« 残暑の山へ | トップページ | 涼しい六甲山上へ »

長月初旬の六甲山花便り

今、六甲山上で咲いている花たち。昨日見たのは…Dsc05057
ハギの仲間の「アレチヌスビトハギ」。可憐なんだけど。
Dsc05075
あちこちで花盛りなのは、ミズヒキソウ。裏から見ると白いので、紅白の「水引」になぞらえて。ちなみに、

Dsc05112
白花種もあります。コチラは清楚なイメージ。
Dsc05062
「キンミズヒキ」。タデ科のミズヒキソウとは異なり、コチラはバラ科。キンミズヒキ属で、薬草として用いられてきた。「龍牙草」(りゅうげそう)、「仙鶴草」(せんかくそう)の名がある。
Dsc05092
地味だけど、ヒヨドリバナもあちこちに。よく見ると案外可憐。
Dsc05116
沢沿いにはクサアジサイが。そろそろ時期は終わりのよう。
Dsc05128
ツツジ科で最後に咲く花、ホツツジ。
Dsc05129
シソ科のアキノタムラソウ。アキチョウジも咲いていたけど、ピンボケてた。
Dsc05124
ツリバナの実が落ちていた。ヤマボウシの実もちょうどなり頃。
Dsc05101
ツルニンジン?がもうすぐ咲きそう。背後のヘクソカズラは花盛り。
Dsc04533
コレは少し前の写真だけど、ヤマジノホトトギスも全盛。
Dsc04476
草原にはオミナエシが。
Dsc05079
オトコエシというのもある。コチラは草原じゃなくて林縁でよく見る。
Dsc05073
足元にはゲンノショウコ。
Dsc05144
赤い花もあります。
Dsc05141
そろそろタネができてるキツリフネ。触るとパチンと弾けて面白い。
Dsc04529
ツルリンドウも咲き始め。コレは地面を這ってます。
Dsc04609
シコクママコナ。
Dsc04504
つる性のセンニンソウが満開。似た種類のボタンヅルもあちこちに。
Dsc04598
アジサイは、シックな色合いの“秋色紫陽花”に。コレはコレで風情あり。
Dsc04909_2
ふだんは入れない場所だけど… 六甲山地で1か所だけマツムシソウが咲いてます。神戸ゴルフ倶楽部の草原生植物観察会で見られます。もう今年は終わったけど。

|

« 残暑の山へ | トップページ | 涼しい六甲山上へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残暑の山へ | トップページ | 涼しい六甲山上へ »