« 摩耶山上→須磨→多井畑厄神 | トップページ | 懐かしの「ラクシュミ」と展示会2件 »

『藤田嗣治 本のしごと』展@大谷美術館

年明けから取り組んでた“城”がようやく一段落、雨の中午後からおでかけ。
Dsc03784
没後50年 藤田嗣治 本のしごと -文字を装う絵の世界-
 Léonard Foujita Private on Works
 ★西宮市大谷記念美術館
  ~2月25日(日)

Dsc03780
エコール・ド・パリを代表的する画家としてパリで制作活動を続け、1920年代初頭から発表した“乳白色の肌の裸婦像”で高い評価を受けてきた画家。挿絵の世界でもずいぶん評価が高く、今回はそんな本を飾った作品を特集。あちこちで目にする有名作品も何点かあったが、友人や知人に宛てて書いた絵ハガキや絵手紙なども紹介されており、見ごたえがあった。とくに、猫を描いた作品が、作家の猫愛が伝わってきてなかなか良かった。
Dsc03785
庭園では、マンサクが見ごろ。
Dsc03787
ロウバイもよく咲いていて、雨の中馥郁たる香りが漂っていた。
Dsc03790
梅はまだまだつぼみ固し。保久良梅林では咲き始めている品種もあると聞いたが。
Dsc03791
本来秋の花のシコンノボタンがまだ咲いてた。
Dsc03793
雨に濡れたサザンカも美し。全国的に大雪になるそうだけど、被害が出ませんように。

|

« 摩耶山上→須磨→多井畑厄神 | トップページ | 懐かしの「ラクシュミ」と展示会2件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 摩耶山上→須磨→多井畑厄神 | トップページ | 懐かしの「ラクシュミ」と展示会2件 »