« 11月5日の畑 | トップページ | 高丸山(またまた) »

奈良立ち寄りspot-1「鹿の舟」

奈良方面のハイキング帰りにお勧めな店をシリーズで紹介(木日までに)。
Dsc01070
ならまちの南端あたり、カフェブームのはしりとなった伝説的名店「くるみの木」が運営する「鹿の舟」(公式サイト)。
竈炊きの炊き立てご飯がいただける「」、大正初期に建てられた古民家をリノベーションした観光案内所兼文化発信基地「」、ランチやスイーツ、土日はモーニングも楽しめる喫茶室「」の3つの施設が集まっている。駅からけっこう遠いけど、お薦め度は高いお洒落施設。
ちなみに、「」のごはんは…

Dsc01068
朝ご飯セット550円。8時から11時まで。
店内に設えた本物の竈と羽釜で炊き上げるご飯と、3品+お味噌汁。もう少しゴージャスな「大和の朝ご飯」は1050円。
炊き立てごはんがホントに美味しい。お米は奈良県産、浅井農園の「ひのひかり」。味噌も醤油も地元産の選りすぐりを使用。かまどにくべる薪も、奈良県産ヒノキの端材だそう。昼ごはんは1250円~各種。
Dsc01069
使われている器も、さすがにセンスがいい。春日山の向こう側(?)にある「墾る窯工房(はるこうぼう)」という窯のもので、鳥居とか鹿とかをモチーフにした奈良絵が素朴でいい感じ。
食事のほか、グローサリー部門もあって、地元の美味しいものがアレコレ。ほかの地方のものもあるけれど、馬路村の産物とか、伊吹島のいりことか、セレクトがさすが。食器なども日用使いにいいものが置いてある。
Dsc01076
敷地内には少しだけだけど、田畑があって、米も作ってるみたい。
Dsc01075
こちらが「」。
Dsc01073
竈と繭の間の庭に、ちジュウガツザクラが植えられていて、ちょうど見ごろだった。お庭の植物もいい感じ。

コチラもぜひ。
★奈良の南インド料理店「タリカロ
★釜あげうどん「重乃井・奈良店
★ならまちの「ちょこっとカフェ」(ちょい呑みができる酒屋)

行列がすごいけど… お暇なら。
★巾着きつねうどんの「麺闘庵

ほかにも、「吉野本葛天極堂」とか、奈良にはいろいろ名店が揃ってます。
寄り道上等!な感じで、ぜひ。

今日は、カメラマンK i i Tさんと奈良の取材だったのだけど、「くるみの木」の取材に行ったのはもう6年も前

|

« 11月5日の畑 | トップページ | 高丸山(またまた) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月5日の畑 | トップページ | 高丸山(またまた) »