« 直前下見で北摂へ | トップページ | 北摂スパイス研究所 »

箕面温泉スパーガーデン

関西の中高年ならたぶん耳覚えのある「みのーおんせん、すぱーがーでん♪」
Dsc04214
箕面の滝道脇にある。昭和40年代頃、全国各地にバブリーな巨大レジャー施設がバカスカできたが、コレも元はそんなやつで、今は「大江戸温泉物語グループ」になってる。

★箕面温泉スパーガーデン(公式)… ココ!

かつてのスパーガーデンは、箕面観光ホテルと付属の温泉施設の2本立てで、ゲーセンやボウリング場、プール、大衆演劇場などを併設した一大レジャー施設だった。だんだん斜陽になって、一度はリニューアルして起死回生を図ったものの、2012年、36億円の負債を抱えて民事再生法の適用を申請。スパーガーデンは閉鎖になった。その後、東京資本の「大江戸温泉物語」がスポンサーとなってリニューアルオープン。
極にゃみ的には、この手の大手資本が絡んでるやつって全く興味がないのだけど、ちょうど「地域最安値マル得ナイトキャンペーン」開催中で、夕方17時以降は723円(利用料600円、消費税48円、入湯税75円)で入れるというので、自費取材ということで行ってみた。
Dsc04217
山上へある建物まで、長い展望エレベーターでアクセス。景色抜群。
Dsc04223 Dsc04226
ちょうど、六甲山の山の端に日が沈むところだった。眺めはいいな。
Dsc04225
ともかく、中へ。山の上やからか(?)寒いねん。
エントランスゾーンは無駄に広い。お風呂にたどりつくまでに充分遭難するレベル。導線がわりと謎なので、オタオタうろうろさまよう人も少なくないと思われ。
温泉以外に、屋台コーナーみたいなのとか、飲食や物販コーナーとか、おカネを落とさせる仕組みがいろいろあるので、うろうろしてるうちに、リストバンドでバンバン使って、帰りにまとめてお支払い(げ)、というよくあるシステムだ。

ともかく、受付でリストバンドを受け取って、「ピ!」とやってゲートを通り、靴を脱いで手提げ袋(沓脱においてある)に入れて、まずはロッカールームへ。
ココは、荷物を置くだけで(あるいは浴衣に着替える)、脱衣場はまた別にあるのだが(壁にそう書いてあるけど)、案の定、気づかず裸になってそのまま出ていこうとするおばちゃんとかいて、スタッフが寸止めしてたけど、この仕組みはヤバいと思う。

ともかく、荷物と靴と上着をロッカーに入れ(100円入れて戻ってくるやつ)、屋台っぽいゾーンを通って浴室のあるフロアへ。浴室前で、バスタオルとフェイスタオルを一枚ずつ渡される。通常料金だと浴衣のレンタルもついてる。

ともかく、風呂だ。浴室は、バブルの香りとレトロな風情がたっぷりな感じ。
お湯はとてもいい。とろりとした肌触りが極上の、いわゆる“美人の湯”、炭酸水素塩泉。温度の違う浴槽が3つ。寝転がれる畳敷風の休憩スペースとか、狭いけど露天風呂もあり、サウナもある。うん、お風呂そのものはけっこういいと思う。

ともかく、風呂上りにはビールが飲みたかったのだが、食べたいモノが見当たらず。美味しモノと美味しいビールがあるところへ移動することに。
Dsc04230
夜景がとてもきれい。
Dsc04237 Dsc04235
通常料金だと、平日昼間で1580円(税込み1780円)、土日なら1980円(税込み2213円)。リピートするには微妙なお値段(というか、山帰りにサクッと入れる設定ではない)。

ちなみに、「地域最安値マル得ナイトキャンペーン」は2月28日まで。「いっぺん行ってみよか」という方にはお勧めだ。

|

« 直前下見で北摂へ | トップページ | 北摂スパイス研究所 »

コメント

箕面大江戸温泉物語はヤバいです。
私もあやうく真っ裸でフードコートを横切るところでした(>_<)
館内着を置いてある場所が分かりにくく、ご案内もなかった!
一緒に行ったみんなで右往左往しましたわ(@_@;)
帰りのエレベーター内に「またのお越しをお待ちしております」との貼り紙…
もう来ないな、とみんなでつぶやきました。

投稿: 海と太陽 | 2019年1月22日 (火) 22:01

や、やっぱり… 

導線がややこしすぎるよね。
行先わかんなくて、わらわらうろうろしてる人だらけ。
「壁に書いてある」けど、気づく人ばかりやない…

投稿: にゃみ。 | 2019年1月22日 (火) 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直前下見で北摂へ | トップページ | 北摂スパイス研究所 »