« スプリングエフェメラル@森林植物園 | トップページ | 『山と高原地図』2016年版まもなく発売&ROKKO-T »

新生・おらが茶屋

極にゃみ的には、10年前の2月に取材で訪れて以来、お気に入りの茶屋。
Dsc06001
当時の店主さんがご高齢でもあって引退されて閉店。しばらくして、カレー店がオープンしたものの、不規則な営業だったようで、結局行く機会がないままだった。ちょい前から再開しているとのうわさを聞いてて、昨日行ってみた。三者(三社?)から選定されたオーナーさんが昨年11月に再オープンされたそう。

★営業時間/7:00-15:00(LO14:30)  
 土日祝日のみの営業だったのが、今月から試験的に毎日営業してみるとのこと。

Dsc05990
「モーニングセット\500」を食べてみた。トーストは御影アルチザンのパン。
「名物茶粥」というメニューもあるのだが、本日は店主さんが不在のため対応できないと。その店主さん、小野市の方で農業にも関わっておられるとかで、コメや野菜も地のものを使う予定だそう。モーニングセットのゆで卵は小野市の「鶏園みやもと」産、“宮本さんちの平飼い地たまご”。サラダのキャベツも、今は買っているものだけれど、自家栽培のものに切り替えていく予定だとか。主要な食材が地元産になるといいな。
Dsc05987
窓からは3方向の絶景。明石海峡大橋、播州平野、神戸の街並みも一望。
Dsc05992
平日のお昼くらいだったけど、適度にお客さんが来られていた。こういう茶屋が山にあるのってホントありがたい。大師道に茶屋が復活するという新聞報道(ココ[神戸新聞NEXT 2016/2/9])もあったが、かつてたくさんの茶屋があってにぎわっていた“山の茶屋文化”みたいなものが継承されていくといいなと思う。

ちなみに、先々代のおらが茶屋の名物メニュー「独特カレー」。
0901100017
ホントに独特だった。これがお目当てでハイカーでもないのにここまで登ってくるカレーマニアがたくさんいたのだが。
現在のお店も、「おらが茶屋カレー」、「おらが茶屋カツカレー」あります。

|

« スプリングエフェメラル@森林植物園 | トップページ | 『山と高原地図』2016年版まもなく発売&ROKKO-T »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スプリングエフェメラル@森林植物園 | トップページ | 『山と高原地図』2016年版まもなく発売&ROKKO-T »