« 『8月17日、ソ連軍上陸す-最果ての要衝・占守島攻防記』 | トップページ | カンヅメ→プチ脱走で畑へ »

『明治維新という過ち-日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト』

誰かにおすすめされて読んでみた本。連日カンヅメ時の過去本ネタ…
Meiji_ishin_aya_2が、とても強烈なインパクトがある本だった。
“歴史書としては異例の5万部を超えるヒット”だそうで、明治から今の政権にまでつながる、“長州閥”を徹底的に批判している。

「吉田松陰は山県有朋が創った虚像である!」
「久坂玄端は天皇拉致未遂犯である!」
「勝海舟は裏切り者である!」
「長州藩はテロリスト集団である!」

「ひょぇぇ…」と思いつつ読了。
これらについては、文献を引いて、証拠をきちんと書いておられるので、偽書とかトンデモ系ではないと思うのだが、表現がちょっと抒情的なので、イメージ的に損をしているのではと思わなくもない。
まぁお読みでない向きはご一読を。

「明治維新という過ち-日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト」
原田伊織 著
毎日ワンズ 
刊改訂増補版 2015年1月 初版発行

|

« 『8月17日、ソ連軍上陸す-最果ての要衝・占守島攻防記』 | トップページ | カンヅメ→プチ脱走で畑へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『8月17日、ソ連軍上陸す-最果ての要衝・占守島攻防記』 | トップページ | カンヅメ→プチ脱走で畑へ »