« 台高山脈縦走3日目(1164-振子辻) | トップページ | 神戸新聞青空主義“六甲山大学”11月 »

想定外の失敗→想定外の一日前帰宅(4日目)

台高山脈縦走4日目。大台ケ原へ昼前に着くと思ってたのに…Dsc00076
結果的に、想定外のコースアウトにて、一日早く下山。計画では、もう1泊して尾鷲道を歩くつもりだった。
「地図の間違い」を見抜けなかった痛恨のミス。読図の失敗です。

★ヤマレコの記録…ココ!

前日、振子辻でどうしても進路がわからないとき、「地名看板が間違ってる」可能性は考えたのだが、山地図の地名表示が間違ってるとは全く想像できなかった。地形と明らかに違っているのだから、そちらを疑うべきだったのに。
後で思えば不思議な思考回路だ。地形と地図を照合して一致しないんだから、地図のポイントやルート表記を疑ってみるのは当然のことだろうに。
が、そもそも、ずっと地図と地形を照合しながら歩いていれば気づいたはず。山ノ神の頭を過ぎてからは割とマーキングがしっかりあって、名もない小ピークが連続、だんだん地図を見るのがめんどくさくなって、照合してなかった。それが失敗の原因です。(まぁ言い訳をすると、前日までに、地形図にない尾根があったりで、何を信用するかの順序がおかしくなってたかも…。)

ともあれ。
Dsc00079
「地図と実際の地形が一致しない」「踏み跡が見つからない」「まばらでも、ところどころにはあったマーキングのテープもない」ことで、どうしていいのかさっぱりわからず、ルートを外すのはいろいろリスクが高いと思ったけれど、さんざんアレコレ考えた末に、「振子辻から西→南→東とコの字型のルートなので「踏み跡はわからなくても、まっすぐ南へ沢まで下って、対岸の尾根を登り返してルート復帰しよう」と考えた。
もちろん、踏み跡の一切ない、未知のルートを下降するのも、沢を越えるのも、登り返すのも、それなりにリスクはあるかもしれないことは承知の上。
が、ルートが見つからない以上、何かアクションを起こさなければ、じっとしていても解決しない。誰かが通りかかってルートを教えてくれるなんてことは、まずありえない。
戻ることも一応考えてはみたが、かなりたいへんだし、どちらかに下る?ことも考えたが、振子辻の位置では現実的ではない。
というわけで、下りやすそうな尾根を下降することに。
途中で、コンターラインに沿ってトラバースして、ルート復帰した方が楽かも?と思って横移動もしてみたけど、かなりヤバいガレ場が出てきたリして、下る方がましだった。

で、なんとか沢まで下って、この下で本流が右から来るので、そこから少し下って南側の尾根を登れば引水サコ、と思ったら…!!

な、な、なんと!本流?が左から流れてきてる!!
な、な、なんで!?

それらしい地形を地図で確認したら、本沢川の北谷にいるとしか…。
 …ってことは、そもそも下降点が思ってたところと違うとしか…。ええー?


なんだかわかんないけど、本流はなんとか下れそうだったので、下ってみたら!
案の定!つか、釜の公吊り橋やんか!あちゃー!完全なるコースアウト!
Dsc00083
 …と、とりあえず、生きて帰れることがわかってよかったですー。
けど、対岸に渡らねば… すでにそれなりの水量。
Dsc00086
飛び石で失敗してコケたらいやなので(つかこんなところでケガしても誰も助けに来てくれないし)、この寒空の下、朝からクツ脱いで渡渉しましたがな!
(ふつーの沢ヤなら、何のためらいもなく飛ぶような簡単な渡渉です…)

で、ココから一般ルート3時間で大台ケ原!なので、行く気満々だったのに…
Dsc00094
この通行止めの看板にひるんだ。7か所も橋が落ちたり道が崩落してるとは。
もうこれ以上、ヤバいところを一人で歩くの、やだ…ってコトで、あっさり下山することに。林道を延々4時間以上歩かないと携帯も通じないし、バスも来ない場所だけどな。

けど、しょうがない、歩くしかない、と覚悟したものの…なんと、“山の神様”のおかげでサクサク帰れました。山の神様と林業男子さんに感謝。ありがとう。

本日の歩行距離、8.9km、行動時間4時間52分(うち、振子辻付近で小1時間うろうろ…)

Photo
コレが、“見抜けなかった山地図の間違い”ポイント。ホントの(現地の看板を信用すれば)振子辻は、赤丸の箇所。そして、緑線のラインで引水サコを目指したつもりが…
地図のポイントマークの位置だと信じていたので、地形がおかしい、と思いながらも西へ進み、南下したわけです。地形をよく観察して、地図ときちんと照合してれば気づいたはず…
ハズカシながら、初歩的なミスであります。

|

« 台高山脈縦走3日目(1164-振子辻) | トップページ | 神戸新聞青空主義“六甲山大学”11月 »

コメント

ブログにコメント書いた後、ツイッターの事後報告の内容見て心配しておりました(笑)
てか、にゃみ先生のような山のプロの方でも迷われることがあるんですね!!
とりあえず、ご無事で何よりです。

投稿: | 2016年11月 8日 (火) 12:59

↑あ、名前がぬけてした。

投稿: いぶ | 2016年11月 8日 (火) 13:00

いやー、まったくもってお恥ずかしい。
初歩的ミス… なんですが、
自分の思考回路が、あとから思えばとても不思議で。
けど、遭難するヒトって、疲労とか不安感とか、
いろんな要素が重層的に影響して、
冷静に考えると「なんでそう考える?」ってことに行きつくのかも…と、思いました。

しょぼい結末ではありましたが、勉強になりました。
仕切り直しに行かないとなーと思うけど、もう今年は無理…

投稿: にゃみ。 | 2016年11月 8日 (火) 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台高山脈縦走3日目(1164-振子辻) | トップページ | 神戸新聞青空主義“六甲山大学”11月 »