« 春の気配の甲山・北山方面。 | トップページ | 樋口健二講演会「釜ヶ崎から被ばく労働を考える」 »

fuku mona家 薪ストーブ宴会

下山後、fuku mona邸へお邪魔して鍋宴会。Dsc04120
薪ストーブがとっても快適。monacoちゃんも火をつけるのが上手に。
Dsc04121
苦楽園口でYOSHIKAWAさんに寄り道したので、まずはモナキチ作のアヒージョとチリコンカン。どっちも美味♪

Dsc04122
ヨシカワさんはもちろんバゲットが美味なんだけど、今回初めて食べた「パン・オ・フリュイ・ド・ジャポン」もとても好き。“和のドライフルーツ”を使ったというオリジナリティ高いもので、ゆずピールがとてもいいアクセント。
Dsc04124
昨夏亡くなった方を偲びつつ鍋を囲んだ。直接知ってる方ではなかったのだけど、知人のクライマーが、その日沢登りをしていたらその方が(意識の中に)来て、危ない局面でホールドを教えてくれたのだとか。
事故が起きたのは私も以前に登ったことのあるルートで、事故報告書を読ませてもらったけど、原因はよくわからないらしい。山では本当に何が起きるかわからないのだけど、ともかく、山で死んではいけない、と改めて肝に銘じた。

|

« 春の気配の甲山・北山方面。 | トップページ | 樋口健二講演会「釜ヶ崎から被ばく労働を考える」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の気配の甲山・北山方面。 | トップページ | 樋口健二講演会「釜ヶ崎から被ばく労働を考える」 »