« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

ほぼ放置の畑へパトロール

1月15日にちらっと立ち寄ったものの雪に埋もれてたので…
Dsc05144
正味12月24日以来ほぼひと月ぶりの畑。部分的に菜っ葉類が育ってる。
(何も植えてない箇所もある)

続きを読む "ほぼ放置の畑へパトロール"

| | コメント (0)

『PEAKS No.87』2017年2月号

『PEAKS』2月号が発売になってます。いまさらですが。Peaks201701
今号の特集は「山旅100ルート」と題し、“PEAKSが選ぶ2017年に歩きたいベスト・オブ・トレイル”。
高橋庄太郎さんが紹介する蔵王に始まり、アルプスの長期縦走や秘湯を訪ねる山旅、ロングトレイル、美味しいもの目当てのコース、ライトなバリエーションルートまで、さまざまな切り口で、いろいろな人がおススメを紹介してます。

★公式サイト…ココ!

極にゃみ的には、関西周辺の8コースを紹介。

続きを読む "『PEAKS No.87』2017年2月号"

| | コメント (0)

“フランスパンと日本酒マリアージュの宴”→ボンフロマージュ!の宴

午後から「白鶴御影校」の勉強会へ。12月度に引き続き2回目の参加。
Dsc05080
会場は白鶴酒造資料館。阪神住吉駅から近くて、酒造りについて学べる。
Dsc05082
日本酒の製造工程を解説する展示と、ミュージアムショップも併設。

その中のイベントスペースにて、
白鶴御影校「めぐみ・めぐる<洋>食卓講座② 【ボン・パン★ボン・ヴァン★ボン・フロマージュ!/フランスパンと日本酒マリアージュの宴】が開催された。

続きを読む "“フランスパンと日本酒マリアージュの宴”→ボンフロマージュ!の宴"

| | コメント (2)

「農と林で生きていこう。」

京都から小走りでオーサカへ。18時開始の講演会に滑り込みセーフ!
Dsc05029
作家の天野礼子さんが司会進行を務める、2017春の出前講座「農と林で生きていこう。」を聴講。養老孟司さんが委員長、天野礼子さんが事務局長をされているNPO法人日本に健全な森をつくり直す委員会主催。

続きを読む "「農と林で生きていこう。」"

| | コメント (0)

下見→講演会

来月の仕込みで京都へ。ちと新ルート開拓と思ったけど…
Dsc04909
京都は快晴。日差しが強くてぽかぽか陽気だったけど、愛宕山はちょっと白かった。

続きを読む "下見→講演会"

| | コメント (0)

TIMOBAGELS@都島

昨年秋にオープン、行きたいと思いつつなかなか行けてなかったお店へ。
Dsc04833
★TIMOBAGELS
大阪市都島区都島本通3-16-6
10:00~売り切れまで 日曜・第3月曜定休

※けっこう売り切れが早い日も多いので、Twitterをチェック…ココ!

続きを読む "TIMOBAGELS@都島"

| | コメント (0)

ロケハン→“KOBE TEA FESTIVAL”

ちょこっと来月のオシゴトの下見に(山歩きじゃなくて…)。
Dsc04853Dsc04867
ロケハン終了後、ハーバーランドで今日から始まったイベントへ。

続きを読む "ロケハン→“KOBE TEA FESTIVAL”"

| | コメント (0)

雪景色ハンティング。

ここ数日続いた寒波も、今日を境に緩むとか…雪を見にいかないと!
Dsc04676
とは言え、先日足指をねんざして、一か月ほどはなるべく安静に…ってワケでなくてもどうせ乗ってしまうのだけど、まやビューラインで山上へ。

続きを読む "雪景色ハンティング。"

| | コメント (0)

座学「登山のための地図入門」

NHKカルチャー神戸教室で、地図に関する講習会。
Dsc04637Dsc04639
冷え込んだけど、インドアにいるのはもったいないようなお天気。

続きを読む "座学「登山のための地図入門」"

| | コメント (0)

『熱狂なきファシズム-ニッポンの無関心を観察する』

観察映画”で知られる映画監督、想田和弘氏の著書で、Photoずっと読みたいと思いつつ、なかなか手をつけられなかった本をようやく読了。昨今の、奇妙なこの国のあり方…じわじわと、低温やけどのように民主主義が崩壊しつつある姿…を、冷徹に“観察”するように書かれた一冊。
極右としか思えない閣僚が何人もいること、ヘイトスピーチが公然とまかり通る、反知性主義の台頭…、どれも気味が悪すぎるのに、誰も気にしていないかのように見える。ファシズムは、気づいたときにいは手遅れ、というものだが、はて、この一見のどかに見える国はどうなっていくのか。
一読しておくべき一冊だと思う。政治家の国語力でんでん、ってな話ではないのだ。

『熱狂なきファシズム-ニッポンの無関心を観察する』
想田 和弘 著
河出書房新社 刊
2014年8月 初版発行

例によって少し抜粋。

続きを読む "『熱狂なきファシズム-ニッポンの無関心を観察する』"

| | コメント (0)

春よ来い。春の“花紀行”のご案内

寒波襲来で、あちこちが雪国のよう。寒のさなかですが、春のご案内を。
Dsc05164
コープのカルチャー」にて早春の花を訪ねるハイキングツアーを企画。

★【現地講座】花紀行~<須磨観梅ロード「須磨浦~離宮公園」
 …ココ! 2月25日(土)
★【現地講座】花紀行~早春の六甲高山植物園
 …ココ! 3月17日(金)

続きを読む "春よ来い。春の“花紀行”のご案内"

| | コメント (0)

初釜会2017

師匠のお心遣いで、師弟4名だけの少人数だけど年に一度の華やかな会。
Dsc04600
まずは彩りも美しい点心から。和やかな集いのスタート。

続きを読む "初釜会2017"

| | コメント (0)

おとな旅神戸「六甲・摩耶神秘の夜景バスツアー」2

おとな旅・神戸」2016冬プログラムの夜景ツアー2回目。
Dsc04544
昨日の大荒れから一転、穏やかでいい天気に。1回目に引き続きいい感じ。
チャーター便の坂バスから、臨時増発便のまやビューラインに乗り継いで摩耶山上へ…

続きを読む "おとな旅神戸「六甲・摩耶神秘の夜景バスツアー」2"

| | コメント (0)

[告知]六甲山専門学校2月度

六甲山専門学校」、2月度のご案内を。
Shioz_201702
「神戸市総合インフォメーションセンターから見た六甲山」と題し、神戸市総合インフォメーションセンター長の潮崎孝代氏にお話いただきます。30年にわたって神戸の観光に関する案内をされてきた中から、六甲山にまつわるお話を。2017年2月10日 19:00-
神戸学生センター(阪急六甲から徒歩約3分)
参加費 1000円

詳細は六甲山専門学校のサイトへ。

★参考サイト

続きを読む "[告知]六甲山専門学校2月度"

| | コメント (0)

大寒の行事@六甲枝垂れ

昨年も行ってみたのだが、今年も六甲山上の冬の風物詩が行われた。
Dsc04357
六甲山上は素敵な雪景色。
Dsc04360
開始予定時刻の10時に行ったら、もうすごい人。

続きを読む "大寒の行事@六甲枝垂れ"

| | コメント (2)

伊吹島の「いりこ」と西讃の「おいり」

うどん県の旅で、絶対に買って帰りたかったのが、伊吹島の「いりこ」。
Dsc04295
瀬戸内海の燧灘、観音寺の沖合に浮かぶ、周囲5.4kmの小島が伊吹島。
琴弾公園にある銭形砂絵の向こうに見えている小さな島。この周囲で獲れるカタクチイワシを加工したものが伊吹島いりこ。さぬきうどんのダシの原料として欠かせないものだ。

★さぬき瀬戸しまネッ島「新鮮な伊吹いりこが有名な島(伊吹島)」…ココ!

続きを読む "伊吹島の「いりこ」と西讃の「おいり」"

| | コメント (0)

人生初“骨折事件”か?と思いきや…

昨日、最後の山から下りる途中「ゲレンデ」と書かれた小さな看板を発見。
Dsc04214
予約してる高速バスまで時間もあるし、ちょっと探索してみようと…

続きを読む "人生初“骨折事件”か?と思いきや…"

| | コメント (4)

うどん県プチ旅“うどん”三昧

昨日一昨日と、うどん県を旅してたのだけど、当然うどんが主食。
Dsc03739
高速バスが高松に到着するや、駅前のうどん屋へ。まずは朝ごはん。

続きを読む "うどん県プチ旅“うどん”三昧"

| | コメント (0)

うどん県プチ旅2日目

暗いうちから起き出して…
Dsc03965
そこそこ冷え込んだけど、いい天気になりそう。
Dsc03968
真っ暗な海にたくさんの漁火を見た。明るくなるのを待って行動開始。


★「週刊ヤマケイ」に掲載いただいてます…ココ!

続きを読む "うどん県プチ旅2日目"

| | コメント (0)

うどん県へプチ旅に。

所用により、急遽四国方面へ。
Dsc03735
三宮BTから高速バスに乗車。
Dsc03736
寒いけどとてもいい天気。明石海峡大橋もとても景色がよかった。

続きを読む "うどん県へプチ旅に。"

| | コメント (0)

『終わらざる夏』

“玉音放送”によって終戦が告げられた後、北の孤島・占守島で起きたOwarazaru_ueOwarazaru_shi「知られざる戦い」を描いた作品。太平洋戦争末期の異常な国家総動員によって運命が変えられてしまった人々の姿を描く、壮大な群像劇。
戦争というものがひとりひとりの生身の人間にもたらす苦難、悲劇、不条理。作家はインタビューにこう答えている。
「すべての国民が、戦争を遂行するためのシステムに組み込まれてしまった。その意味でこの小説は自由を奪われたさまざまな人々の群像劇でもあるんですよ」
この国では、永久に放棄しているはずの「戦争」が、なんだか妙なリアリティを持って、きな臭いかおりを放ち始めている今。一読してみてほしい一冊。

『終わらざる夏』
浅田次郎 著
集英社 刊
2010年7月 初版発行
2013年7月 文庫版発行

★集英社『終わらざる夏』公式サイト…ココ!

続きを読む "『終わらざる夏』"

| | コメント (0)

雪の畑→TeamNora新年会

夜の予定までの間に、ちと畑を見に行ってみようと思ったんだけど…
Dsc03713
駅を降りたら吹雪!一面の雪景色!(当たり前か…)
畑はずっとほったらかしで、12月24日以来なので3週間ぶりだ。

続きを読む "雪の畑→TeamNora新年会"

| | コメント (0)

うっすら雪化粧の河内飯盛山

NHK京橋「日曜山歩き女性クラス~はじめてチャレンジ!」2期目第1回。
Dsc03679
前夜から各地で大雪のニュースが続いて、どうなることやらと…。寒い時期でもほぼ積雪のないエリアということで選んだ山なんだけど、山の中は多少雪は積もっていそう。

続きを読む "うっすら雪化粧の河内飯盛山"

| | コメント (0)

『日本の大問題 現在をどう生きるか』

日本に健全な森をつくり直す委員会」事務局長の天野礼子さんが、Nihon_daimondai_2同会の委員長である養老孟司氏へのインタビューと、同委員である藻谷浩介氏を交えた対談(実際には天野氏を含めた鼎談という形で進行)をまとめた一冊。教育論から始まり、今のこの国の情勢や、日本人の生き方など、まさにタイトル通り「日本人の大問題」が語られている。

かなり長めのプロローグ「情報に頼らずに生きる —養老孟司の教育論」、第1章『現代はどのような時代か』、第2章『現代社会の行き着く先』、第3章『人はなぜ学べないのか』、第4章『「状況」に気をつけよ』、それぞれに面白かった。

『日本の大問題 現在をどう生きるか』
養老 孟司,藻谷 浩介 著
中央公論新社 刊
2016年7月 初版発行

例によって少し抜粋。

続きを読む "『日本の大問題 現在をどう生きるか』"

| | コメント (0)

シェア・ザ・マウンテン「年明け一番は開運招福の初詣ハイキングへ」

久々にちょっと締め切りに追われた気分になれた一日。
どこにも行けなかったけど、コチラの記事がUPされています。
Stmjan13_2
★年明け一番は開運招福の初詣ハイキングへ…ココ!

コチラもぜひ。
★もうすぐ冬将軍来襲? 六甲山上de氷雪体験…ココ!

過去記事一覧を以下に。

続きを読む "シェア・ザ・マウンテン「年明け一番は開運招福の初詣ハイキングへ」"

| | コメント (0)

またまた高取山variation

神戸教室木曜クラスでまたまた高取山へ。
Dsc03650
とてもいい天気。塗りなおしたばかりの鉄人も青空の下で鮮やか。
背後には高取山。8日は天気が悪くて見えなかったけどねー。

続きを読む "またまた高取山variation"

| | コメント (0)

高羽道~坊主山

NHKカルチャー神戸教室「水曜ショートハイキング」で六甲の背山へ。
Dsc03642
ぽかぽかとした日差しが心地良いハイキング日和。短いコースだけど、木漏れ日が射す静かな道で、ところどころで展望もあって。ホントに歩くのに気持ちのいい日&コースだった。

続きを読む "高羽道~坊主山"

| | コメント (2)

1月度「青空主義・六甲山大学」

1月は、冬ハイキング+温泉。六甲山は山麓にたくさんの天然温泉がある。
Aozora_201701
気象条件によっては雪景色や霧氷が見られることもあり、寒い中を歩くと、下山後の温泉も格別。有馬温泉はもちろん、灘温泉(&坂バス)、湊山温泉も紹介しています。
ビジュアル的に、雪景色とか最高峰や摩耶山掬星台をメインで紹介してますが、須磨とか、山麓に近い低山もお勧めです。
六甲山シーズンガイド 秋・冬』『六甲山ショートハイキング77コース』などをご参照くださいね。

★「シェアザマウンテン」でも六甲山上の冬についてご紹介→ココ!
※「山小屋」(右側コラム)で、ほくら~ととや森の世話人倶楽部主催の桜の植樹会のご紹介をしています。今月28日土曜日です。ご興味のある方はぜひ。

続きを読む "1月度「青空主義・六甲山大学」"

| | コメント (0)

『日本画にみる 四季のうつろい』@大谷美術館

新春恒例、西宮市大谷記念美術館のコレクション展へ。
Dsc03617
日本画にみる 四季のうつろい
2017年1月2日(月・振休)~2月12日(日)、水曜休館

例年年明けのこの時期は、館蔵の名品からテーマに沿った展示をされるのだが、今年は日本の美しい四季を描いた日本画を取り集めて展示。
ボローニャ国際絵本原画展』『マリメッコ展』のような華やかな展覧会とは雰囲気が全く違っていて、とても静か。おなじみの作品がほとんどだが、貴重なコレクションをじっくりと鑑賞できる機会としてとてもありがたい。

西宮市大谷記念美術館
西宮市中浜町4-38 0798-33-0164

続きを読む "『日本画にみる 四季のうつろい』@大谷美術館"

| | コメント (0)

雨の高取山variation

神戸教室日曜クラスの1月度。朝から雨が降りそうな空模様。
Dsc03577
元々午後から雨の予報だったのに、降り始めが早くなったみたいでスタート時、パラパラと降り始めてた。

続きを読む "雨の高取山variation"

| | コメント (0)

おやつハイク@須磨

春みたいなポカポカ陽気の土曜日。のんびりハイクにおでかけ。
Dsc03499
とっても久々のおやつハイク。南国みたいな須磨の海からスタート。
Dsc03505
綱敷天満宮では、早くも梅が開花。「紅冬至」の可憐なピンクが春らしく。

続きを読む "おやつハイク@須磨"

| | コメント (0)

特別展「神戸べっぴんオルゴール」

六甲山上「六甲オルゴールミュージアム」にて、本日より特別展が開幕。
Dsc03436
オープニングイベントに参加すべく朝から山上へ。
Dsc03450
穏やかに晴れて、冷え込みもたいしたことはなく。

続きを読む "特別展「神戸べっぴんオルゴール」"

| | コメント (0)

『誰が平和を殺すのか (佐高信の緊急対論50選) 』

ジャーナリストの佐高 信氏が、ピーター・バラカン氏、Photo原田正純氏、纐纈あや氏、落合恵子氏、井上陽水氏、小室等氏、矢野顕子氏、李政美氏、湯浅誠氏など、多彩な人々と対談した内容をまとめた一冊。非常に読み応えがあって面白かった。今のこの国の不穏な流れを、きちんと見ている人たちが存在する。いろんな問題を内在したままの現状を語る人たちがいる。それは、かすかな希望である。

『誰が平和を殺すのか (佐高信の緊急対論50選) 』
佐高 信 著
七つ森書館 刊
2014年11月 初版発行

少し引用してみる。

続きを読む "『誰が平和を殺すのか (佐高信の緊急対論50選) 』"

| | コメント (0)

スクランブルロケ

3日の夜、急なオファーが舞い込んできた。「明日空いてます?」って。
Dsc03427
で、とある取材に緊急出動。朝イチから始まり、解散したら夜8時。

続きを読む "スクランブルロケ"

| | コメント (2)

(神社の)初詣&初登り

初詣は天上寺の心経会で済んでるねんけど、神社は行ってへんし。Dsc03149
元旦はガーデンテラスで御来光を見たけど、ケーブルで下っただけで登ってへんし。というワケで、撮影したいものもあったので、初登りで六甲山へ。

続きを読む "(神社の)初詣&初登り"

| | コメント (0)

「モツアン餃子」試作。新春初ギョーでぎょざいます。

正月早々、自宅で一人ランチだったので…
Dsc03117
ちと前に読んだ『餃子の創り方』で、気になってたヤツを試作してみた。モッツァレラチーズとあんこの餃子。想像つかないでしょ。

続きを読む "「モツアン餃子」試作。新春初ギョーでぎょざいます。"

| | コメント (0)

正月のおやつ@フクモナ

データ出力をすべく三宮まで出かけたら、なんとキンコースが休みだった。
Dsc03105
「正月三が日くらいはお店もみんな休めば?」と日頃言ってる割に、ちょっとショック。例年元日はココで作業するのが恒例だったりするもので。けどまぁ、従業員さんが平穏な正月をおうちで過ごせているのなら善き哉善き哉。
で、そこからちょっと、お届けものついでにフクモナでおやつタイムを。ココも正月から開いてるわけだけど、オープンから初の正月なので、試しに開けてみる?ってコトらしい。

続きを読む "正月のおやつ@フクモナ"

| | コメント (0)

御来光@六甲ガーデンテラス

心経会が終わった後、初日を見ようとガーデンテラスまで歩いて…
Dsc03033
よく晴れて、冷え込みもこの時期としてはましみたいで、けれど夜景もさることながら、星が降るほどにたくさん見えてとてもきれいだった。ガーデンテラスで夜明けを待って、

続きを読む "御来光@六甲ガーデンテラス"

| | コメント (0)

除夜式&心経会@摩耶山

摩耶山天上寺で除夜&初詣を、と大晦日の夜10時から摩耶山へハイク♪
Dsc03022
すっきり晴れてたので、ほとんど夜景ハイク。まずは上野道の五鬼城公園。

続きを読む "除夜式&心経会@摩耶山"

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »