« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

『戦争と平和を見つめる絵本 わたしの「やめて」』

京都大学の教職員や学生らが結成した「自由と平和のための京大有志の会」が、Yamete_27月上旬に安保法制などに反対する声明を発表。これを“こども語訳”にして絵本にしたのが本書。

『戦争と平和を見つめる絵本 わたしの「やめて」』
自由と平和のための京大有志の会 文 / 塚本 やすし 絵
朝日新聞出版 刊
2015年9月11日 初版発行


(参考)
★The Huffington Post 「戦争は、防衛を名目に始まる」京大有志の会が声明を発表したわけ
 …ココ!

その「声明書」とは…

続きを読む "『戦争と平和を見つめる絵本 わたしの「やめて」』"

| | コメント (0)

『ルンタ』@元町映画館

先日神戸公開記念イベントに行ってきた映画『ルンタ』を観に元町映画館へ。Dsc06711
今週を逃すと行く日がなさそうなので、ギリ滑り込みな感じで。
「ルンタ」とは、チベット語で「風(lung)の馬(ta)」。

続きを読む "『ルンタ』@元町映画館"

| | コメント (0)

スーパームーン@六甲山上

お天気もよさそうだし、スーパームーンを山上で見るべし、と思ったのだが。
Dsc06663
夕焼けはきれいだった。
赤くて怖いほど巨大な月が、東の空に昇ってきた。

続きを読む "スーパームーン@六甲山上"

| | コメント (0)

「通天門」に夕日が入る日@摩耶山天上寺

この時期、摩耶山天上寺「通天門」に夕日が沈むことから特別延長開門。
Dsc06637
今日から三日間限定、通常17時閉門のところ、18時まで開門されます。
Dsc06643
「通天門」というのは、本堂前の西側を向いた鳥居のような形の門。
画面左端の人が立ってるところにある。

続きを読む "「通天門」に夕日が入る日@摩耶山天上寺"

| | コメント (0)

「山のぼり 始める第一歩」その2

爽やかな湖畔のキャンプ地で目覚め、あっちー号で駅まで送ってもらった。
Dsc06539
今月17日に引き続き、日曜バージョンの一日講座があるため。
Dsc06550
神戸は晴れてかなり暑かった。今回は女性ばかりで、なんだかまったり和やかな雰囲気。

続きを読む "「山のぼり 始める第一歩」その2"

| | コメント (0)

お月見カヌー

“月舟”@2013がとっても素敵だったので、またやりたいなーってコトで。お月見カヌー
あさやん一家+白衣のぺ天使さん、あっちーとお月見カヌーキャンプ。
Dsc06510
夕暮れの湖はとても神秘的できれいだった。

続きを読む "お月見カヌー"

| | コメント (0)

読図はいく@諏訪山周辺

白馬堂ROKKOとのコラボ企画にて、昨秋以来久々開催の読図講座を。
Dsc06478
元町駅スタート、まずは街中でうろうろ探し物…(未遂に終わった)
Dsc06482
参加者3名、全員ものすごく熱心で、こちらも力が入った。
うち1名の方は、3回も雨天キャンセルで、1年半待ってようやく…だそう。
が、お天気悪くても催行したのに。まぁ雨天の中読図はちとつらいけどね。

続きを読む "読図はいく@諏訪山周辺"

| | コメント (0)

7日ぶりの畑(9月25日、日没頃)

前回が合宿前の9月18日なのでちょうど一週。胡麻がはじけてないか心配で。
Dsc06459
出先から夕方遅めに立ち寄ったら、想定外の雨模様で暗い。
日没はまだだと思うのだけど、暗くなってて何もできず。これからは早めに行かないと。胡麻はとりあえずまだ莢が青かった。

続きを読む "7日ぶりの畑(9月25日、日没頃)"

| | コメント (2)

フィールドライフNo.49 2015秋号

久々に『フィールドライフ』にちょこっと書かせていただきました。
Field_life_49_3「空高く、紅葉のシーズン到来! 心豊かな秋の山旅」と題した第一特集の中で、「山旅LOVERがリコメンド 紅葉・温泉を楽しめる12ルート」ということで、12名のリコメンダーがそれぞれお気に入りを紹介。極にゃみ的には、なぜか奈良県の山をご紹介しています。
「秋の山歩き、ココに注意」、「キャンプ料理の王様」「これからの山行におすすめのテント泊の山道具カタログ」も面白かったです。
本誌はTakeFreeなので、設置店でお早めにgetしてください。
「日本全国“こだわり”のアウトドアショップGUIDE」コーナーでは、関西は芦屋川Sky High Mountain Workと大阪堀江UTILITY Outdoor Select Shopが紹介されてます。

| | コメント (0)

TOYROカルチャーセミナー「“ラクラク山歩き”入門」

池田泉州銀行自然総研TOYRO倶楽部」のセミナーにお招きいただいた。
Dsc06445
とても広い会場で、埋め尽くすほどの人数ではなかったけれど、もの静かに、ちゃんと話を聞いてくださる参加者さんばかりだった。

続きを読む "TOYROカルチャーセミナー「“ラクラク山歩き”入門」"

| | コメント (0)

ハイキングTOKK 2015秋号

いつの間にか配置が始まってた。入手希望の方は早めに阪急の駅へ。
Hktokk
阪急電鉄の情報誌「TOKK」増刊『ハイキングTOKK 2015秋号』、2015春号に引き続き、記事を担当させてただきました。今回の掲載コースは、京都大文字山、北摂箕面、街歩きは服部天神から伊丹。

取材は、真夏日の京都雨中ロケ!@箕面、、、など。ロケ風景をちらっとご紹介。

続きを読む "ハイキングTOKK 2015秋号"

| | コメント (0)

高山稲刈ツアー最終日(移動のみ)

稲刈作業未遂のまま合宿最終日。
Dsc06403
合宿所あるじは早朝から出勤して行ったので、いろいろ後片付けをしてから駅へ。連休最終日なので、高山-京都大阪便の高速バスは直前キャンセルが出てないか確認したけど残席はないままで、どうせ高速道路も混むし、列車の方が確実に帰れるし、ってコトで帰りも列車で。
Dsc06406
最寄駅の飛騨一宮。いい感じにローカル感のある駅舎。

続きを読む "高山稲刈ツアー最終日(移動のみ)"

| | コメント (2)

稲刈ツアー4日目…

晴天の一日で田んぼが乾くだろうという読みで、一日中休みをしたのだが…
Dsc06372
遠足中に、雨雲レーダーの画像を見てたら、高山周辺でピンポイントで集中豪雨?的な降り方をしている地域があり、「マサカねー」と言ってたら、帰ったらホントに雨の跡が。朝、一応田んぼを見に行ったけど、ぬかるみがひどくて作業は無理と。
Dsc06378
こんなに晴れたのに…

続きを読む "稲刈ツアー4日目…"

| | コメント (0)

稲刈合宿中休み

残りの田んぼの乾き加減がイマイチなので、中休みにすることに。
Dsc06304
とってもお天気がいい中、7名でわいわいとドライブ。ほとんど気分は遠足。
Dsc06314
富山へ向かい、めちゃ混みの地鉄立山駅周辺を眺めながら雑穀谷へ。
天候によって柔軟に計画を立てられるよう、幕営縦走できる装備からクライミングギア一式、沢靴まで準備していたのだ。中一日で遊ぼうということで空いてそうなエリアでクライミング。

続きを読む "稲刈合宿中休み"

| | コメント (0)

稲刈りツアー

毎年恒例の稲刈りツアー。2日目はよく晴れて、稲刈日和。
Dsc06283
またまたニギヤカに大勢が集まっているのを見てか、ご近所さんが手作りの栗きんとんを差し入れしてくださった。
Dsc06287
せっかく名古屋から駆け付けたのに、初日しか休みがなかったメンバー2名が朝から帰ってしまったけれど、富山からのメンバーが加わった。

続きを読む "稲刈りツアー"

| | コメント (0)

恒例 飛騨高山“稲刈ツアー”へ

この時期恒例の、高山合宿所の稲刈ツアーへ。
Dsc06250
直前までスケジュールが立てられず、いつも利用する高速バスが取れなかった&この日は移動だけなので経費節約モードの鉄道旅(高速バスより高いけど)。大阪-米原-大垣-岐阜と在来線の特急じゃない列車を乗り継いで。近江の国も稲穂が黄金色に波打って美しかった。
Dsc06252
岐阜駅は新しくて、駅前には黄金色の信長さん?が。ココから残席4の段階で前日に確保した高山行の高速バスに乗り換え。

続きを読む "恒例 飛騨高山“稲刈ツアー”へ"

| | コメント (0)

4日目の畑(2015.9.18)

前回が9月14日なので、4日目なのだが、明日からしばらく不在なので。
Dsc06217
周辺は、彼岸花がたくさん咲いていた。
Dsc06219
ほぼほぼ変わらず、やっぱ草ぼーぼー。

続きを読む "4日目の畑(2015.9.18)"

| | コメント (0)

『THE BIG ISSUE JAPAN』 vol.27(2015 Sep.1)

ちょい前のことだが、久しぶりに『THE BIG ISSUE JAPAN』を購入した。
Dsc06203
ちょっと目つきの悪い女の子の絵で有名な国際的アーチスト、奈良美智(なら・よしとも)さんの作品が表紙・裏表紙とも飾っている。
「スペシャルインタビュー」は、昨年11月に反戦をテーマにした作品集『NO WAR!』を刊行された奈良さん。旧陸軍の施設で学び、遊びながら育ったという。311をきっかけに考え始めたことなどを語っておられる。
特集は「2015年夏、ストリートデモクラシー」と題して、若者が中心となって全国の路上で展開している政治への批判活動について。読み応えのある記事だった。
すでに次の号が出ているのだが、路上販売員さんによってはバックナンバーを持っておられる場合もあるので、ぜひ。

★奈良美智さんが「NO WAR!」という画集を出した理由【戦後70年】
 …ココ!

ところで…極にゃみ的にも、昨日戦争法案に反対する街頭アピールに駆け付けたわけだが、一昔前までの「一般市民は政治的なアピールはあまりしないもの」というニュアンスがここのところ確実に変わってきている。

続きを読む "『THE BIG ISSUE JAPAN』 vol.27(2015 Sep.1)"

| | コメント (0)

強行採決に反対!戦争法案は廃案に!

またしても国会が…。もはや民主主義でもなければ法治国家でもないこの国。
Dsc06182
矢も楯もたまらず、梅田へ。SEALDs KANSAI主催「強行採決に反対する梅田緊急街宣アピール」。
Dsc06164
人々は怒っています。ワカモノたちが主導していたけれど、あらゆる世代の男女が集まって声を上げていた。“活動家”的な人たちではなく、ごくふつうの一般市民。暴力的ではなく、整然とアピールが行われていた。

続きを読む "強行採決に反対!戦争法案は廃案に!"

| | コメント (0)

「山のぼり 始める第一歩」

半年前にも実施した講座が好評だったってことでまたまた。
Dsc06124
お天気が悪くてどうなることかと。いろいろ気をもんだけど、結局午前の机上講座は雨だけど、午後は雨は上がる予報の通りに。

続きを読む "「山のぼり 始める第一歩」"

| | コメント (0)

『もう「東大話法」にはだまされない 「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く』

少し前に読み終えていたのだけれど…。 なかなか面白かった。
Wahou_todai「徹底的に不誠実で自己中心的でありながら、抜群のバランス感覚で人々の好印象を維持し、高速事務処理能力で不誠実さを隠蔽する」著者が“東大話法”と名づける無責任な「立場主義」エリートの欺瞞について述べた一冊。
そもそも、福島第一原発の事故の後、テレビに登場した“専門家”たちの話に違和感を感じたことが本書の執筆につながったという。
まるで、戦時中の大本営発表のような欺瞞話法。自分は傍観者であって責任はないという立ち位置の強調。彼らの話し方、ストーリー展開、結論の導き方には一定の法則があり、そしてそれは、東大界隈では珍しくもないことだった… と。

『もう「東大話法」にはだまされない
  「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く』
安冨歩 著
講談社 刊
2012年9月 初版発行

★現代ビジネス「この著者に聞け」2012年9月26日 
「立場主義者」にはどう立ち向かうべきか 
 安冨歩(東京大学東洋文化研究所教授)…ココ!

その「東大話法」とは…

続きを読む "『もう「東大話法」にはだまされない 「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く』"

| | コメント (4)

『極上の山歩き 関西からの山12ヶ月』

京都山の会の会員さんで、近江・鈴鹿・芦生などのガイドを多くPhoto書かれている草川啓三氏が選りすぐった季節ごとのお勧めの山を紹介しているガイド本。どちらかというとメジャーコースよりはマイナーなところが好きな極にゃみ的にはかなりツボな感じのセレクト。山に行きたい気分がUP…
ちなみに、『岳人』2015年10月号の「とっておきの山歩き」コーナーで紅葉の美しい山として白山御前峰・白山釈迦岳を紹介されてます。本書では、白山釈迦岳は夏にお勧めの花の山として掲載。

『極上の山歩き 関西からの山12ヶ月』
草川 啓三 文・写真
2010年3月 初版発行
ナカニシヤ出版 刊

極にゃみ的に、まだ行ったことがなくて、行ってみたいと思った山…

続きを読む "『極上の山歩き 関西からの山12ヶ月』"

| | コメント (0)

長月のお茶

お稽古は葉月はお休みで、前回が文月だったので、二か月ぶりのお茶。
Dsc06089
すっかり日没が早くなっていて、移動途中で日が暮れた。
Dsc06094
今月はやっぱりお月見がテーマかな。

続きを読む "長月のお茶"

| | コメント (0)

またまた7日目の畑へ。(9月14日)

前回が9月7日だったので、またまた7日ぶりの畑。Dsc06032
近所には彼岸花がさいていた。すっかり秋めいてきている。
Dsc06038
雑草の勢いが少し衰えてきた感が。

続きを読む "またまた7日目の畑へ。(9月14日)"

| | コメント (4)

『ルンタ』神戸公開記念イベント ~チベットの歌と仏画~

兵庫区にあるネパール料理店 ククリさんのイベントに参加した。
Dsc05998
今月19日から「元町映画館」にて公開される映画『ルンタ』に先立ち、チベットの紹介も兼ねて。
Dsc06000
司会をされているのは主謀者(?)、hataさん。
ククリさんは、今年五月に来て以来なのだが、店主尾川さんから“ククリ山部”にお誘いいただいたりして(8月の日曜クラスとカブって結局参加できなかったのだが)、なんとなく親しみを感じてる。

続きを読む "『ルンタ』神戸公開記念イベント ~チベットの歌と仏画~"

| | コメント (0)

またまた東お多福山。

NHKカルチャー神戸「始めよう山歩き」日曜女性クラスにて東お多福山へ。
Dsc05959
ごく短い期間に4回目ですが。
Dsc05963
水曜ショートハイキングでは曇り、木曜クラスでは雨だったので、久々に晴れた感。
自然案内人の会の定期観察会チーム4班?がいらして、たくさんお懐かしいお顔を拝見した。

続きを読む "またまた東お多福山。"

| | コメント (0)

六甲ミーツアート2015開幕!

六甲山の秋の風物詩、大人気『六甲ミーツ・アート 芸術散歩2015』開幕。
Dsc05631
2014もとても楽しかった。今年は別イベントのためプレスツアーに参加できなかったので、オープニングから参加。宿題工作展からの派生バンド「OBANDOS」がトーク&ライブ(謎の楽器)。
Dsc05575
お天気が良すぎて、陽射しがとても暑かったが、山上の空気は爽やか。

続きを読む "六甲ミーツアート2015開幕!"

| | コメント (0)

魅惑のイタリアンアフタヌーン

fuku mona邸にて「魅惑のイタリアンアフタヌーン」を開催。
Dsc05492
オテル・ド・摩耶の前総支配人・総料理長で、この春に独立され現在は「Toshy's Kitchen」を主宰されている奥野 俊彦さんをお招きした。
★「Toshy’s Kitchen@Maya」も毎月定例で企画されています。
Dsc05489
第一弾「魅惑のアジアンアフタヌーン」に続くシリーズ第2回。
今回も、地元食材にこだわったラインナップで、高山合宿所のあるじが飛騨の高原で育て、わざわざクール便で送ってくれた絶品トマトも参戦。

続きを読む "魅惑のイタリアンアフタヌーン"

| | コメント (2)

想定外の雨… 東お多福山へ

NHKカルチャー神戸「始めよう山歩き」木曜女性クラスにて東お多福山へ。
Dsc05320
今月の「水曜ショートハイキング」で来たばかりなのだけど…
Dsc05323
やはりこの季節はこの山は外せない。が、登ってる途中からけっこうな雨に。

続きを読む "想定外の雨… 東お多福山へ"

| | コメント (0)

『岳人』年間購読継続。

極にゃみ的にずっと読んできた歴史ある山岳雑誌『岳人』。
Dsc05301
昨年mont・bellさんが引き受けはって、とりあえず年間購読してみたけど…
読むのが追い付かず、ほとんど放置系だったのに、結局また継続してしまった。今年こそはちゃんと読もう。ぶんたろ様が作っておられるのだし。
年間購読だと、畦地さんの手拭いと、ピトンの形をしたペーパーナイフがオマケでついてきた。これ、地味にうれしいかも。
Dsc05302
んでから…

続きを読む "『岳人』年間購読継続。"

| | コメント (0)

嵐の前の… カラピンチャさん

諸事情で、いろいろとスカを喰らった火曜日。で、結果的にコチラでランチ。
Dsc05308
久々のカラピンチャさん。悪天のためかいつもの行列はなく、ラッキー。
Dsc05303
ちょっと前から、メインがチキンor海老に加えてベジも登場してる。

続きを読む "嵐の前の… カラピンチャさん"

| | コメント (0)

白馬堂でお買い物&前倒し10月会

取り置きをお願いしておいたものを引き取りに夕方白馬堂ROKKOへ。
Dsc05284
そこへ偶然“白衣のぺ天使”さんも来られて…二人してローンピークを絶賛してたら、店主と打ち合わせ中だったお2人がじつはアルトラのメーカーさんだったという脱力系のオチ。
Dsc05288
極にゃみ的お買い物。毎日履き倒してるLone Peakの二代目君「Lone Peak Neoshell」、白馬堂&Wanderlust Equipmentコラボのサコッシュ「Wanderlust Equipment KHAMPA LA PACK」、昨年のMROSからずっと入荷待ちしていたパーゴワークスNINJA TARP」。

続きを読む "白馬堂でお買い物&前倒し10月会"

| | コメント (4)

雨が降る前に畑へ…(9月7日)

夕方から雨予報だったので、出先から午後にちょいと畑へ立ち寄った。Dsc05216
いつもなら暑いから日没ギリギリ前にしか行かないのだが、曇りだし。
今年は関わってないけど田んぼパークスのイネがかなり実ってきてる。あぜ豆もいい感じに。アイガモちゃんたち、いなくなってるけど、どうなったのかな?
Dsc05218
畑に来るのは9月1日以来なのでまた6日ぶり。 相変わらず草ぼうぼう。

続きを読む "雨が降る前に畑へ…(9月7日)"

| | コメント (2)

『チョムスキーが語る戦争のからくり―ヒロシマからドローン兵器の時代まで』

いまこの国では、特定秘密保護法の強行採決に続き、完全に憲法違反のPhoto_2戦争法案が微妙な状況にある。とても民主主義国家とは言い難い状況になりつつあるわけだが…。

いわゆる先進国といわれてる世界では、民主主義によって平和を希求する国家が築かれていて、概ね人権は守られ、一応は自由で平等な社会が維持されている、と認識されている。
人種差別や民族差別は、まだ根強く残っている部分はあるにしても、先進国の人々の理性はそれらを克服しており、情報化が行き届いて、世界中の情報に広く触れることができる。
 …そんな感じで世界を認識している人は少なくないと思う。というか、私自身がそうだった。
が、いま私たちが認識している「世界」とは、じつは何者かによって「演出」されたものなのかもしれない(Edward Bernays『プロパガンダ教本』とか。読んでないけど)。
「都合の悪い」ことはすべて隠ぺいされ、「見栄えのいい」ことだけが表に出されている。「西欧」は、はたして世界をよい方向に導く、善良なる存在か?
いま、一読すべき一冊。

『チョムスキーが語る戦争のからくり―ヒロシマからドローン兵器の時代まで』
ノーム・チョムスキー/アンドレ・ヴルチェク 著
本橋 哲也 訳
平凡社 刊
2015年6月 初版発行

帯より:(略)鉄壁の情報操作により自国の利益追求を正義論へとすり替えてきた西側諸国。巧妙なプロパガンダの陰で、反テロリズムという名のテロリズム=戦争はいかに遂行されてきたか。世界中の現場を歩くジャーナリストが現代アメリカ最後の良心に問う。

まえがきから少々抜粋。

続きを読む "『チョムスキーが語る戦争のからくり―ヒロシマからドローン兵器の時代まで』"

| | コメント (0)

秋雨の日曜日

土曜夜に、美酒美肴をいただいて御機嫌で帰宅ったら、、、
Dsc05202
そろそろ入院しててくれてもよさげなヒトがふつうにいて、1名足りないと思ったら思わぬヒトが入院してて… 大腸ポリープからの出血?か何かで、命に別状はないのだが。

続きを読む "秋雨の日曜日"

| | コメント (0)

涼しい六甲山上へ

NHKカルチャー梅田の「はじめよう山歩き 女性クラス」で六甲山上へ。
Dsc05150
朝から電車もバスもケーブルもめちゃ混み。阪急六甲からの市バス16系統は積み残し連発、六甲ケーブルも積み残し… 10時の便にはなんとか乗れた。Dsc05152
サスガに山上は涼しくて、六甲山が初めての皆さまだったので、山上名所めぐりな感じでご案内。

続きを読む "涼しい六甲山上へ"

| | コメント (2)

長月初旬の六甲山花便り

今、六甲山上で咲いている花たち。昨日見たのは…Dsc05057
ハギの仲間の「アレチヌスビトハギ」。可憐なんだけど。
Dsc05075
あちこちで花盛りなのは、ミズヒキソウ。裏から見ると白いので、紅白の「水引」になぞらえて。ちなみに、

続きを読む "長月初旬の六甲山花便り"

| | コメント (0)

残暑の山へ

秋雨シーズンの晴れ間を利用して、ちと来月の仕込み…
Dsc05047
久々に「住吉台くるくるバス」のお世話になった。阪急沿線からは非常に利用しにくいけど坂バスの兄弟分でとてもカワイイ。もう10周年なんだって。Dsc05046
住吉川に沿って坂道をぐいぐい登る。岡本からのバスで渦森橋で降りて急坂を登るのと、御影か岡本から区役所前まで街中を歩くのと、どっちがましなんだか、やっぱりわからん。

続きを読む "残暑の山へ"

| | コメント (0)

『雑穀 ~つくり方・生かし方~』

この国の食文化の歴史を考えた時、白米が主食となったのはZakkokuほんの最近のことであり、古来より、特別な階級の人々を別にして、庶民の大半は雑穀を食べていた。そして、精白米を常食している人たちは不健康だったというのは有名な話ではある。
近年、ヘルシーフードとして雑穀に注目が集まり、しかも農薬を使わずに簡単に栽培できると聞いて、雑穀に興味が沸いて読んでみた本。
すでに絶版となっている本だが、図書館にあったので読むことができた。

『雑穀 ~つくり方・生かし方~』
古澤典夫 監修
ライフシード・ネットワーク 編
創森社 刊
1999年2月 初版発行

続きを読む "『雑穀 ~つくり方・生かし方~』"

| | コメント (0)

尼崎競艇場横!角打ちの名店「中島南店」

Twitter上で飲み会の話が盛り上がり、馴染みのないエリアへ行くことに。
Dsc05026
阪神「センタープール前」駅から不思議な通路を通って、尼崎競艇場へ。
Dsc05031
ちょうど最終レース(?)が行われていた。競馬場は近所なので行ったことあるけど、ボートレースを見るのは初めて。平日でも行われているのだそう。
場内を通り抜け、北西側の出入り口を出たところにあるお店へ。

中島南店
尼崎市大庄西町4-8-16
06-6416-9192
10:00過ぎ?~20:00 不定休(尼崎競艇場非開催の日曜or木曜 3~4日/月)

続きを読む "尼崎競艇場横!角打ちの名店「中島南店」"

| | コメント (7)

東お多福山@水曜ショートハイキング

NHK神戸「水曜ショートハイキング」にて東お多福山へ。
Dsc05009
雨予報から一転、むしろ晴れすぎて暑いくらいの。山頂に着く頃いい感じで曇ってくれて。

続きを読む "東お多福山@水曜ショートハイキング"

| | コメント (0)

『土がよくなりおいしく育つ不耕起栽培のすすめ』

以前に『はじめての自然農で野菜づくり』を読んで、ナンチャッテ畑はPhoto基本的に不耕起でやってるのだが、高山へ行った時に合宿所あるじと喋ってたら、「不耕起なんてとんでもない」と言われて反論できず、ちょっと勉強してみようと思って読んでみた本。

『土がよくなりおいしく育つ不耕起栽培のすすめ』
涌井義郎 著
家の光協会 刊
2015年1月 初版発行

誰が育てているわけでもない、自然の山で木々や下草がしっかりと育ち、空き地で草がぼうぼう育つのは、自然だから。ミミズや微生物などの土壌生物ときちんと共生関係ができると、植物は自分で育つ。農薬や化学肥料は、不自然な環境である「畑」で育てるから。
ということがよくわかったが、北日本や高原地帯など寒冷地には向いていない農法なのだそう。高山合宿所の畑はけっこう標高があるから、無理なんだろうな、と納得。

以下、極にゃみ的要約。

続きを読む "『土がよくなりおいしく育つ不耕起栽培のすすめ』"

| | コメント (0)

雨模様の農園へ…(9月1日)

降ったり晴れたりのへんなお天気の中、ちょこっと畑を覗いた。6日ぶりDsc05001
ここんとこ雨が多いせいか、さらにいろいろ伸びてる気がする。
Dsc04983
サンマルツァーノは完熟してたのに採り忘れた…

続きを読む "雨模様の農園へ…(9月1日)"

| | コメント (2)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »