« 台風で延期になった六甲山大学ミントサロンへ | トップページ | 『ボローニャ国際絵本原画展2018』 »

植物いろいろ、+9月19日の畑

にゃみ庭、福井の友人宅からもらってきたフジバカマがもうすぐ咲きそう。
Dsc07534
コレが咲くと、アサギマダラが訪ねて来てくれる。くま家の庭からもらってきて、もう6、7年にもなるだろうか。秋になるとしっかり茂ってくれる多年草。

Dsc07535
鉢植えのレモンが、小さいながらも、けっこうたくさん実をつけてる。
Dsc07533
石垣島のスナックパイン、食べた後にクラウン部分を水栽培していたのを、にゃみ母が鉢に植え替えてくれてたのが、けっこう元気に育ってる。寒さに弱いらしいので、冬は室内に避難させるために鉢植え。たぶん、6月20日くらいに育て始めて、9日目くらいで発根してた。
Dsc07536
今日は晴れて陽射しが強く、昼間はものすごく暑くなったのだけど、ヒガンバナ科の花たちは律義に咲いてきてる。道ばたの舗装の隙間から生え出てきた「ゼフィランサス・シトリナ」。白い花を咲かせる、園芸種の「タマスダレ」の黄色バージョンなのだが、庭に植えられているよりは、道のすみっこに勝手に生えてるのをよくみかける。雨のあとなどによく咲くので「レインリリー」の別名もある。
Dsc07537
そしてヒガンバナ。公園の花壇などでは、最近白花やピンクのものも。
Dsc07549
借りてる畑のそばでも、ヒガンバナが満開。
Dsc07552
そして、畑では、michiruさんに種をもらって蒔いた「タデアイ(藍)」が開花しはじめ。花が咲くともう染め物には使えないらしいので、あとは種採り。そして、草はとてもいい肥料になるらしい。最終的には草マルチに使うつもり。
Dsc07554
前回来たのが9月12日なので、ちょうど1週間ぶり。緑はわしわし。が、野暮用のあとに来たので、すでに日没近い感じ。少し遅いけど、芽が出ているジャガイモを植えたかったのだが、日没までにそういう作業をするほどの時間的余裕はなく。
Dsc07555
勝手に生えてきている大葉が絶賛開花ちう。
Dsc07556
8月が暑すぎ&水不足で何も育たなかった葉もののうち、唯一生き延びた「空心菜」が伸びてきてる。刈るのは気が引けるけど、ちと収穫。
Dsc07559
でっかくなってるカボチャ(白皮砂糖南瓜)をひとつ収穫してみたけど、まだ青かった… やはり茎が枯れてから採るべきなのかも。でも、今年うっかり早く採りすぎたシリーズの中では、一番大きいかも。つか、まだ畑に置いといた方がええんかな。
Dsc07561
結局、べつに何もしてないけど、来たのが遅い&日没が早くなってる、ので、帰りは日が暮れた。これからは、17時過ぎじゃなくて、16時台に来ないと何もでけへんなー。なかなか時間的に厳しい季節になってきた。

|

« 台風で延期になった六甲山大学ミントサロンへ | トップページ | 『ボローニャ国際絵本原画展2018』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風で延期になった六甲山大学ミントサロンへ | トップページ | 『ボローニャ国際絵本原画展2018』 »