | コメント (0)

間もなく発売!『六甲山シーズンガイド 春・夏』

六甲山の四季の魅力を紹介する新刊が間もなく発売に。
Cover_2
六甲山の四季の魅力を、春夏編・秋冬編に分けてご紹介。まずは、春夏編の刊行です。既刊の『六甲山を歩こう!』『六甲山ショートハイキング77コース』に続く、神戸新聞総合出版センターからの三冊目となります。早い店では、明日くらいから店頭に並ぶはず。
白馬堂ROKKOにも配置予定です。

『六甲山シーズンガイド 春・夏』
根岸 真理 著
神戸新聞総合出版センター 刊
2014年4月8日 発行

続きを読む "間もなく発売!『六甲山シーズンガイド 春・夏』"

| | コメント (0)

まもなく“祝一年”@摩耶ビューライン&ビューテラス702

桜のつぼみがほころんできたけれど…雨の一日、またまた助っ人作業。
Dsc01499
そして、まもなくまやビューラインと「ビューテラス702」がリニューアル開業から丸一年を迎える。そこで…3月30日(日)、
★摩耶ビューテラス702 1st Anniversary Party! が開催されます…ココ!

当日は、摩耶山天上寺の春の伝統行事「摩耶詣」が行われます。セットでぜひ。そういえば去年は「勝手に摩耶詣」白馬堂ROKKOとのコラボツアーをやったっけ。

続きを読む "まもなく“祝一年”@摩耶ビューライン&ビューテラス702"

| | コメント (0)

勝浦の鮪料理店「桂城」

今回の熊野旅二日目の夕食をいただいた店。港から一筋入った路地にある。
Dsc01163
ちょうど、店先に水揚げされたばかりの生きのいい鮪が届いたところ…
Dsc01162
デカーい!みんなこれを見てテンションUP!

★桂城
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦398-11
0735-52-1845
11:30-14:00  17:00-22:00   月曜、第4日曜定休

続きを読む "勝浦の鮪料理店「桂城」"

| | コメント (0)

熊野市「美味処 磯っ子」

今回の熊野旅初日、夕食を食べにわざわざ予約して行ったお店。
Dsc00870
駅からは少し離れているけれど、地元では人気のお店のようでほぼ満席。
Dsc00861
いただいたのは、人気の「定食」。地魚に熊野牛、煮物も美味しくて。バランス良くいろいろ味わえて良かった。ていねいに作っておられるのがよくわかる味。

美味処 磯っ子
三重県熊野市有馬町3759-7
0597-89-1931
11:00-14:00  17:00-22:00  木曜定休

続きを読む "熊野市「美味処 磯っ子」"

| | コメント (0)

この時期恒例の助っ人day

熊野帰りでまったりしたかったのに、助っ人に駆り出されー。
Dsc01484
大阪駅前第4ビル東側のサンシュユが見頃に。

続きを読む "この時期恒例の助っ人day"

| | コメント (0)

「環境経済から六甲山のこれからを考える」

昨日、神戸国際会館「環境経済から六甲山のこれからを考える」セミナーへ。
Dsc01439
「六甲山の利用現状と課題を包括的に概観した後、人工林整備やカーボンオフセット活動、さらには学校林活動の実態と教育的利用の可能性について報告を受け「私たちの六甲山」のこれからの在り方を考える」という兵庫県立大学経済学部環境経済研究センター主催の公開セミナー。センター長の新澤秀則氏、同センター三俣 学氏、神戸市建設局公園砂防部 松岡達郎氏、サンフォレスト株式会社 株式会社日本オフセットデザイン創研代表取締役 浦上尚己氏がパネリストとしてお話をされた。

続きを読む "「環境経済から六甲山のこれからを考える」"

| | コメント (0)

熊野土産その2

この季節に熊野へ行ったら、ぜひGetしたかったのがコレ。
Dsc01475
「ひろめ」「ひとはめ」と呼ばれる海藻で、大手流通には乗らない早春の熊野の味。

★詳しくは…ココ!

それから、

続きを読む "熊野土産その2"

| | コメント (4)

柑橘王国・熊野の果物

温州ミカンのシーズンは終わってるけど、熊野は晩柑シーズン真っ盛り。
Dsc00686
いろんな種類の柑橘類がいっぱい売られてて、行く先々で買ってしまった。
Dsc00704
道の駅に寄る度に地元ならではの蜜柑ジュースとか絞りたてジュースを…

続きを読む "柑橘王国・熊野の果物"

| | コメント (0)

海の熊野古道 三日目

三日目も、またまた至って晴れて良し。
Dsc01190
まずは朝一番で那智山の大門坂へ。

続きを読む "海の熊野古道 三日目"

| | コメント (0)

海の熊野古道 二日目

二日目もまたまた快晴。
Dsc00931
まずは熊野市の花の窟神社と獅子岩へ。

続きを読む "海の熊野古道 二日目"

| | コメント (2)

海の熊野古道 初日

白馬堂ROKKOとのコラボツアー、熊野古道シリーズにて海辺の古道へ…
Dsc00731_2
前日の荒れ模様とは打って変わっての絶好の好天。新宮駅で集合。

続きを読む "海の熊野古道 初日"

| | コメント (0)

春の嵐の熊野路へ。

雨の中、あさやん号にて南紀方面へロングドライブ…
Dsc00643
南岸を低気圧が通過したため、春の嵐のようなお天気。
Dsc00661
田辺・白浜・周参見・串本・勝浦と海沿いに南下、要所で下見をしながら…

続きを読む "春の嵐の熊野路へ。"

| | コメント (0)

港が見える山。

神戸は海と街と山が隣接していて、ちょっと登れば街並みと港を見渡せる。
Dsc00556001
これは、諏訪山のちょい上、元町から小一時間で登れる碇山からの眺望。
そして今日は、神戸港にセレブな貴婦人が来ているので…

続きを読む "港が見える山。"

| | コメント (0)

中津「ブドウヤ」

お茶のお稽古に行く途中で気になるお店を見つけてしまって…
Dsc00499
お稽古が終わってから、umeちゃんを誘って行ってみた。
Dsc00503
なんかそのへんに、夜桜的なモノが満開だったんですけどー。

続きを読む "中津「ブドウヤ」"

| | コメント (4)

弥生のお茶。

何年も中断していて、今年3年ぶりに「初釜会」を企画していただいたお茶。
Dsc00502
ナニゲにお稽古が復活する運びとなり、先月に続いて炉のお点前を。
まー、見事になんにも覚えてなかったけど。なんちゃってお点前でも、D-yan師匠のお道具やお軸、お菓子のセレクトに美しい日本の季節を感じて、松風の音を聴きながらのまったり和やかな時間はステキなのだ。

| | コメント (2)

十割蕎麦「久庵」

兵庫駅の近くにある十割蕎麦のお店。土日限定「食べ比べ」というセット。
Dsc00273
粗挽きの「田舎」と、「せいろ」の盛り合わせ。

1月に、「レコルト」に寄った時に見つけていて、気になってたのだ。
さぬきうどん冨家」と同じ通りでもある。

続きを読む "十割蕎麦「久庵」"

| | コメント (0)

中山梅林、ようやく見頃に。

ぐっと一気に暖かくなって、固かったつぼみも一気に緩んだかな?
Dsc00405
ってコトでちと中山梅林までお散歩に。3月の1週目と比べてみて…ココ!

続きを読む "中山梅林、ようやく見頃に。"

| | コメント (0)

梅を求めて六甲山を西へ西へ。

再度山の北側、洞川梅林がどうなってるか見に行かねば…と、お出かけ。
Dsc00092
期限切れ近い回数券をもらったので三宮へ出て、北野坂を北上。
Dsc00105
風見鶏の館前。

続きを読む "梅を求めて六甲山を西へ西へ。"

| | コメント (0)

スプリングエフェメラル咲く森林植物園へ

摩耶山から目指したのは、森林植物園。
Dsc09969
東口からアプローチしたら、園内手前のダム湖にこんな鳥が。
Dsc09977
デジタルズームMAXで撮ってみたんだけど、だれ?たぶんカップルで、時々かわいくない声で啼いてた。→教えてもらいました。カワウでした。

続きを読む "スプリングエフェメラル咲く森林植物園へ"

| | コメント (2)

摩耶山リュックサックマーケット始動!

三月の第三土曜日!「摩耶山リュックサックマーケット」がいよいよ開幕。
Dsc09875
晴れてるけど寒い!けど、摩耶ケーブルは満席だった。
Dsc09880
なんだかええ感じでにぎわってます。

続きを読む "摩耶山リュックサックマーケット始動!"

| | コメント (0)

水都夜景と…

ちょっとした集いにて、大阪へ。
Dsc09854
東の空には月齢12日のまるいお月さま。

続きを読む "水都夜景と…"

| | コメント (0)

久々にSHMWへ…

なんだかんだでしばらくご無沙汰していたコチラのお店へ…
Dsc09831
芦屋川のコアなアウトドアショップSky High Mountain Worksさん。
店主のタクさんともめっちゃお久しぶり。相変わらずのカリスマ…

続きを読む "久々にSHMWへ…"

| | コメント (2)

岡本駅前隠れ家ケーキショップ「Ciel C.」

阪急神戸線岡本駅からすぐ南、テナントビルの二階にある小さなお店。
Dsc09784
大手チェーン店のコーヒーショップの横にある狭い階段の上なので、ちょっとわかりにくいかもだけど。

Ciel Clair(シエル・クレール)
神戸市東灘区岡本1-12-14 オカモトT+Tビル 2F
078-413-1184
10:00~20:00 水曜定休

続きを読む "岡本駅前隠れ家ケーキショップ「Ciel C.」"

| | コメント (0)

雨の保久良山へ

NHKカルチャー神戸教室・始めよう山歩き女性クラスにて保久良山へ。
Dsc09734
水曜クラス以外はだいたいお天気がいいんだけど…しかも昼頃から雷雨の予報。予定を変更して、大雨が降ってもすぐ逃げられるコースへ。森稲荷に桜?が咲いていた。さすがに欠席者が多く、なんと6名!1/3!けどレインウェアデビューの方もいて楽しそうだった。

続きを読む "雨の保久良山へ"

| | コメント (0)

『CEL Vol.105』【特集】スローなまち暮らし

先日、大阪ガスさんのセミナー「里山資本主義、そして関西への提言」Cel_105参加させていただいた際に頂戴した冊子、CELの機関誌が面白い。
2冊配布いただいたうちの105号、メインの記事は「スローなまち暮らし」と題した特集。

限りない成長神話に陰りがさし、先進諸国に行き詰まり感が明確になってきて、もはや久しい。それと同調するかのように、人工的な「大都市」よりも、より自然なものに魅力を感じる人々が増えつつある。
その動きのひとつが、1986年に北イタリアのブラで起こった「スローフード運動」であり、その後トスカーナで発祥した「スローシティ運動」。

大都市では人口集中によって生活環境が劣悪化。大資本による大型店舗やファストフードの席巻によって、地域の食文化や地産池消のシステムが崩壊、街の様相そのものも均質化。元々その地域が持っていた個性や美点が失われていっているというのが世界的な流れ。

それらに対抗するように「大都市では望めない質の高い暮らし、ゆったりした時間と人間らしい大きさを保持する小さな町のネットワーク」を目指したのがイタリア発祥の「スローシティ連合」、、、というような内容。

★コチラで読めます→ ココ!

続きを読む "『CEL Vol.105』【特集】スローなまち暮らし"

| | コメント (4)

別冊PEAKS『テント泊の山道具』

PEAKS別冊、テント泊の本が発売に。既刊『みんなの山道具』シリーズの第3弾で、ピークハントが目的Tent_honではなく、テント場で過ごす時間も「旅」の楽しみととらえる人たちのテント泊装備一式を紹介…という企画。
アウトドアショップ店員、山岳ガイド、山小屋スタッフ、山岳カメラマン、アウトドアライターなど総勢約60人が登場するなか、白馬堂ROKKO店主のあさやんとか、神戸が誇るアウトドアブランドファイントラックの大堀さんも登場。アノときのロケはこの本のためだったんですねー。
ちなみに、信越トレイル登録ガイド・美谷島(びやじま)さんのページも担当させていただいてます。

これからテント泊が楽しい季節。ぜひご一読を。

別冊PEAKS テント泊の山道具

ところで…

続きを読む "別冊PEAKS『テント泊の山道具』"

| | コメント (0)

3.11から3年。いま思っていること。

東日本大震災から丸3年。3年経ってもまだ避難生活を強いられている人々が26万7千人。そして、もう二度とふるさとに帰ることができない人々も…。
 →舩橋淳監督 「フタバから遠く離れて」(3月23日まで無料配信中)
事故を起こした福島第一原発は、アンダーコントロールどころか、メルトダウンして収束のめどもたたない。
この小さな島国が浮んでいるプレートが、地震の活動期に入っているという指摘もあり、南海トラフがいつ動いてもおかしくない状況で、原発の再稼働だなんて狂っているとしか思えない。そして、もうひとつとんでもないのは、放射能汚染の深刻さについて、マスメディアがきちんと報じないこと。

この3年で学んだこと。
マスコミは本当に必要な大事な情報を教えてはくれないということ。
“巨大なシステム”に依存していると、それが壊れたときにどうしうようもなくなるということ。この2つから導き出されるのは、「与えられるものを受け取る」だけではダメだということ。巨大すぎるものは危ないということ。

「マス」も「グローバル」も、もういらない。

藻谷浩介氏著の『里山資本主義』に共感したのは、つまりそういうことだったのだ。『成長から成熟へ さよなら経済大国 』に書かれていることもそう。
大量生産大量消費のシステムに組み込まれている状態から少しでも離脱して、地に足の着いた暮らしへ。信頼できる情報源を自ら求め、信頼できる仲間たちとつながっていくこと。これからは、はっきりとそんなものを目指していく。

昨日の神戸新聞の夕刊に掲載されていた、哲学者・鷲田清一氏の連載コラム氏「ラジカルラジオ」に書かれている「新しいサイズ感」というのもまさにそういうことだと思う。
以下引用。
Dsc09718 東日本大震災後の3年間、わたしたちは自分たちの生活がいかに制御不可能なものに依存しているかを思い知りました。一つは原子力発電、一つはグローバル経済です。エネルギーの消費がどれほど過酷なリスクを内包しているか、食材から建築資材までどれほどグローバル市場の動きに翻弄されるものかを痛感しました。生活をある程度制御可能なもの、つまりはいつでも修正や停止がみずからの手でできるようなものへと組み替えないと危ないと知ったのです。

続きを読む "3.11から3年。いま思っていること。"

| | コメント (0)

「木接太夫」顕彰碑とクリスマスローズ

園芸業が盛んな宝塚の山本地区。阪急宝塚線山本駅のすぐ西側にこんな碑が。
Dsc09605
「木接太夫」の顕彰碑。宝塚には「坂上」姓の家が多いのだが、源満仲の同族として代々山本の荘司を務めてきた家柄で、4代目の坂上頼継以来花木の栽培を継承。頼継の遠縁にあたる坂上善太夫(頼泰)が、それまで誰も成し得なかった「接木(つぎき)」の技法を成功させて、豊臣秀吉から「木接太夫」の名を贈られたと伝えられたという故事にちなむもの。

続きを読む "「木接太夫」顕彰碑とクリスマスローズ"

| | コメント (0)

六甲スカイヴィラ春のディナー「星屑」

この週末に宿泊した六甲スカイヴィラにて。
Dsc08949
ランチには何度か来たことがあるのだが、夕食は初めて。
Dsc09548
「ビラブリガーデンテラス」で一番ライトな「星屑」(3500円)。
前菜はとても凝った構成で、色とりどりの生野菜が春の畑のよう。生ハムやマグロの下には手の込んだ野菜のパテのようなものが隠れてる。コンソメジュレをトッピングしたムースも美味しかった。
メインが魚1皿のシンプルなコースだが、ほかに三田牛がプラスされる「風吹」(5000円)、魚料理がオマール海老に変わる「天空」(7000円)などがある。

で、「星屑」は…

続きを読む "六甲スカイヴィラ春のディナー「星屑」"

| | コメント (0)

中山連峰縦走で中山梅林へ

シグマ総会でスカイヴィラに宿泊したけど、朝食はあきらめて7時に出発。Dsc09578
で、ナゼか山の北側へワープ…兵庫岳連KGさんありがとうございました。
Dsc09580
オオキタさんで朝食getしてJRで集合場所へ移動。

続きを読む "中山連峰縦走で中山梅林へ"

| | コメント (0)

クラブΣ総会@六甲山上

地域を越えた山仲間の絆をつなぐ「シグマ」の総会が今年は六甲山上で。
Dsc09542
六甲山上の六甲スカイヴィラ、別棟「山荘」を1棟借り切って。地元の兵庫大阪以外にも、群馬、岐阜、愛知、鳥取などから総勢約20名が参集。

続きを読む "クラブΣ総会@六甲山上"

| | コメント (4)

「里山資本主義、そして関西への提言」

カモ鳥さんのご縁で、大阪ガスCELのセミナーに参加させていただいた。
Dsc09508001
本社のある「ガスビル 」のホールにて、『里山資本主義』著者藻谷浩介氏の講演。題して「里山資本主義、そして関西への提言」。

まずは、「木」という資源に対する価値観に関して、木造建築の本場である日本ではあまりに認知が低いと指摘し、スイスの新聞数紙を統合するメディアグループ「タメディア(Tamedia)」の本社ビルを紹介。日本人建築家・坂茂氏 の作品で、2013年 7月に正式公開、釘やネジを使用しない木造建築物としては世界で最も高い7階建てのもの。
 ★参考サイト…ココ!

日本人設計家による素晴らしい建築が海外にはあるのに、国内では鉄筋コンクリート製のいわゆる“近代建築”ばかりが席巻している。

続きを読む "「里山資本主義、そして関西への提言」"

| | コメント (4)

そしてまたまたハーバーランド。

なんだかんだで日参状態、ぼちぼち今回のオシゴトも佳境な感じに。
Dsc09498
来週くらいには私の手を離れてくれる感じ。世に出るのは今月中かも。

続きを読む "そしてまたまたハーバーランド。"

| | コメント (0)

またまたハーバーランドへ

夕方、急遽神戸へ。雨が止んで晴れてきたので、海辺を通ることに。
Dsc09416
フィッシュダンスもなんだかさびさび。1987年の神戸開港120年記念で作られたものだから、もう27年前…。フランク・ゲーリー設計、安藤忠雄監修作品。ちなみに、鯉川の川尻だからって理由でコレはコイなんだよね。
Dsc09449
雨上がりの夕景色はとてもきれいだった。ちょうど、以前にプチクルーズを楽しんだことのある神戸コンチェルトが出航していくところだった。

続きを読む "またまたハーバーランドへ"

| | コメント (0)

雨の有馬街道・巡礼街道から中山梅林へ

NHKカルチャー神戸教室「水曜ショートハイキング」の日だけど朝から雨。Dsc09262
朝はたいした雨ではなかったのだけど、昨夜から降っているのと、昼前後に寒冷前線が通過しそうな天気図だったので、予定変更。集合場所の宝塚駅から有馬街道を東へ。
Dsc09270
川面の皇太神社前から清荒神の参道へ。参道を少し登って巡礼街道へ。

続きを読む "雨の有馬街道・巡礼街道から中山梅林へ"

| | コメント (2)

念のため… 下見3

どう考えても明日は雨… しかも前線通過。
Dsc09265
ってワケで、またまた下見。夕方さくっと2時間ほどお散歩モード。

続きを読む "念のため… 下見3"

| | コメント (0)

水切りヨーグルト活用法

ヨーグルトの水分を抜いたグリークヨーグルト的なモノがお気に入り。
Dsc09049
レシピサイトなどではざるにキッチンペーパーを敷いて、と書いてあることが多いけど、コーヒードリッパーの方がやりやすいと思う。
Dsc09050
ほぼ一晩くらいできれいに水が抜ける。約400~500gのヨーグルトが、握りこぶしくらいのグリークヨーグルトと、約200㏄ちょいのホエー(乳清)に分離する。

続きを読む "水切りヨーグルト活用法"

| | コメント (2)

雨想定で下見…

またしても水曜日に雨が降るらしい。やはりアノひと…Dsc09077
雨でも大丈夫なものか、念のため見に行ってみたけど…
Dsc09080
降り方にもよるけど、あまりよろしくない感じ。通しで歩いてはみたけど。

続きを読む "雨想定で下見…"

| | コメント (0)

六甲高山植物園 特別開園2014

3月20日まで冬季休園中の六甲高山植物園、特別に今日一日だけ開園。
Dsc08763
雪解けとともに咲くスプリングエフェメラルがちょうど咲いているから。
朝一番のガイドウォークに参加すべく、六甲ケーブルで山上へ。
Dsc08797
滑り込みな感じで間に合ったが、ものすごい人数の来園者にびっくり。
2月のミントサロンでお話を聞かせていただいた沖先生も応援にいらしてた。

続きを読む "六甲高山植物園 特別開園2014"

| | コメント (2)

弥生朔日。

いよいよ春が近づいた感のある弥生朔日。え!もう三月っ・・・
Dsc08733
知らないうちに、なんとにゃみ庭の鉢植えの梅が満開になってた。
Dsc08731
そして、先日つぼみだったフキノトウがもう咲きかけてる。

続きを読む "弥生朔日。"

| | コメント (0)

『頂きへ、そしてその先へ』

1971年生まれの竹内氏は、1995年のマカルー(8463m)を皮切りに、Photo_28000m峰にチャレンジを続け、2012年に14座目のダウラギリ(8167m)の登頂に成功して日本人初の8000m峰14座完全登頂を果たした。
自らを「プロ登山家」と名乗る著者が考えた、63のテーマについて書いた本。

「頂上はゴールではない!」
「常識だからにはだまされるな」
「恐怖は打ち消すものではなく、利用するもの」
「安全だと思い込んでいる場所こそ気をつけるべき場所」etc.etc.


『頂きへ、そしてその先へ』
竹内洋岳 著
東京書籍 刊
2013年8月 初版発行

竹内洋岳公式ブログ

極にゃみ的抜粋を少々。

続きを読む "『頂きへ、そしてその先へ』"

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »