« 大谷美術館『川村悦子展−ありふれた季節』 | トップページ | OUTDOOR LIBRARY「本の交流会」その1 »

『民主主義はいかにして劣化するか』

「民主主義」とは、これまでの歴史のなかで変遷してきたいろいろな政治形態のMinnsyusyugi_rekka中での(現時点での)最終形態ではあるが、決して最良のシステムというわけではない。
欠点もあるけれど、「これよりも優れた方法」が今のところ見つかっていないので、いろいろめんどくさくてもそれを採用している国が多数派となっているだけのこと。
だが、欠点を補う方向で“進化”するならまだしも、油断すると、“劣化”していくものらしい。
昨今のこの国を見ていると、劣化が激しすぎて、この流れを止めなければ、戦前回帰してしまう日も遠からず訪れそうな勢いである。それなのに、今回のこの選挙の結果は…。

“多数決”が、必ずしも善き結果をもたらすとは限らない。そして、多くの無関心な民が意思表示をしないことによって、一部の声の強い者たちの意見が押し通されていく。民主主義とは、ほったらかしにすると機能しないものなのである。

本書は、ジャーナリストとして長年この国を見据えてきた著者が、憲法、集団的自衛権、特定秘密保護法、原発再稼働問題、分断される労働市場、狂気的な排外主義と国民的ナルシシズム、そして今リアリティを帯びてきている戦争について書いた一冊。

『民主主義はいかにして劣化するか』
斎藤貴男 著
ベスト新書 刊
2014年11月 初版発行

2014年2月12日の衆院予算委員会で、
「憲法改正ではなく解釈変更によっても集団的自衛権の行使を容認できるのか」という質問に対し、
「先ほど来、(質問に立った大串議員は)法制局長官の答弁を求めていますが、最高の責任者は私です。私が責任を持って、その上において、私たちは選挙で国民から審判を受けるんですよ。審判を受けるのは、法制局長官ではないんです。私なんですよ」と答弁。

それは、事実上の独裁宣言に等しい。そんな発言をした首相がそのまま容認されていること、あまつさえ今回の選挙で、そんな政権与党にあれだけの票を投じた国民がいたこと、いや、これだけいろいろ問題の多い与党に対抗する勢力に票を投じようとはしなかった数知れない(大多数の)人々で構成されているこの国。
もはや、民主主義は形骸化していて、実質的に崩壊しているのではないか。

このまま行くと、自衛隊は国防軍と名前を変え、いずれは徴兵制が復活し、、、という悪夢のような未来が現実味を帯びてくる。大げさでも冗談でもない。自民党の憲法改正草案を読んでみてほしい。

・参考サイト
★自民党憲法草案の条文解説…ココ!

★自民党「日本国憲法改正草案の要点と問題点…ココ!(PDF)

・憲法改正に関する文献
極にゃみ的レビュー『「憲法改正」の真実

|

« 大谷美術館『川村悦子展−ありふれた季節』 | トップページ | OUTDOOR LIBRARY「本の交流会」その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大谷美術館『川村悦子展−ありふれた季節』 | トップページ | OUTDOOR LIBRARY「本の交流会」その1 »