« 『ランドネ 2014年11月号 No.57』 | トップページ | 熊野古道中辺路へ »

「お米の勉強会」と出会った!!

ちょっと前にほぼ放置サイトのFBでふと目にしたイベント。たぶんリベルタ学舎湯川カナさんの10616155_537798629654235_1049033068絡みだったと思う。なんだかわからないけど、数秒の逡巡で参加を決めていた。

green drinks KOBE スピーカーシリーズ 】という、岡本のミドリカフェさんが定例開催しているトークイベント。思えばこのカフェも、行きたい行きたいと思いつつ、なぜか今まで行けてなかった。なのに今回、いろんなものがピンポイントで“合致”した感がある。

ゲストスピーカーの村山日南子さんは、30年ほど前から「お米の勉強会」を主催され、食と農の問題に取り組んでこられた方で、現在72歳。とても精力的に活動されている、そしてとてもチャーミングな女性。

開会前に、参加者がそれぞれ語り合っている会場で、カナさんにくっついてじゃましちゃいけないと思って離れてたときに、村山さんがふっと近くに来られて、さりげなく話しかけたらきさくに応えてくださって…、
今極にゃみ的に一番気になっている農産物の「在来種」のことで話題の焦点がジャストポイントに!

農の領域に関しては、5、6年前から、関心はあるけど知識もなく、まして実践に至ってはこの春に小さな貸農園を三人でシェアして始めたものの、なんちゃって自然農法ではなかなか目覚ましい収獲もなく。それどころか7月後半からなんだか忙しくてまったく畑に行くこともできず、完全放置の世界になってしまっているのだが、それでも暇を見つけてはF1種に警鐘を鳴らす本を読んだりはしてた。

それが、そんなこんなあれやこれやが一気にフォーカスが合った感じ!
カナさん、日南子さん、ケイスケさん、ありがとう!!

今日の内容については、今時間がなくて詳しく書けないのだけど… 人生変わるかもくらいのイキオイ。
けど、明日から(公式)熊野工作員、(自称)熊野エバンジェリスト工作活動へ行って参ります。

ところで、このサイトに「農の視点」というカテゴリを設定したのが2007年。最初のエントリ は、なんだか自分で見てもガッカリ感が漂ってるけど、感じてるコトはずっと同じなのかも、と思った。

|

« 『ランドネ 2014年11月号 No.57』 | トップページ | 熊野古道中辺路へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ランドネ 2014年11月号 No.57』 | トップページ | 熊野古道中辺路へ »