« 六甲山専門学校10月度のご案内 | トップページ | 残暑の逢ヶ山 »

ガイドツアー@東遊園地に参加♪

URBAN PICNICのイベント、東遊園地の「Guide Tour」に参加してみた。
Dsc06818
よく晴れて真夏みたいな日差しの土曜の昼下がり@市役所1号館24階
Dsc06816
眼下には芝生が生き生きと活着してきた東遊園地。

Dsc06830
案内人は、神戸大学の学生さん。元ネタは六甲山専門学校の校長らし。
Dsc06831
なぜココに、神戸とはなんのゆかりもないモーツァルト像があるのかとか、
Dsc06834
震災直後、真っ暗になった神戸の街に灯りを点そう、、と谷村新司さんらの働きかけで作られた灯りのモニュメント「灯りの木」とか。
Dsc06837
震災で倒壊した「マリーナ像」。修復復元したけど、抱えている時計は地震発生の時刻、5時46分を指して止まったままにしてある。
Dsc06844
「近代洋服発祥地の碑」という、3個セットの石のオブジェ。よく見ると洋服のパーツになってる。言われなきゃまずわからないような…。手前の2個が身頃、遠くに見えるのが袖。
Dsc06842
“超ミニサイズのおじさんの像”は、大雨が降る度に氾濫して、居留地の住民たちから苦情が出ていた生田川の付け替え工事を指揮した加納宗七。「加納町」の地名はこの方に由来しているのだとか。石に刻まれた「加納宗七」という文字は、同郷の先輩、陸奥宗光からの手紙から起こしたものだそう。
もちろん、「慰霊と復興のモニュメント」、「1.17希望の灯り」なども紹介。
Dsc06859
A.C.シム(Alexander Cameron Sim)の顕彰碑。シムマラソンのシムさん。
スコットランド人の実業家で、K.R.A.C(神戸レガッタ・アンド・アスレチッククラブ)の創設者。今は懐かしい“ラムネ”の発明者としても知られている。スポーツ万能の人だったみたい。
Dsc06861
芝生が育ってきた東遊園地は、多くの人が集う場所に生まれ変わってる。
ガイドツアーは毎週土曜日、15:30から。予約不要、無料で参加できます。

|

« 六甲山専門学校10月度のご案内 | トップページ | 残暑の逢ヶ山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六甲山専門学校10月度のご案内 | トップページ | 残暑の逢ヶ山 »