« 某ミーティング→師走のお茶 | トップページ | 六甲山大学ミントサロン12月度『山で気軽にウクレレを楽しもう』 »

歳末の風物詩「第九」

諸事情により、古い山仲間のumeちゃんにチケットをいただいて。
Dsc02885_2
夕刻から、兵庫県立芸術文化センターのコンサートへ。

20171220_9
神戸フロイデ合唱団による第九。

「交響曲第9番ニ短調」作品125 の第50回記念公演。

指揮  亀井正比古氏
管弦楽 関西フィルハーモニー管弦楽団

「第九」をフルで聞くのは実は初めてだったりして。
舞台上に合唱団とオーケストラが250名?観客は約2000名?

それらの人々が一体となった、よい時間を共有できた。umeちゃん、ご一緒くださった“猫とワイン”さん、ありがとう。

|

« 某ミーティング→師走のお茶 | トップページ | 六甲山大学ミントサロン12月度『山で気軽にウクレレを楽しもう』 »

コメント

お誘い頂きありがとうございました。
全楽章を通して聞いたのは私も初めてでした。
最終楽章に向かって高まっていく高揚感は凄いですね。
第九の醍醐味。

年末に第九をわざわざ聞いたことはなかったし、そもそも年末には第九って誰が決めた?とも思うけど、聞いたことで年末感がひしひしと…
"umeちゃん"は残念でしたが、おこぼれに預り感謝です。

"猫とワイン"は最強の取り合せです。
にゃみサンタにも感謝!

投稿: 海と太陽 | 2017年12月21日 (木) 08:19

昨夜はお疲れさまでした。
よい感じのホールで、よい感じのコンサートでしたね。
ローカルの醍醐味というか、落ち着いて楽しめる感じ。

よいクリスマス&年末年始を…

投稿: にゃみ。 | 2017年12月21日 (木) 08:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 某ミーティング→師走のお茶 | トップページ | 六甲山大学ミントサロン12月度『山で気軽にウクレレを楽しもう』 »