« 3月28日の畑 | トップページ | 助っ人出動 »

六甲山シンポジウム「僕達の山、六甲山について語ろう」

六甲山シンポジウム「僕達の山、六甲山について語ろう」第1回開催。
Dsc07734_2
アルトラ
の営業担当で、元看護士のノブ君から、六甲山をベースに遊んでいるローカルメンバーで、この山について考えていく“場”が提案された。Sky High Mountain Worksタクさん、白馬堂ROKKOあさやん、SPERKスコーン&バイシクルトミタさんがスピーカーとして登場。

あさやんからは、「地図から見える六甲山」と題して、登山地図を作っている立場から、登山道の管理についてなどのお話。道の整備や安全管理は誰が行っているのか。勝手に整備をしている事例もあるけれど、それはどう考えるべきなのか。「つうほうプレート」のお話などなど。

タクさんは、六甲山、とくにロックガーデンが好きで、その近くに店を構えたと。開店から今年9月で10年になるが、当時は「山=登山」しかなかったが、いろいろな遊び方ができることを店で提案してきたこと。その中で、インターネットの普及で、情報が先立ってひずみが出てきているようにみえる、という指摘がなされた。

トミタさんは、ともすれば“悪者”扱いされてしまいがちなMTBの立場からのお話。MTBにもクロスカントリーとダウンヒルがあり、フィールドに対する配慮をきちんとしている人たちとそうでない人たちがいること。ローカルメンバーの間では、山を荒らさない、ハイカーとトラブルを起こさないための暗黙のルールがあって、雨で路面が緩んでいるときは走らない、ハイカーにはあいさつをする、などの配慮を徹底しているとか。初心者対象のツアーも実施しているが、ネットで公募というよりは、対面で予定をすり合わせて、ルールをきちんと伝えていくことを重視しているそうだ。

まだまだよいお話がいっぱいあったけど…
継続開催したいとのことなので、今後に期待したい。さしあがって、MROSが次の機会。4月22日の前夜祭にぜひ。
詳細はコチラ
★Sky High Mountain Works タクさんブログ…ココ!

|

« 3月28日の畑 | トップページ | 助っ人出動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月28日の畑 | トップページ | 助っ人出動 »