« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

沢のレスキュー講習会

数年間サボってた(オシゴトと重なり行けなかった)講習会に。
Dsc04771
大阪府山岳連盟遭難対策委員会主催の沢におけるレスキュー技術に関する講習会。久々でいろいろ忘れてて、あまりお役に立てなかったかもで申し訳ない。

続きを読む "沢のレスキュー講習会"

| | コメント (0)

下見2本@六甲山上

来月の仕込みにて六甲山へ。
Dsc04659
山上も日向はそれなりに暑いが、日陰はホント涼しい。
Dsc04694
今年はアジサイの劣化が早くて、まだきれいな花もあるけど、全体的には終わりかけ。

続きを読む "下見2本@六甲山上"

| | コメント (0)

またまたマダニ…

2014年6月30日に初のマダニ被害。近所の皮膚科で処置してもらったのに、ずっと治らず、結局2か月後に手術で組織片を除去というめんどくさいことになった。
その後、藪に触れるときはすごく注意してたんだけど…

じつは、6月26日に少々怪しい感じの藪をこいで、けどその日はなんともなく、ちょっとしたハイキングコースを歩いた翌日の夜遅くに、急に足がかゆくなってきた。

続きを読む "またまたマダニ…"

| | コメント (0)

新開地“ぶらり”飲み歩きツアー

「本の交流会」その1で出会った芝田真督さんからお誘いいただき新開地へ。
Dsc04615
先日訪れた「酒房 高田屋京店」もそうだが、この界隈は庶民的で魅惑的なお店が多い。

※後日記:
★2016年9月2日(1日発行)の夕刊フジに掲載。
 内容は「旅ソムリエ」(板倉あつし氏)で閲覧できます。
 

続きを読む "新開地“ぶらり”飲み歩きツアー"

| | コメント (0)

高野山→Katuda Farm

龍神様のおわすあたりからの帰途、高野山上に寄り道。
Dsc04574
みろく石本舗かさ國さんでおやつタイム。買ったお菓子を店の休憩スペースでお茶と共にいただける。くず餅、くるみ餅、水ようかんを三人でシェア。どれも品のいいお味で美味しかった。次回は「お菓子屋さんのお豆腐」を食べてみたい。高野山では、極にゃみ的にはこのへんのお店が定番お気に入りなのだけど、ココもかなりハイレベル。

続きを読む "高野山→Katuda Farm"

| | コメント (0)

龍神様のおわすあたりへ…

暑さが本格化しそうな日。涼しそうな標高の高いエリアへ。
Dsc04570
紀伊半島の1000m級の山岳地。高野山のさらに南部へ…
Dsc04509
護摩壇山と、その隣の「龍神岳」へ。ヒメシャラがきれいだった。

※後日記:「週刊ヤマケイ」に掲載いただいてます。 
 2016/8/04号…ココ!

続きを読む "龍神様のおわすあたりへ…"

| | コメント (0)

助っ人出動→8日ぶりの畑

朝からオーサカ方面へ助っ人出動してまして…
Dsc_3841
気合で作業したら案外あっさり終了。涼しくなってから畑へ…
Dsc04456
稲がずいぶん育ってきてる。麗しき瑞穂の国。田んぼのある風景、好き。
前回が7月19日なので、8日目。

続きを読む "助っ人出動→8日ぶりの畑"

| | コメント (0)

OUTDOOR LIBRARY「本の交流会」その3

12日23日に続き、今期3回目の「OUTDOOR LIBRARY」本の交流会へ。
Dsc04437
芝生がすっかり青々と。
Dsc04445
ホストは譜久山病院院長の譜久山剛氏、ゲストがミドリカフェのウチダ ケイスケさん。お題は「ミドリを育てる」。内容は…後日。

| | コメント (0)

『「意地悪」化する日本』

福島みずほさんと内田樹さんの対談という、それだけでも面白そうなIjiwaru一冊である。しかもタイトルがイミシン。福島氏からの申し入れで、2015年4月~9月にかけて行われた、4回の対談をまとめたものだそうだ。その時点での、2016年参院選への予測なども語られていて、今読んでもとても興味深い。
「アベ政治とは何か」 「「意地悪」への欲望」 「「ビッグ・ブラザー」はすべてが知りたい」 「社会の地盤が動いている」 「それでも希望はある」 という5章で構成されている。
たしかに、“無駄に意地悪”な人が増えてるよな気はする。自分の利益にもならないような意地悪に、いったい何の意味があるのか?と思うけど…
 そういうヨノナカなのか。

『「意地悪」化する日本』 
内田 樹,福島 みずほ 著
岩波書店 刊
2015年12月 初版発行

ご本人の著作紹介サイトから紹介文を引用。
福島みずほさんと現代日本社会を覆い尽くそうとしている反知性主義と攻撃性の文化について話してみました。反知性主義に対しては「情理を尽くして語るという作法」を、攻撃性に対しては笑顔を向けるといいんじゃないでしょうかというお話をしております。

極にゃみ的に少し抜粋。

続きを読む "『「意地悪」化する日本』"

| | コメント (0)

「白馬堂ROKKO」7周年のお祝い会

白馬堂ROKKO」がオープン7周年で、仲間たちが集まってお祝い会。
Dsc04391
一王山十善寺の境内にある「もみじ茶屋」にて。六甲山専門学校の前田校長がこの麓の小学校出身で、幼い頃からよく訪れていた地だそう。開会に先立ち昔のお話を少し。
Dsc04406
通常は14時までの営業なのだが、特別に夜に開けてもらって、若き店主さんたちが特別に心づくしのご馳走を作ってくださった。

白馬堂と言えば、2009年8月7日に初めてお店を訪問して以来のご縁。イベントやコラボツアーでいろいろ活動をご一緒してきて、思い出もいっぱい。

そして、サプライズが!なんと、リピート山中さんが登場!

続きを読む "「白馬堂ROKKO」7周年のお祝い会"

| | コメント (0)

文月下旬の六甲山花暦

所用で、涼しい六甲山上へ。
Dsc04380
今年はアジサイが早くて、まだきれいな花もあるけど、色あせ始めてる。
Dsc04374

続きを読む "文月下旬の六甲山花暦"

| | コメント (0)

『戦争に負けるということ』

神戸女学院大学2016年度春季公開講座「国境を越えて」最終回を聴講。
Dsc04297
一応、校内の撮影はOKだけどwebにUPはご遠慮くださいとのこと。
この先の建物などはコチラのサイトで閲覧できます。
 →「「W.M.ヴォーリズ建築初!国指定重要文化財の校舎で学ぶ 神戸女学院を体感する!」(にしのみや観光協会)

さて、講座の内容を超バクバクっとにゃみ語変換で要約してみる。

続きを読む "『戦争に負けるということ』"

| | コメント (0)

水道筋中央市場「ichibar」@夜店大通り

フクモナイタリアンカフェ」にも来てくださった奥野シェフのイベントに。
Dsc04330
水道筋・灘中央市場の空き店舗を活用するプロジェクトのひとつらしい。
Dsc04333
なんだかオサレなバール風に改装されてた。

続きを読む "水道筋中央市場「ichibar」@夜店大通り"

| | コメント (0)

新開地「酒房 高田屋京店」

先日、“Wマリ”で紫陽花見頃の森林植物園に行った帰りに寄り道した店。
Dsc02374
昭和6年創業の新開地の老舗酒房。街並みになじむ味わいある佇まい。

高田屋 京店(新開地ファン)
神戸市兵庫区湊町4-2
078-575-6654
11:00~21:30(LO21:00)

阪神電鉄の沿線紹介番組(ケーブルテレビ)「“たいせつ”がギュッと。阪神沿線」、「新開地まちづくりNPO プランナー 西島 陽子さん」の回で紹介されていたお店に、ナレーターの田名部真理さんのご案内で訪れた。

続きを読む "新開地「酒房 高田屋京店」"

| | コメント (0)

『東京零年』

近年、娯楽小説を読む余裕はないのだけど、久々に小説を読んだ。
Tokyo_zero人気作家赤川次郎さんの作品で、第50回吉川英治文学賞受賞作。
あちこちに監視カメラが設置され、携帯電話を持っているとたちどころに居場所をつきとめられる。圧倒的な権力はマスメディアを支配し、権力側に不都合な情報は人々に知らされない。
“近未来の日本を舞台に、暴走する権力とそれに抗う若者”を描いた作品、という触れ込みだが…
近未来?ディストピア? ほとんど“いま”と地続きじゃないのか?
さすがに、「それはない」って事件がいくつか起きるけれど、いやいや、知らないだけで、巧妙に隠されて、それに類することは起きているかもしれない… 面白い、いや、リアリティを感じるだけに、恐ろしい作品だった。

『東京零年』
赤川次郎 著
2015年8月 初版発行
集英社 刊

“都合の悪い”存在がいともたやすく冤罪に陥れられたり、命を奪われそうになるのだが、「表沙汰にならない、暗黒部ってきっとホントにあるんだろうな」と思わざるを得ない事件も現実には起きているわけで。

それはさておき、いま沖縄で、ほとんど戒厳令下のような状況になっているのをご存じだろうか。辺野古もたいへんな状況だが、ここ数日、高江のヘリパッド建設に対する抗議活動を封殺するため、東京・大阪をはじめ、日本の各地から大量の機動隊が現地へ派遣されている。
名目は「道案内」だそうだが、反対派の市民が現地へ行くことを妨害。明日は県道を封鎖するとの情報もある。警察権の乱用とか、まるで小説のようだ。

★高江向け県道で検問 識者批判「警察権を乱用」…ココ!(琉球新報/2016年7月20日)

こんなに強権的なことが行われているのに、中央メディアはほとんどこれを報じない。もしも改憲が行われ、「緊急事態条項」が発動したら、とんでもないことになるのは明白。

続きを読む "『東京零年』"

| | コメント (0)

夏えびすde夕涼み@西宮戎さん

梅雨明けですっかり夏本番。暑い日差しの中、ちと夕涼みに寄り道。
Dsc04271
全国のえびす神社の総本社、西宮神社の「夏祭」。
Dsc04283
キャンドルライトが美しかった。 しかも涼しくて快適だった。

続きを読む "夏えびすde夕涼み@西宮戎さん"

| | コメント (0)

7月19日の畑→夜のリサーチ!

前回が7日14日なので5目の畑へ。キクイモがだんだんえらいことに。
Dsc04181
雑草がわしわしとよく育ってる。
Dsc04182
ニラがめっちゃ茂って、サツマイモも伸びてきてる。

続きを読む "7月19日の畑→夜のリサーチ!"

| | コメント (2)

『反知性主義とファシズム』

「反知性主義」という言葉が散見されるようになったのは、安倍政権のHantisei暴走と相関があると感じている人は少なくないようだ。この言葉をタイトルに冠した本がいろいろ出ている中で、とりあえず目について手にしてみたのがコチラ。
「国策捜査で冤罪をでっち上げられて拘留されるも、その逆境を撥ね返して、華々しく論壇デビュー」(斉藤氏による紹介文)した佐藤氏の最初の著作は『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』。
一方、“副業文筆家”で本業は精神科医の斉藤氏は、サブカルに精通したオタク体質の方。お二人はほぼ同世代で、なんと極にゃみ的にもほぼ同じ世代なのだが…。
斉藤氏は、この国で反知性的な傾向のある層を「ヤンキー」と呼び、佐藤氏は日本はファシズムよりも恐ろしい状態になってきていると指摘。じつは、よくわからない部分が大半ではあったが(オタクな部分とか…)、きっとある意味で時代の空気を描いたものなのだろうとかなんとかかんとか思いつつナナメに読んだ。

『反知性主義とファシズム』
佐藤優×斎藤環 著
株式会社金曜日 刊
2015年5月 初版1刷発行

続きを読む "『反知性主義とファシズム』"

| | コメント (0)

『外道クライマー』

世間は三連休だが山には行けず、図書館の予約本が来たので読んでみた。
Gedo_climber2012年に世間を騒がせた、那智の滝登攀未遂・逮捕事件の張本人が書いた本である。
世界遺産であることはさておき、聖地熊野で古くから信仰の対象として敬われてきたご神体を登ろうとした、まさに“外道”な事件。本書では、那智の件のほかにも、タイのジャングル遡行、台湾の渓谷・チャーカンシー、称名廊下初登攀のことが並行して語られている。が、やっぱり“ウリ”は那智事件だろう。あの事件があったからこそ本書が世に出たわけで、筆者は逮捕されたことで当時の勤め先をクビにはなったけど、結果的に大きなご利益を得たのではないか。熊野の神様は本当におおらかで懐が深いと思う。

最終章を読んで、いろんなコトが頭の中でつながった。あー、あのセクシー登山部の“舐め太郎”氏か…4年前の海の日の三連休に企てられた「ゴルジュ感謝祭」の陰の首謀者はこのヒトだったのだ。


『外道クライマー』
宮城公博 著
集英社インターナショナル 刊
2016年3月 初版発行

続きを読む "『外道クライマー』"

| | コメント (6)

ホタル探索@摩耶山

昨夜のこと。水道筋カレー大通りから再びビューラインで摩耶山上へ…
Dsc04121
夜景を見ようと訪れる人たちでビューラインは登りも下りも大混雑。
Dsc04130
掬星台にて、下界での野暮用後に最終便で登ってくる野宿部長と合流。

続きを読む "ホタル探索@摩耶山"

| | コメント (0)

水道筋チャリティーカレー大通り2016

駐在当番を終えたあと、いったん下山して水道筋へ。
Dsc04105
チャリティーカレー大通り2016」というイベントにカラピンチャさんが出店されるというので…

続きを読む "水道筋チャリティーカレー大通り2016"

| | コメント (0)

六甲山ガイドハウス駐在(2016.7.16)

ガイドハウスの駐在当番にて山上へ。
20160716_153556
山上は曇りだったけどとても涼しくて、快適。
Dsc04041
アジサイはまだとてもきれい。

続きを読む "六甲山ガイドハウス駐在(2016.7.16)"

| | コメント (0)

フクモナでスイーツタイム

夕方、ちらっとフクモナへ寄り道。けど、
Dsc04029
想定外の雨!昨日靴をびしょ濡れにしたので、今日も濡らしたら明日履く靴が…

続きを読む "フクモナでスイーツタイム"

| | コメント (2)

忘れ草、食してみんとて…

いまちょうど、野原とか河原で花を咲かせているヤブカンゾウ。
Dsc03679
ユリ科ワスレグサ属の多年草で、一重の花を咲かせるのがノカンゾウ。黄色い花を咲かせるニッコウキスゲとは近縁。

古くから親しまれていたようで、和歌にも多く詠まれている。

 忘れ草 なにをか種と思ひしは つれなき人の心なりけり(素性法師)

続きを読む "忘れ草、食してみんとて…"

| | コメント (0)

7日14日の畑

森林植物園から谷上へ、神鉄駅から畑へワープ。ゲリラ豪雨に遭った。
Dsc03962
短時間のスコールみたいな雨であっという間にずぶぬれ。
ホントは夕方、公智神社の夏祭り見物がてら「フクモナ」に行きたかったのだけど…。畑は7月7日以来なのでちょうど1週間。

続きを読む "7日14日の畑"

| | コメント (0)

黒岩尾根Var.2

またまた摩耶山から黒岩尾根のバリエーションルートへ。
Dsc03939
日曜日と同じようなお天気… 晴れてるけど時々ガス、山上は涼しい。
Dsc03942
摩耶山上のアジサイはちょうど見頃。 やっぱり今年は早いような。

続きを読む "黒岩尾根Var.2"

| | コメント (0)

『安倍官邸とテレビ』

極にゃみ的にはTVを見ないので、どんな番組をやってるのかAbekantei_tvとか、タレントさんにどんな人がいるのかとか、全く知識がない。それでも、この春に国谷裕子さん、古館伊知郎さん(字面でしか見てないから読み方わかんない)といった名物キャスターの方たちが軒並み降板され、その理由に関する憶測はTwitterで流れていたので目にはしている。
本書では、安倍政権のメディアへの介入について、これまでの経緯を調べ上げ、徹底的に検証している。
NHKの人事に「介入」、選挙時には報道に関する「お願い」。気に入らない番組をオンエアすると呼びつけて「事情聴取」。各局経営幹部と頻繁に会食を重ね、首相が出演する番組は露骨に選別。議員も大臣もスポンサーへの圧力や電波停止を口にして恫喝…近代民主主義国家が聞いてあきれる。

法的に問題のあることは巧みに避けてはいるのだろうが、「忖度」によって、メディアが報道機関として機能しなくなっているこの国のこの状況をどうすればいいのか。
「TVなんて見んといたらええやん」と思うが、大多数の善良なる人々は毎日一生懸命見ては洗脳されているようだから、どうしたもんだか。

『安倍官邸とテレビ』
砂川 浩慶 著
集英社 刊
2016年4月20日 初版発行

続きを読む "『安倍官邸とテレビ』"

| | コメント (0)

神戸新聞『青空主義「六甲山大学」』7月

昨日の朝刊。六甲山での、8月11日の「山の日」イベント特集。
Dsc03937
カンツリーハウス「初めての山の日を六甲山で!お手軽キャンプ体験♪」、六甲山牧場「トワイライト乗馬体験」などの特別イベントを紹介。

続きを読む "神戸新聞『青空主義「六甲山大学」』7月"

| | コメント (0)

文月のお茶

OUTDOOR LIBRARY「本の交流会」のあと、お茶のお稽古に。
Dsc03931_2
暑い季節なので、涼感を演出する「洗い茶巾」のお点前。
蒸し暑いうえ天気が悪かったので女装はなし。

続きを読む "文月のお茶"

| | コメント (0)

OUTDOOR LIBRARY「本の交流会」その1

今年もURBAN PICNIC、「OUTDOOR LIBRARY」が開幕。
Dsc03888
先日キックオフレセプションに参加したが、今回は少し趣向が変わって。
Dsc03890
前回の「本の交流会@「OUTDOOR LIBRARY」東遊園地 その3」でお目にかかって、今春「“たいせつ”がギュッと。」のロケでまたお会いした、ラジオ関西でもおなじみの田名部真理さん(まりりん)主催、「本の交流会」第一弾に参加してみた。

続きを読む "OUTDOOR LIBRARY「本の交流会」その1"

| | コメント (0)

『民主主義はいかにして劣化するか』

「民主主義」とは、これまでの歴史のなかで変遷してきたいろいろな政治形態のMinnsyusyugi_rekka中での(現時点での)最終形態ではあるが、決して最良のシステムというわけではない。
欠点もあるけれど、「これよりも優れた方法」が今のところ見つかっていないので、いろいろめんどくさくてもそれを採用している国が多数派となっているだけのこと。
だが、欠点を補う方向で“進化”するならまだしも、油断すると、“劣化”していくものらしい。
昨今のこの国を見ていると、劣化が激しすぎて、この流れを止めなければ、戦前回帰してしまう日も遠からず訪れそうな勢いである。それなのに、今回のこの選挙の結果は…。

“多数決”が、必ずしも善き結果をもたらすとは限らない。そして、多くの無関心な民が意思表示をしないことによって、一部の声の強い者たちの意見が押し通されていく。民主主義とは、ほったらかしにすると機能しないものなのである。

本書は、ジャーナリストとして長年この国を見据えてきた著者が、憲法、集団的自衛権、特定秘密保護法、原発再稼働問題、分断される労働市場、狂気的な排外主義と国民的ナルシシズム、そして今リアリティを帯びてきている戦争について書いた一冊。

『民主主義はいかにして劣化するか』
斎藤貴男 著
ベスト新書 刊
2014年11月 初版発行

続きを読む "『民主主義はいかにして劣化するか』"

| | コメント (0)

大谷美術館『川村悦子展−ありふれた季節』

西宮市大谷記念美術館で開催中の『川村悦子展−ありふれた季節』へ。
Dsc03862
梅雨とは思えない暑い日差しの中でも、お庭の緑がとてもきれい。
Dsc03860
西宮市大谷記念美術館
  西宮市中浜町4-38
川村悦子展−ありふれた季節」 ~7月31日(日) 水曜休館
 ※7月18日(月・祝)は無料開館日

続きを読む "大谷美術館『川村悦子展−ありふれた季節』"

| | コメント (0)

黒岩尾根Var.→森林植物園→SAR年次総会

今日のその1は、日曜クラスで摩耶山から森林植物園へ。
Dsc03815
摩耶ケーブル駅では、始発前の車内でポスター撮影中だった。海レジャーな感じの人々がたくさんいて、なんだかシュールな光景。
Dsc03818
ポスターの完成が楽しみ。8月の「山の日」 がらみのものだそう。かつて、「山、海へ行く」だった神戸で、今年は「海、山へ行く」らしい。

続きを読む "黒岩尾根Var.→森林植物園→SAR年次総会"

| | コメント (0)

恒例の講習会

毎年恒例の講習会。
Dsc03733
あとで。

続きを読む "恒例の講習会"

| | コメント (0)

来阪歓迎の宴2016

とりあえず期日前投票に行きまして。わざわざ電車に乗ってソリオまで。Dsc03722
んで、その後オーサカへ。昨年は少人数でまったりだったけど、今年はちょいと雰囲気が違ってオフィシャルな感じ?
Dsc03726
お偉いさん系な方々に、野良犬系が混じってすみません的な。

続きを読む "来阪歓迎の宴2016"

| | コメント (0)

11日目の畑へ。

締め切りをクリアして夕方ちょっと畑へ。6月26日以来なので11日ぶり。
Dsc03682
草ボーボー。芽が出てしまったので通路脇に植えた菊芋が異常に元気。
Dsc03685
6月22日に植えたサツマイモは、元気がなかったのでどうなったかと思ったけど、なんとか活着はしてる(株もある)。横で伸びてるのはゴマ?

続きを読む "11日目の畑へ。"

| | コメント (0)

北野背山

NHKカルチャー神戸「水曜ショートハイキング」にて北野の背山へ。
Dsc03655
大師道を登って、稲荷茶屋の前で茶屋の説明をしていたら、ナカノヒトがいろいろお話くださった。オープニングの日に来て以来。
Dsc03660
梅雨空はどこへやら。

続きを読む "北野背山"

| | コメント (0)

大師道~森林植物園

NHK西宮教室「お気軽ショートハイキング」にて再度山方面へ。
Dsc03632
「ショートハイキングなのに長いコースね」というご指摘があり、実際皆さん後半がかなりしんどそうだった。急に暑くなったし、よけいに堪えたとは思うのだけど、確かにそうかも…。

続きを読む "大師道~森林植物園"

| | コメント (0)

恐竜王国@福井駅

久々に福井に行ったら… 駅がいろいろアレで驚いた。
Dsc03561
駅のベンチに恐竜ハカセが座っててびっくり。んで、
Dsc03609
駅の西口がえらいことに。

続きを読む "恐竜王国@福井駅"

| | コメント (0)

助っ人二日目@福井

助っ人作業員二日目。“眠り屋敷”のくま家で爆睡して爽やかに目覚めた朝。
Dsc03581
かぴさんは早朝から現場へ出動、くまさんとのんびり朝ごはんを食べて…
Dsc03583
肉体労働者なので、水分&カロリー補給はマスト。で、午前中からこんなオヤツを。

続きを読む "助っ人二日目@福井"

| | コメント (0)

福井へ助っ人出動。

久々に福井へ。いつぶりなんだか…
Dsc03558
チケットショップへ行く時間がなく、なんと正規料金でサンダーバードに。
Dsc03560
福井駅に、なんか恐いヤツが…

続きを読む "福井へ助っ人出動。"

| | コメント (0)

『へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々』

福岡市の老人介護施設「宅老所よりあい」。お寺の茶室を借りてのHerohero発足から、「総工費2億円、土地代含めて3億円」の特別養護老人ホーム「よりあいの森」を完成させるまでのスリリングな日々を描いた作品。
よれよれの老人たちが集まる「よりあい」の雑誌『よれよれ』を制作してきた編集者が綴ったものだが、独特の飄々としたタッチで、一般的な“常識”で考えると相当悲壮な話も、なんだか面白おかしなタッチで描かれており、読んで楽しい作品になっている。

『へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々』
鹿子裕文 著
奥村門土(モンドくん) 装画
2015年12月 初版発行
ナナロク社 刊

★「宅老所よりあい」HP…ココ!

続きを読む "『へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々』"

| | コメント (0)

菊水・鍋蓋→森林植物園

NHK文化センター梅田・始めよう山歩き女性クラスで菊水山方面へ。
Dsc03512
街中は暑いけど、山は涼しい風が吹いて。
Dsc03511
でも、このクラスではこれまであまりハードな登りがある山には行ってなくて、

続きを読む "菊水・鍋蓋→森林植物園"

| | コメント (0)

ひとりロケハン→ワクワクの飲み会

アポを取っての取材ではないので効率が悪かったけど、とあるロケハンへ。
Dsc03270
真夏のような日差しが照り付け、日の当たるところは激暑。
Dsc03335
コマツナギが咲いていた。

続きを読む "ひとりロケハン→ワクワクの飲み会"

| | コメント (0)

鈴蘭台の新しいパン屋さん「ボヌール・ヴェール」

神鉄鈴蘭台駅西側、徒歩5分くらいの場所に6月6日に開店したパン屋さん。
Dsc03189
坂の上にあるお洒落なカフェ併設のベーカリー。店の前には緑やお花が。
Dsc03188
★ ボヌール・ヴェール鈴蘭台店(「株式会社いくせい」FB)…ココ!
 神戸市北区鈴蘭台南町6-14-15
 078-593-2600
 9:30~18:00(L.O.17:30) 日曜定休

続きを読む "鈴蘭台の新しいパン屋さん「ボヌール・ヴェール」"

| | コメント (0)

本日!「MOTION DINER KYOTO」グランドオープン

先日、スイーツの達人ブロガーyukiさんのご縁でプレオープンイベントに。
Dsc03021
新京極三条下ル、MOVIX京都内にオープンするモダンアメリカンダイナー。
Dsc03034
絶品グルメバーガーで人気の原宿「THE GREAT BURGER」の車田篤氏がメニュー監修を手掛けた、「MOTION DINER KYOTO」。

★MOTION DINER KYOTO(モーション ダイナー キョウト)
 京都市中京区新京極三条下ル桜之町400番
 075-254-3277
 11:00-22:00

★Yukiさんのブログ記事…ココ!

※オープン日の本日は、イートイン先着100名にドーナツがプレゼントされるみたいですよー。

続きを読む "本日!「MOTION DINER KYOTO」グランドオープン"

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »