« 『六甲山の花 244種と花トレッキングおすすめコース』 | トップページ | 雨上がりの甲山周辺へ »

食堂miacuci@雲井通

雨の連休明け。ずっとひきこもりなので、以前に行ったお店の紹介でも。
三宮から旧西国街道を東へ、繁華街のはずれに昨年秋にオープンしたお店。
Dsc08514
道路(旧西国街道)に面したビルの1階。お洒落な雰囲気が漂ってる。

★食堂miacuci(みあくち)
神戸市中央区雲井通3-7-9 佐藤ビル3号
078-242-3339

高知県出身の女性オーナーのお店で、高知直送の食材やお酒、そして地元兵庫産の食材にこだわっている。
Dsc08517
いたどりのきんぴらを頼んだら、「いたどりってわかります?」と聞かれた。
極にゃみ的には、子どもの頃から祖母とよく摘みに行ったなじみの深い食材だけど、関西ではあまり認知されていないらしい。この店では高知から塩漬けのものを取り寄せているそうだ。えごまをたっぷりまぶしてあって、とても美味しかった。
Dsc08520
「メヒカリ」の干物と、高知県安芸市の有光酒造「赤野」。
土佐特産酒造好適米「吟の夢」を赤野川の伏流水で仕込んだ純米吟醸、無濾過生。柔らかい口当たりと、ふわっと立ち上がる米の香りがええ感じ。
で、メヒカリ。初めて食べたけど、軽く日干しにしてあるので旨味が凝縮していて、すごく上品な味わい。柔らかい身に旨味がええ感じで詰まってる。深海魚で、飛び出した目が光って見えるのでこの名がついたそう。頭は取ってあったので、どんな目なのかわかんなかったけど。
Dsc08527
御畳瀬(みませ)の「沖うるめ」 と、久礼のすごい酒「どくれ」。
沖うるめは、ウルメイワシじゃなくて、土佐沖でとれるキス科の深海魚だそう。これまた、淡白なのにとても旨味の濃いお魚で、酒がススム君。「どくれ」は、中土佐町、久礼の西岡酒造の酒で、無濾過生原酒らしいしっかりした旨口の美酒。どっちも美味しかったなぁ。また行きたいお店。

|

« 『六甲山の花 244種と花トレッキングおすすめコース』 | トップページ | 雨上がりの甲山周辺へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『六甲山の花 244種と花トレッキングおすすめコース』 | トップページ | 雨上がりの甲山周辺へ »