« 「Mt.Rokko Outdoor Session 」2015.4.26 ~ One Sky~ | トップページ | “卓話”にお招きいただいて。 »

着付け教室@にゃみ家

Twitterつながりでご縁をいただいた避難移住ママさんと着付けをお勉強。
Dsc01991
…って、にゃみ母が先生なんだけど。

東京在住だった彼女は、3月15日のプルームで幼い子どもさんを被ばくさせてしまい、その後甲状腺に異常が出て、脱被ばく避難のために関西に移住した方。
Dsc01994
最初は母子避難だったけど、昨年には夫も仕事を辞めて移住してきて、なんと農業経験もなかったのに自給に近い生活に。パパが米を作り、ママが野菜を作り、すごい人間関係を地元で構築しながら暮らしてる。元・東京のふつーのOLで、「梅干しも味噌も買うものだと思ってた」という彼女は、今はそれらを全部手作りし、子どもが口に入れるものはほぼ自分たちで作るか、来歴のわかるものでまかなおうとしている。
マネー資本主義じゃない世界に少しだけでもシフトしたいと思ってる私からすると、その行動力と、全力でよりよく生きようとしている姿勢は本当にリスペクトの対象。

貨幣を介在させることによって「誰もが交換可能な存在」になるのではなく、「私とあなた」という関係性。私の持ってる価値と、あなたの持ってる価値をお互いの善意で交換して(それは、「ありがとう!」の一言や、「うれしい!」の笑顔だけでもいいのだ)、お互いにメリットを享受する、という「搾取されない」関係性の第一歩になれるかな、と。

今日の授業料は、彼女が自分の畑で作ったかぼちゃです。
因島の八朔をおすそ分けしました。

|

« 「Mt.Rokko Outdoor Session 」2015.4.26 ~ One Sky~ | トップページ | “卓話”にお招きいただいて。 »

コメント

>脱被ばく避難のために関西に移住…

親として…この気持ちはよくわかる。
子供さんのために頑張ってほしいです。

子供たちは社会の財産ですから。

結果、自分たちのためにもなるんですよ。

投稿: 同人 オバカッチョ | 2015年3月13日 (金) 15:30

ですよね。
彼女も、うかつに被ばくさせてしまったことには
ものすごく後悔していて、取り返しがつかないと
思っているそうなのですけど、それがきっかけで、
生き方が完全に変わって、親子ともども
より自然に寄り添った、健康的な暮らしを手に入れて、
そのことはとてもよかったと。
ホント次世代の子どもたちを守らないと…

投稿: にゃみ。 | 2015年3月13日 (金) 16:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「Mt.Rokko Outdoor Session 」2015.4.26 ~ One Sky~ | トップページ | “卓話”にお招きいただいて。 »