« 『あたりまえのカラダ』 | トップページ | 畑→“かそけき光の撮影会” »

文月のお茶

ナニゲに復活していた“なんちゃって茶道”。先月は忙しくて無理だった。
Dsc01173_2
文月のお茶は… 流水を描いた美しい主菓子。
オマケでにゃみ母作成の琥珀羹。

風呂の柄杓使い、が完全に忘却の彼方でしたけど。

その前に見た景色・・
Dsc01165

|

« 『あたりまえのカラダ』 | トップページ | 畑→“かそけき光の撮影会” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『あたりまえのカラダ』 | トップページ | 畑→“かそけき光の撮影会” »