« 7月21日の畑 -インゲン豆チームを処分 | トップページ | 六甲山上で取材 »

「六甲山サイレンスリゾート」旧六甲山ホテル館、先行オープン

阪急さんが売却した六甲山ホテル、リゾート施設としてリニューアル中。
Dsc03689
耐震補強が必要だった旧館部分がまず完成。小林一三さんがよく逗留されていたという、かつての宝塚ホテルの分館。

Dsc03681
昔のイメージを踏襲しつつ、しかも旧館で使われていたモチーフを一部活かしつつ、新たにデザイン。プロジェクトの設計・監修を手掛けたのは、建築界の巨匠ミケーレ・デ・ルッキ氏(超大物らしい!)。
Dsc03660
一画に展示室があり、旧六甲山ホテルのことや、山上が開発されたころの解説がある。コチラは、サイレンスリゾートの完成イメージの立体パース。
Dsc03669
六甲山専門学校の前田校長が監修した資料編。ご縁を頼って、「内覧会に呼んでもらえない?」と言ってみたけど、色よいお返事がいただけず。なんで???と思ったけど、行ってみてわかった。プレス内覧会じゃなくて、母体の企業さんが、各界の重鎮さんとか、セレブ顧客を招いてお披露目をする「レセプション」だったみたい。一日ではとても収まらない、千人規模のお客さまをお招きしたらしい。そら、私みたいなわけわからん庶民は呼ばれへんなー。(納得)
Dsc03694
とりあえず、カフェテリアは一般利用できるみたいなので行ってみた。(ランチがいただけるグリルもあるのだけど(旧・ジンギスカン)、そちらは肉がメインなので近寄れない。)
山上業務から飲み会の間の時間だったので、おやつタイムということで一番リーズナブルな感じの「クリームティ」を。
スコーン2つ、ジャムとクロテッドクリーム。

県庁近くのアノお店のんが好きだけど、ココのも美味だった。庶民にはちと敷居の高いお値段設定なので、リピしにくいけど。¥2400也。

 

|

« 7月21日の畑 -インゲン豆チームを処分 | トップページ | 六甲山上で取材 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月21日の畑 -インゲン豆チームを処分 | トップページ | 六甲山上で取材 »