« 3月25日の畑 | トップページ | 来月の仕込みその1(六甲山北側エリア) »

「芦屋あげパン パイクとそら」

芦屋川東側、2月にオープンしたという揚げパン専門店へ。
Dsc07781
路地の奥にある可愛らしいお店。古民家をリノベーションしたようで、明るくてとてもセンスのいい雰囲気。

★芦屋あげパン パイクとそら
芦屋市東芦屋町5-8
0797-61-5835
10:00~18:00 水曜定休

Dsc07788
あん、クリーム、カレー、カレー(辛)の4種類があった。プレーンもあるのかな。
Dsc07784
イートインスペースもある。ちょうど揚げたてアツアツだったので、ひとついただいて行くことに。コーヒーや紅茶などのほか、マルベリー(桑の葉)を紅茶とブレンドしたハーブティが揚げパンに合うということでそれをチョイス。
この揚げパン、いわゆる「揚げパン」のイメージを完全に覆す軽い食感。パン粉の衣ではなく、穀物粉をまぶしているそうで、油っぽさがまったく感じられず、でも上質の油の美味しさがものすごく印象的。とてもいい油を使ってると思う。お店の方が言われるには、穀物粉が油の吸収を抑えるそう。あっさりした美味しさで、いくつでも食べられそう。
Dsc07786
店名の「パイクとそら」は、絵本のタイトル。
実話を元に描かれた絵本だそうで、とても愛らしい紀州犬が主人公。店主さんの飼い犬さんだったのかな。絵本のイラストを担当されたのは、イラストレーターHaijiさん。お店の看板やショップカードなどもすべて手掛けられたそう。各テーブルにはこの絵本が置かれていて、席で読むことができる。店主さんが、この絵本に出てくる“おとうさん”かなぁ。パイクと登ったのはこのへんの裏山なのかなぁ。

|

« 3月25日の畑 | トップページ | 来月の仕込みその1(六甲山北側エリア) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月25日の畑 | トップページ | 来月の仕込みその1(六甲山北側エリア) »