« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

PEAKSアーカイブ『山旅ベストルート』

『PEAKS』編集部セレクト、いろんなシーン別のお勧めルート集。
Img00075タイトルに“アーカイブ”とあるように、過去の特集などから再編集したもので、「一度は行きたい槍剱ルート」「北アルプス王道ルート」「週末山行プラン向きルート」など、プランニングに役立ちそうな一冊。なんと全150ルートも掲載されています。
極楽温泉を目指すルートや雪山チャレンジルートといった切り口もあり、さらに「忘れちゃいけない西日本」というコーナーも。極にゃみ的には、あちらこちらにちょこちょこ登場しますが、今回書下ろしはなし、すべて過去記事からの流用です。けど、こういうまとめ本が出ると、バックナンバーを思い切って処分できていいかも…。

PEAKSアーカイブ『山旅ベストルート』
エイ出版 ピークス編集部 刊
2019年2月26日 発行
1296円

| | コメント (0)

2月27日の畑 -えんどうチーム種まき

昨日、ゆるときランチのあと、てくてく歩いて畑へ。
Dsc06432
畑で何かするのは2月5日以来。2月10日にも立ち寄ったけど、大根1本引っこ抜いただけだった。

続きを読む "2月27日の畑 -えんどうチーム種まき"

| | コメント (0)

羽束山+「ゆるやかなひとときランチ」+…

贈りもの菓子食堂mouetteさんで月に2回ほど開催されるランチを目指して。
Dsc06382
まずは一山。2011年1月に二日酔いトリオで登って以来の羽束山へ登る。

続きを読む "羽束山+「ゆるやかなひとときランチ」+…"

| | コメント (0)

下見2本(RG→MayM)

来月の仕込み、2本まとめて。
Dsc06203
1本目は、地図読みハイキングなんだけど、読図に集中というより、いろいろ見ながら楽しんで歩く設定にしたいと思ってる。

続きを読む "下見2本(RG→MayM)"

| | コメント (0)

福崎町「七草山」

久々にフクモナちゃんたちをお誘いして山歩き。
Dsc06031
ヒョウゴスラビア、兵庫五国連邦の一つ、播磨国の山へ。

続きを読む "福崎町「七草山」"

| | コメント (0)

「須磨海苔」新海苔フェア3 須磨海苔サンド+須磨海苔パン+…

先日来ハマってる須磨海苔フェア。その1その2に続く第三弾。←ヒマ人!?
Dsc05841
先日訪れるも、限定メニュー「須磨海苔と神戸野菜のサンド」が売り切れだったコチラへ。←もしかして執念深い人?(単に食い意地が張ってるだけです)

★神戸市役所1号館1階ロビーにカフェがオープン「127番地」
 …ココ!(PDF)

続きを読む "「須磨海苔」新海苔フェア3 須磨海苔サンド+須磨海苔パン+…"

| | コメント (0)

隆祥館書店「仲野徹先生による 健康のためのト-クイベント」

たびたび興味深いトークイベントを開催される谷六の隆祥館書店へ。
Img00001
ココの本の品揃えはホントにすごくて、小さな店内には読みたい本がいっぱい。こんなにワクワクする書店は珍しいのだ。

続きを読む "隆祥館書店「仲野徹先生による 健康のためのト-クイベント」"

| | コメント (0)

六甲高山植物園特別開園2019

朝になって、特別開園が今日明日なのに気づいて、急遽予定を変更。
Dsc05766
急いで山上へ急行したけど、ちょうど10時に着いたら、すでに長蛇の列。
昨年は、24日に来てた。

続きを読む "六甲高山植物園特別開園2019"

| | コメント (0)

モーニングミーティング→下見→お勉強

美術展のチケットお譲りしますネタに反応してくださったご近所さまと
Dsc05659
モーニングミーティング。宝塚のコーヒーの名店「百合珈琲店」へ。

続きを読む "モーニングミーティング→下見→お勉強"

| | コメント (0)

「須磨海苔」新海苔フェア2 「小麦の実り」

新海苔フェアその2、うどんとのコラボ。手打ちうどん+須磨海苔。
Dsc05647
東神戸で人気の本格手打ちうどんのお店、「小麦の実り」本店で提供。

★小麦の実り 灘本店
神戸市灘区下河原通3-1-3
11:00~15:00 17:00~22:00(L.O.21:30) 無休

続きを読む "「須磨海苔」新海苔フェア2 「小麦の実り」"

| | コメント (0)

「須磨海苔」新海苔フェア1 「La・Ra・La」

新海苔が採れる季節に合わせ、今年初開催の「須磨海苔 新海苔フェア」。

★参加店一覧…ココ!(PDF)

始まってたのは知ってたのだけど、なかなか時間が取れなくてようやく。
Dsc05571
「新海苔入りの汁そば」というメニューが気になってたコチラへ。広東料理店なのだが、なんだか落ち着きのなさげな外観で、どないやろ?と思ったけど、中はとても上品な雰囲気のお店だった。

続きを読む "「須磨海苔」新海苔フェア1 「La・Ra・La」"

| | コメント (0)

久々の助っ人出動→ハーバーランド

春先のこの時期になるとお声がかかるやつにて朝からオーサカへ。
Dsc05562
行先はこのビルじゃないけど。

続きを読む "久々の助っ人出動→ハーバーランド"

| | コメント (0)

調べもの引きこもり系→如月のお茶

とある調べ物系、webをググるより図書館の方が効率がいいような気が。
Dsc05553_1
「森羅万象」って言葉が先日来すっかり印象悪くなってしまって残念だけど、自然は本当に奥が深い。昨日に引き続きお勉強day也。

続きを読む "調べもの引きこもり系→如月のお茶"

| | コメント (0)

常夏の蝶の楽園「伊丹昆虫館」

ちょっとお勉強したいことがあり、伊丹昆虫館へ。じつは初めて。
Dsc05468

伊丹昆虫館

続きを読む "常夏の蝶の楽園「伊丹昆虫館」"

| | コメント (0)

ロックガーデン~保久良梅林・岡本梅林

NHKカルチャー梅田第三日曜クラスでロックガーデンへ。
Dsc05410
中央稜を登ったのだけど、それだけでは面白くないかなぁと、ちと万物相の一番上だけ見物に。

続きを読む "ロックガーデン~保久良梅林・岡本梅林"

| | コメント (0)

日本酒バル「コトノハ」

隆祥館書店にちと寄って、JR駅へ歩いてて、ふと見つけてしまったお店。
Dsc05397
「日本酒バル」だって。へぇぇ、、、ちょっと寄ってみるか。

続きを読む "日本酒バル「コトノハ」"

| | コメント (0)

“酷道”の先にあるパン屋「308 (サンマルハチ) 」

国道の謎 思わず訪ねてみたくなる「酷道・珍道」大全』に書いた308。
Dsc05299
国道というより「酷道」という表記が妥当だと思えるなかなかすごい道なのだが、有名な暗峠から東のパートもなかなかの酷道っぷりなのである。

続きを読む "“酷道”の先にあるパン屋「308 (サンマルハチ) 」"

| | コメント (0)

六甲山専門学校「森林整備事務所と神戸外国人墓地」

六甲山専門学校2019年2月度は、神戸市森林整備事務道木所長がゲスト。
Dsc05242
六甲山の登山道(神戸市エリア)を整備している元締めだ。

続きを読む "六甲山専門学校「森林整備事務所と神戸外国人墓地」"

| | コメント (0)

SITTINGBULL神戸「地図のお話会4」

SITTINGBULL神戸、“山とあそ部”の“お話会”シリーズその4。
Dsc05194
今回は、地図の「先読み」について。

続きを読む "SITTINGBULL神戸「地図のお話会4」"

| | コメント (0)

武田尾~北摂大峰山2

日曜クラスに続き、木曜クラスで武田尾方面へ。
Dsc05189
冬枯れの山で、ちょっと樹木に注目していただきたいなと、“樹木ビンゴ”ゲームを。

続きを読む "武田尾~北摂大峰山2"

| | コメント (0)

Hutte596

二日続けて絶賛引きこもりにつき、妄想食べ物ネタ。
新神戸駅の北西、高台の住宅街に昨年秋にオープンしたカフェ。
Dsc04438
「596」ってなんやろ?坂の上やけど、標高はそんなにないし… と思ったら、番地やった。

★Hutte596
神戸市中央区熊内町5-9-6
050-5596-8746
7:00~17:00 水曜定休

続きを読む "Hutte596"

| | コメント (0)

『「糞土思想」が地球を救う 葉っぱのぐそをはじめよう』

2011年に読んだ『くう・ねる・のぐそ』の作者の著書をまた読んでみた。
Happa_noguso昨年1月に刊行されたもので、より踏み込んだ内容となっている。「のぐそに使える植物図鑑」としても役立つ(?)内容。
“のぐそ”は、適した場所であれば“したほうがよい”が、ティッシュは土壌中でなかなか分解しないので、使うなら持ち帰らなければならない。それは知ってたけど、そのハードルの高さを解決してくれる(?)のが本書だ。

『「糞土思想」が地球を救う 葉っぱのぐそをはじめよう』
伊沢 正名 著
山と渓谷社 刊
初版発行 2017年1月

続きを読む "『「糞土思想」が地球を救う 葉っぱのぐそをはじめよう』"

| | コメント (0)

有馬氷瀑探索 雪ハイク

SITTINGBULL神戸、“山とあそ部”のハイクイベントで有馬方面へ。
Dsc05133
朝起きたら雪が降ってたけど、六甲山は真っ白に雪化粧。

続きを読む "有馬氷瀑探索 雪ハイク"

| | コメント (0)

岡本梅林と「重五郎梅(じゅうごろううめ)」

かつて“梅は岡本、桜は吉野、みかん紀の国、栗丹波”と謳われた。Dsc04240
岡本に現在ある「岡本梅林公園」。この付近は古くからの梅の名所で、『岡本梅林記』という古書には、秀吉が度々観梅に訪れていたことが書かれているとか。

続きを読む "岡本梅林と「重五郎梅(じゅうごろううめ)」"

| | コメント (2)

武田尾~北摂大峰山・冬枯れの亦楽山荘周辺

NHK神戸教室日曜女性クラスで、北摂武田尾方面へ。
Dsc05065
いきなりえげつない急登から。今日はみなさん無言タイムが多かったな。

続きを読む "武田尾~北摂大峰山・冬枯れの亦楽山荘周辺"

| | コメント (4)

またまた有馬の滝周辺へ…

先日ルート確認に行ったら六甲山が雪山で、結果的に下見にならなかった。
Dsc05044
しゃーないから再度。またしても白石谷から、有馬四十八滝あたりをウロウロ。

続きを読む "またまた有馬の滝周辺へ…"

| | コメント (0)

復活!「畑熊商店」@武田尾

昨年12月、土曜クラス下見の時、畑熊商店さんが再開してるのに気づいた。
Dsc05032
2014年8月の台風で大きな被害を受けた武田尾周辺。廃線跡入り口付近にあった集落は、ごっそり立ち退きになった。

続きを読む "復活!「畑熊商店」@武田尾"

| | コメント (0)

「GARDEN PARTAGE須磨離宮」本日オープン

昨日須磨離宮公園に下山したら、改修中だったレストハウスで何かしてた。
Dsc04999
聞いてみたら「明日オープンのカフェの内覧会」だと。
え!私、聞いてないよ。ご招待されてませんけどー!(笑…  冗談です)

続きを読む "「GARDEN PARTAGE須磨離宮」本日オープン"

| | コメント (0)

「ひょうご観光ボランティアガイド交流会」

公益社団法人ひょうごツーリズム協会主催の交流会で兵庫県民会館へ。
Dsc04974
「六甲山ガイドハウス」山の案内人の会にご案内が来てて、申し込み期限ギリギリで見たのだが、ちょうどこの時間帯は予定が空いてたので参加することに。

続きを読む "「ひょうご観光ボランティアガイド交流会」"

| | コメント (0)

須磨名水の森~離宮公園2

NHKカルチャー神戸教室水曜ショートハイキングにて、須磨方面へ。
Dsc04944
昨日と同じコースだけど、今日は朝から雨模様。ヤブツバキの花が濡れてきれい。雨に濡れた冬の山はとてもすてきで、私は好き。

続きを読む "須磨名水の森~離宮公園2"

| | コメント (0)

2月の六甲山大学「青空主義」

新聞休刊日の関係で、いつもは第三火曜日掲載分の記事が昨日掲載された。
Aozora20190205
今回は、六甲山で一番早い春が訪れる須磨を取り上げた。須磨浦山上遊園のレトロで楽しい施設についても紹介。

続きを読む "2月の六甲山大学「青空主義」"

| | コメント (0)

17日ぶりの畑へ(本年2回目)

下山解散後、夕方のアポまでの間に畑へ。
Dsc04934
1月19日以来17日ぶりなので、ようすを見ておきたくて。

続きを読む "17日ぶりの畑へ(本年2回目)"

| | コメント (0)

須磨名水の森~離宮公園

NHK西宮教室「お気軽ショートハイキング」にて須磨方面へ。
Dsc04893
このクラスは1月がお休みなので、12月以来のご無沙汰。ヤブツバキがちらほらと。

続きを読む "須磨名水の森~離宮公園"

| | コメント (0)

来月のロケハン(不発)→ソータイ組

具体的なルートを決めてなくて、エリアだけ確定してたやつのコース設定へ。
Dsc04804
全体としてはええ感じのエリアやねんけど、どこを通るかが問題。3時間くらいで組み立てて、下山後も楽しい感じで、途中に眺望スポットもあって… となると、なかなか難しい。

続きを読む "来月のロケハン(不発)→ソータイ組"

| | コメント (0)

スノーシューハイク@“山とあそ部”

SITTINGBULL神戸山とあそ部で、琵琶湖畔の山へ。
Dsc04761
夕方から雨予報だったが、朝はいいお天気。1100mまでロープウェイでサクッと上がって、なだらかな山頂部をゆるゆるハイク。

続きを読む "スノーシューハイク@“山とあそ部”"

| | コメント (0)

箕面六個山

NHK梅田第一土曜クラスで箕面の背山へ。
Dsc04740
2年前の3月に神戸教室の木日クラスで来たときは、教学の森から登ったのだけど、長い車道歩きがイヤだなと思って、滝道から登って降りることに。

続きを読む "箕面六個山"

| | コメント (0)

有馬四十八滝雪景色

下見で、有馬の裏山をうろうろ。
Dsc04668
昨日の雨は、山では雪だったもよう。

続きを読む "有馬四十八滝雪景色"

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »