« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

積雪期レスキュー講習会2015(初日)

この時期恒例の大阪府岳連遭対委員会主催の講習会@マキノスキー場。
Dsc09774
どよんとした空模様だけど、昨年より雪は少しだけ多めで助かった。
Dsc09792
今年も組長のアシスタントで基礎クラスを担当。

続きを読む "積雪期レスキュー講習会2015(初日)"

| | コメント (5)

『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』

「日本はアメリカの属国である」という言説は、的確に状況を表してはNitibei_tiiいるけれど、幾分自虐的な、比喩的表現だと思っていた。しかし、違うのである。言葉通り、そのままの事実。
本書の帯から
●なぜ戦後七〇年たっても、まだ米軍は日本にいるのか?
●なぜ米兵が罪を犯しても、ほとんど逮捕されないのか?
●なぜアメリカではできない危険なオスプレイの訓練が、日本ではできるのか?
●なぜ基地をひとつ動かそうとしただけで、首相が失脚してしまうのか?
●なぜ原発災害の当事国である日本が、原発をやめられないのか?
●なぜ経済的利益のないTPPが、強引に進められようとしているのか?


その答えは本書に書かれている。

「戦後再発見」双書2
『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』
前泊博盛編著/明田川融、石山永一郎、矢部宏治著
創元社 刊
2013年3月 初版発行

最近、“衝撃のドキュメンタリー”が多い。『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』『絶望の裁判所』もしかり。
政府は必ず嘘をつく”のだ。不都合な情報は隠ぺいされ、意図的に偏向した報道が垂れ流される。けれど、この本に記されていることは、単なる情報隠ぺいというようなレベルの問題ではない。国としての存在の根幹に関わる問題。

続きを読む "『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』"

| | コメント (4)

神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ「シェラトンマルシェ」

衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年』を観た後、ランチに。
Dsc09741
神戸ファッション美術館」の北隣の神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ
六甲ライナー「アイランドセンター」駅直結、駅との連絡通路南側にあるセレクトフードショップ。淡路産の野菜や食材を中心に、ホテルメイドのベーカリーやスイーツ、ホテルチョイスの厳選グルメ食材などを扱っていて、奥にカフェスペースがある。Dsc09753

続きを読む "神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ「シェラトンマルシェ」"

| | コメント (0)

『衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年』

六甲アイランドにある「神戸ファッション美術館」で開催中の展覧会へ。Dsc09738
衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年 』を観てみようと。
Dsc09746
災害時に役立つシェルターとしての機能を持つ衣服に関しての展示が行われている。

2015年1月17日(土)~4月7日(火)
10:00 - 18:00(入館は17:30まで)
毎水曜、2/12休館(2/11は開館)
入館料 500円(小中高65歳以上 250円)

※六甲ライナー「アイランドセンター駅」下車すぐ
 阪急線からは、みなと観光路線バス「12系統芦屋・夙川グリーンタウン便 」(岡本駅)「13系統阪急御影便」(御影駅)が便利です。

続きを読む "『衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年』"

| | コメント (0)

北摂池田界隈に出没

来月の仕込みにて… 北摂の池田をうろうろ。そんなに寒くはなかった。Dsc09563
お天気かと思ったらちょっと時雨空だったり。時折小雪が舞ってた。Dsc09614
六甲山は雪が舞ってるかも?

続きを読む "北摂池田界隈に出没"

| | コメント (0)

『ぬか床づくり』

このところ漬物がとても気に入っていて、ちょっと季節外れだけどNuka_toko(いや、べつにぬか床に季節はないのだが、にゃみ家ではぬか漬けは夏野菜が主なので)、ふと手にしたぬか床専門店「千束」店主の下田敏子さんが書いたぬか床の本を読んでみた。
ぬかは炒らないといけないと思っていたけど、生の方がいいこと(無農薬で、新鮮であることも重要)、風味をよくするために山椒と柚子皮を入れること、じゃがいもや牛蒡、蓮根、パプリカ、アスパラなどいろいろ適材があること、など、知らなかったことがいろいろ書いてあって面白かった。それにしてもぬか床専門店ってのがあるとは驚いた。

『ぬか床づくり 母から子へ伝えたいスローフード』
下田敏子 著
家の光協会 刊
2008年4月 初版発行

乳酸菌も酵母も、ホントにすごい。これらの微生物の働き、もっと注目されていいと思う。

【極にゃみ的覚書】

続きを読む "『ぬか床づくり』"

| | コメント (4)

『「消費」をやめる 銭湯経済のすすめ』

平川克美氏著『小商いのすすめ~「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ』に続いてSento_keizai(2年半後)書かれたものということで読んでみた一冊。これまたいろいろと“腑に落ちる”内容だった。

巻頭から
「消費者であることは、半ばは自分で選び取っていますが、半ばは企業や市場にコントロールされています。 その状態から、決意して逃避しなければならないと、わたしは思うのです。いや、決意なんて大げさなものではなくてもいいんです。アイデアをちょっと変えてみる。 では、どうするか——。それをこの本をとおして考えていきたいと思います。」

グローバリズムも成長幻想も、もう本当にいらない。しつこいようだが、TPPは地球外追放すべきだと思ってる。

成長しなくてもやっていける社会体制に軟着陸させること(縮小均衡)、貨幣の消費を極力しない仕組み(貨幣経済から贈与経済へシフト)、そんなものを探っていけばいいのではないか。

「消費」をやめる  銭湯経済のすすめ
平川克美 著
ミシマ社 刊
2014年6月 初版発行

抜粋してるヒマがないので、超雑なpickup要約。

続きを読む "『「消費」をやめる 銭湯経済のすすめ』"

| | コメント (0)

(予定通りの)淡路島・諭鶴羽山

白馬堂ROKKOコラボツアーにて、今度こそ(?)…(木曜日…が、ね。)
Dsc09344
極にゃみ的に、明石海峡大橋って、こんなん!やねーん。
Dsc09355
途中でお猿さんに会った。晴れてポカポカ陽気の気持ちのいい日曜日。

続きを読む "(予定通りの)淡路島・諭鶴羽山"

| | コメント (0)

Fukumona邸お祝い会&nora's新年会

Fukuzo&monaco家にて、新築のお祝い会@Team nora。Dsc09299
料理の達人monacoちゃんが腕を振るってくれた、めくるめく美食の宴。

続きを読む "Fukumona邸お祝い会&nora's新年会"

| | コメント (0)

宴の前の藪山徘徊

Dsc09234
午後にいつもの“野良チーム”の宴会が予定されていて、どうせなら軽く歩いてから行く?ってコトで、トレースしたことのないルートを地形図上でプランニングしたのである。
取付きは、以前に読図講習会で設定したところなのでよかったのだが…

続きを読む "宴の前の藪山徘徊"

| | コメント (7)

淡路島の美味アレコレ@2015jan

今日はカンヅメ状態だったので、昨日の淡路島ツアーの美味あれこれを。
Dsc09210
朝、虹が出た。にゃみ父が「中山のあたりから岩倉山あたりにかけて大きな虹が出てる」って。その位置認識、長らく山に行ってない割にすげーな。極にゃみ的には、自宅窓から山を見ても、どこがどこだかさっぱりわからん…

それはさておき、淡路島の美味。前回のラインナップとは別な感じで。

続きを読む "淡路島の美味アレコレ@2015jan"

| | コメント (0)

雨の淡路島「三社巡り+一山登頂+グルメ!」ツアー

白馬堂ROKKOとのコラボツアーにて、水仙が見頃を迎えている淡路島へ。
Dsc09100
が!!なぜか朝から雨。日本周辺には7個の低気圧が群居しているらしい。
極にゃみ的には淡路島って、こんなんとか、あんなんとか、要は晴れの国!ってイメージやねんけど? あー、アノときも。
とりあえず、ワタシがこの橋を渡るときはほぼほぼピーカンなんですけど?

そゆコトはさておき…

続きを読む "雨の淡路島「三社巡り+一山登頂+グルメ!」ツアー"

| | コメント (0)

追悼・陳舜臣さん 『神戸 わがふるさと』

今朝、神戸出身の大作家・陳舜臣さんがお亡くなりになった。90歳。
(神戸新聞NEXT…ココ!
Dsc09095
生まれ故郷である神戸について書かれたエッセイや小説を集めたこの一冊は、震災を思い出し、何度読み返して涙しただろう。本当に本当に神戸愛に溢れた、大好きな作品。
左は、「月刊神戸っ子」による司馬遼太郎さんの追想集『ここに神戸がある』に短い文章を寄せられたページ。

『神戸 わがふるさと』
陳舜臣 著
講談社 刊
初出 2003年 文庫版 2007年1月初版発行

Dsc09093
神戸を愛した偉大なる作家、陳舜臣さん、どうぞ安らかに。ご冥福をお祈りします。

「序」 慟哭の世紀  から少し抜粋

続きを読む "追悼・陳舜臣さん 『神戸 わがふるさと』"

| | コメント (0)

「カレーライス ラーマ」@西宮

体内カレー成分が不足してきた。ちょい前に行ったカレー屋さんネタで妄想。
Dsc08572
国道2号線沿い、JR西宮駅からは少し西側にある。西宮市役所の近く。

カレーライス ラーマ※Facebook
西宮市六湛寺町1-11 つばさビル1F
0798-36-6457
火水金 12:00~15:00(L.O) 18:00~20.30(L.O)
土日祝 12:00~16:00](L.O)
月木定休 

続きを読む "「カレーライス ラーマ」@西宮"

| | コメント (0)

六甲・摩耶活性化プロジェクト第12回ワーキング

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)にて開催。
Dsc09061
2Fのギャラリーで「阪神・淡路大震災+クリエイティブ タイムライン マッピング プロジェクト 」開催中。
Dsc09063Dsc09066
2月1日まで。

続きを読む "六甲・摩耶活性化プロジェクト第12回ワーキング"

| | コメント (0)

「おとな旅・神戸」後期プログラム受付開始!

好評の「おとな旅・神戸」後期プログラムの受け付けが本日開始。
おとな旅・神戸
2015
「春の一般公開前! 六甲高山植物園特別開園ツアー」のご案内をUPしようと思っていたら…即日完売となりました。
が、案外冬場はキャンセルが出るようなので、キャンセル待ち登録可能です。
ご希望の方はぜひ。  ★…ココ!

ちなみにこのサイトの写真で「ご案内」してるのは植物園スタッフですからねー。にゃみにゃみ。はこんな若いジョシちゃいますからねー。(すまん…)
このプランを企画立案したのは私だし、当日のご案内ももちろんいたしますが、園内は園の専門スタッフにお任せするつもり。秋プログラムのときに福本さんにお願いしたみたいな感じ。餅は餅屋やから。

続きを読む "「おとな旅・神戸」後期プログラム受付開始!"

| | コメント (0)

久々の比良山

諸事情で、カンヅメかと思っていた日曜日が動けることになって…
Dsc08921
新雪が積もってそうなので、umeちゃんと比良山へ行くことに。

★ヤマレコの記録…ココ!

続きを読む "久々の比良山"

| | コメント (2)

震災20年

阪神淡路大震災から20年。今年は仕事の都合で自宅から一歩も動けず。
Dsc_2037
20年の節目ということで、あちこちでいろんな行事があったようだけど。

続きを読む "震災20年"

| | コメント (0)

【エム・シーシー食品】×【神戸市消防局】「消防隊カレー」

阪神淡路大震災から明日で20年。いろんな特集や追悼行事が組まれたり。
Dsc08911そんな一環(?)のひとつで、神戸市消防局と東灘区の「エム・シーシー食品 」が共同開発したのが「消防隊カレー」。備蓄食として役立つと同時に、防災意識の啓発にもつなげようという狙い。消防学校で30年前から作られてきたカレーをベースに作り上げられたそうで、大きな具がごろごろ入っていて、パンチの効いた味が特徴だとか。
神戸市の「六甲摩耶活力担当」として活躍され、昨年の異動で消防局に戻られた高岡武志氏のオシゴトの成果です。

ニュース番組で紹介されました↓
★ytb関西情報ネットten  2015年1月15日 放送
 「震災20年“消防隊カレー”開発の理由」

★販売されているのは、
・そごう神戸店新館5F「ひょうごふるさと館」、
トーホーストア(兵庫県内全域、1月16日午後~)、
大丸神戸店・須磨店(1月17日~)、
ダイエー三宮店
・JR新神戸駅アントレマルシェ(1月15日~18日、26日~31日)

ちなみに、1月19日21時からTBSで放映されるドラマ「ORANGE ~1.17 命懸けで闘った消防士の魂の物語~」の監修を行ったのも高岡氏だそうです。大活躍!

裏面には、こんな情報が。

続きを読む "【エム・シーシー食品】×【神戸市消防局】「消防隊カレー」"

| | コメント (2)

またまた神戸新聞から~ 連載・特集「災の国」

震災20年を前に、地元神戸新聞では震災に関する記事が目立つ。
Dsc08905
1月1日から連載されている特集「災の国」が昨日(2015.1.15)で一段落。
いろいろな切り口から問題点を捉えていて、読み応えのある内容だった。
★アーカイブは…コチラ

昨日の記事から少し抜粋。

続きを読む "またまた神戸新聞から~ 連載・特集「災の国」"

| | コメント (0)

2015.1.14付神戸新聞から「転換期を語る」大江健三郎氏

昨日の神戸新聞朝刊「転換期を語る ―戦後70年の視点」
Dsc08900
“戦後”とその民主主義を丸ごと体験し、「戦後の精神」にのっとって行動するノーベル賞作家の大江健三郎さんへのインタビューが掲載されている。
一部を引用する。

続きを読む "2015.1.14付神戸新聞から「転換期を語る」大江健三郎氏"

| | コメント (0)

豊崎de生すだちパスタ!

本町の展示会に行った後、あさやんと別れて茶屋町周辺で打ち合わせが1件。
Dsc08890終了したら昼を過ぎてて、もう1件別の展示会へ行くべく、けどオナカ空いたなーと思いながら歩いてたら…
なんだかよさげなお店を発見。
「生パスタ」がウリらしく、しかも「名物すだちパスタ!」とか書いてある。パスタにすだち?ナニそれ。想像がつかないんですけどー。
好奇心とすきっ腹に押されて入ってみることに。
なんだかオサレな雰囲気のお店。

続きを読む "豊崎de生すだちパスタ!"

| | コメント (2)

展示会→打ち合わせ→展示会

白馬堂あさやんと、大阪に本社があるM社の2015-2016FW展示会へ…
Dsc08889
その後別件打ち合わせを経てお世話になってる会社の展示会にも。
Dsc08896
営業担当さんは皆さんお忙しそうだったので、一通り見て退去。
最近ウェアのチョイスが特定メーカーに偏りつつあるけど、一応各社チェックはしておかないとねー。「Sherpa 」は一部日本サイズが展開するらしい。太短い極にゃみ的にはそもそもシルエットに無理があったのだけど、改善されるといいな。

| | コメント (0)

『旅行者の朝食』

gourmetなのかgourmandなのか(女性ながら相当な健啖家であったらし)、Ryokosya_tyosyokuともかく「食べるためにこそ生きる」がモットーの著者による、初のグルメエッセイ集(2006年没)。
1960年代のプラハで少女時代(9~14歳)を過ごし、ソビエト大使館付属学校でロシア語での授業を受けたことからロシア語通訳者となり、エッセイスト・小説家としても活躍。父親の実家は大山林地主で、祖父は元貴族院議員という超絶セレブリティ。父は学生時代に共産主義に走って敗戦までの16年間を地下に潜って過ごしたものの、戦後は共産党幹部としてプラハに赴任。
庶民から見ると、とてつもない美食家揃いの一族。独特のウィットに富んだ軽妙なタッチで、食べ物を巡るエピソードが次々展開する楽しい一冊。

『旅行者の朝食』
米原万里 著
文芸春秋 刊
2002年4月 初版発行(2004年 文庫版発行)

大雑把な内容を…

続きを読む " 『旅行者の朝食』"

| | コメント (0)

「冬山・六甲」の魅力

本日の神戸新聞朝刊「青空主義」で、冬の六甲山が紹介されています。
Dsc08885
「冬山」と言ったところで、年に数回、山頂付近で数センチ~数10センチ程度の積雪しかない六甲山ですが、積もると別世界になります。
記事を担当くださったのは渡辺佳映さん、極にゃみ的には写真の提供をさせていただきました。主に昨年2月の雪山ハイキングのときのもの。

続きを読む "「冬山・六甲」の魅力"

| | コメント (0)

須磨迷宮探索

白馬堂ROKKOのツアーに乱入して須磨アルプスを徘徊。
Dsc08700
銘水の森をうろうろ。
Dsc08746
まずは馬の背へ登って、高尾山より東側の水系へ下って…

続きを読む "須磨迷宮探索"

| | コメント (0)

ねり天と瓦そば@當麻「はしもと商店 味のかけ橋」

當麻の里の立ち寄りスポット、その1その2に続き、なぜか下関の名物。Dsc08671
下関で創業六十余年の老舗「はしもと商店」による、瓦そばとねり天の店。
大和高田バイパス沿い、当麻寺交差点から南へ約300m位に立地。

はしもと商店 味のかけ橋
奈良県葛城市當麻350-1
0745-48-8410
10:00~20:00(LO)
第2・4月定休

瓦そばっていったい何???なんだけど…

続きを読む "ねり天と瓦そば@當麻「はしもと商店 味のかけ橋」"

| | コメント (0)

二上山~當麻の里へ@日曜クラス

NHKカルチャー神戸教室「始めよう山歩き」日曜女性クラスにて二上山へ。
Dsc08641
ええ、木曜日に来たばかりですけれども。はい。
Dsc08643
そして、またまた晴れたり時雨れたりの似たようなお天気。

続きを読む "二上山~當麻の里へ@日曜クラス"

| | コメント (0)

『週末は田舎暮らし  ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記』

「増え続ける田舎暮らしや二地域居住希望者のための、Syumatu_inaka知識ゼロからの里山暮らし入門」という一冊。夫婦ともに東京出身で、「田舎」がない著者が、子育てをする中で「なりゆきで続けているこの都会暮らしは、わたしたちにとって本当にベストなの?」 「実際、豊かさって何?」と考え、田舎と都会とのデュアルライフを実践するまでの経緯と、その実際を綴った一冊。
ウィークデーは仕事、金曜日の夜に高速道路を駆使して「田舎」の家へ向かい、週末の二日を過ごすという「二地域居住」。里山の暮らし、週末農業、都会とは違う隣人たちとの関係…
都会生活を捨てて田舎に移住、ではなく、そういう手もあるのだ。
ひとつ前に読んだ『小農救国論』で山下惣一さんが「有機農業も市民農園も脱サラも週末農業も、みんな農業の担い手である」と書いておられるが、それぞれのスタイルで、ちょっとずつでも農に関わること、そこが第一歩かもしれない。ミニマムには、庭先や窓辺からでも。

『週末は田舎暮らし  ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記』
馬場 未織 著
2014年2月 初版発行
ダイヤモンド社 刊

極にゃみ的にちょこっと引用。

続きを読む "『週末は田舎暮らし  ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記』"

| | コメント (0)

『小農救国論』

山下惣一さんの新しい本を読んだ。農業は、人の「命」を支える基本。Syounou_kyukoku食糧生産のみならず、地域を維持するための基本的な生業。そもそも「経済」の視点で語るべきものではない。特区制度が試験的に導入されているエリアがあるが、農業への企業の参入の是非、さらにはTPPがなぜいけないのか…などがよくわかる。非常によい本だった。

まえがきより
 「農業を成長産業に……」というかけ声がかまびすしい。「はて?」と私は首をかしげている。
 経済成長に農業はついていけない。これは真実である。理由は簡単だ。自然を相手にしているからである。自然界はそれこそ「般若心経」が説くように「色即是空空即是色」であり「不生不滅不垢不浄不増不減」だから、人間の都合など知ったことではないのである。


小農救国論
山下惣一 著
創森社 刊
2014年10月7日発行

例によって極にゃみ的要約&抜粋を少々

続きを読む "『小農救国論』"

| | コメント (4)

旅立つ旅料理人クライマー氏お見送りの宴

約1か月南の国へ旅立つ旅料理人クライマーHiroさんお見送りの宴…
Dsc08624
Fukuzo&monacoちゃんたちが声をかけてくれて急遽参戦することに。
(ちょっと工場萌え系の風景を撮ってみた)

続きを読む "旅立つ旅料理人クライマー氏お見送りの宴"

| | コメント (0)

えべっさんと日本画展@大谷美術館

全国のえびす神社の総本社、西宮神社にちょいと立ち寄りまして…。
Dsc08583
宵えびすで平日で昼間だったにも関わらず、すごい賑わい。
Dsc08591

続きを読む "えべっさんと日本画展@大谷美術館"

| | コメント (0)

當麻の里の寄り道スポット「文晃堂」&「旬のフルーツcafe もんちっち3 」

二上山から東麓へ降りたら、立ち寄りたいスポットがアレコレある。
Dsc08555
まずは、當麻寺のちょい北側にある、酒蔵を改装した文具店「文晃堂」。
Dsc08556
明治元年に建てられたものだそうで、入り口には酒蔵の面影を伝える杉玉。
鳩居堂さんの和文具などをはじめ、素敵な品揃え。ギャラリー、カフェも併設されていて、中将餅のセットもいただける(今日は「中将堂本舗」さんがお休みのためなかった)。

文晃堂
奈良県葛城市当麻888番地

カフェと言えば、この近辺で人気があるのが…

続きを読む "當麻の里の寄り道スポット「文晃堂」&「旬のフルーツcafe もんちっち3 」"

| | コメント (0)

二上山~當麻の里へ

NHKカルチャー神戸教室「始めよう山歩き」木曜女性クラスにて二上山へ。
Dsc08517
近鉄「大阪阿部野橋駅」西改札口集合にしたのだけど、集合が核心。神戸の人にとって天王寺は異世界だったみたい。あべのハルカス近鉄本店(近鉄百貨店)前の改札ですよー。
Dsc08524
上空の寒気の影響で時雨れたり晴れたり。たまに雪もちらついた。

続きを読む "二上山~當麻の里へ"

| | コメント (2)

【ツアー告知】一足早い春に出会える淡路島へ…

白馬堂ROKKOとのコラボツアーにて、一足早い春を探しに行きませんか。
Dsc06207
淡路島の最高峰「諭鶴羽山」に登り、黒岩水仙郷へ立ち寄ります。
淡路の美味しいものにもアレコレ出会えるかも。

  日程: 1月22日(木)  1月25日(日)
  参加費:8500円

詳細は…ココ!ココ!。 ★お問い合わせは 白馬堂ROKKOへ。

以前のツアーの様子…ココ!
前回は例年になく遅い開花だったので、2月末に行きましたが、今年は早そうなので1月下旬に企画しています。木曜日は定員6名(残席4)、日曜日は10名です。
2月には楽しいスノーシューツアーもありますよー。

| | コメント (0)

海辺から山へ~ 新春ハイク@須磨HK

NHKカルチャー神戸教室「水曜ショートハイキング」にて須磨へ。
Dsc08477
曇り空で寒いという天気予報だったけど、穏やかに晴れた。
Dsc08481
年末に直前下見に来たときと同じで、今日も南国を思わせる陽気だった。

続きを読む "海辺から山へ~ 新春ハイク@須磨HK"

| | コメント (0)

薪ストーブで焼きリンゴ@TENRAN CAFE

荒れ模様の天候の中、六甲ケーブルで六甲山上へ。
Dsc08406
天覧台周辺は一面の深い霧で、とても神秘的な雰囲気。Dsc08409
TENRAN CAFEに薪ストーブが登場したので、それを使ったイベントが企画されたのである。可愛らしい一人用サイズのダッチオーブンで、焼きりんごを作ろうというワークショップ。悪天でも寒くても室内だから問題なし。

続きを読む "薪ストーブで焼きリンゴ@TENRAN CAFE"

| | コメント (0)

『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅』

糀料理研究室「糀園」を主催するイラストレーター、おの みさ氏によるKouji_junrei“麹愛”が全編に詰め込まれた一冊。新潟の「かんずり」、岩手・遠野の「醪饅頭(さかまんじゅう)」にどぶろく、石川県のふぐの卵巣の糠漬・粕漬やかぶら寿司、宮城の醤油に「あざら」、熊本の赤酒、鹿児島の酒寿司、高知の「碁石茶」、東京都の甘酒、埼玉県の乾燥麹など、日本各地の伝統的な食文化の中から、麹が使われたものをチョイスし、“麹巡礼”と称して取材。
「コージ料理コーナー」として、それらの食材を使ったレシピも紹介している。
知ってるものも知らないものもあるけれど、いずれも興味深い。麹って、日本の食文化では本当に欠かすことのできない重要な要素なのだ。カビだけど。

『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅』
おの みさ 著
集英社 刊
2013年4月 初版発行

続きを読む "『麴巡礼 おいしい麴と出会う9つの旅』"

| | コメント (2)

「魚deバール ウオチカ。」

初釜流れでumeちゃんと二人梅田へ。女装だけどちょこっとやってく?と。
Dsc08381
前のときのアノ店はGFOに店を出して以来アカン感じやし、立ちぶどうも噂によると経営者が変わってアカンよになったらしいし… ちょい飲みできる店は?と思いついたのがココ。ダレに聞いたのか忘れたけど(hiroさんだったような…)、よさげってコトで…。

魚 de バール ウオチカ。
WHITYうめだ ノースモール2
06-6311-4782
11:00~23:00

続きを読む "「魚deバール ウオチカ。」"

| | コメント (0)

初釜会2015

いっこうに進歩がないお茶だけど、新年早々初釜会を企画していただいた。
Dsc08375
3年ぶりだった昨年のことを何か覚えてるかといえば全然だったりして…
今年は1名増えて、弟子3人と師匠の4人でまったりと、まずは点心から。

続きを読む "初釜会2015"

| | コメント (0)

紀泉アルプス「雲山峰」

せっかく正月休みやし、ちょこっと遠出してみる?ってコトで…
Dsc08163
あっちー&まゆたまちゃんをお誘いして紀泉の山へ。昨夜からの大雪で、自宅前は道が白くなってたけど、さすが南国。山中渓の駅前には木瓜と水仙が咲いていた。

★ヤマレコにUPしました→ココ!

続きを読む "紀泉アルプス「雲山峰」"

| | コメント (0)

歩き初め@摩耶山→六甲山

元日の午後からスゴイ雪になって、30分ほどでベランダが雪で真っ白に…
Dsc07965
これは雪景色を見に行かないと…ってことで、ホントは高野山までプチ遠出を企んでたのを六甲山に変更!運動不足解消のため、ハイクアップした方がよかったのだけど、せっかくお天気いいし、あちこちのスポットを撮影しておきたいので、効率重視でビューラインにて摩耶山へ。Dsc07967

続きを読む "歩き初め@摩耶山→六甲山"

| | コメント (0)

“たま”のカレンダー

“たま”手描きのカレンダー。今年は和菓子シリーズ。
Dsc07850001
1月は「花びら餅」。初釜会などでもおなじみの、求肥に味噌餡と甘く煮た牛蒡を挟んだ上品なお菓子。

六甲山を歩こう!』の地図の中にちょこまかしたイラストを描いているのがこのひとです。お持ちの方は見てみてね。

| | コメント (0)

2015迎春

あけましておめでとうございます。
Dsc07907
摩耶山からの初日。
本年もよい年になりますように。よろしくお願いいたします。

続きを読む "2015迎春"

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »