« 「レオニダス」の絶品チョコに癒される。 | トップページ | 六甲山大学ミントサロン【食する花の魅力】 2015.2 »

醤油仕込み

先週に引き続き、「お米の勉強会」の畑へ。雨模様だけど、ほぼ室内作業。Dsc01525
まずは次回以降にこんにゃくを作るための藁灰作り。糯米の藁灰と、胡麻殻の灰がいいらしい。うるち米と糯米で何が違うのかよくわからないのだが。

Dsc01531
燃料にするための薪割りなども必要な作業で、斧で割ってる人もいたけど、極にゃみ的には「薪割り器」なるものに感動。軽い力で安全に割ることが出来るスグレモノ。2万円くらいするらしいけど、安全だし、力が要らないのがいい。
Dsc01533
灰汁作りは、燃やした藁や胡麻殻の灰に水を加えて沈殿させる。Dsc01535
お昼ごはんはまたまた約20名で持ち寄りバイキング形式。野菜がメインの優しい味ばかり。
Dsc01538
そして、午後から醤油の仕込み。醤油屋さんに頼んで作ってもらったという醤油用の麹。無農薬有機栽培の小麦を使用。原料を持ち込んで醸してもらったという特別なもの。小麦の生産者さんも来られていた。
Dsc01549
塩切り麹にする作業。2通りのつくり方で合計3樽仕込んだ。Dsc01558
昨年仕込んだ醤油を少しだけ味見用にいただいたのだが、驚くほど旨みが深く、豊穣な味わい。さてこの醤油はどんな味に仕上がるのか。味噌と比べて格段に難しいらしいけれど。

|

« 「レオニダス」の絶品チョコに癒される。 | トップページ | 六甲山大学ミントサロン【食する花の魅力】 2015.2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「レオニダス」の絶品チョコに癒される。 | トップページ | 六甲山大学ミントサロン【食する花の魅力】 2015.2 »