« DAYS JAPAN vol.11 No.9 2014 SEP | トップページ | ハーバーランドでミーティング2件 »

『絶望の裁判所』

「法服の住人達は、市井の人の思いや希望などにはほとんど関心がない。Zetubo_saibansyoしかし、彼らは、みずからの出世や評価にはきわめて敏感な、その意味では俗物的な人間なのであり、霞ヶ関官僚と同様に、日本的なピラミッド型ヒエラルキーによって操縦されている」…最高裁の中枢を知る元裁判官が、裁判官たちの精神の荒廃と堕落を描いた問題作。
極にゃみ的にはかなり読み辛くて、時間的制限もあって、あっちこっち飛ばし読みしてしまったのだけど…なんというかもう、“絶望的”な内容。行政から独立した崇高なる法の番人、ってイメージは「単なるイメージ」に過ぎないのか。

かなり衝撃的な内容で、裁判とかに当事者として関わる事態には絶対になりたくない…と思った。本書が多くの良識ある人の目に触れ、改善が行われますように。

『絶望の裁判所』
瀬木 比呂志 著
講談社 刊(講談社現代新書)
2014年2月20日 初版発行

著者のインタビューがわかりやすいです。
★「現代ビジネス」瀬木比呂志氏インタビュー(2014年01月28日)…ココ!

|

« DAYS JAPAN vol.11 No.9 2014 SEP | トップページ | ハーバーランドでミーティング2件 »

コメント

お久しぶりです。
にゃみさんの記事を読んで興味を持ったので、買って読み始めましたが、すみません、半分弱で挫折しました・・・。
この筆者にかなり違和感は覚えますが、言いたいことは多少分かりました。さもありなんと思います。

でも、なかなか書けない本ですね。
司法が信頼できないなんて、悲しい世の中です・・・。

投稿: かめ | 2014年9月 7日 (日) 20:57

かめさーん!!
めっちゃお久しぶりです!!
登ってはりますかー!?

じつは私もこの本、途中でほぼ挫折。
私には読解が難しい文体でした。
でも、きっと、そんな感じなんでしょうね。

とても残念だけど…

投稿: にゃみ。 | 2014年9月 7日 (日) 22:45

>法服の住人達は、市井の人の思いや希望などにはほとんど関心がない…

裁判をしてみるとこのことが本当によくわかる。
弱きものたちを守る正義の味方…なあ~~んて絵に描いた餅のようなもの。

死法…いや、司法とは、結局、法律をよく知っていて、
抜け道をよくわきまえたツヨイ者たちの味方…体験で分かったことでした、ちゃん、ちゃん。

法曹界にも
たぶん「良心」という餌を食べつくす魔物が幾重にも絡まって蠢いている…その場に臨んでそう思った
事を思い出したthink

投稿: 同人 オバカッチョ | 2014年9月11日 (木) 14:26

哀しいことに、いろんな「世界」に、
いろんな魔物が棲んでますね。

公平公正の象徴のように認識されているこの世界にも。

「良心」って、食べられやすいものなのかも。

投稿: にゃみ。 | 2014年9月11日 (木) 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DAYS JAPAN vol.11 No.9 2014 SEP | トップページ | ハーバーランドでミーティング2件 »