« 満月の夜、卯月のお茶 | トップページ | 『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』 »

絹延橋うどん研究所

諸般の事情でスカ喰らって行きくれたのである。しょうがないので、気を取り直してかねてより行ってみたかったコチラへ。
Dsc04538
能勢電鉄「絹延橋」駅からすぐのところにあるうどん屋さん。その名も…
Dsc04544
「絹延橋うどん研究所」。絹延橋のたもとにある。

絹延橋うどん研究所
川西市小戸3丁目23-6
072-767-7639
月・火定休
11:30~14:00 17:30~20:00(夜営業は金・土のみ)

Dsc04545
セミセルフスタイル。レジ横にビュッフェ的なスペースがあり、ごはんやおかずを自分で好きなように盛り付ける。メニューごとに一皿に盛るのがお約束で、皿数で清算するシステム。今日のごはんは「若ごぼう」の炊き込みご飯。薄味でとても美味しかった。
Dsc04546
焼き野菜。グリルしただけの野菜が、なにも味をつけなくても旨い。
Dsc04547
自家製漬物。トマトには驚いたけど、意外な美味しさ。どれもしっかり酸味が。
Dsc04548
そして、メインは今シーズン初の「ひやかけ」にした。夏日モードな感じで暑かったので、冷たいダシがとっても美味だった。いりこダシがええ感じで効いてて、ゆずが吸い口に入ってるのもGood。
わざわざ行く価値のあるお店だと思った。“諸般の事情”に感謝。

|

« 満月の夜、卯月のお茶 | トップページ | 『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満月の夜、卯月のお茶 | トップページ | 『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』 »