« 2018年6月度六甲山大学ミントサロン「六甲山における治山の歴史」 | トップページ | 6月の上高地周辺で出会った花2 »

6月の上高地-涸沢で出会った花たち

今回の山旅、初日に出会った花たち。まずは上高地-横尾間。
Dsc03035
極にゃみ的にはこの時期初めてなので、いろいろ新鮮。明神を過ぎて、横尾までの間の遊歩道の脇にわっさーっと咲いていたのが「ベニバナイチヤクソウ」。

六甲山でも白花のイチヤクソウはたまーに見るけど、こんな群生見たことない、くらいの勢いで。
Dsc03033
オドリコソウはちょっと盛りを過ぎた感じ。Dsc03031
シソ科の「ラショウモンカズラ」。
次は本谷橋から上。
Dsc03104_2
終わりかけのムラサキヤシオをなんとか見ることができた。
Dsc03111
横尾より下でもまだ咲いてたけど、イワカガミがすごい群落を形成してた。
Dsc03112
「コミヤマカタバミ」だそう。ミヤマカタバミとどう違うのかわかんないけど。
Dsc03131_2
「オオバキスミレ」
Dsc03134
「ミネザクラ」。標高2000mあたりから咲いていた桜。残雪と新緑と、濃いピンクの小さい花がとても可憐。
Dsc03135
夏山では種しか見られないことが多い「キヌガサソウ」が花盛り。
Dsc03143
同じく、夏山シーズンには種になってる「サンカヨウ」がいっぱい咲いていてうれしかった。

|

« 2018年6月度六甲山大学ミントサロン「六甲山における治山の歴史」 | トップページ | 6月の上高地周辺で出会った花2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2018年6月度六甲山大学ミントサロン「六甲山における治山の歴史」 | トップページ | 6月の上高地周辺で出会った花2 »