« 『路地裏のほたる食堂』 | トップページ | 高槻あたりを… »

『県庁おもてなし課』

ずいぶん話題になった作品なのに、なぜかまだ読んでなかった。
Omotenasi一人旅だった先日の稲刈り合宿の行き帰りのお供に用意した一冊。
2009年9月~2010年5月にかけて、高知新聞、山梨日日新聞、岩手日報、南日本新聞、北海民友新聞、福島民友新聞、上越タイムスに連載された作品で、「地方と恋をカラフルに描く、史上初、ふるさとに恋する観光小説!」。2014年には映画化もされて、話題を呼んだ。
実際に存在する、高知県の「おもてなし課」を舞台に、若手の職員が奮闘する姿を、ロマンスを交えながら描いた作品。何度か訪れたことのある高知はとても魅力的な地で、極にゃみ的には土佐弁もとても好き。“また行ってみたい”旅心が刺激されてしまった。やっぱ有川さんええわ。


『県庁おもてなし課』
有川浩 著
角川書店 刊
2011年3月 初版発行

★角川書店『県庁おもてなし課』公式サイト…ココ!
★高知県庁リアルおもてなし課…ココ!

これまでにレビューを書いた有川浩さんの作品
明日の子供たち
植物図鑑
キケン
三匹のおっさん
自衛隊三部作『塩の街』『空の中』『海の底
クジラの彼

『図書館戦争』はレビュー書いてないな…

|

« 『路地裏のほたる食堂』 | トップページ | 高槻あたりを… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『路地裏のほたる食堂』 | トップページ | 高槻あたりを… »