« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

『江戸日本の転換点  水田の激増は何をもたらしたか』

Photo「瑞穂の国」と言われる日本。国土の一面に緑豊かで美しい水田が広がる農業国であり、鎖国していた江戸期は、完全自給が確立された「持続可能」でエコロジカルな時代であった、というイメージが一般的ではないだろうか。
そうやって江戸時代から長年保たれてきた環境が、近代化に伴う開発によって破壊されていった、とも思っていた。

だが、江戸時代の水田農業が、本当に豊かな生態系を維持するための、理想的なものであったのか、ということを当時から伝わる文献をもとに検証し、まとめた一冊。

『江戸日本の転換点  水田の激増は何をもたらしたか』
武井弘一 著
NHK出版 刊
201504月 初版発行

いろいろと、これまで持っていなかった視点が面白かった。

続きを読む "『江戸日本の転換点  水田の激増は何をもたらしたか』"

| | コメント (0)

須磨浦山上遊園・須磨寺・綱敷天満宮の梅

甲東梅林に続いて須磨へ(もちろん移動は電車!ですからね、念のため)Dsc05160
須磨浦山上遊園へ。鉢伏山(東部展望台)から見た西部エリア。
Dsc05164
西部展望台周辺一帯が梅林で、約800本の梅が植えられている。

続きを読む "須磨浦山上遊園・須磨寺・綱敷天満宮の梅"

| | コメント (0)

甲東梅林2016.2.28

阪急今津線甲東園駅と関西学院大学の間、甲東公民館の敷地内にある梅林。Dsc05070
ちょうど甲東公民館文化祭の開催中。Dsc05076
早咲きの梅はそろそろ見ごろ、全体的には5割くらい開花という印象。梅だよりでは7分咲きと書かれていたような気もするけど、これから咲く樹も多い。

続きを読む "甲東梅林2016.2.28"

| | コメント (0)

神戸みなとの知育楽座 Part7「みなと神戸名所めぐり」最終回

六甲高山植物園特別開園のあと、メリケンパークで開催された講演会へ。Dsc05052
神戸みなとの知育楽座『みなと神戸名所めぐり!』シリーズ最終回。
(参加するのは今回が初めてだけど)
Dsc05059
メリケンパークにある海洋博物館の脇にある「海洋博物館ホール」が会場。

続きを読む "神戸みなとの知育楽座 Part7「みなと神戸名所めぐり」最終回"

| | コメント (0)

如月のお茶。

いつもは月半ばの平日夜なのだが、諸事情で週末の夕方に予定変更で。
Dsc05065
お菓子は早春らしい 「春の装い」(だっけ…?)。ちょっと不思議系のレモン風味の餡が爽やかで美味だった。
けど、先月は初釜、お手前のお稽古をしたのは昨年師走以来なので、いろいろ忘れててたいへん。

続きを読む "如月のお茶。"

| | コメント (0)

六甲高山植物園特別開園2016

今年も、この時期ならではの行事へ。早春の六甲高山植物園の特別開園。
Dsc05019
人気のイベントだけあって、朝一番からたくさんの来園者が訪れていた。Dsc04995
お天気はまずまずだったけど、山上はかなり冷え込んでて、「ブナの小道」は霜柱がザクザク。

続きを読む "六甲高山植物園特別開園2016"

| | コメント (0)

リサーチ→ミーティング(という名の飲み会)

久々に畑にちらっと立ち寄って。べつにすることは特にないのだが。
Dsc04944
なーんにもないけど。一応、育ちの悪い大根とかパクチーを間引いた。
Dsc04968
で、春からの企画に関してちょっとリサーチをしてから、ステキな薪ストーブのあるフクモナ家へ。
今日はモナコちゃんにご指導いただいて、不肖にゃみにゃみ。がストーブの火入れをさせてもらった。うしし。

続きを読む "リサーチ→ミーティング(という名の飲み会)"

| | コメント (0)

下見→ミントサロン「摩耶山物語」

来週の下見をしてから、六甲山大学山麓キャンパス「ミントサロン」へ。Dsc04909
山を歩いてるときはとてもいい天気だったのだけど、下山したら時雨が。
Dsc04939
今回もミントサロンはほぼ満席だった。ゲストは摩耶山天上寺副貫主の伊藤浄真さん。第3回第12回に続いて3回目のご登壇。

続きを読む "下見→ミントサロン「摩耶山物語」"

| | コメント (0)

春からのアウトドア企画あれこれ

寒いながらも、あちこちに春の気配が漂い始めている今日この頃。
Dsc04496
春からの企画や講座のご案内を。
まずは直近のイベント、人気の「おとな旅神戸」の追加予約販売第3弾
摩耶・六甲神秘の夜景バスツアー」3月4日分、多少残席があるようです。

★4月24日、大人気イベント「Mt.Rokko Outdoor Session2016」開催決定!
詳細はSky High Mountain Works白馬堂ROKKOのサイトで順次お知らせしていきます。
まずはこの日の予定を空けておいてくださいね。
※昨年の「Mt.Rokko Outdoor Session 2015 ~ One Sky~」…ココ!

続いて…

続きを読む "春からのアウトドア企画あれこれ"

| | コメント (2)

『医療幻想―「思い込み」が患者を殺す』

Iryo_genso_2世の中には、ほんとうにいろんな幻想が渦巻いていて、何が事実なのか幻想なのかわからなかったりすることが多いが、ことに病気や医療に関しては、「一般人にはわからない世界」という思い込みも多い。
高度な専門領域だというイメージがあるので、少しの体調不良でも「素人判断よりはちゃんとお医者さんに診てもらわないと」と思いがち。
だが(だからこそ?)、意外と「医療幻想」とも言うべきことは多い、ということが実例を挙げて述べられている。
意外なこと、衝撃的なこともたくさん。
読んでみてよかったと思う一冊。

『医療幻想―「思い込み」が患者を殺す』
久坂部 羊 著
筑摩書房 刊
2013年2月 初版発行

医療幻想とは、例えば…

続きを読む "『医療幻想―「思い込み」が患者を殺す』"

| | コメント (0)

奥伊吹「大門坂荘」と「久次郎」

今年の積雪期レスキュー講習会は、奥伊吹の「大門坂荘」に宿泊。
Dsc04808
古民家を改装した1棟貸しの宿泊施設で、囲炉裏のある居心地の良いお宿。
Dsc04820
じつは2010年にも利用したことがあるのだが、素泊まりが基本。今回はお願いして地元食材にこだわった鍋料理を出していただいた。マスターは農業もされており、地域の伝統野菜などにこだわって、いろいろな作物を自ら栽培なさっているそう。地野菜「伊吹大根」や自然薯を生かしたメニュー構成がとても素敵だった。

★運営/いぶきファーム…ココ!
  大門坂荘:滋賀県米原市大久保917

夕食のメインは、地元産猪肉のぼたん鍋と自然薯のとろろごはん。

続きを読む "奥伊吹「大門坂荘」と「久次郎」"

| | コメント (0)

積雪期レスキュー講習会2016(2日目)

大阪府山岳連盟遭難対策委員会主催のレスキュー講習会二日目。
Dsc04852
低気圧は夜の間に通過、天候回復したものの、雪がとても少なくて。
Dsc04858
通常は「雪を掘って埋める」埋没体験も、わずかな雪をかきあつめて盛り上げるという異例のスタイル。

続きを読む "積雪期レスキュー講習会2016(2日目)"

| | コメント (0)

積雪期レスキュー講習会2016(初日)

この時期恒例の大阪府山岳連盟遭難対策委員会主催の講習会へ。Dsc04782
去年はまだ、少しは雪もあったし天気もどうにか大丈夫だったのだが…
Dsc04784
雪はないわ、いきなり天候大荒れで、とても屋外で何かできる状況にはなかった。

続きを読む "積雪期レスキュー講習会2016(初日)"

| | コメント (0)

明日は“はっさく堂ROKKO”2016

白馬堂ROKKOに、因島の無農薬栽培・完熟のはっさくが届きます。Dsc_2833
店主あさやんのお友達の“わっけん”が心を込めて育て、自ら運んできます。
にゃみ家へは一足先に直送便で送ってもらいました。
Dsc_2834
完熟なので、とても味が濃くて美味しい。
はっさく堂ROKKOは、明日20日と21日の二日間。
 ※20日(土)は変則で13時開店だそうです。お間違いなく…

無農薬・ノーワックスなので、見た目は一般の市販品のようにつやつやぴかぴかではないですが、安心して皮も食べられます。はっさくの皮は、この時期辛い花粉症にも効果があるといわれてます。

 ★はっさくの皮の利用法…ココ! & ココ!

続きを読む "明日は“はっさく堂ROKKO”2016"

| | コメント (0)

森林植物園と洞川梅林

昨日、藍那古道を歩いた後、森林植物園へ寄り道することに。
Dsc04744
正月明けの1月7日に行ったときは蝋梅が見ごろだったけど、その後どうなったかと。天津の森の梅はずいぶん咲きそろい始めてる。蝋梅もまだ意外にきれいだった。Dsc04746

続きを読む "森林植物園と洞川梅林"

| | コメント (0)

藍那古道2

NHKカルチャー神戸教室「始めよう山歩き」木曜クラスで藍那古道へ。
Dsc04714
先月下旬、先日の日曜日、直近3回目。朝は冷え込んで面白い氷が。
Dsc04719
お天気がよくて気持ちよかった。ぬかるみもずいぶんましに。

続きを読む "藍那古道2"

| | コメント (0)

「tea room mahisa」

昨日、めいすい会の後、企画会議をせむとて生田ロード西のこちらへ…
Dsc04698
神戸でも屈指の、紅茶が美味しいカフェ。地下の洞窟っぽいたたずまいがとてもステキ。

★tea room mahisa(公式HP ココ!)
神戸市中央区下山手通2-1-12 エーコービルB1
13:00~23:00 火曜定休

続きを読む "「tea room mahisa」"

| | コメント (0)

忘れられた岩場探索@めいすい会

1月は“かようめいじん会”でうろうろしたんだけど、今月はめいすい会?
Dsc04635
石井ダムのほとりにある「妙号岩」。1字1.2m四方の「南無阿弥陀佛」の文字が刻まれている。

★参考サイト「北神戸 丹生山田の郷」から、烏原谷越のルート…ココ!

一応ナンチャッテ現役山ヤだった頃にも、この岩場には来たことがない。
近くで見てみたかったので、ついでに寄ってみた。
ちなみに…、

続きを読む "忘れられた岩場探索@めいすい会"

| | コメント (0)

「ぱんだかふぇ」@原田の森

「横尾忠則美術館」併設、原田通りに面したガラス張りの明るいカフェ。Dsc04610
横尾忠則 幻花幻想幻画譚』を見に行った際、ランチに立ち寄った。
Dsc04611_2
街路樹の緑が美しく、兵庫文芸館のレンガ造りの建物が正面に見えて、ロケーションもいい感じ。

続きを読む "「ぱんだかふぇ」@原田の森"

| | コメント (0)

『横尾忠則 幻花幻想幻画譚』

王子公園南側「横尾忠則現代美術館」にて開催中の展覧会へ。
Dsc04608
開館3周年記念展として企画されたもので、約40年前(1974~75年)に新聞連載された瀬戸内晴美さんの小説『幻花』の挿絵として描かれた作品の原画371点を一堂に展観。
Dsc04626
画伯自ら「イラストレーションの総決算」と位置付けた作品群で、非常に見ごたえがある展覧会だった。

会期/~2016年3月27日(日)
月曜休館 ※3月21日(月・祝)は開館、3月22日(火)休館

続きを読む "『横尾忠則 幻花幻想幻画譚』"

| | コメント (0)

『幻花』

1974~75年にかけて新聞連載された瀬戸内晴美(現・寂聴)さんの小説。
Genka
横尾忠則さんが挿絵と装丁を手掛けておられる。写真は上巻の大扉。

『幻花』(上下巻)
瀬戸内晴美 著
川出書房新社 刊
1976年1月 初版発行

1974年と言えば、42年も前。ソ連がまだ存在し、ルバング島のジャングルから最後の日本兵・小野田寛郎元少尉が発見され、アメリカではウォーターゲート事件が起きてニクソン米大統領が失脚。タカラヅカで『ベルばら』初演、アニメ『宇宙戦艦ヤマト』が放送開始。佐藤栄作がノーベル平和賞を受賞し、田中角栄が退陣表明した年。にゃみにゃみ。は、なんとまだセーラー服を着た中学生(←女装!)。

さて作品。
舞台は京都。上流階級のミステリアスで妖艶な「摩耶夫人」(まやぶにん、ではない)と、その友人の小説家が、夫人の屋敷の庭にある、五百年ほど前のものらしい十三重石塔の台座から古びた箱を見つける。中には、中世の頃のものらしい日記のようなものが収められていた。その日記は…

続きを読む "『幻花』"

| | コメント (0)

岡本梅林&保久良梅林開花状況@2016.2.16

お天気がいいので、ちょいと梅の咲き加減をチェックしてきた。
Dsc04550
岡本梅林公園は、品種によるけどそろそろ見ごろを迎えつつある感じ。
Dsc04559
割と早咲きの「道知辺」は七部咲きくらい。昨年は2月11日にまだほんの咲き始めだったけど、今年はやはり昨年よりは少し早いかもしれない。

続きを読む "岡本梅林&保久良梅林開花状況@2016.2.16"

| | コメント (0)

金澤翔子書展@芦屋

芦屋「木口記念会館」で行われている『金澤翔子書展』へ。
Dsc04536
国際ソロプチミスト芦屋主催、本日が最終日。Dsc04526
こじんまりとした会場ながら、いろいろな作品が展示されていてよかった。

★金澤翔子ホームページ…ココ!

作品展は初めてなのだが、本当にすごい才能だと思う。

続きを読む "金澤翔子書展@芦屋"

| | コメント (2)

藍那古道

NHKカルチャー神戸教室「始めよう山歩き」日曜クラスで藍那古道へ。
Dsc04466
神鉄藍那駅に集合だったのだけど、足の便は悪いし、コースは短いし、いろいろ勘案して集合時間を30分遅くしたことを完全に失念してて…
「誰も来ない… 場所間違った?日にち間違った?」と朝からドキドキ。
単なるアホですが、体に悪かった。

続きを読む "藍那古道"

| | コメント (2)

ガイドハウス駐在と…

今年初、六甲山上記念碑台の「六甲山ガイドハウス」にて駐在当番。
Dsc04441
アクセスはもちろん六甲ケーブル。天気予報がよくないので空いていた。
Dsc04442
冬枯れのガイドハウス。冬場は、案内人駐在は二人体制となる。

続きを読む "ガイドハウス駐在と…"

| | コメント (0)

ニューマシンに切り替え

昨年12月に、2年ほど愛用していたパソコンが故障した。
Dsc04438
メーカー(dell)に修理を依頼していたのだけど、パーツの手配がつかないということで長く待たされ、ひとつ前に使ってた古いマシンをだましだまし使ってたのだけど、ついに、「パーツが手に入らないため修理は不可能、同等品と交換」ということになった。外観はほぼ同じ感じだけど、当然2年分進化してるはず…ラッキー。ここに至るまでも、dellさんの対応はとてもよかった。

続きを読む "ニューマシンに切り替え"

| | コメント (0)

大峰二日目 ヘタレ敗退の巻。

山行二日目。天気予報通り、絶好の好天に恵まれた。
Dsc04379
山上辻から稲村ヶ岳をさくっと往復しよう、と思ったのだけど…
大日山基部のトラバースがものすごく悪い。

続きを読む "大峰二日目 ヘタレ敗退の巻。"

| | コメント (0)

大峰山系「観音峰」

umeちゃんと大峰へ。複数案の中から天候のよさそうな方面をチョイス。
Dsc04301
下市口からバスで観音峰登山口へ。雪はうっすら。
Dsc04325001
ススキ草原の観音峰展望台。曇っててあまり展望はよくなかった。

★ヤマレコの記録…ココ!
★週刊ヤマケイ 通巻179号 2016年2月18日号…ココ!

続きを読む "大峰山系「観音峰」"

| | コメント (0)

『大震災の生存学』

阪神・淡路大震災と、東日本大震災、我が国を襲ったこの二つのPhoto大災厄。健常な人ですら、たいへんな状況であった中、自力で避難できない障害者や高齢者、危険を知らせたり、避難先で必要な情報が得にくい外国人やコミュニケーション能力に障害のある人々にとってどうだったのか。それらの当事者と向き合った人たちの証言や、「障老病異」を対象とする生存学の視点からまとめられた一冊。平常時でも、マイノリティに対する意識は高いとは言えないのに、皆が自分のことで精いっぱいのときに、社会的弱者はどう生き延びたのか。いま現在はマイノリティな存在ではないとしても、「障老病異」はいつ何時自分のことになるかわからないもので、決して他人事ではない。

『大震災の生存学』
天田 介+渡辺克典 編著
青弓社 刊
2015年11月初版発行

少し抜粋してみる。

続きを読む "『大震災の生存学』"

| | コメント (0)

六甲山 絶景!こたつカフェ

六甲ケーブル山上駅、天覧台にて「こたつカフェ」が明日からオープン!
Dsc04251
2月10日(水)~14日(日)の5日間だけのイベント。神戸新聞の明日の朝刊「青空主義」でも紹介される予定だが、本日プレス内覧会へ行ってきた。
★公式サイト…ココ!

あ!自分の記事のことを忘れてた、本日朝刊青空主義の「六甲山大学」欄を書かせていただいてます。
それはさておき。

続きを読む "六甲山 絶景!こたつカフェ"

| | コメント (0)

摩耶山にて案内人

神戸に移住したい方を対象にしたプロジェクトのツアーで、お客様をご案内。
Dsc04182
集合でちとトラぶりかけたけど、無事合流できて、坂バス→ビューラインで。
Dsc04198
虹の駅からハイクアップ、だったんだけど、奥之院あたりはうっすら雪が。

続きを読む "摩耶山にて案内人"

| | コメント (0)

樋口健二講演会「釜ヶ崎から被ばく労働を考える」

大阪釜ヶ崎にて開催された、報道道写真家、樋口健二さんの講演会へ。
Dsc04163
樋口氏は1937年生まれ、四日市ぜんそくを始めとする公害問題や原子力発電所における被爆労働の実情を長年取材してこられた骨太なジャーナリスト。
Dsc04166
福島第一原発での事故は、現在も日々大量の放射性物質をダダ漏れにしている。その過酷事故の収束のめどすら全く立っていないというのに、そしらぬ顔で高浜の再稼働を進めるこの恐ろしい国。
「金儲け優先」で原発推進が行われる中で、“ボロ雑巾のように使い捨てにされる”被ばく労働者がいる。多くの国民の目に触れないところで、被爆に苦しんでいる人々の姿を追ってきたカメラマンのリアルなお話は、一人でも多くの方に聞いてほしい内容だった。

続きを読む "樋口健二講演会「釜ヶ崎から被ばく労働を考える」"

| | コメント (2)

fuku mona家 薪ストーブ宴会

下山後、fuku mona邸へお邪魔して鍋宴会。Dsc04120
薪ストーブがとっても快適。monacoちゃんも火をつけるのが上手に。
Dsc04121
苦楽園口でYOSHIKAWAさんに寄り道したので、まずはモナキチ作のアヒージョとチリコンカン。どっちも美味♪

続きを読む "fuku mona家 薪ストーブ宴会"

| | コメント (0)

春の気配の甲山・北山方面。

NHK文化センター梅田・始めよう山歩き女性クラスで甲山周辺へ。
Dsc04101
ぽかぽか陽気で、登りは暑いくらいだった。
Dsc04109
神呪寺では桜が咲き始めててみんなびっくり。

続きを読む "春の気配の甲山・北山方面。"

| | コメント (0)

『米ヌカを使いこなす―雑草防除・食味向上のしくみと実際』

毎日ぬか漬けを食べてるので、米ぬかのお世話にはなってるのだが…
Komenuka米ヌカってすごい有用なモノだってことが書かれている本。
雑草を抑制したり、肥料になったり、うまく活用すれば非常に役立つ農業資材になるみたい。
最近お気に入りの“農文協”さんの本で、プロ農家の方向けの指南書なのだけれど…いろいろ面白かった。

うちはコメは親戚の伝手で、熊本の農家さんから玄米で直接わけてもらってる。それを毎日精米して炊いているので、たいした量じゃないけど、ヌカは毎日出る。
これまでは糠床用以外は生ごみで捨てたりもしてたのだけど、そんなもったいないことをしてはダメ!ということはわかった。

『米ヌカを使いこなす―雑草防除・食味向上のしくみと実際』
農文協 編
農山漁村文化協会(農文協)刊
2000年2月 初版発行

続きを読む "『米ヌカを使いこなす―雑草防除・食味向上のしくみと実際』"

| | コメント (2)

久々のオーサカあれこれ

いろいろ野暮用を片しに、久々にオーサカをうろうろ。Dsc04045
ぽかぽか陽気で、空気感が春っぽい。Dsc04047
この名建築ももうあとわずかで消えてなくなるのか。

続きを読む "久々のオーサカあれこれ"

| | コメント (0)

ぽかぽか陽気の須磨の山へ

NHKカルチャー神戸「水曜ショートハイキング」で須磨の山へ。
Dsc04005
冷え込む予報だったけど、須磨の山はぽかぽか陽気。
先日の下見でルート変更をいろいろ検討したのだけど、無難なチョイスへ。

続きを読む "ぽかぽか陽気の須磨の山へ"

| | コメント (0)

『農家が教える 至福の漬物』

各地に伝わる郷土漬物から、びっくりするような漬け床、旬のPhoto野菜をムダなくたっぷり食べるレシピ、全国の直売所の人気メニューまで、農家ならではのとっておきの漬物レシピ集。
漬物好きにはたまらない、食べてみたいものがたくさんあるけれど、どれも量目がハンパなく、「大根24kg、玄米4kg、」とか、デカい樽に漬けこむ仕様…1/10量とかで作れれば…?とも思うけど、「おいしく作るコツは、たっぷりの漬け床を使うことです」とかって但し書きもあるし、どうすべぇか。
けど、この“農家が教える”シリーズ、少し前に『農家が教える 微生物パワー とことん活用読本』も読んだのだけれど、面白い。

別冊うかたま『農家が教える 至福の漬物』
農文協 編
農山漁村文化協会(農文協) 刊
2013年4月 初版発行

少量でもできそうで、興味のあるレシピをいくつか。

続きを読む "『農家が教える 至福の漬物』"

| | コメント (0)

「Luna Marina」@神戸下山手

昨日だったかTwitterのTLで話題になってたので、今日の日記じゃないけど紹介してみる。食材の安全性にとてもこだわりのあるイタリア料理店。
Dsc02086
Luna Marina
神戸市中央区下山手通3-15-10-104 
078-779-4003
Lunch 11:00~16:00 Dinnner 16:00~23:00(LO22:00) 火曜不定休
※「食べログ公式掲載免除店」という面白いお店。
Dsc02089
この日のランチセット。まずはストゥッツィキーノ。カポナータとクロスティーニの盛り合わせ。

続きを読む "「Luna Marina」@神戸下山手"

| | コメント (0)

“とうめし”

誰かのTweetで知った日本橋のおでん屋さんの名物料理を作ってみた。
Dsc03972
まずは茶飯を炊く。熊野の無農薬番茶を濃く入れて炊いたごはん。豆腐は、やや甘いダシで、じんわり味がしみるよう、ゆるゆる時間をかけて煮含める。

続きを読む "“とうめし”"

| | コメント (0)

山のお土産作戦会議

春節祭を間近に控えて華やいだ雰囲気の神戸元町南京町。の、ご近所へ…
Dsc03979
六甲山グッズの店主と、神戸・六甲山の観光大使、六甲山勝手に宣伝部員が連れもって出動。

続きを読む "山のお土産作戦会議"

| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »