« 白山1日目(中宮温泉~ゴマ平避難小屋) | トップページ | 白山3日目(殿ヶ池避難小屋~白山禅定道) »

白山2日目(ゴマ平避難小屋~室堂~殿ヶ池避難小屋)

朝から雨。ガッツリ雨。携帯圏外なので天気予報はチェックできない。
Dsc04658
が、昨日登ってきた道を下るのはちょっと考えたくないので、なんとか室堂へ抜けたい。雷が来ないことを祈りつつ、5:45ゴマ平避難小屋を出発。

Dsc04666
ガスが出たり、雨が降ったりやんだり。初日の雨はたいしたことがなかったので、多少濡れた物はすべて夜のうちに乾いていて、靴も全く濡れてなかったので快適ではあった。この段階では。
Dsc04696
ニッコウキスゲが満開で、雨に濡れた姿がとてもきれいだった。
Dsc04713
白山は活火山。今回ヘルメットをどうしようか一応考えたのだけど…噴火の兆候は観測されてないみたいだったので、持って行かなかった。
Dsc04739
ビューポイントの地獄覗き。「地獄尾根の壮絶な景観」はバッチリ見えた。上下を雲にサンドされた状態でそこだけ見えてる、サービスショット的な景観。
Dsc04774Dsc04726
クロユリがたくさん咲いてた。これまで見たことのないくらいの群落。
Dsc04807
道標は、ほとんど全部が倒れてる。笑うくらい倒れてる。なんで…?
Dsc04812
北弥陀ヶ原を過ぎて、2349ピークからヒルバオ雪渓が見えた。
Dsc04823
お花松原の先で小さい雪渓が2か所。
Dsc04826
この2か所は対岸の道が見えていたので問題なかったのだが…
Dsc04828
ヒルバオ雪渓を横切るところが、ガスで反対側が見えなくて、踏み跡も全くわからず、どうルートを取ればいいのかわからなかった。斜上していかないといけないのを直進しかけたりして、無駄にうろうろしてしまった。なんとか対岸の道を発見。
Dsc04833
6時間半のコースタイムのところ、7時間ちかくかかって山頂部へ。ガスガスで何も見えず。
Dsc04839
池巡りコースから御前峰へ登ろうと思ったけど、霧が深くて何も見えないので、途中でやめて室堂へショートカットすることに。が、千蛇ヶ池から室堂へのコースに大きな雪田が残っていて、またまたルートがわからず、ガスの中でうろうろ。マーキングに竹竿を刺してくれているのがもれなく倒れてて、ガスっているので近くまで行かないと見つけられなかった。
Dsc04847
室堂もこんな感じ。ビールとワインを買って、水を汲んだ。
室堂センターの掲示板でようやく天気予報を知ったけど、大雨警報出てますがな。
が、こんな天気の平日に、続々と登山者が登って来るのに驚いた。まぁこんな天気のこんな時間に下って行く私たちを見て、向こうも驚いたと思うが。
Dsc04850
雨は、豪雨になっていて、道はほとんど沢。というか滝みたいな状態。
Dsc04868
視界も悪く、滝のように水が流れる中を粛々と下る。「豪雨体験」みたいな降り方の中を歩いていると、5年くらい使ってる古いレインパンツは完全に防水機能がダメになり、下半身から濡れはじめた。靴も完全に水没状態、何もかもずぶ濡れ。
Dsc04871
15:45、殿ヶ池避難小屋到着。歩行距離約12㎞、行動時間約10時間。よく頑張りました。
一応防水パッキングしてたので荷物は濡れてなくて、着衣は着干しですぐに乾いた。靴と靴下は絶対乾かないだろうと思ったけど…
今回、寝袋は、ゴアテックスのカバーと、モンベルのスリーピングシーツのみにしたけど、やや寒いくらいでなんとか凌げた。

※ヤマレコに記録をUPしました…ココ!

[ウェア]
インナー/ファイントラック「パワーメッシュ」
トップス/ファイントラック「ドラウトエア」(長袖)
パンツ/アクシーズクイン「ナツミチ」(七分)
レインウェア/(上)アクシーズクイン「カグヤ」 (下)ファイントラック「エバーブレスフォトン」

|

« 白山1日目(中宮温泉~ゴマ平避難小屋) | トップページ | 白山3日目(殿ヶ池避難小屋~白山禅定道) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白山1日目(中宮温泉~ゴマ平避難小屋) | トップページ | 白山3日目(殿ヶ池避難小屋~白山禅定道) »