« 6月30日 -雨の止み間に畑へ | トップページ | フレンチデリカテッセン「Honetete」 »

畑へ日参。-テントウムシダマシ対策

昨日来たばかりだが「テントウムシダマシ」対策でわずかな時間、畑へ。
Dsc03186
昨日間違って穂先を切ってしまったカボチャと万願寺唐辛子。

Dsc03187
空心菜はどんどん伸びてきた。
Dsc03193
持ち直したと思ったサツマイモ苗、ちょっと微妙。コバタノウエンさんで分けていただいたうちの1本はほぼダメかも。このコはなんとかなりそう?
Dsc03198
花オクラ、シカクマメはお元気そう。あまり成長しないけど。
Img00107
トマトは、頑張って花をつけてるんだけど…
Img00106
こいつがっ!!憎たらしい、「テントウムシダマシ」こと「ニジュウヤホシテントウ」。ナス科植物を主に食害するそうだが、インゲン豆チームも食ってる。薬剤を使うのはイヤなので、手で捕殺。昨日、Kずさんと喋ってて、「1匹ずつ捕まえて踏みつぶしてる」と言ったら、「紙の袋に入れてまとめて捨てたら?」というアイデアをいただいた。そこで、今日はチラシで折った手製の紙袋にどんどん入れてって、ジェノサイド。すまん。よく見ると、いろんな虫がたくさん。たぶん、カメムシが吸汁したと思われる被害も。
Img00108
インゲン豆の葉や豆の表面に、ちりめんしわができてるのはたぶんカメムシではないかと。どの虫が作物にとって“よいコ”で、どれが“悪いコ”なのか、よくわからないけど、いろいろたくさん。化学兵器を投入するつもりはないので、植物たちの生命力に期待するしかない… そうそう毎日来れないしなぁ。

|

« 6月30日 -雨の止み間に畑へ | トップページ | フレンチデリカテッセン「Honetete」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月30日 -雨の止み間に畑へ | トップページ | フレンチデリカテッセン「Honetete」 »