« 大日三山縦走 | トップページ | 福井→波乱の帰途 »

下山、そして癒しの宴へ…

山行三日目、北方稜線とその向こうに後立山の山並みが。
Dsc03660
曇り空の下、6時15分下山開始。
Dsc03684
鎧岩を過ぎると標高差150mの激下りが始まる。

Dsc03691
大日平の手前から傾斜が緩くなって木道が始まる。歩きやすい。
Dsc03721
大日平小屋でちょっと休憩。
Dsc03729
小屋の裏手から「不動滝」が見える。
Dsc03751
大日平は木道の補修工事中。古い木道をはがしているパートが長くて、ぬかるんでとても歩きにくかった。はがす作業をまとめて広範囲でやったみたいだけど、はがすのと設置を同時進行しないと、歩きにくいし、植生保護という木道本来の意味がないと思う。
Dsc03758
そしてこの日の核心部、牛首の下りが始まる直前に雨が降り始めた。
Dsc03762
ココだけは雨が降ったらイヤだなーと思っていたところでピンポイントの雨。しかも、かなり本気の降り方で、梯子を下ってると袖から雨が入ってきて袖がびしょ濡れに。
Dsc03772_2
が、案外ココの岩質は滑らないようで、見た目ほどには怖くなかった。
猿ヶ馬場を過ぎるとヤバいところはないはずなのだが…
Dsc03784
巨木が倒れていて、傾斜地がぬかるんで非常に歩きにくかった。
Dsc03792
ふだんトレッキングポールは使用しない派だけど、この下りでは大活躍。
「Helinox TL-120」モデルは軽くて使いやすくて優秀。組立ワンタッチ、三つ折りで収納性も抜群。
Dsc03797
称名の滝の周辺にたくさんの滝が出現してた。
Dsc03800
登山口まで下ったら雨がやみましたけど…?
Dsc03839
富山駅でumeちゃんとまゆたま様を見送り、Fukuzo&monacoちゃん号でロクスケまで送ってもらって、年末以来の福井の友人宅で癒しのひと時…

|

« 大日三山縦走 | トップページ | 福井→波乱の帰途 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大日三山縦走 | トップページ | 福井→波乱の帰途 »