« 2月度「青空主義・六甲山大学」 | トップページ | 2月15日の梅開花状況@甲東梅林・保久良梅林・岡本梅林 »

アウトドアウェア用洗剤「オールウォッシュ」

神戸のアウトドアメーカー「ファイントラック」から洗剤が発売された。
Dsc05411
先日、展示会に行ったときにサンプルをもらったので、使ってみることに。

★ケアファイン™(オールウォッシュ)…ココ!

Dsc_4906
ニュウモラップはアウターだし、汚れの目立つ色なので、ときどき洗ってたけど、ポリゴン2Lは直接肌に触れないし、そう汚れないかと思って洗ったことがなかった。
2着まとめて手洗いしたのだけど、洗剤を入れたぬるま湯で押し洗いしたところ、洗剤液が恐ろしい濁り方で驚いた。ミドルウェアも時々は洗わないとアカンなぁ…

メーカーの説明によると、この商品の特徴は、
・泥汚れに強い
・撥水性や吸汗性などの機能を損なわない

 ということらしい。また、キレート剤にとくにこだわって、“よい成分”を贅沢に使っているそうだ。香料とか蛍光増白剤とか、無駄なものを一切入れてないので、すっきり洗えてすっきりすすげるそうである。
今回、泥汚れはなかったのでその点はわからないけど、汚れ落ちの性能は高いと感じた。また、すすぎがラクという点は厳密に比較したわけではないから「そうかも…」というレベルだが、へんな香りが残ったりはしないので、安心感はある。

そもそもアウトドアウェア用の洗剤を使うべきなのかな、と思ったのは…
このニュウモラップを買ったばかりの頃、正月の遠見尾根で、ずぶ濡れになったことがあるから(5年も前か…めっちゃ古い話でスマン)。
ソフトシェルだし、元々完全な防水機能はないので、雨の中でアウターとして着るべきものではないのだが、まだ新しいしどれくらいいけるものだろうかと思って着てたら…。
横殴りの雨の下ではあっと言う間に水がしみてきた(冬用のダブルヤッケも結局濡れた)。

いくらなんでも防水性なさすぎやろ、と思ったけど、思い当たるのは、直前にほかのものと一緒にふつうに洗濯をしたこと。洗剤特有の香りが残っていたので、すすぎが完全じゃなかったのかもという疑いと共に、柔軟剤の成分が入ってるタイプのものだったのではないかと思った。
以来、洗う時は手洗いして、すすぎをしっかりするように気をつけていたけど、そもそもふつうの市販の洗濯用洗剤ってアウトドアウェアには向いてないのかもしれないと思う。
Photo

|

« 2月度「青空主義・六甲山大学」 | トップページ | 2月15日の梅開花状況@甲東梅林・保久良梅林・岡本梅林 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月度「青空主義・六甲山大学」 | トップページ | 2月15日の梅開花状況@甲東梅林・保久良梅林・岡本梅林 »