« 『魔法の美術館』開幕! | トップページ | 「花紀行~紫陽花が見頃の摩耶山上周遊」 »

六甲山専門学校7月度「六甲山小学校今昔物語」

六甲山専門学校7月度は、六甲山小学校の中谷勝彦教諭をお招きした。
Dsc04127
小学生が保護者の方と数組来てくれてた。高校生以下の参加者は初。

Dsc04128
たくさんの写真や資料も展示。
Dsc04125
昭和24年に唐櫃小学校六甲山分教場として開校し、以後“山の学校”として独特のスタイルで運営されてきた。平成14年から「特認校」として校区街からの児童も受け入れるようになり、自然豊かな山上で教育を受けさせたいと、ケーブルに乗って下界から通学する児童たちも。現在、山上在住の児童が11名、特認が41名と、大半がこの制度を利用している。
人数が少ないので、遠足や修学旅行でも自由度が高く、運動会や音楽会などもみんなが主役。全山縦走コースを4回に分けて歩いたり、スキーキャンプなどほかの学校にはない行事も。子どもたちの生き生きした写真を見ていると、やっぱり子どもは自然の中で育った方がいいし、大人数をひとかためにして教育するよりは理想的だなと感じた。現実的にはほかの学校では無理だろうけど。

やっぱり、都市部での人口密集、集中というのは不自然なことなんだろうな。

六甲山専門学校、8月は「夏休み」なので、次回は9月8日(金)です。
『地域に根ざす郵便局』と題し、六甲山郵便局の田淵利一局長にお話を伺います。

|

« 『魔法の美術館』開幕! | トップページ | 「花紀行~紫陽花が見頃の摩耶山上周遊」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『魔法の美術館』開幕! | トップページ | 「花紀行~紫陽花が見頃の摩耶山上周遊」 »